※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

富士そば

意外とレアな普通さ?「富士そば」の昔ながらのラーメン東京醤油

image

僕ねえ、意外と富士そばのラーメンって好きなんですよ。この普通っぷりが。

意外とね、「THE 普通」な醤油ラーメンで出す店少ないんですよ。普通の”町の中華屋さん”にしても、それぞれなんとなくそのお店の特色みたいなものが出るし。

そこへいくとこの富士そばのラーメン、全く特徴がありません(笑)
 
普通の、あくまでも普通の醤油ラーメンです。むしろ、その特徴のなさ、普通さが特色と言えるぐらいの普通さです。

具材は薄っぺらいチャーシューに刻みネギ、ナルト、メンマ、そして安っぽさを演出するワカメ(笑)

これぐらいが普通にちょうど良い。
そしてそれで420円というコストパフォーマンスの良さ。このお得感に限っては「普通」を超えていると言えます。


そして、お味の方は「普通に美味しい」。

そう、「普通以上に」とか「普通以下」とか、そういうんじゃなくてジャスト「普通」なのです(笑)
そしてその普通っぷりが素晴らしい。


意外と、ありそうでない「普通のラーメン」のど真ん中を行く、この富士そばのラーメンがたまに恋しくなるわけです^^

東中野の「富士そば」は今や珍しいリアル立ち食いスタイル

「富士そば」といえば「立ち食い蕎麦屋」ですが、最近の店舗はほとんど椅子があり、「立ち食い蕎麦」という名称が有名無実になってきておりますが、

東中野の「富士そば」は、このご時世でも珍しい「リアル立ち食いスタイル」の店舗です^^

image

お店の面積が小さいもので、椅子を置こうにも置けないのが理由なのでしょう。

ちなみに、いつの間にか券売機が設置されましたが、少し前まではそれもなく、お会計は現金の前払いでした。


で、こういう昔ながらのスタイルって好きなんですよね^^

狭い店内を見知らぬ客同士が目を合わせるでもなく、それでもなんとなくお互いに譲り合って蕎麦を啜っている光景に、なんとも言えぬ風情を感じるのです。

(他のお客さんの迷惑になるのでお店の中の撮影はしませんでしたが、本当に狭いです笑)


image

今日は久しぶりに来ましたけど、お味の方は…、安定の「富士そば」でした♪( ´ ▽ ` )ノ

富士そば 春菊天そば

28

大盛り490円也。
立ち食いそばの花形と言えば天玉そば。それが僕の持論である。が、ドラマとは主役と脇役が揃って成り立つものである。そして、脇役の中には名脇役というものがあり、時に主役よりも魅力的であったりする。
立ち食いそばの名脇役、それが春菊天そばだ。

春菊の天ぷらというと、なんだか貧乏くさい感じがして最近まで食べた事がなかったのだが、立ち食い蕎麦道のマエストロ、東海林さだお氏が著書の中で大絶賛していたので試しに食べてみて以来、大のお気に入りメニューとなった。

天玉そばがゴージャスな輝きを放つ金閣寺であるならば、春菊天そばはわびさびを感じさせる銀閣寺という趣きだ。春菊天そばの魅力、それは当然春菊の香りである。もっちりとした衣の中にサっと香る春菊の香り。それは気品すら思わせる。

食べ始め、まずは東海林さだお式に則り春菊天の端っこの薄い部分をかじる。全体につゆがかけられており味は染みているが、出来たてはまだサクサク感が残っている。時間が経って全体がモロモロになる前にこのサクサク感とつゆのジューシー感のハーモニーは味わっておきたい。
後は、そばと春菊天を交互に食べ進めていく。全体をつゆに沈めてドロドロにして食べるなんて雑な事はしない。時間が経つ毎に春菊天がつゆを吸ってモロモロになっていき、最後にはドロドロになる。その食感の変化も楽しむ。

