※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

巣鴨三浦屋で初めてのすっぽん体験

先日、相方の誕生日祝いで、生まれて初めてすっぽんを食べにいきました。巣鴨にある「巣鴨三浦屋」というお店です。

image

結構な有名店で、店内には芸能人や漫画家のサインが並び(すっぽんの甲羅に描かれてます笑)、テレビでも何度も取り上げられている老舗の有名店のようです。

今回はお祝いということで、奮発して「すっぽんフルコース(一人前9,184円)」を注文しました。


image

最初に出てきたのは「スーパーハイスープ」。
緑色の不思議な液体で、お味の方はというと「形容しがたい美味しさ」です。

形容しがたい、というのは今までに味わったことがなく表現ができないという意味で、なんというか身体が元気になる、身体に良さそうな美味しさってことです。っていうか美味しいです。

このスープ一杯で単品で1,000円ほどするのですが、これだけでも相当の滋養があるようです。

お店の女将さんがちょうどここ数日、体調が優れずご飯が食べれていないそうなのですが、このスープを数杯飲むだけで混雑するお店の切り盛りが出来ているとのこと。

すっぽんおそるべし!です^^;


ちなみに、このハイスープ、飲むだけで目の疲労が取れるそうで、確かに飲んでしばらくしたら視界がはっきりしてきました。

これ単品で店先で立ち飲みができるそうで、これだけを目当てに来るお客さんも少なくないようです。

すっぽんおそるべし!です^^;


image

続いて出来てきたのは「スペシャルワイン」
すっぽんの生き血とワインを混ぜたものなのかな?生臭さはなくすっきり飲めました^^


image

そして、いよいよ主役の「すっぽん鍋」の登場です。

通常、すっぽんは泥臭く、他の店ではニンニクや生姜などで臭みを消すような味付けをするものなんだそうですが、このお店は大将が発見した独自の手法で臭みをとっているため、シンプルな味つけで「すっぽん本来の味」を楽しめるようにしているとのこと。

出汁もとっておらず、すっぽんから出る出汁のみなのだそうですが、これがシンプルで美味しい!

なんというか、魚のアラのような風味です。それでいて身の方は鶏肉のような味わい。でも、食べた端(はし)からなんか身体に力が漲(みなぎ)るような不思議な感覚があります。

すっぽんおそるべし!です^^;


image

続いて出てきたのが「すっぽんの内臓(心臓、脾臓、肝臓、胆のう、卵)」。

これは鍋でさっと火を通していただきます。

image

肝臓は牛や豚のレバーとそんなに違いはない感じです(美味い!)

緑色した胆のう(画像右下)は「苦いですよ」という女将さんの言葉の通り、とにかく苦かったです^^;

食べてる時の感想としては、
ひと噛みしたところで「うん。苦い。」
何回か咀嚼したところで「うううん。苦い!」
さらに咀嚼したたら「おおう!苦い!!!」

苦味が薄まるどころかどんどん苦くなっていくという(笑)
なんというか、面白い味でした。

ちなみに、わりと女性はこの苦さが好みだという人も少なくないそうです(確かに癖になりそうな感じはあり)。


image

このあたりでお酒をひれ酒に切り替えます。
ヒレの出汁の味わい深さが加わった熱燗が、すっぽんの味わいによく合います^^
(結局3杯お代わりしちゃいました笑)


image

すっぽんの唐揚げ。
やっぱり鶏肉っぽい感じ。すっぽんだと言われなければ「変わった味の鶏肉だなぁ…」とか思っちゃいそう。


image

すっぽんの網焼き。
焼き鳥チックです(しかしやはり漲るお味!)。


image

締めの雑炊。
すっぽんエキスがたっぷりと詰まった贅沢な雑炊です。


image

デザートの抹茶アイスで終了。



いやーもう、元気になりました♪( ´ ▽ ` )ノ


ちなみに、すっぽんと言えば男性の機能が「ビンビン」の「ギンギン」になる、という都市伝説を聞いたことがありますが、そこは特に変化はなく(笑)身体全体がとにかく元気になる感じです。

お値段張るけど、「滋養強壮&疲労回復」の効果は抜群なので(食べてる端から元気になります)、お疲れの人にはぜひオススメです^^

っていうか、これを日頃から常食できるご身分になりたい!(笑)


大市民の白菜鍋 〜2016冬〜

10年前に書いた「大市民の白菜鍋」の記事が、未だにアクセスを集めているため、10年前の拙(つたな)い文章が恥ずかしくなり、改めて記事を書き起こそうという次第でございます^^;

