※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

中野

「丸幸水産たこやき 新井薬師店」のたこ焼き

image


4個入り290円也。

たこ焼きといえば銀ダコが隆盛を極めているわけだけど、元たこ焼き屋のおっさんに言わせると、銀ダコの油で揚げるような手法は簡単で、普通の柔らかいタコ焼きを美味しく作るには熟練が必要なんだそうな。


んで、銀ダコは嫌いじゃないんだけど、あんまりにもそれが普及し過ぎて普通のたこ焼き屋さんが少なくなっているのが寂しいところ。


今回ふらっと訪れた新井薬師のたこ焼き屋さんは、そういう意味ではレアな、真っ当な普通のたこ焼きを美味しく食べさせてくれるお店です^^


ふわっふわで柔らかく、生地のだし味が香り、後味まで幸せです。

イートインがあってちょい飲みもできるなんとも心憎いお店でありました♪( ´ ▽ ` )ノ

中野「東京煮干屋本舗」特製しらす油そば

image

W盛り980円也。
キャッチコピーは「食べて健康。」

炭水化物&油がっちょりでカロリー的には決して健康ではない気がするけど、それでもしらすがたっぷり入ることで、なんとなく身体に良いような気分になってしまう不思議。

んで、身体に良い味、っていうとあんま美味しくなさそうな印象かもしれないけど、これが激烈美味い。

前面に出るしらすの風味×奥の方でひっそり主張するこの店の売りの煮干しの風味。

風味の掛け算で味の奥行きが凄いことに。

油そばは王道的なのからパンチでガツン!なのまで散々食べて来たけれど、ぶっちゃけここの店のが一番美味い。

中野にラーメン屋は数あれど、ここは青葉に並ぶ名店だと思う。

坦々麺紀行 中野「坦々麺 ほうずき」

画像1

大盛り900円也。

あまり声高に言ったことはないが、僕は坦々麺が好きだ。しかし、本物の坦々麺を食べさせてくれる店は多くない。

四川系ではない、普通の町の中華屋とかだと大体まがい物が出てくる。挽肉入れて汁を赤くして唐辛子で辛くしただけの、ただのピリ辛ラーメンが。

おいおい、そうじゃないだろと。
別に四川省行って本場の坦々麺を食べたわけではないけど、四川料理といえば辛さに加えて「痺れ」が必須だろと。

痺れ…つまり、四川省の山椒「花椒」の存在である。

これがない坦々麺は基本まがい物だと思っている。その中にも美味しいのはあるが、美味しくてもまがい物である。


さて、今回は中野にある「坦々麺 ほうずき」に行ってみた。
坦々麺を看板に掲げているということは、坦々麺に自信があるということ。ならば、坦々麺好きとしては食べるしかない。

この店、辛さが普通、中辛、大辛、特辛、激辛の5段階があり、今回は大辛を注文した。店側のコメントとしては「辛いものが好きなら大丈夫」とのこと。


まず、一口スープを飲むと、炒りゴマの香ばしい風味を感じる。そして、ちょうど良い辛み。ここまでは良い塩梅だ。

しかし…痺れがない!山椒なしかよ!

と思ったところで、近くにいた客が店員に
「すみません。山椒ください」と。

どうやら卓上調味料として山椒を置いていた模様。スパイスミルに入った山椒様が鎮座ましておいでだった。

つまり…客の好みで好きなだけ痺れ放題ということか!

っていうことで、当然がっつり入れた。
ううううん!美味いじゃないか!

麺はちょっと硬めの茹で上げ。もう少し柔らかくても良い気がするが、これはこれで食感にパンチがあって美味い。それに辛さと痺れのゴマスープが良く絡む!

