※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

餃子や獅丸

担々麺紀行 東中野 餃子や獅丸の白胡麻担々麺定食

麺大盛100円増しの990円也。

以前から気になっていた、東中野の山手通り沿いにある「餃子や獅丸」の白胡麻担々麺を食べて来ました^^

image

ランチの定食には任意の一品料理(数種類から選べる)と小皿(ザーサイ)、ライスがつきます。

image

一品料理は水餃子をチョイス。
量が多くなるのでライスは頼みませんでした。


さて、僕は坦々麺については一家言あります。
それは
「麻(マー)と辣(ラー)が揃ってこその坦々麺である」ってこと。

麻(マー)とは花椒(ホアジャオ。四川の山椒のこと)による痺れ成分であり、辣(ラー)は唐辛子による辛み成分のことです。

坦々麺は日本風にアレンジされたものが多く、ゴマの風味と甘みを主体とした「肉味噌ラーメン」という解釈のものが多くあります。

それはそれ美味しいのですが、麻辣が揃った坦々麺の味は刺激的で、食べ終わったあとスパイスによって「ヘブン状態」になれるのが魅力です。

もちろん、麻辣が揃っていれば良いだけではなく、ゴマの風味や甘みなど、きめ細やかで奥深い味の世界が広がっているのが良い坦々麺の条件と言えるでしょう。


っていうことを踏まえた上で、ここの白胡麻坦々麺を語るとすれば、
「ちょっぴり麻辣な日本式坦々麺」といったところでしょうか。

基本はゴマの風味と甘みを主体とした食べやすい「日本式坦々麺」なのですが、奥の方に花椒の痺れを感じます。また、ラー油でほんのりとしたマイルドな辛みもあります。

つまり、日本式と四川式の中間から、やや日本式に寄ってるぐらいの感覚でしょうか?


辣(辛さ)は卓上調味料のラー油で追加できますが、花椒を好きな量入れられないのが残念なところです(卓上調味料として置いてあったり、坦々麺を頼んだら小瓶を添えてくれるとありがたいのですが)。

とはいえ、変なこだわりを持たず、素直に食べれば美味しい坦々麺です(この店の料理は基本、何を食べても美味しいです)。
 
次回は「花椒増し」のオーダーにトライしてみます^^

東中野「餃子や獅丸」チーズ餃子やら獅丸餃子やら5

安くて美味しく餃子でお酒が飲める店「餃子や獅丸」。

今回は友達を連れて再訪しました^^


image

存外に美味しかったのが蒸し鶏(400円)。

鶏肉がしっとり柔らかいだけでなく、上にかかっている微塵切りの玉ねぎと生姜が抜群に美味い。

味付けはゴマ油と塩かな?
ちなみに玉ねぎは漬け込んであるようで、特有の辛さはありません^^


image

トマトスライスにも2種類のネギと調味料で丁寧に味が仕上げられています。

完全に酒飲み仕様ですね(笑)


image

看板メニューの獅丸餃子。

この店の焼き餃子の「玉ねぎの優しい甘み」に加えて、お肉のジューシー感やらニンニク、ニラの香りが強く出ています。

一口一口、大満足のお味♪( ´ ▽ ` )ノ


image

焼きチーズ餃子。

これはこの店の焼き餃子の「玉ねぎの優しい甘み」に加えて、そのまま香ばしいチーズがプラスされた感じ。

このチーズがね、香り高いんですよ。
さかも後味が引くもので、延々とお口の中でパラダイスが続くわけです。

幸せだね♪( ´ ▽ ` )ノ


お安いお店で、基本的に1人でも楽しめるけど、何人かで行くといろんなメニューを試せて、よりリーズナブルな金額で深く楽しめますね。

お一人でも、複数人でも、
「餃子や獅丸」お試しあれ♪( ´ ▽ ` )ノ


東中野「餃子や獅丸」焼き餃子

東中野の山手通り沿いに今年出来たお店。

餃子をメインに酒肴や坦々麺などを出す中華居酒屋ってとこでしょうか。

image

焼き餃子は、不思議な甘みがあります。玉ねぎの甘みかな?

さすが売りにしているだけあって、餃子目的に食べに来たくなる味です。

image

平日19:30まで限定の晩酌セットがなかなかのお得感です。

ドリンク1杯+焼き餃子or水餃子+500円までの一品料理を一皿

で、980円。

ドリンクもそんなに高くはなく、ホッピーも置いてあるため、気軽に飲みに来れるお店なんじゃないでしょうか。

image

個人的にはピータンの味付けがしっかりしててお気に入りです^^
(ビールのお供にたまらんです♪)
Profile
  • ライブドアブログ