これねー、美味しいんですよ。
簡単に作れるし、安上がりだし。


ってことで、まずは作り方を解説。

image

1.まずは白材をざく切りにし、白い部分を土鍋に敷き詰めます。


image

2.大きめに切った豚ばら肉のスライスを乗せ、その上にまた白菜…という形で交互にミルフィーユ状に肉と白菜を乗せていきます(葉っぱの青い部分は火が通りやすいため、上の方に乗せるのが良いと思います)。


image

3.水をコップの半分ほど入れます(白菜から水が出るので少量で大丈夫です)。


image

4.土鍋を火にかけます。最初は焦げ付きやすいので極力弱火で!
 特に最初の10分くらいはちょくちょく様子を見て、焦げ付かないようにたまに菜箸で底の方を"こそぐように"突くのが良いと思います。

白菜から水が出てグツグツ言いだしたら少しだけ火を強めます。

image

15分ぐらい煮た状態がこれ。お肉が蒸気で蒸されて、うっすらと艶を放っております^^


image

5.20〜30分ほど煮たら、塩と料理酒を加えてかき混ぜ、全体が汁に浸かるようにします。
(煮る時間は「大市民」の作中でも20分と書かれている場合と30分で書かれている場合がありますが、お好みで良いと思います。)


image

6.そこから再び20〜30分ほど煮たら完成です。
画像では柚子の皮を刻んだものを仕上げに投入してますが、なくてもOKです。


image

7.お皿に取り分け、大根おろし、小ねぎ、ポン酢をたっぷりかけていただきます^^


これだけで超絶贅沢な味わいになります。
白菜がね、長時間煮ることで”柔らか〜く♪”なり、特有の甘みが出て、そこに豚ばらの旨み成分が染み込むわけです。

なので、お肉は絶対に豚ばら推奨!この脂がね、シンプルな材料にリッチ感を加えてくれるわけですよ。


白菜はたっぷりあった方が良いです。
今回は1/4を二人で食べたんだけど、あっと言うまになくなりました^^;
最初は鍋いっぱいになるんですけど、水分が出てかさが減りますので、実はそんなにボリューム感がないんですよね。

なので、大きめの土鍋を用意するか、もしくはかさが減ったところで白菜を追加する感じでも良いのかな、と思います。



さて、この「大市民の白菜鍋」。
お酒は何を合わせるか、という話なのですが…、

原作の漫画に則るならばビール一択となります。

しかし、個人的にはビールだと味が強くてぶつかっちゃう感じがしますので、焼酎のお湯割りをお勧めしたいところ。

image

ってことで、ビールは食前の乾杯程度に少量にとどめ、メインは金宮焼酎のお湯割りに大葉と唐辛子を入れた「金魚」といたしました^^

やっぱりね、これぐらい優しい味がこの白菜鍋にはマッチするんじゃないかと。お湯割りの温もりが身体に染み入ります♪( ´ ▽ ` )ノ

さて、具材を食べ終わったところで、本来は最後の工程が残っております。

image

8.余った汁に、うどんでも、インスタントラーメンでも、生の中華麺でも、ご飯でもいれて〆を作る。
 
多分、何を選んでも美味しいと思います。


ですが…、基本的に酒を飲んだ時は炭水化物は摂らないようにしている関係で、今回は〆はなし^^;

image

余った汁は、お椀に残ったポン酢醤油混じりの汁と合わせてスープとしていただきました(つけめんの割りスープみたいなもんですね)。


ごちそうさま!


ちなみに、知らない人のために説明すると「大市民」とは柳沢きみお氏による、酒と料理のうんちくと世間への小言が詰まりまくった漫画です。

これね、読んでると酒が飲みたくなっちゃうの(笑)


んで、特に危険なのが10年前の記事でも紹介したこちらの書籍。



作中でも選りすぐりのグルメネタを集めた一冊です。
何が良いかって「親父の小言」を読まなくて良いところ(笑)エピソード単位ではなく、グルメに関するページだけが集められていて無駄がありません。

これこそ、読むだけで酒が欲しくなって危険なので、僕は手放しました^^;



あ、全然話が変わるんですけど、白菜鍋と言えば、少し前に紹介したピェンローもお勧めです。

image

『dancyu』読者支持率No1に輝いた人気絶大の白菜鍋「ピェンロー(扁炉)」を作ってみた。
http://esa.blog.jp/archives/51988201.html


