創業65周年を迎える「元祖つけ麺」のお店。

僕も20年近く前からお世話になっています^^

image

とはいえ、当初はこの店の良さは理解できませんでした。

「中野につけ麺の名店がある」
という話を聞きつけた友達に誘われて行ったのが最初なのですが、

あっさりした鶏ガラベースの醤油味のスープにそこまでの魅力を感じなかったわけです。

むしろ、事前にビールを一瓶飲んだ上にスペシャル(全部入り的なやつ)を大盛りで頼んだもので、腹がパンパンになり、完食するのが苦行になった憶えがあります(笑)

しかも、それが行列を並んだ結果なもんだったから、
「なんなんだこの店は!」

と友達と愚痴ったものです。
(腹がパンパンになったのは完全に自業自得なわけですが笑)


その後も何度か行きましたが、
「どうしてこの店がここまで人気なのか?」
っていうのがさっぱり分かりませんでした。
(分からないなりに、「絶対に何かあるはずだ!」と思って何度も通ったわけです)



今にして思えば。
舌が馬鹿になっていたのでしょう。

当時の感覚では
「ラーメン=こってり」という図式があり、ラーメン二郎が大好きだった僕です。


大勝軒の繊細な風味を楽しむ感覚はなかったわけです^^;


そして、そもそも大勝軒の解釈自体が間違っていたことに気づいたのは去年の話。

店内に貼ってあったお店のポスターに、創業者のコンセプト的なものが書いてあったのですが、その中のひとつが、

「ラーメンの延長である"中華うどん"であること」

でした。
(もうひとつが「飽きない醤油ベースであること」あとひとつは忘れました^^;」


そう。
"中華うどん"

つまり、ここのつけ麺はラーメンではなく"うどん"の中華版であると解釈するのが正解だったのです。


って考えると、パンチ重視ではなく、あっさりとした醤油ベースの出汁の風味重視であることに得心がいきます。

つまり、
「ラーメンスープ」というよりは、
「中華風めんつゆ」であるということ。

うどんと中華そばの合いの子。
それがこの店の「つけそば」であると言えます。
(ごんぶとの麺もうどんの中華版と考えれば、よりしっくり来ます)


ってことを考えた時、このあっさりスープのなんと風味豊かなことか!

それに気づいて以来、すっかりこの店の大ファンになっちゃいました♪( ´ ▽ ` )ノ


image

ちなみに、他の店のつけ麺を食べる時は「熱盛り」で食べるのがデフォな僕ですが、

ここの店に限っては普通の冷盛りで食べます。

大盛りを注文すると、最後の方はスープが冷たくなりますが、"めんつゆ"と考えれば冷たい状態でいただくのは不思議ではありません。


で、ここの店のスープは冷えても美味しくいただけるようになっているので、味覚の変化を楽しむことが出来るわけです。


味に飽きて来たら卓上調味料の胡椒やラー油、お酢を入れて変化させるのもオススメです。

日によって揚げ玉やフライドガーリックが置いてあったりするので、それらを入れるとコッテリ感をプラスできます。


ただし、あくまでも
"中華うどん"という解釈でいただくのが、この中野大勝軒の楽しみ方なんじゃないかな、と思います^^