※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

居酒屋

「一体ここは何屋だ?!」ネパール人が経営する東中野のカレー屋「タラキッチン」のカオスな居酒屋メニュー

東中野銀座通り商店街にある、ネパール人が経営するインドカレー屋「タラキッチン」。何を食べても美味しいこのお店、何度もお世話になっているのですが、
 
果たして一概に「インドカレー屋」と言って良いのかどうか悩ましいのが、

image

「たぬき豆腐」を置いてるところ。

え?ここカレー屋じゃなかったっけ?Σ( ̄ロ ̄;)

image

しかも、中の豆腐は揚げ出し豆腐になっているキメ細やかさ。
そして普通に美味い!

店員さんがネパール人なもので、そのギャップにびっくりするところですが、そういえば昔、ネパールを旅した時のカトマンズの日本料理屋のクオリティが高くてびっくりした覚えがあります。

きっと、ネパール人はよその国の料理を再現するのが得意なのでしょう。
(ちなみにお隣のインドで出される日本料理は…見事な”ばったもん”でした笑)


ってことで、なんともネパール人の懐の深さが垣間見えるメニューであると言えます。


image

「鳥の軟骨揚げ」も見事に日本の居酒屋メニューが再現されています。


image

一杯299円のビールが進んじゃいます^^


image

そして、前から気になっていた「タンドールフィッシュ」。
見た目は普通に焼き魚ですが、食べてみると発酵食品っぽい不思議なお味。おそらくタンドリーチキンと同様にヨーグルトで漬け込んであるのでしょう。
 
もうちょいカレー風味が強いのかと思いきや、魚の風味と相待って、独特の美味しさを作り出しています。これは焼酎のロックに合わせたいところ。


image

そして、この店で絶対に外してはいけないのが「モモ」。

「モモ」とはチベットの蒸し餃子です。
「ネパール人」が経営する「インド料理屋」で「日本の居酒屋メニュー」と一緒に置いてある「チベット料理」とかって、どんだけカオスなんだよ?!Σ( ̄ロ ̄;)

とツッコミを入れたいところですが、
モモはネパールでも盛んに食べられており、元々ネパール人にとっても馴染みの深い料理のようです(カトマンズで食べたモモは美味しかった^^)。


トマトチリソースで食べるこちらのモモは、皮が肉厚でモチモチしていて、やっぱりお酒のお供に最適なのです♪( ´ ▽ ` )ノ

image

この肉厚感。
肉汁がジューシーで、この写真を撮るために半分だけ噛みちぎろうとしたら肉汁が「じゅぱっ!」と飛び出て鼻の中に入りました(笑)


さて、そんな感じで
「ネパール」「インド」「チベット」「日本」
という四カ国に跨(またがる)る多国籍感、しかも「ただそれっぽいものを作りました」というような中途半端なものではなく、それぞれがちゃんと美味しく仕上がっており、「カオスにとっ散らかっている」というよりは「幅広く懐深い」と表現するのが正しいのがこのお店です^^
 

複数名で行けば驚くほど安く上がったりしますが、一人でいくとついつい色々頼んじゃうもので、お会計が結構な額になっちゃったりするのは注意が必要なところです(笑)

東中野の不思議なカレー居酒屋「タラキッチン」でピザナンを食べる。

東中野銀座通り商店街にあるカレー屋「タラキッチン」。
しかし、このお店、一口に「カレー屋」と呼んで良いものか、実に悩ましいところだったりします^^;
 
いや、カレー屋としてのクオリティは折り紙つきで、種類が豊富な上に何を食べても美味しいのです。美味しいのですが…、
 
 
メニューがね、こんなんあるの。

image

「豚の角煮」に「たぬき豆腐」。
そう、ここ「タラキッチン」はカレー屋であると同時に、居酒屋メニューも豊富な「カレー(屋兼)居酒屋」だったのです。


image

しかもね、生ビールが安いところが実に嬉しいところ(一杯299円♪)
(ちなみにグラスワインも同じお値段です)

今回ご紹介するお気に入りのメニューは「タラピザナン」(500円)

image

別に鱈(タラ)が入っているわけじゃありません(タラはネパール語で「星」の意味だそうです)。
ピザの生地がナンなので「ピザナン」なのです。

これがねぇ、美味しいわけですよ。
食べてる感覚は普通にピザです。ナン特有の柔らかさと生地の甘みがあり、ビールがついつい進みます。


image

チキンフライもしっとり美味しいです^^

ってことで、カレー以外のものも何を注文しても美味しいこのお店。まだまだ紹介したいメニューがいっぱいありますので、また記事にします♪( ´ ▽ ` )ノ
 
(タグの「タラキッチン」を押していただくと、他の記事もご覧いただけます^^)

東中野「酒房地熱風」の燻製

前から気になってた、燻製を売りにした居酒屋、地熱風に行って来ました。

image

肉でも魚でも、燻製にするといちいち味に高級感が出ますね。

スモークチーズのあの匂いが漂い、そして水分が出て身が締まって、旨味が凝縮されます。


image

自宅に燻製の設備欲しいなぁ、とぼんやり思いました(笑)



image

そろそろ焼酎のお湯割りが美味しい季節ですね^^

荻窪「播州」[居酒屋]3

播州1播州2

青梅街道から荻窪駅に至る道に入ってすぐのところにある、なんとも古めかしくアングラな雰囲気の店。エアコンはなく、暑い日はうちわを出してくれる。店内はカウンター8席のみ。

酒はビールと日本酒のみ。
メニューはなく、店主が次々と作る突き出しを順に食べていく形式。
全般的に日本酒に合う味。なかなか美味。

40年も続いてる老舗で、二台目の若店主と奥さんの二人で切り盛りしている模様。店主は気さくに話しかけてくるけれど礼儀正しくにこやかで、話していて嫌味を感じない。一人でフラっと行って軽く一杯やるにも良い店かも。ただ、値段的にはやや割高かも。適当に飲んで食って4000円〜5000円くらい。ガキには厳しい…。

■播州
住所 〒167-0051 東京都杉並区荻窪4-31-12
TEL 03-3393-0856

参考リンク
http://koalaya.blog5.fc2.com/blog-entry-440.html
Profile
  • ライブドアブログ