今回の「白菜鍋」より手間も材料費もかかりますが…、その分ゴージャスなお味でございます^^

『dancyu』読者支持率No1に輝いた人気絶大の白菜鍋「ピェンロー(扁炉)」を作ってみた。

妹尾河童さんの著作から広まり、ネット上でも話題になっている白菜鍋「ピェンロー(扁炉)」を作ってみました^^
 
まずは、干し椎茸を一晩水に浸しておきます(まる一昼夜が望ましいそうです)。
 
image

水で戻った干し椎茸を×字に四等分し鍋に戻します。ざく切りにした白菜の白い部分を鍋に入れて火にかけます。

image

煮えてきたところで豚ばら肉と鶏モモ肉を投入。ごま油を1周半まわし入れます。

image

上から白菜の緑色の部分を山盛り入れて、押し付けるように蓋をします。

image

40分ほど煮たあと、戻しておいた春雨を投入。一煮立ちさせて完成です。

image

ピェンローの面白いところは、鍋にはごま油以外の調味料は入れないこと。

それで味付けはどうするのかと言えば、お椀に塩と一味唐辛子を好みの量入れておきます。

image

それに鍋の汁を入れて混ぜ合わせたものをつけダレにするわけです。

image

で、鍋の具材をよそって「いただきます♪^^」

image

これがね、めっちゃ美味しいんですよ!

「このシンプルな味付けで、どうしてここまで?!」
ってな話なんですけど。

結局、我れが感じる料理の美味しさというのは、乱暴に行ってしまえば
「素材の風味(旨味成分)×塩気」なわけです。
 
で、旨味成分は干し椎茸、白菜、肉などの具材から十分に出ているため、あとは風味を引き立てるためのゴマ油と一味唐辛子以外は塩だけで充分ってこと。


とにかく、シンプルで奥深いのがピェンローの美味さです。

そして、とにかく白菜が美味しい!
お肉も美味しいんですけど、それよりもその他の具材の旨みを吸い込んだ白菜を、シンプルな塩味でいただく。
 
シンプルと書いたけど、ごま油と一味の辛みで、風味の世界はどこまでも奥深い。なんとも贅沢な味わいです。

参考にしたサイトでは「ぜひ紹興酒を合わせてください」とのことだったけど、確かに紹興酒が抜群に合いそうです。


今回は、金宮焼酎のお湯割に大葉と唐辛子を入れた「金魚」で迎え撃ちました。

image

大葉の香りと唐辛子の辛みがお湯割に溶け出して、鍛高譚のような風味です。これはこれで抜群に合いました(唐辛子は杯を重ねるごとに味を出していくようになるので、ついつい杯が進みます笑)。
 

image

ご馳走さまでした♪(´∀`)

これからの季節、ピェンローと金魚にはお世話になりそうです^^

大市民の白菜鍋5

白菜鍋先日、オノッチの家に遊びに(というか酒を飲みに)行った時、酔った勢いで「今から鍋でもやるか」という話になった。以前から気になってた柳沢きみおの「THE 大市民」という漫画に出てくる白菜鍋を作ってみる事に。

レシピは簡単。
1.土鍋にコップ半分の水を入れる。
2.白菜と豚バラを5cmの大きさに切って、白菜→肉→白菜→肉…という順に重ねていく。
3.弱火で20分程煮る。最初の10分は焦げ付かないように弱火で時々ハシで底の方をかき混ぜる。
4.料理酒(もしくは日本酒)と塩を少々入れて、更に20分煮る。
5.ポン酢に付けて、たっぷりの大根おろしと刻みネギと一緒に食べる。

白菜鍋ラーメンこれが実に旨い。オノッチも「白菜ってこんな旨いものだったのか!」と感動していた。どちらかというと、肉よりも白菜の方が主役な感じ。豚バラの脂が絡まって味わい深くなっている。ビールに物凄く合う。
本の中では締めにうどんを使っていたが、買うのを忘れたので置いてあった袋のインスタントラーメンの麺を使用。卵を落として適用に煮てみた。これはこれで旨し。

レシピ的には一見水が少ないようだけど、白菜の水が出るのでそれで充分まかなえる。白菜は萎むので、ちょっと多めに入れた方が良いかも。手軽に作れて本気で旨いので、みんなにお勧めしたい。

ちなみに、この大市民という漫画、他にも様々なお手軽料理レシピが載ってる。宅飲み派の酒飲みにとってはバイブルと言えよう。レシピだけを集めた本も出ているようなので、親父の説教を読みたくない人にはお勧め(笑)

大市民グルメ「美味し!!」―お金をかけなくても美味しい簡単料理


追記
よろしければ、こちらの記事もどうぞ^^

大市民の白菜鍋 〜2016冬〜
http://esa.blog.jp/archives/51988390.html
Profile
  • ライブドアブログ