※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

醤油ラーメン

「竹屋中野店」ほっこりたっぷり♪醤油らあめん

一度行って以来、その稀有なほどの"ほっこり感"に魅了された中野南口の竹屋。

今回は気になっていた「らあめん(醤油)」をいただきました^^

image

この竹屋、大盛りの量が本気で大盛りなのが特色のひとつです。

「らあめん」の大盛りで380g!
普通のお店のつけ麺の大盛りに相当する量です(ちなみにこのお店のつけ麺の大盛りは475g!さらに特盛、特大盛りまであります)

ってことで、今回はギリギリ食べきれる量の大盛り380gを注文しました。

このたっぷり感が嬉しいところ^^


お味の方は、基本的にはオーソドックスな魚介系醤油です。鰹や鯖の風味が香り、それにほんのり甘みが漂い、ほっこり感を醸し出しています。

美味しい♪( ´ ▽ ` )ノ

まずは卓上調味料を加えないそのままのお味で十分旨しです^^


で、半分くらい食べたところで、さすがに量が量なので飽きてきたので、ここで卓上調味料の出番です。

image

まずは胡椒、一味を少量ずつ。全体に混ぜずに一部だけにパラリとかけて、その違いを楽しみます。

おろしニンニクを入れるとコクがプラスされ、ほっこり感がさらなる次元へと飛躍します。


残り少なくなったところでトドメにラー油!
ごま油の風味と唐辛子の辛味がパンチを生み出し、全然違うラーメンへと変貌しました。
(一度入れたら後戻りは出来ないので、最初から入れるのはオススメしません)


image

ということで、最後の一口まで美味しくいただきました。

ごちそうさま♪( ´ ▽ ` )ノ


まだまだ気になるこのお店、次回は油そばか、味噌らあめんに辛味を加えるか。楽しみです^^

実はうまい⁈「天下一品」のあっさりラーメン

天下一品といえば、こってり中華そばで有名なお店で、お店としても「こってりが売り」とはっきりと表記してたりします。

しかーし!意外と「あっさり」も侮れなかったりするのです^^

image

オーソドックスな醤油ラーメンでありながら、そのクオリティは絶品。

シンプルな鶏ガラスープなのですが、その奥には「こってり」に共通する「天一味」を感じます。

それが普通〜!の醤油ラーメンに極上の奥深さを加えているわけです。

この系統のラーメンとしては最高峰と言えるのではないでしょうか?

意外とね、天一のあっさり中華そばを超える醤油ラーメンってなかったりしますよ。


「天下一品といえば"こってり"」
ということに異論はありませんが、個人的には時々無性に"あっさり"が食べたくなったりします。

もちろん、"こってり"をラーメンライスでいただくのも大好きで、つまりは"こってり"も"あっさり"もどっちも大好きなのです^^


もしあなたがオーソドックスな醤油ラーメンがお好きであれば、天下一品のあっさり中華そば、オススメです♪( ´ ▽ ` )ノ

意外とレアな普通さ?「富士そば」の昔ながらのラーメン東京醤油

image

僕ねえ、意外と富士そばのラーメンって好きなんですよ。この普通っぷりが。

意外とね、「THE 普通」な醤油ラーメンで出す店少ないんですよ。普通の”町の中華屋さん”にしても、それぞれなんとなくそのお店の特色みたいなものが出るし。

そこへいくとこの富士そばのラーメン、全く特徴がありません(笑)
 
普通の、あくまでも普通の醤油ラーメンです。むしろ、その特徴のなさ、普通さが特色と言えるぐらいの普通さです。

具材は薄っぺらいチャーシューに刻みネギ、ナルト、メンマ、そして安っぽさを演出するワカメ(笑)

これぐらいが普通にちょうど良い。
そしてそれで420円というコストパフォーマンスの良さ。このお得感に限っては「普通」を超えていると言えます。


そして、お味の方は「普通に美味しい」。

そう、「普通以上に」とか「普通以下」とか、そういうんじゃなくてジャスト「普通」なのです(笑)
そしてその普通っぷりが素晴らしい。


意外と、ありそうでない「普通のラーメン」のど真ん中を行く、この富士そばのラーメンがたまに恋しくなるわけです^^

東中野「好日」の正々堂々美味しい”らあめん”

東中野の「好日」は「究極の無化調つけめん」を出すお店として有名ですが、もちろんそんな名店ですので普通の「らあめん」も極上です。
 
image

澄んだ香り高いシンプルな醤油ラーメン。
当然これも無化調です。その味はどこまでもクリア。

いつも醤油ラーメンの類を食べる時は必ず胡椒を振りかけてしまう僕ですが、今回初めて何も加えずにそのままいただきました。
 
これが大正解!
 
味がとにかく繊細なので、ちょっと調味料を加えただけでも風味が大きく失われてしまいます。卓上調味料は一揃えありますが、ここの「らあめん」は何も加えずそのままいただきたいところ。
 
 
チャーシューもシンプルでオーソドックスなものですが、これくらいあっさりしていると、この適度な脂感のチャーシューが実に味わい深く感じます。
 
次回は「大盛りチャーシューらあめん」でいただきたいところ。
 
 
ごちそうさまでした!^^

東中野「楓家」醤油ラーメン4

醤油ラーメン500円でチャーシューも入ってる脅威のコストパフォーマンス。

突出して際立ったところはないけど、塩ラーメン同様、全体的に丁寧に丁寧に作られてる印象。チャーシューも結構美味。

普通っちゃぁ普通だけど、この値段でこの味なら充分納得できるレベル。むしろ、王道的な味だからこそ、たまに無性に食べたくなる気がする。いつも店が賑わっているのはそういう事なのだろう。星4つ!

でも、全般的にこの店トッピング高いよね…。


▼関連記事
東中野「楓家」塩ラーメン
http://blog.livedoor.jp/trash_move/archives/51154143.html
Profile
  • ライブドアブログ