※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

中野北口

中野の「田舎そば かさい」のごんぶとの味わい深き立ち食い蕎麦

中野北口の駅前にある立ち食いそば屋「かさい」。

image

「立ち食いそば」というファストフードでありながら大ファンのお店です^^


このお店の特徴は、麺がごんぶとな田舎そば。

image

これがもっちりとして、蕎麦の味わい深く美味なのです^^

蕎麦なんだけど、おろし生姜を入れていただくのもほっこり美味しく、

揚げ物のころもがホロホロに溶けたのをすするのも"いとをかし"です。

今日食べたのは、アジ天そば(大盛り)500円。

ご馳走さまでした♪

中野「鎌倉酒店 中野北店」やきとり

中野にある、立ち飲みの焼き鳥屋さん。

image

ここは焼酎が美味しく飲めるお店のとして重宝してます^^

image

オススメなのが一杯290円の前割り焼酎(画像のは大サイズで390円)。

芋と麦が選べ、どちらもまろやかで美味です。


image

看板メニューのひとつが肉豆腐。
赤味噌が効いてて、焼酎のアテにぴったりです。

image

煮卵もしっかり味が染みてて、色合いからしてこの通り。


image

特筆すべきは焼き鳥のボリューム感。これで一本100円です。

塩でもタレでも美味し!


image

箸休めの漬け物盛り合わせで、また焼酎が進みます♪
(単品でも頼める梅干しがこれまた美味しいので是非食べましょう)


ってことで、とにかく料理のメニューがことごとく焼酎に合う上に、焼酎も安く飲めるので、気軽に何度でもリピートしてしまう優良店です^^

中野「麺匠ようすけ」超濃厚白湯らーめん

image


大盛り850円也。

その名の通り、超濃厚な白湯スープが強烈。
何かの味に似ていると思ったら、天下一品のこってりだった。あれをもっと上品にした感じ。

んで、細麺がそのスープをがっつり持ち上げ、こってり濃厚をばっちり楽しめる。

途中でカットレモンの汁を絞り入れることで、爽やかな香りがプラスされて、これがまた美味しい。

しばらく食べてると味に慣れて薄く感じたりもするけど、卓上調味料の岩塩を入れることで最後までしっかり美味しくいただける。

最後に残ったスープがまた魔性で、最後まで飲み干したい衝動に襲われた。
更に魔の衝動としてはライスを追加注文しておじやにするとか…(我慢したけど)


いずれつけ麺も食べてみたいところ。

坦々麺紀行 中野「坦々麺ほうずき」黒汁なし坦々麺1

画像1

大盛り1000円也。

中野のほうずき、二度目の来訪。

黒汁なし坦々麺の「黒」は黒ゴマの黒です。その名の通り汁がなく、擦り下ろして煎った黒ゴマがたっぷり入ってます。

一口食べて感じる濃厚過ぎる塩気。唐辛子で辛いんじゃなくて、普通に味が濃すぎる。
そして、硬めに茹で上げられた麺。汁ありの普通の坦々麺の時は程よいパンチになったこの麺も、汁なしになると味のくどさを助長することに。

そして、味にも香りにも全く奥行きがない。

つまり、一言で言えば
まずい。

大盛りで頼んだことを速攻後悔しました。
二口目で既に食べるのが嫌になりました。

えー、ちょっとこれはどうなのー?

普通の担々麺は美味しかったんですけどねぇ…。

中野「 Kaeru」らーめん

写真 2012-10-04 18 45 25


中野に二郎系の店があるとの噂を聞き、行ってみた。なんでも、ぽっぽっ屋の系列なんだとか。懐かしいなーぽっぽっ屋。中野新橋に店舗があった時はよく行ったものだった(その時の記事が上のリンクです。6年半前。もうそんなに経ったんだ)。思えば、このぽっぽっ屋が二郎系にハマったきっかけだったっけ。

そんな訳で、平日6時過ぎに入店。客は僕のみ。途中で2名入って来たけど、基本は空いてて待たずに食べられる模様。

今回はラーメンにチャーシュー加えて950円也。
無料トッピングはニンニク・タマネギ。

チャーシューは直前まで鍋の上の網に置いて蒸していたため、柔らかくトロットロだった。そうそう、ぽっぽっ屋はチャーシューが美味しいんだった。
麺は本家二郎に比べるとやや細めだけど歯応えはばっちり。がっつりゴワゴワしておりました。味付けは確かに二郎系と言えるんだけど、本家よりも甘みが強く、マイルドな印象。ほっこりする感じっつーか。6年前に中野新橋で食べたぽっぽっ屋もこの味だった気がする。二郎系とはいえ、本家とは一線引いて独自の路線で攻めてる感じ。

