※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

自炊

塩麹ステーキを作ってみた。

写真 2014-09-10 18 10 18

ザ・自炊飯。
あんまり美味しそうに見えないのが申し訳ない(´Д`;)

安物のステーキ肉も塩麹で漬けると柔らかくて美味しくなるってんで試してみたわけです。漬け時間は10時間ほど。塩麹は焦げやすいので焼く前にしっかり拭う必要があるんですけど…拭いが甘かったようで焦げ焦げになっちゃいましたorz

お肉はスーパーで買った550円のオージービーフです。ちょうど2日前に同じのを塩麹使わないで食べたので、それと比べての感想なんですけど…

確かに柔らかくはなってますね。
かなり噛み切り易い感じになりました。

んで、ほんのり漂う塩麹の甘い風味が旨味を引き立ててます。

でも、ちょっと火を通し過ぎたかな?
焼き加減とか、もうちょい研究してみようと思います^^

桃ラーおろし納豆そば

IMG_0375

何気ない日常の頑張らない晩ご飯。

昼間にがっつりつけめん大盛り食べちゃったもんで腹が減らない。一食抜いても良いけど多分寝る前くらいに腹減って空腹で眠れなくなりそうだなぁ、とか思って、とりあえず乾麺の蕎麦を茹でる事にした。

鍋にお湯を沸かしながらネット見ててふと思い出した。
そういえば、何処かの駅そばでラー油そばみたいなのがあったなぁ。
そういえば、桃ラーが冷蔵庫の中に入っていたなぁ。
よし、それじゃ今晩は桃ラーそばにしよう。

軽い気持ちだった。

いくら揚げニンニクが入っているからと言っても、ラー油だけではちと寂しい。合いそうな具材を色々入れてみる事にした。茹で上がって流水で締めた蕎麦の上に、
・ネバらせた納豆
・少々水気を切った大根おろし
・刻みネギ
・棚に眠っていたすりゴマ
・3倍希釈用の麺つゆを原液で軽く回しかけて
・最後に刻みのりを乗せて、

完成。

おお、なんか見た目ちょっと立派な感じになった。写真とっておこう。

あとは適当にぐちゃぐちゃかき混ぜて、

食べる。





何これ!うめぇ!




びっくりした。美味くてびっくりした。適当に作ったのに存外に美味くてびっくりした。一人で声に出して、うめぇ!これうんめぇ!とか叫んじゃった。

なんか、ラー油を入れた事により、なんでか判らないけど蕎麦が甘く感じるの。で、その甘みが具材全体をふんわりと包んで、様々な具材の味が一本にまとまって絡み合って深い旨味世界が出来てるの。たまに揚げニンニクがカリっというのも良いアクセント。え?何これ?桃ラーマジック?蕎麦も納豆も大根おろしも異様に美味く感じる。

これは、普通にお店で出てきて良いレベル。480円までなら出すわ。
物凄い勢いで平らげてしまった。

蕎麦に桃ラー、超オススメ。ガチで。

おうちでジャージャー麺 / 日清の具入りでおいしい 冷たいジャージャー麺

最近、ジャージャー麺がLoveな僕である。
先日スーパーを徘徊していたら、ジャージャー麺のパックを見つけた。これ。パッケージ的に僕がイメージするジャージャー麺そのもの。お、いいねいいね。最近ちょくちょくジャージャー麺食べててそれぞれ美味しかったけど、イメージしてたのとは違ってたんだよね。て事で迷わず購入。

そして作った。

IMG_0354


具材はキュウリと白髪ネギのみ。準備が楽ちん。
麺はやや細めのツルツル麺。流水で締めてあるのでコシがあって程よい歯応え。炸醤も甜麺醤の甘みと肉の風味で良い味出してる。キュウリと白髪ネギをたっぷり入れてよくかき混ぜて食す。麺のシコシコした歯応えと甜麺の甘みにキュウリの歯応えとネギの辛味と香りが良いアクセントを加えている。美味い!これぞ僕的にオーソドックスなジャージャー麺である。原価250円弱。スーパーの生麺パック、侮れない。