なんというか、素朴で野趣溢れる味だと思った。けっしてきめ細かくはなく、ワイルドでガッツリ。それが良い。

辛さは大辛でちょうど良かった。決して辛すぎず、程よい程度の刺激。多分、ガチの辛い物ジャンキーの人は物足りないと思うので、特辛以上をお勧めします。

食べ終わる頃にはすっかり汗だく。そして脳みその芯が痺れるような多幸感。山椒など、香辛料がしっかり入った料理を食べたあと特有のスパイス・ハイだ。

他にも汁なし坦々麺や、坦々麺つけ麺、黒担々麺など バリエーションがあるようなので、中野に来た際は寄るようにしたい。

中野「田舎そば・うどん かさい」ちくわ天うどん

b34966d1.jpg

390円也。
ちくわって貧乏臭いイメージがあるんだが、天ぷらにするだけでなんでこんなに有り難みが増すのだろう。もちもちして、旨味が凝縮されて、立ち食い系の店では結構花形だと思うんだ。

ちなみにこの店、おろし生姜を置いてくれてるのがありがたい。七味も良いけど、うどん+生姜の組み合わせはかなりloveだわ。

中野「田舎そば うどん かさい」の 天玉そば

CA3B0466

夕食は自炊するつもりだったけど、何故か衝動的に脚が中野に向いた。

蕎麦+かきあげ+生卵で420円也。
ここの蕎麦は普通の物より麺が太く、蕎麦の風味が強く香る。たまに無性に食べたくなる味。かき揚げは富士そばとかのだとすぐにドロドロになるけど、ここのは最初から最後の方までずっと食感がもっちりしている。青いのは春菊だろうか?なんとなく青っぽい香りがするけどよく判らん。不思議な味わい。

美味かった!
やっぱ天玉そばの卵は生に限るね。デフォルトが半熟卵な富士そばのセンスが理解できん。

中野「すーぷ屋 颯 」豚骨ラーメン3

090627_2226~01中野B級酒場の後、オフ会参加者のりゅー氏に連れて行ってもらった豚骨ラーメンのお店。

以前は九州ラーメン専門の店だったらしいが、紆余曲折あって、鍋とかスペアリブとか色々出すカオス感漂う店になった模様。なんというか、迷走感バリバリだね。


CA3B0061

ラーメン自体は旨い。スープがちょい濃厚でちょいクリーミー。で、結構きめ細かく味付けされてる。麺も及第点以上はいってる。
ただ、一杯750円はちょい高いかなー。替え玉が100円なのは良いんだけれども。りゅー氏曰く、以前は一杯680円で替え玉50円だったそうな。70円の差でかなりコストパフォーマンスの印象が変わるなぁ。
まあ、これを博多天神みたいに500円で出せとは言わないけれども。うーん、まあ星3つ。

中野「中野B級酒場」富士宮やきそば

ブログネタ
■□■ B食限定!ご当地グルメ自慢 ■□■ に参加中!
mixiコミュ、中央線アンダーグラウンドのオフ会。
今回は久しぶりの中野B級酒場。店を決めたのは僕。ちょくちょく拝見しているブログなかのひと(中野人|中の人)に載ってた静岡県富士宮市名物の富士宮やきそばが食べたいという個人的な目的が理由だ!

CA3B0059CA3B0060


店の紹介自体は以前やってるので(http://blog.livedoor.jp/trash_move/archives/51080878.html)、色々端折って富士宮やきそばの解説をば。

えーと、まず旨いです。麺は一瞬輪ゴムと見間違いそうなコシのある麺。ソースはノーマルと真っ黒両方試したけど、ノーマル(富士宮市から取り寄せた本場のやつらしい)は夜店の焼きそばのような安っぽい味、この店オリジナルの真っ黒ソースはコッテリ濃厚で、それぞれビールに強烈に合うような味だ(この日はずっとホッピーで通したけど)。
ただ、この量で一皿630円はちょっと高いかなー。まあでもコッテリで油ギトギトだし、皆でちょっとずつ摘むくらいがちょうどいいのかなー。

ちなみに、中野新橋に富士宮やきそばをメインとした居酒屋があるらしい。凄い気になる。

◆高円寺・阿佐ヶ谷◆お外ご飯覚え書 /【中野新橋】なんたま
http://blog.goo.ne.jp/tree0530/e/548e7a2b7f1080c8d6ae4e004880c4da