感じたのが、ニンニクのパンチが無い。入ってるはずなのに、全然ニンニク感を感じなかったので、小皿で追加してもらったんだけど、それでもスープに混じるとカドが取れてしまう。これは素材の問題なのだろう。

味付けは二郎ほど濃くなく、二郎モードで行った僕にはちょっと薄く感じたが、卓上にカエシが置いてあったので、それをかけたら丁度良い感じになった。それでも最後には野菜の水が出たせいか、スープの風味全体が薄まってしまった。カエシで塩分足しても、なんか水っぽさに塩気が加わっただけというか。無料トッピングでアブラ増しにしてもらうのが丁度良いのかも知れない。

ともあれ、全体としては大満足の味だった。量は二郎に比べるとちょっと少なめかな?普通盛りだとちょっと物足りなかった。次回は大盛りでガッツリいきたい。

kaeru
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131902/13097621/

焼肉屋マルキ市場

IMG_0337

良質のお肉を手頃な値段で食べられる焼き肉屋さん。
料金システムが特殊で、入場料として1人税込み840円をとる代わりに料理の値段が低く設定されている。その辺の説明はこちらを参照。ちなみに小学生以下は入場料はかからない。

で、昨日数年ぶりに行ったんだけど、やっぱりお肉は美味かった!写真は散々食べ散らかした後に撮ったもんであんまり肉肉しい感じのは撮れなかったけど、カルビもハラミもなかなか上質だった。大体どれも一人前400円以下、ビールは中ジョッキ一杯290円(しかもさっぽろ黒ラベル!)。ガンガン飲んでガンガン喰って会計一人3500円。大満足。

ただ、キムチは赤点だった。国産の嘘っぽい駄目なキムチ。オイキムチ(キュウリのキムチ)に至っては全然漬かってないの。190円っていう低価格設定だけど、もうちょい値段上げても良いから上質なのを出して欲しい。

IMG_0338〆に食べた辛口ビビン冷麺も麺が冷麺っぽくなく、違う食べ物みたいだった。340円。ううん。冷麺を期待しなければこれはこれで…、って感じかな。という事で、肉は良いけどサイドメニューは当たり外れがある模様。

まあ、それを差し引いても良い店だと思う。大人数で行ってガッツリ飲み喰いするにはお勧の店です。

焼肉屋マルキ市場
http://www.ya-ki-ni-ku.com/

中野「川二郎」再訪

IMG_0265IMG_0267


約半年ぶりに行った。雨降ってるのに、開店15分前に行ったのに、既に10人近く並んでるの。やっぱ大人気だねぇ。

相変わらず肝刺しは絶品だった。弾力があって、歯応えがあるんだけど、噛み進めるとクリーミーで滋味深いの。それと、今回は鰻の薫製(800円)を食べてみた(右の写真)。鰻の身がスモークチーズみたいな味になってるの。日本酒の肴に最適。

今回は友達と2人で行ったんだけど、友達も大喜びだった。
なんか、本当に美味いもの食べてると無口になるよね。今回もしっかり鰻の桃源郷を彷徨って参りました。

▼関連記事
中野 川二郎
http://blog.livedoor.jp/trash_move/archives/51506762.html

中野 川二郎

中野にある老舗のうな串屋「川二郎」に行った。
うなぎの各部位を串焼きで食べさせてくれるお店。平均一本200円。ちなみに熱燗一杯300円。良心的な値段設定だ。
平日の6時過ぎに行ったのだが、5時半開店ですでにほぼ満席。ぎりぎり座る事ができた。とりあえず、「一通り」を注文。うなぎの全部の部位が味わえる6本セット。もちろん飲み物は熱燗。
ポットに入っている日本酒をドボドボとガラスのコップに注いでくれる。良いね。このスタイル好き。

