※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

四川料理

担々麺紀行 陳麻家の担々麺の正しい食べ方

「麻(マー=痺れ)と辣(ラー=辛味)が揃ってこそ坦々麺である」という僕にとって、実はチェーン店の陳麻家の坦々麺は安定して食べられる逸品だったりします^^

image

その大きな理由は、卓上調味料に花椒(ホアジャオ)があるところ。
意外とこれが重要なポイントで、大体の坦々麺は日本人向けの味付けで麻辣が控えめだったりするんだけど、花椒があることで「麻」の部分を自分好みに調節できるわけです。
 
そして辣の部分はラー油で調整。
 
 
ってことで、まずはラー油と山椒を好みの量ぶっかけます。

image

ラー油の入れすぎは危険ですが、花椒はわりとがっつり入れちゃっても大丈夫です。
 
そして一口食べれば
「しびれる〜♪( ´ ▽ ` )ノ」

基本が胡麻の風味豊かで、麻辣が加わることで適度なコントラストができます。
麺も細麺でよくスープを持ち上げます。
 
で、途中でお酢を回しても、それはそれで美味しいです。
(味に飽きた時なんかにお勧めです)


そして、「正しい食べ方」と言いつつ、ここで禁断の食べ方を紹介しちゃいます(ニヤリ)

麺を食べ終わったところで、小ライス(100円)を注文。

image

そして、それをおもむろに
スープにどぼん!

image

崩しておじやにしていただきます。
これがまた美味いわけですよ。

「一粒で二度美味しい」ではなく
「一杯で二杯美味しい」

つまりメタボリック養成ギブス(笑)


あなたの街の陳麻家でお試しくださいませ♪( ´ ▽ ` )ノ

担々麺紀行 東中野 餃子や獅丸の白胡麻担々麺定食

麺大盛100円増しの990円也。

以前から気になっていた、東中野の山手通り沿いにある「餃子や獅丸」の白胡麻担々麺を食べて来ました^^

image

ランチの定食には任意の一品料理(数種類から選べる)と小皿(ザーサイ)、ライスがつきます。

image

一品料理は水餃子をチョイス。
量が多くなるのでライスは頼みませんでした。


さて、僕は坦々麺については一家言あります。
それは
「麻(マー)と辣(ラー)が揃ってこその坦々麺である」ってこと。

麻(マー)とは花椒(ホアジャオ。四川の山椒のこと)による痺れ成分であり、辣(ラー)は唐辛子による辛み成分のことです。

坦々麺は日本風にアレンジされたものが多く、ゴマの風味と甘みを主体とした「肉味噌ラーメン」という解釈のものが多くあります。

それはそれ美味しいのですが、麻辣が揃った坦々麺の味は刺激的で、食べ終わったあとスパイスによって「ヘブン状態」になれるのが魅力です。

もちろん、麻辣が揃っていれば良いだけではなく、ゴマの風味や甘みなど、きめ細やかで奥深い味の世界が広がっているのが良い坦々麺の条件と言えるでしょう。


っていうことを踏まえた上で、ここの白胡麻坦々麺を語るとすれば、
「ちょっぴり麻辣な日本式坦々麺」といったところでしょうか。

基本はゴマの風味と甘みを主体とした食べやすい「日本式坦々麺」なのですが、奥の方に花椒の痺れを感じます。また、ラー油でほんのりとしたマイルドな辛みもあります。

つまり、日本式と四川式の中間から、やや日本式に寄ってるぐらいの感覚でしょうか?


辣(辛さ)は卓上調味料のラー油で追加できますが、花椒を好きな量入れられないのが残念なところです(卓上調味料として置いてあったり、坦々麺を頼んだら小瓶を添えてくれるとありがたいのですが)。

とはいえ、変なこだわりを持たず、素直に食べれば美味しい坦々麺です(この店の料理は基本、何を食べても美味しいです)。
 
次回は「花椒増し」のオーダーにトライしてみます^^

担々麺紀行 横浜中華街「京華樓 本店」担々刀削麺

写真 2014-08-31 16 42 47

900円也。

横浜中華街に行きました。
中華街と言うと「他では食べられない極上の中華料理が目白押し!」と思いがちですけど、詳しい人に言わせれば「高いわりに味は普通」な店がほとんどとのことなので、店選びには注意が必要なようです。

ただ、それでも店舗数が半端ないもんで、あちらこちら目移りします。味はそこまで飛び抜けたものはないにしても、これだけ種類があれば「その辺の店では食べられない味」はいくらでもありそうです。


ならば、今回は何を食べるか。
思いついたのは久方ぶりの担々麺紀行。近場だと四川料理専門店自体が多くないけれど、中華街なら選り取りみどりです。やっぱね、担々麺は四川料理の店かそうでないかでクオリティはかなり違います。

いや、四川料理の店でなくても美味しいところは美味しいんですけど、本場っぽい感じじゃないんですよね。では本場っぽさとは何か?