麺屋ZERO1 中野南口店 特製ガッツリつけ麺2

前回食べたガッツリ汁なし麺はちょっと残念な内容だったけど、他のブログを見てたら、ここはつけ麺は旨いという事なので、試してみた。普通のガッツリつけ麺が750円で特製トッピング(半熟玉子+肉増量)で200円プラスの950円。

スープは豚骨醤油系のコッテリ系。だけどちょっと薄いかなー。卓上に置いてあったタレを投入して味を調整。うーん、塩気は増したけど、だし感とか脂感は足りず。
味はまあまあ悪くはない。けど、やっぱり普通なんだよなぁ。特製にしても対して肉入ってないし、いまいち値段に見合ってないと思う。
うん。今回も星2つ。あと100円安くてトントンくらいだね。

CA3B0057

麺屋ZERO1 中野南口店 特製ガッツリ汁なし麺2

店先これも割と最近できた店。

豚骨+魚介のWスープの「武士系豚骨」とこってり醤油の「ガッツリ系」の2系統があり、それぞれにラーメン、つけ麺、汁なし麺の3種類の食べ方がある。

今回はなんとなく油そば的なものが食べたかったので、特製ガッツリ汁なし麺(880円)を頼んだ。どうやらこのガッツリ系はラーメン二郎を意識しているらしく、直前に「ニンニク入れますか?」と聞かれた。とりあえず「たっぷり入れてください」と言ったら本当にたっぷり入れてくれた。

で、味の方なんだけど、流石にチェーン店だけあって不味い事はない。ただ、ジャンクさを売りにしていて麺の太さとか味の系統もラーメン二郎の系統なんだけど、それほどのパンチがない。うーん、普通というか、中途半端というか…。まあ、これがチェーン店の限界ってところかねぇ。

ちなみに、ニンニクは結構大きめに切られているので、大量に入れてもらったら辛くて食べるのがしんどくなった。これは僕のオーダーミスだが、個人的にはしっかり微塵切りになってる方が好きだなぁ。まあ、ここは店の特色なんだろうが。

で、この内容で880円はちょっと高い。最近ヒットだったらーめん大の油そばよりも高いじゃないか!
ちょいと割が合わない感があるので星は2つ!

麺

中野「九州らーめん 艶まる」3

店先中野は最近ラーメン屋が開店ラッシュのようで、しばらくぶりに行くと目新しい店がちらほらと見つかる。
今回はそんな中の一つ、サンモールの中にある艶まるという店に行ってみた。実はこの前の週末にも行こうとしたのだが、結構混雑していて断念した。なかなかの繁盛ぶりのようだ。

で、とりあえず890円の「どっかん丸」を注文。
キャベツとサイコロ状に切られた角煮が入っている。スープを一口飲むときめ細かい豚骨スープの味の中に香ばしいニンニクが香る。単にニンニクのすり下ろしを入れたんじゃなくて、軽く火を通したような香り。麺はオーソドックスな博多系の細麺。博多天神のよりも高級感がある。チャーシューは僕好みのトロける系。味も良いです。煮玉子は…普通の半熟玉子か?うっすら塩味はするけどあんま特徴なし。まあ、スープが旨いのでいいや。角煮も旨し。

ついつい替え玉を2回してしまったが、それほど腹パンパンにはならなかった。ちょっとボリュームが少ないかも?まあまあ、全体的に見れば美味しいラーメンでした。
んー、コストパフォーマンス的にはとんとんかなー。美味しかったけど、一度行けばいいや的な。最近採点が甘いので、今回から採点基準を上げます!星3つ!

中野いる時に豚骨ラーメン食べたくなったら行ってみるといーぜ!

アクセス
住所:東京都中野区中野5−61−7
電話番号:03−5942−8341
営業時間:11:00〜28:00
定休日 :無休

ラーメン
Profile
  • ライブドアブログ