※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

中野南口

脳が惑わされる?!「竹屋中野店」の異次元的な「油そば」

またまた行っちゃいました。竹屋 中野店。
 
今回は前から気になっていた油そばを注文しました。
 
image

つけ麺と同様のごんぶと麺に甘みのある醤油ダレ。
そして、紅生姜と辛子マヨネーズ。
 
一見するとオーソドックスな普通の油そばにしか見えません。
 
しかし、
 
この紅生姜と辛子マヨネーズが曲者で。
 
味は普通の油そばのはず…なのですが、紅生姜と辛子マヨネーズって焼きそばの添え物じゃないですか。
なんかね、焼きそばを食べてるような気分になるの(笑)
 
さらにこのごんぶと麺。
なんかね、うどんっぽいテイストもあるもんだから、焼うどん的にも感じられたりして。

で、実態はちゃんと油そばなわけで。


焼きそばを食べてるんだか、
焼うどんを食べてるんだか、
油そばを食べているんだか、

脳が惑うわけです。


お味の方は当然美味しいんだけど、それで頭がグルグルと回って、なんというか異次元的な美味しさなのです(笑)

普通、油そばと言えば卓上調味料を色々入れて自分好みに味を整えるのが醍醐味だったりするわけですが、何も入れなくてもこのままの「惑う感じ」が面白く、
 
半分以上はそのままの状態でいただきました。


ちなみに、事前にネットで調べたところ、辛子マヨネーズは全部混ぜ込むと美味しいんだけど、後から何を入れても味が変わらなくなる、というのがあったので、混ぜ込まずにその都度箸に少量つけて食べる、という形にしました。

マヨネーズあり、なし、それぞれの味を交互に楽しめるので、我ながらナイスアイデアでした。


で、最後の最後にようやく卓上調味料のラー油、お酢、おろしニンニクなどを入れてみたところ、ちゃんと(脳が惑うことなく)普通の油そばの味になりました。もちろん、こちらも大層美味です。


ってことでこちらの油そば。調味料の加減で一杯を様々な形で楽しめる、とてもお得な一品であると言えるでしょう。

個人的には「油そば」という大枠の中でもトップの部類に入るお気に入りの代物です^^
 
 

「竹屋中野店」ほっこりたっぷり♪醤油らあめん

一度行って以来、その稀有なほどの"ほっこり感"に魅了された中野南口の竹屋。

今回は気になっていた「らあめん(醤油)」をいただきました^^

image

この竹屋、大盛りの量が本気で大盛りなのが特色のひとつです。

「らあめん」の大盛りで380g!
普通のお店のつけ麺の大盛りに相当する量です(ちなみにこのお店のつけ麺の大盛りは475g!さらに特盛、特大盛りまであります)

ってことで、今回はギリギリ食べきれる量の大盛り380gを注文しました。

このたっぷり感が嬉しいところ^^


お味の方は、基本的にはオーソドックスな魚介系醤油です。鰹や鯖の風味が香り、それにほんのり甘みが漂い、ほっこり感を醸し出しています。

美味しい♪( ´ ▽ ` )ノ

まずは卓上調味料を加えないそのままのお味で十分旨しです^^


で、半分くらい食べたところで、さすがに量が量なので飽きてきたので、ここで卓上調味料の出番です。

image

まずは胡椒、一味を少量ずつ。全体に混ぜずに一部だけにパラリとかけて、その違いを楽しみます。

おろしニンニクを入れるとコクがプラスされ、ほっこり感がさらなる次元へと飛躍します。


残り少なくなったところでトドメにラー油!
ごま油の風味と唐辛子の辛味がパンチを生み出し、全然違うラーメンへと変貌しました。
(一度入れたら後戻りは出来ないので、最初から入れるのはオススメしません)


image

ということで、最後の一口まで美味しくいただきました。

ごちそうさま♪( ´ ▽ ` )ノ


まだまだ気になるこのお店、次回は油そばか、味噌らあめんに辛味を加えるか。楽しみです^^

革新的ほっこり感^^ 「竹屋中野店」ごまみそ濃厚つけ麺

image

中野駅の南口方面にいつの間にか出来てたラーメン屋さん。
東久留米に本店があるそうで、そこからあちこちに支店を展開しているようです。

image

メニューは醤油、味噌、ごまみその三種類で、それぞれラーメンとつけ麺がある、一見して何処にでもありそうな無難なお店に見えます。

しかし、最初に驚いたのは麺の量。
並盛りで380gあります(普通のお店の大盛り相当)。無料で出来る大盛りで470g。特大盛りだと700g近い量になります。

逆に小盛り(ー50円)、特小盛り、というように少なくも出来るので、
「お好みの量をどうぞ♪^^」

というスタンスなのでしょう。
ちなみに、味の濃さや麺の硬さの指を出来る上に、卓上調味料で割りスープと「濃くするタレ(かえし)」)が置いてあり、注文後も自分好みの濃さに調整することができます。
 
image

その他の調味料は一味、ラー油、胡椒、酢、おろしニンニクと、まさに一通り揃っています。
 
こんなところにも
「お好みでどうぞ♪^^」を感じます。

さて、今回は「ごまみそ濃厚つけめん(780円)」を並盛りでいただきました。

image

なんとなく質感的に、よくある「魚介系濃厚つけめん」を想像してたのですが、良い意味で裏切られました。

正しく「ごまみそ」で「濃厚」だったのです。
それも、”みそ”よりも”ごま”が前面に出ており、「ふわっ♪」と優しさに包まれるような穏やかな味です(スープの上にかかっている黒い粉は黒ごまです)。

