※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

新宿

新宿「麺屋 海神」あら炊き辛塩らぁめん

画像1


へしこ焼きおにぎりセット1000円也。

塩ラーメンの究極だと言える。
魚介の「あら」を炊き出した、超きめ細かい味わいのスープが特徴。その時々の旬の魚介を使っているので、時期によって異なる味を楽しめる。

ここのラーメンは、繊細な舌を持ってる人には是非食べてみてもらいたい。繊細で味を細かく感じられる人ほど、一口スープを啜った時の風味の奥行きを堪能できるはず。

ラーメン単品で850円。あっさり系のラーメンとしては高い部類に入るけど、それだけの価値は充分あると思う。これは単純に空腹を満たすための食べ物というよりは、その深い味世界を楽しむ芸術品の類いだと感じる。

例えば、高級な日本酒が単に酔っ払うために飲むものではなく、ちびちびと飲んでペタペタとその味をじっくり堪能するのと同じようなもの。

この店のメニューは
・あら炊き塩らぁめん
・あら炊き辛塩らぁめん
の二つで、今回注文したのは辛塩の方。

風味深いあら炊きの塩スープに唐辛子の辛み成分が加えられている。
「繊細な出汁味が売りで、それを辛くしたのでは台無しなんじゃないか」と思いがちだが、この程よい辛さが出汁の旨味を引き締めている。

なんというか、味が交通整理されてる感じ。

麺はオーソドックスな、コシのある細麺。決して主張し過ぎることなく、極上のスープを持ち上げてくれる。

セットのへしこ焼きおにぎりはそのまま食べるのではなく、麺を食べ終わった後にスープに入れておじやみたいにして食べる。
へしことは、魚の糠漬けのこと。なんか臭そうなイメージなんだけど、決してそんなことはなく、スープとはまた違った魚の旨味があり、スープの味に更にインパクトを与えてくれる。

以前、ガッツリ系のラーメンが好きな友人を連れて行ったときは「なんか物足りない」と言っていた。ナチュラルな味が売りの店なので、舌がジャンクなものに慣れ切っている人は堪能しきれないのかも知れない。

繰り返しになるけど、味覚な繊細な人には激烈お勧めです。
こう書くと「お前よっぽど良い舌持ってんだろうな」って感じに思われそうですけど、食べるほどに「もっと繊細な舌持ってたらなぁ」と思ってしまう味だということです。

新宿歌舞伎町「焼きそば かぶきち」

写真 2014-03-02 17 29 14


先日紹介した馬喰町「あぺたいと」の両面焼きそばなんですけど、これって元々は大分県日田市のB級グルメ、日田焼きそばがルーツなんだそうです。

で、超絶美味かったんですけど、店舗が辺鄙なところにしかなく、一番近いところで馬喰町になってしまうんで、なかなか食べる機会ないよなぁ…と思ってたら、タイムリーなことに新宿歌舞伎町に去年の末に日田焼きそば系のお店がオープンしたことを知りました。

それが今回紹介する「焼きそば かぶきち」です。旧コマ劇の左斜め前あたりにあります。
普通盛りで780円と「あぺたいと」に比べるとちょっと高めの値段設定ですが、立地を考えたら仕方がないと言えるでしょう。

今回は大盛り(980円)+目玉焼き(50円)を注文。計1030円也。

味の方はそんなに「あぺたいと」と大きく変わることはなく。シンプルで素朴な味付けの焼きそばで、ところどころ焼けて硬くなった部分ともやしで小気味良いボキボキ感が楽しめます。

目玉焼きの気味がドロっと麺に絡んで実に美味い。

ちょっと残念に思ったのは、卓上調味料があまり無いところ。
餃子用の醤油、ラー油、酢を除けば、紅ショウガと胡椒のみ。トッピングも玉子のみです。「余計なもんは入れないでそのままの味で食べて欲しい」という店主のこだわりなのかも知れません。

もちろん、このままで充分美味いです。それで、フライドガーリックとか色々置いてあったら行くたびに違った味を楽しめて、飽きずに何度でも行けるのに…、と思いました。

せっかく良い場所に美味しい店が出来たので、上手くリピーターを掴んで末永く営業していただきたいものです。

丸亀製麺 キーマカレーの釜玉うどん4



大盛り480円也。
その名の通り、釜玉うどんにキーマカレーが入ったもの。
単体だと味付けはキーマカレーのみなのでかなり薄味っつーか寂しい味。席に置いてある出汁醤油はマスト。あと、トッピングも全種類入れた方が美味い。ネギ、生姜、天かす。特に天かすはマスト。入れると入れないで美味さが段違い。サクサク感が良いアクセントになります。
と、フル装備にすればかなり美味し!