蕎麦を大盛りにするとどうしても春菊天だけ先に食べ切ってしまいがちなので、春菊天と蕎麦の食べる比率に注意する。春菊天をちんまり食べて蕎麦をズズッとすする。春菊天は真ん中に行く程に厚みがまして春菊密度が高くなり、その分香りが強くなる。この中心部分と蕎麦を口の中へ頬張る時こそがクライマックスだ。じっくり味わいたい。後はドロドロになった衣と残った蕎麦をしめやかにすする。まさにエピローグといった趣きだ。

立ち食いそばのいぶし銀的存在。お勧めの一品である。

富士そば ねぎ玉コロッケそば

75a13680.jpg

本日で仕事納めである。
こんな日くらいは普通の蕎麦屋で真っ当な鴨せいろでも啜ろうかと思いもしたが、結局足が向くのはいつもの富士そばなのであった。

しかし、コロッケそばって凄いよな。だってコロッケと蕎麦だぜ?和洋折衷。普通に考えたら有り得ない組み合わせじゃね?なのに何故にこんなにマッチするのだろう。
蕎麦の風味をコロッケのジャガイモの自然な甘味が包み込んで奥深い味になってるの。これ最初考えた人天才だよなぁ。

そんな訳で、多分これが今年最後の富士そばです。
富士そばさん、いつも安くて美味しい蕎麦をありがとう。
来年もよろしくです。

富士そば 肉富士レンコン天そば

1102b6f2.jpg

480円也。
予想通り、抜群の相性であった。
生姜の効いた豚肉、半熟玉子+蕎麦の組み合わせで味が濃厚になるんだけど、さっぱりした味のレンコン天が良い箸休めになる。ステーキに添えられた人参とかポテトみたいな案配。この丼一杯の中に主食、主菜、副菜が揃っている訳です。

肉富士食べる時はレンコン天、是非とも添えていただきたい。

富士そばの レンコン天ねぎ玉そば

2ab53a40.jpg

相変わらず、ねぎ玉そばがloveである。
今回は新発売のレンコン天をトッピングしてみた。450円也。ちなみにレンコン天は60円。富士そば最安値。

レンコンの揚げ物は先日初めて食べたのだが、かなり好きだ。ホクホク感+シャキシャキ感の絶妙なバランス。フライドポテトをもっとアッサリさせたような案配。フライドポテトはあまり好きではないが、フライドレンコンなら食べたい。マクドナルドで販売してくれんかね?

それはさておき、富士そばのレンコン天である。美味し。この値段でこれなら十分納得がいく内容である。
大量のネギと一緒に食べるレンコン天も美味。しかし、ねぎ玉そばがアッサリで、レンコン天もアッサリならば少々ボリューム感に欠ける。

次は肉+玉子の肉富士そばに合わせてみたい。

富士そばの いか天ねぎ玉そば

9599fb01.jpg

510円也。
ねぎ玉そば単品だと味わい的にちと物足りなかったので今回はいか天をトッピングした。

大正解。歯ごたえのあるいか天が入る事で食感にコントラストができるし、たっぷりのねぎと一緒に食べればいか天の味にもパンチが出る。そして半熟玉子が絡む。そば、ねぎ、いか天、半熟玉子による味の四重奏。

いか天トッピング、お勧めです。

富士そばのねぎ玉そば

33438e1f.jpg

富士そばの新メニュー。390円也。

「ねぎ好きにはたまらない!」のキャッチコピーの通り、尋常ではない量のねぎが入っている。逆にねぎ嫌いなら見るのも嫌であろう。口に入れた時のネギの香りとか、シャキシャキ感とか、確かにたまらんちん。ねぎ好きねぎloveねぎ愛してる。半熟玉子のトロケた黄身が蕎麦によく絡んで美味し。

ただ、これだけだとちょっと物足りないので、揚げ物を何か乗せたいところ。いか天かちくわ天あたりが良いかな。コロッケなんかも良さげ。

Profile
  • ライブドアブログ