※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

名越

東中野「名越」まろやか甘い塩ラーメン

「何を食べても安定して普通以上に美味しいお店」である名越。
今回は「中華蕎麦 しお(特大820円)」をいただきました^^

image

いつも、ラーメンを食べる時は最初に一口スープをすすり、出汁と味付けの妙を楽しむのが習慣なのですが、ここの塩ラーメン、美味しいには違いないんだけど、なんの出汁なのか判別がつきません。

ええ。美味しいんですよ。複雑で、奥深くて、でもまとまっていて。
 
「これって一体なんの出汁だ?」

と首を傾げていたら、店員のおばちゃんが着ていたTシャツにその答えが書いてありました。

「豚骨、鶏ガラ、鰯、鯵、鯖etc…」

つまり混合出汁であるということ。なるほどの奥行きです。


スープの全体の印象は”まろやかさ”と”甘み”が漂う感じです。その奥に凝縮された旨味成分の塊(かたまり)。
そして、その乳化したスープを細麺がよく持ち上げます。


途中から、店内の張り紙の勧めに従い、お酢を投入。すると途端に味に立体感が加わりました。 

凝縮され過ぎててぞの全貌が把握できなかった風味の塊にお酢の酸味が差し込まれ、それがガイドとなって全体を際立たせるような感じ。

なるほどの美味さです^^
(卓上調味料の一味もパラリと少量かけると、別の方向で旨味が際立ちます)

ラーメンのスープは極力残す主義なのですが、美味しくてちょいちょい飲んでたら食べ終わるころにはほとんど残っていなかったという(笑)


本日もごちそうさまでした♪( ´ ▽ ` )ノ

 

東中野「麺処 名越」香味ラー油が香るピリ辛濃厚つけ麺

東中野銀座通り商店街の早稲田通り側の出口を出て通りを渡ったところにある、渡辺謙似の男前の店主が切り盛りするラーメン屋さん。

image

醤油ラーメン、塩ラーメン、魚介豚骨ラーメン、濃厚(魚介豚骨)つけ麺と、
オーソドックスな王道メニューを取り揃えたお店です。

で、お味の方も王道で、特別変わったところもなく、普通といえば普通なのですが、何を食べても普通以上に美味しく、まさに「王道を往くラーメン屋」であると言えます。


今まで何度も行ってますけど、手堅く美味しいこのお店。
今回、ブログ記事にするべく久しぶりに行きましたが、
「普通以上に美味しい普通のつけ麺」
みたいな切り口で書く予定だったのが、ちょっと(良い意味で)予想を裏切られる展開に。

冬季限定で+50円で「辛味(香味ラー油)」を追加出来るとのことで、濃厚つけ麺に追加してみたのですが、

image

「普通以上に美味しい普通のつけ麺」が
「普通ではないエッジの立った美味しいつけ麺」になりました。

なんかね、濃厚ながらもマイルドな魚介豚骨スープに辛味が加わることで、コントラストができるというか、味が締まるというか。

単に辛くしただけではなく、香味ラー油の香りや風味が追加されることで味がさらに深くなっているわけです。

「辛味」と言っても決して激辛ではなく、あくまでも味を際立たせる程度のピリ辛であるのもGood!(辛いのは好きなんですけど、あとでお腹が痛くなっちゃうんで^^;)


ちなみに、麺の太さは以前から細麺と太麺が選べたのですが、太麺が以前よりも太くなっているように感じます(茹で時間も13分かかります)。より歯応えを楽しめるようになり、こっちもGood!です^^
(まあ、スープの絡みを重視して細麺にするのも捨て難いのですが)


王道的でありながら、常に研鑽を忘れないことのお店、今後も楽しみです♪( ´ ▽ ` )ノ




Profile
  • ライブドアブログ