老舗の割に店主が若いなと思ったら、後で調べたら三代目だそうな。昭和43年創業で今年で42年目ならそれは代替わりもするわな。 

CA3B0443

肝焼きから順々に焼き上がってお皿に乗っけてくれる。熱燗を一口飲んで串を頬張る。おおお!至福!各部位毎にそれぞれ違った味わいがあり、それら全てが熱燗に超絶マッチするのだ。
肝焼きは適度が苦みと香ばしさが特徴。ひれ焼きは結構肉厚でジューシーなイメージ。ひとしきり食べたところで短冊焼きを注文。これはよく知ってるうなぎの味。酒飲みながら食べるにはご飯に乗せるよりこうやって串焼きにしてくれた方が楽しみ易いよなぁ。

そろそろさっぱりした物が欲しくなったところで、きも刺しを頼んだ。生姜と大蒜を選べるのだが、今回は大蒜をチョイス。うむ。これはこれでさっぱりとしつつも滋味深い!
CA3B0444

もう、あんまりにも幸せでたがが外れてしまい、腹一杯になるまで何も考えんで飲み食いしてたら一人で会計5000円いってしまった。…が後悔はない!至福だ!至福がそこにあった!羽化登仙。
行くよ行く!また行っちゃうよ!行くときゃ財布の紐はゆるゆるだ!

貴様ら!日本酒の熱燗は好きか?うなぎは好きか?両方ともYesならば中野の川二郎に行くがいい。そこに至福があるぞぉぉぉー!

うなぎ串焼 川二郎
http://www.heart-beat-nakano.com/shop/s54/54006.html

中野「牛の四文屋」牛串・牛鍋5

店先串と金宮

無印の四文屋(鶏・豚)、魚の四文屋に続く第三の四文屋、牛の四文屋である。
牛肉なので流石に無印の店よりも単価が高く、一串200円から。で、値段が高い分、美味しいのかといえば、まあ美味しくない事はないけど、値段を考えるとちょっと首を傾げてしまう。
ただ、牛の脂が胃に思いので、割とすぐお腹が一杯になる(つーか苦しくなる)ので、結果的には安く上がるのかな?ちなみに金宮との相性は抜群。この組み合わせは病み付きになるやもしれん。

で、これだけだと「半年に一度行けばいいや」くらいの店だが、特筆すべきメニューがある。
それは、牛鍋!

牛鍋セット牛鍋入れたて牛鍋煮えてきた

これは旨い。ちょっと甘めの割り下が肉に絡んで生卵と絡めて食べるとかなり至福。ビールにめっちゃ合う。もちろん金宮を合わせてもよろしい。
一人前(1200円)から注文できるので、何人で行っても食べられる。ちなみに追加肉は800円(結構な量)、豆腐、白滝、ザク(野菜)の追加がそれぞれ100円。なかなかコストパフォーマンスは良いと思う。

で、一つ注意すべきは、牛鍋を食べる時は最初はあまり串ものを頼まない事。すぐお腹が一杯になっちゃうので、牛鍋を堪能できません。牛鍋を散々食べて「ぼちぼち違うもの食べたいよね」ってところで注文するのが個人的には良い流れだと思う(まあ、別に各人好きにすればいいんだけど)。

そんな訳で、この牛鍋を食べるためにここ一ヶ月間で3回も通ってしまった。まあ、一人でも食べられるけど、なるべくお友達と突きたいものです。
ちなみに、ホルモン鍋もある。食べた事ないけど、牛鍋の味を考えると、こちらもかなり期待できるのではないだろうか。

生つくねあと、もう一個紹介したい。牛生つくね(450円)!
これも四文屋の単価から考えるとちょい高めだが、値段以上に旨い。まあ、要はユッケ的なものを想像してもらえば良いと思う。甘辛い感じのタレが絶品。牛の四文屋には金宮とか割ものの焼酎だけじゃなくて、乙類の本格焼酎も置いてるので、そういうのをロックでちびちび酌りつつ、生つくねを突くというのも良い楽しみ方ではないかと。もちろんビールでも金宮でも美味しくいただけます。

ちょいと高めだけど、総合的に考えれば良いお店。牛が喰いたきゃここへ行くべし!星5つ!

住所:東京都中野区中野5-63-5
電話番号:03-5380-4448
営業時間;17:00〜23:30
平均予算;牛鍋みんなで突いてビールいって金宮いってへべれけになって一人4000円ちょい。
Profile
  • ライブドアブログ