ジャージャー麺、今度甜麺から自作してみようかな。
作り方はこんな感じらしい。一人分だけ作るの面倒くさそうだなぁ…。

おうちで冷麺 / 北緯40度盛岡冷麺

さて、一昨日の日高屋、昨日のマルキ市場で二日連続で冷麺食べて悉くガッカリした僕である。いい加減、美味しい冷麺が食べたい!ってー事で家で作る事にした。

前にも言ったが、僕は冷麺が大好きである。なので、夏場は結構常食しており、自分なりの作り方も確率している。

IMG_0339麺は麺匠 戸田久の北緯40度盛岡冷麺415円。近所のスーパーにはこれしか売ってないのだが、これがなかなか美味い。
IMG_0336
冷麺の重要なアクセントとなるキムチはマルエツの「キムチの本場で作った韓国キムチ」298円。キムチはこれが一番コストパフォーマンスが高いと思う。辛味と酸味と甘みと旨味のバランスが抜群。マルエツ系列のスーパーでしか買えないのだが、近所のマルエツは冷麺を置いていない。なもんで好みの冷麺を作るにはスーパーを2軒ハシゴしなきゃいけなかったりするw
ちなみに、これ以外では牛角キムチが美味いのだがこれより100円高い。マルエツ万歳。

具材はキムチ、きゅうり、ゆで卵のみ。店で頼むと細切りのハムとかチャーシューが乗ってたりするけど、蛇足だと思う。きゅうりは多めに切っておく。ゆで卵は黄身が少しドロっとしてるくらいで仕上げるのがベスト。
麺の茹で時間は固め1分、柔らかめ2〜3分とあるが、ここは柔らかめの3分で。ラーメン類は固めがデフォの僕だが、冷麺に限っては柔らかめ推奨である。
冷麺は元々が固いゴムのような感じなので、それの固めといったら食べてて結構顎が疲れるレベルになる。3分じっくり茹でても普通の麺類に比べれば充分歯応えあり。それくらいで丁度良いと思う。スープは袋の説明的には水150〜180ccで薄める事になっている。ここは濃いめの150ccで。

具材は一度に沢山入れ過ぎないで、食べながらちょっとずつ足していくのがベスト。キムチを一度に入れ過ぎると味が崩れる。…けど久しぶりに作ったもんだからうっかり入れ過ぎてしまった(汗)

IMG_0340

出来上がり。
具材は混ぜずにまずは麺をすする。スープは濃いめに溶いてあるから食べ口は濃厚。それだけではクドいから麺を口に含みつつきゅうりを適量頬張る。口内の塩分を中和しつつシャキシャキ感が加わる。更にキムチを食べる。辛味と海産物の旨味成分が追加。最後にゆで卵を軽く齧る。卵の柔らかい風味が全体を包み込む。そしてそんだけ色んな具材と一緒に咀嚼しても一切埋もれぬ冷麺のコシの強さッッ!

これぞ僕の夏の風物詩。
その辺の店で食べるのよりも断然美味いです。キムチの入れ過ぎて変に辛味が強くなり過ぎたのが残念だったけど、まあまあ満足。

塩豚でカレーうどん

予定のない休日の昼下がり。
愛読しているブログの記事を見て、無性にマルちゃんのインスタントのカレーうどんが食べたくなった。
そうとなれば我慢はできない。薄着の部屋着のままそとへ駆け出し近くのコンビニへ。インスタントラーメンのコーナーへGO!

ない。

サッポロ一番とかチキンラーメンとか、そんなんしかない。

…orz

多分、5分くらい歩いた所にあるスーパーなら置いているのだろうが、薄着のままそこまで行くのはちょっと嫌だ。…確かレトルトのカレーと冷凍うどんが家に有ったな。

自分で作る事にした。
鍋に塩豚を入れて弱火にかける。脂が出てきたところで筒切りにした長ネギを入れて焦げ目を付ける。希釈した麺つゆを入れて軽く煮て、レトルトのカレーを投入。更に軽く煮立てて、うどんを盛った丼に投入。で、完成。

カレーうどん

塩豚はこんな時でも大活躍。豚の脂とカレーと麺つゆが合わさった汁で食べるうどんは絶品。汁も飲み干したかったけど、体脂肪が気になる昨今、泣く泣く流しへじゃぱ〜。勿体ないけど、今の自分の腹回りを考えるとねぇ…(´・ω・`)
ハイボールなんかメチャクチャ合うんだろうなぁと思いつつ、やっぱり体脂肪的に自重して、大人しくプーアル茶を飲んでおりました。

とても美味しかったけど、やっぱマルちゃんのカレーうどん食べたかったよなぁ。インスタント特有のあの麺の感じとか恋しい。
Profile
  • ライブドアブログ