麻と辣の要素が揃っていることです。
麻(マー)とは痺れ成分のこと。辣(ラー)とは辛み成分のこと。つまり、唐辛子の辛さと花椒の痺れが揃ってこその四川料理なわけです。

そんなわけで入った横浜中華街の四川料理の店、京華樓。
この店は普通の担々麺ではなく麺が刀削麺、つまり担々刀削麺です。麺がきしめんみたいにぶっといのが特徴です。

まずはスープを一口。…なんというか唐辛子の辛さがなめらか、というかきめ細かい感じがします。なにこれ不思議。そして胡麻の風味。しかし痺れ成分が足りない…と思ったら卓上調味料で花椒がありました。ニヤリ!ここぞとばかりにドバーッとかけます。

そして改めて食べる。
キタキタキタキタキタキタキタキタキタキタキタキタキターーーーーーーーーーーーーーーーーー!

胡麻の風味(ほのかな甘み)の上に辛みと痺れのパラダイス!口の中が四川省!花椒を入れるほどに美味さが倍々ゲームです。
これは今まで食べた担々麺の中で最も美味い部類です。ってか、多分一番美味い。

麺が刀削麺なのもグッドです。麺の太さがスープの刺激を程よく緩和して麺そのものの旨味とスープの味がばっちり調和してます。

上にかかってる肉味噌のネギが軽く焦げてて、これがまた香ばしい。

食べてる間中、ずっと至福(ヘヴン)でした。
食べたあとは大量の香辛料で頭がぽーっとします。これぞスパイス・ハイ!


やっぱ、麻と辣が揃ってこその担々麺です^^

坦々麺紀行 四川料理 栄児(ロンアール)家庭料理 東中野店 汁なし坦々麺

2014-07-20-13-38-07


大盛り1100円也。

東中野ユニゾンタワーの一階にある四川料理屋さん。ランチメニューの平均価格が1000円という、ちょっと強気な金額設定のこのお店。以前から気になっていた。

いろんな店で坦々麺を食べて来たが、本来は四川料理である坦々麺、四川料理屋で食べるのが常道と言えるだろう。

今回はメニューとして置いている店が限られている汁なし坦々麺を注文。

出てきたものが画像のものである。
一見、面に調味料的なものがかかっている気配が感じられないが、タレは面の下に隠れていて、混ぜることで全体が赤っぽくなる。


味の方は、全体的に上品な印象。
四川花椒を初めとした香辛料が香るが、決して主張しすぎることはない。洗練された味わいといえるだろう。

逆にいえば、パンチがない。
いや、美味いには美味い。知り合いと食事をするのであれば、無難な店ではある。

しかし、個人的な好みを語るのであれば、もっと庶民くさい感じの方がいい。

もうちょい香辛料がえげつなく効いてて、もうちょい辛味が主張してて、味にパンチがある感じ。


本格的な四川料理ではあるんだけど、ちょっと当たり障りがなさすぎた、というのが僕の印象でした。

担々麺紀行 「陳麻家 東中野西口駅前店」汁無し担々麺

写真 2014-03-24 11 46 25

大盛り無料780円也。

好きなんですよ。汁無し担々麺。普通の汁有りよりも。ただ、あんま出してる店って多くないんですよね。

今まで食べて来た中で、味とコストパフォーマンス的に最も安定して楽しめるのがここの汁無し担々麺。ちなみに東中野西口駅前店限定メニューです。

「チェーン店かよ!」って感じだと思うんですけど、陳麻家はわりと各店舗の店主が独自に店をデザインしている感じなので、店舗によってそれぞれ特色があり、良い意味で画一化されてないのが魅力です。

で、ここの汁無し担々麺なんですが、店舗限定にしないで全店舗共通のレギュラーメニューにすれば良いのに、って思うくらいクオリティが高いです。

辛さはレベル1〜5まで選べて、痺れ成分は卓上調味料の四川山椒で自分で調節可能。そして「辛」と「痺」に加え、人類共通の旨味成分である「甘み」が絶妙にブレンドされている。「辛」くて「甘」くてそして「痺」れる!とてもバランスが良く、飽きが来ない味です。


ちなみに、辛い食べ物は辛ければ辛い程、食べた後ぽーっとした幸せな気分になります。僕はこれを「スパイスハイ」と呼んでいるのですが、辛さをレベル3ぐらいにすると結構なスパイスハイを楽しめます。

僕の場合、胃腸が弱いんで、あんま辛い物食べると翌日地獄を見るので、大体いつもレベル1〜2くらいで我慢してるんですけど、胃腸が強くて辛いものが平気なのであれば是非レベル3以上で山椒がっつり入れて、ディープなスパイスハイを楽しんでいただきたいです^^

写真 2014-02-27 12 27 25

ちなみに、この陳麻家、普通の担々麺も一工夫加えることでかなり美味しくなります。そのまま食べるとゴマの風味だけが際立ってるだけであんまパンチがないのですが…。

まずは、オーダーの際に「辛くしてください」と注文をつけます。そう、メニューには書いてないんですけど、言えば好みの感じで辛くしてくれるわけです。そして当然、卓上調味料の四川山椒をドバアアアアアっとかける。

元々この店の担々麺はゴマの風味が豊かな柔らかい味わいが特徴なんですけど、これに「辛」と「痺」成分が加わることで一気に味に深みが出ます。汁無しと違って全店舗共通のメニューなんで、近くに陳麻家があれば是非試してみてください。
Profile
  • ライブドアブログ