なんというか、安心できる味。


そして、麺がまた地味に特徴があって、なんというか「うどん」とか「沖縄そば」に近いような独特の味わいがあります。

ありそうなのに、実はラーメンとしてはあまりない、不思議な素朴さを感じます。


少し食べてみてパンチが欲しかったので軽く一味を入れましたが、それで十分でした。

途中からパンチよりも、この「優しさに包まれていたい♪」と思い、特に調味料を追加することなく380gを完食したわけです。

なんでしょうねぇ、このほっこり感。

で、多分調味料を加えてもそれはそれで美味しんだろうな、って思います(スープ割りと一緒にラー油を入れたら、また新しい香ばしさが生まれました)。


ここはねぇ、とにかく安心できるお店です。
だけど、何気によそにはあんまりない感じで、そういう意味で「革新的ほっこり感」があると言えます。

多分、何度行っても飽きない系。次回は醤油らあめんをいただきたいところ。

またレポします♪( ´ ▽ ` )ノ

中野「大勝軒」の つけそばの楽しみ方

創業65周年を迎える「元祖つけ麺」のお店。

僕も20年近く前からお世話になっています^^

image

とはいえ、当初はこの店の良さは理解できませんでした。

「中野につけ麺の名店がある」
という話を聞きつけた友達に誘われて行ったのが最初なのですが、

あっさりした鶏ガラベースの醤油味のスープにそこまでの魅力を感じなかったわけです。

むしろ、事前にビールを一瓶飲んだ上にスペシャル(全部入り的なやつ)を大盛りで頼んだもので、腹がパンパンになり、完食するのが苦行になった憶えがあります(笑)

しかも、それが行列を並んだ結果なもんだったから、
「なんなんだこの店は!」

と友達と愚痴ったものです。
(腹がパンパンになったのは完全に自業自得なわけですが笑)


その後も何度か行きましたが、
「どうしてこの店がここまで人気なのか?」
っていうのがさっぱり分かりませんでした。
(分からないなりに、「絶対に何かあるはずだ!」と思って何度も通ったわけです)



今にして思えば。
舌が馬鹿になっていたのでしょう。

当時の感覚では
「ラーメン=こってり」という図式があり、ラーメン二郎が大好きだった僕です。


大勝軒の繊細な風味を楽しむ感覚はなかったわけです^^;


そして、そもそも大勝軒の解釈自体が間違っていたことに気づいたのは去年の話。

店内に貼ってあったお店のポスターに、創業者のコンセプト的なものが書いてあったのですが、その中のひとつが、

「ラーメンの延長である"中華うどん"であること」

でした。
(もうひとつが「飽きない醤油ベースであること」あとひとつは忘れました^^;」


そう。
"中華うどん"

つまり、ここのつけ麺はラーメンではなく"うどん"の中華版であると解釈するのが正解だったのです。


って考えると、パンチ重視ではなく、あっさりとした醤油ベースの出汁の風味重視であることに得心がいきます。

つまり、
「ラーメンスープ」というよりは、
「中華風めんつゆ」であるということ。

うどんと中華そばの合いの子。
それがこの店の「つけそば」であると言えます。
(ごんぶとの麺もうどんの中華版と考えれば、よりしっくり来ます)


ってことを考えた時、このあっさりスープのなんと風味豊かなことか!

それに気づいて以来、すっかりこの店の大ファンになっちゃいました♪( ´ ▽ ` )ノ


image

ちなみに、他の店のつけ麺を食べる時は「熱盛り」で食べるのがデフォな僕ですが、

ここの店に限っては普通の冷盛りで食べます。

大盛りを注文すると、最後の方はスープが冷たくなりますが、"めんつゆ"と考えれば冷たい状態でいただくのは不思議ではありません。


で、ここの店のスープは冷えても美味しくいただけるようになっているので、味覚の変化を楽しむことが出来るわけです。


味に飽きて来たら卓上調味料の胡椒やラー油、お酢を入れて変化させるのもオススメです。

日によって揚げ玉やフライドガーリックが置いてあったりするので、それらを入れるとコッテリ感をプラスできます。


ただし、あくまでも
"中華うどん"という解釈でいただくのが、この中野大勝軒の楽しみ方なんじゃないかな、と思います^^


Profile
  • ライブドアブログ