星4つでーす。

丸亀製麺 ぶっかけうどん



大盛り380円也。
なんか、生姜をてんこ盛り食べたくなった。そういう時この店って嬉しいね。生姜盛り放題。

つーか、ここってうどんの値段設定が富士そばと変わらないのね。コシとか旨味とか段違いなのに。まあ、ついつい天ぷらを盛り過ぎちゃって高くついたりしがちなのだが。

新宿「コリアハウス」韓国料理

IMG_0085IMG_0088

小滝橋通り沿いの韓国料理屋さん。
ランチが500円均一という、韓国料理としては破格の値段設定。全品に前菜としてカクテキの小皿が付き、定食のご飯とスープはお代わり自由。今までにブルゴギ定食とユッケジャンを食べたけど、充分美味い。この値段でこの味ならお得だよね、といった感じ。

しかも、恐ろしい事にアルコールも含むドリンクメニューがオール100円という値段設定。1時間以上居座る場合は200円になるが、それでも安い。ここ友達4人くらいで来たらかなり安く飲めるんじゃないだろうか。良心的なお店。コストパフォーマンス最高!って事で★4つ!

ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/g946000/menu2.html

西新宿「タイ国屋台食堂 ソイナナ」グリーンカレー

c037cd07.jpg

今日はタイカレー気分。以前から気になってた西新宿のソイナナへ。

この店はランチセット680円均一、ディナーメニューも680円均一。生ビールは400円から。かなり安い部類に入るんじゃないだろうか。

カオマンガイに惹かれつつも、カレー気分なので当初の目的通りグリーンカレーを注文。
カレーとライス(餅米)にサラダとミニオムレツが付いて680円。うん安い安い。
辛さは控え目で軽くピリッとする程度。日本人向けに食べやすく調味されている模様。美味しい。誰でも安定して楽しめるんじゃないかな。とはいえ、食べてたらそれなりに汗をかいた。それなりには辛いです。なお、辛さは調整が効くようなので、注文すれば本場仕様にする事も可能っぽい。

ちなみに店内の張り紙「17:00〜タイ料理中級者以上向け イサーン料理(裏メニュー有ります)だいたい作ります。リクエストしてください。¥680- コックより」

…すっげー気になる!是非今度タイ料理通の友達を連れて来て裏メニューを堪能してみたい。

タイ料理初心者にもマニアにも対応できる懐の深いお店のようです。



HOT PEPPER グルメ
http://www.hotpepper.jp/strJ000957566/

新宿「シディーク」とり皮カレー

f3e713b5.jpg

前回のダルカレーと同様に500円の激安カレー。前回貰ったサービス券使って200円のチャイが無料。どんだけ安いんだ。

ダルカレーは具が豆だけだったけど、今回のとり皮カレーは鶏皮以外にも数種類の野菜が入っており、更にお得感有り。しかし肉が鶏皮だけだと逆にチープ感も増したりして。鶏皮の脂による旨味と軽いギットリ感。ダルカレーのヘルシーさとは真逆で軽くB級グルメのテイストもありつつ、やっぱコストパフォーマンスすげぇ。

新宿 中華ハウスどんぶり屋 中華丼

2f79dba5.jpg

西口界隈に最近できたカウンターオンリーの中華屋さん。店名の通り、丼物がメイン。
店構えは新しいけど、中に入ればおじさん二人がやってる町の中華屋さんって感じ。いいねいいね好感持てるね。

今回は中華丼を注文。550円也。
ワンタンスープと小鉢二品(冷や奴ともやし)がついて550円。コストパフォーマンス良すぎ。味の方も申し分なし。値段以上には楽しめる。
ただ、中華丼でうずらの玉子が入っていないのはちと寂しい。あと50円出すから入れておくれ!

全体的に値段は安めで酒もツマミ的なメニューもそこそこある。軽く一杯ひっかけるにも良さげなお店です。


新宿「ターリー屋」4

店先インドカレーのお店。

ランチでちょくちょくお世話になっている。主に頼むのは690円のインドカレー定食。お代わり無料のナンもしくは大盛り無料のサフランライスにカレーを一品(日替わりの4種類のカレーから選択する)とフルーツヨーグルトのセット。下の画像を見れば判ると思うが、かなり彩りに欠ける。

基本的に2種類もしくは3種類のカレーで合わせて食べる事を想定して作られているようで、カレーの一皿一皿は他の店に比べて小さいのだ。しかも、味わいもかなりシンプル。美味しいけどシンプル。
が、僕としてはこれで充分。ライスを大盛りで頼めば充分腹は膨れるのだ。

ちなみに、カレーをもう一種類食べられる2色カレー定食で790円。それにナンとライス両方と玉子焼きが付いたターリー屋定食が890円。サムラートなんかよりもコストパフォーマンスは断然高いと思う。

最近はパラパラのサフランライスがお気に入りなんだけど、ナンもモチモチしてて旨いです。お代わりを頼んでも4分くらいで早々と出してくれるのが嬉しい。このナンにフルーツヨーグルトを付けて食べるのは結構お勧め。給食とかで食べた事があるような味になります。

カレーの方は上にも書いたけど本当にシンプルな味。普通に旨い、と言う他ない感じ。
店内に何かの雑誌のカレー屋ランキングで一位になった時の記事が貼ってあるんだけど、味については一切触れられてない事に、なんとなく納得してしまう。
でも、何種類も一度の食べる場合はこれくらいシンプルな味の方が良いのかなとも思う。ってか、そもそもインドのターリーというのは大皿という意味で、複数種類のカレーやらヨーグルトやら生野菜やらが一つの皿に盛られている料理だ。って考えたら、これで正解なのかも。複数種類のカレーを混ぜて食べるのも旨味です。

がっつり食べるにも、軽く食べるにも、使い勝手の良いお店です。密かに星4つ!

インド定食の店 ターリー屋
http://www.thali-ya.com/


インドカレー定食

新宿「麺屋武蔵」武蔵ら〜麺5

ブログネタ
東京のラーメン屋さん に参加中!
090629_1241~01麺屋武蔵。行列のできるラーメン屋である。
5年以上前に友達と訪れた時は2〜3時間くらい並んだ記憶がある。その時の印象は

「あっさり系で確かに旨いんだけど…、これだけ並んで出て来たのがあっさり系だとちょっと物足りなさすぎるよなぁ」

一緒に行った友達も同じ事を言ってた。

最近はそこまでの行列はできないようなので、久しぶりに行ってみた。正午直前くらいに到着。既に満席で僕の前に5人くらい並んでた。

「いらっしゃいぁせぇぇぇ!」

店に入ったと同時に店員の怒号ともとれるような体育会系の挨拶。店員は皆一様に若く、制服は茶色いバンダナに赤いTシャツ。ああ、なんか、いかにも「うちは雑誌に載るような行列の出来るラーメン屋ですよ」といった感じでいけ好かない。

で、待ってる間に店員を観察していたのだが、挨拶のみならず、店員同士のやり取りもいちいち体育会系で叫ぶ系。しかもちょっとカッコつけてんの。
「味玉ら〜麺いただきましたぁ!」
「ありがとうございますぅ!」
「はい!麺上がりますぅ!」
「そいやぁ!」
「そいやぁ!」
「そいやぁ!」
「そいやぁ!」
「よいしょぉ!」

ホストクラブのシャンパンコールですか?

ああもういけ好かない!その辺のかけ声とか絶対客の為じゃねーだろ?!自己満の類だろ?!麺の湯きりをそんな大仰にやる必要ないだろ?!普通にやれ普通に!

これで中途半端な味だったら二度と来ないぞ、と思いつつも、やっぱり客はしっかり入っているので期待は高まる。

今回は豚の角煮が入ってる武蔵ら〜麺(1000円)を注文。確かこれ、5年前にはなかった筈。ちなみに同じ値段であっさりとこってり、並盛りと大盛りが選べる。このシステムも前はなかった。客の意見も取り入れつつ、少しずつ進化してきたのだろう。こってり大盛りにする。

並んでる途中から食券が回収され、席が空いて座ったらそこまで待つ事もなく麺が出てきた。店に入ってから大体10分ちょい。ちょうと混雑する直前だったようで、席に座った時点で結構な行列ができてた(とはいえ、店内に収まるくらい)。

CA3B0063

さて、いけ好かない店員達が作ったラーメンが出てきた。味の方は

ちくしょう旨いじゃないか!


魚介だしのきめ細かい醤油味。こってり設定なので以前食べた時よりは味が強い印象。角煮の豚肉のエキスが加わって更に深い味に。角煮自体も柔らかくてジューシーで旨し。麺はちょい太めの低加水麺でスープと程良く絡む。

なんだろう。店の雰囲気とかはいかにも「人気店だよ!」という嫌味で一杯だけど、味自体はそんなに派手さがない。ないけど深い。
旨いけど一度食べたら満足って感じじゃなくて、何度でも来たくなる、飽きの来ない味。つーか明日また来たいわ。

半端じゃない行列が出来てた5年前から更に味の幅を広げてこってりラーメン好きも満足できるよう弱点を克服したこの店。
癪だけど、とても癪なんだけど、星5つやるよコンチキショー。

麺屋武蔵
http://www.m634.com/

都内に八店舗も出してるのにホームページ簡素過ぎだろw
Profile
  • ライブドアブログ