※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

タイ料理

東中野「猿工房」タイ風海鮮焼きそば

写真 2016-10-09 21 13 07


680円也。
 
要はタイ料理の「パッタイ」です。
 
他所で軽く飲み食いして、〆的なものが食べたくて何気に入って注文したんだけど(居酒屋だけどお通しがなく、食事だけでも気軽に楽しめます)、予想外に良かったのが、
 
パクチーの質が良いってこと。
 
 
僕はパクチスト(パクチー好き)なんだけど、パクチーならなんでも良いわけではなくて、わりとお店によって良し悪しがあります。
 
例えば、安価に大量に食べられることがウリの店なんかは、確かに嬉しいしそれなりに美味しいんだけど香りが弱かったり、茎が太くて食べててアゴが疲れたり、ということで一長一短だったりするわけです。
 
 
そこが、このお店のパクチーは…100点満点でした。

パッタイ単体の味で言えば、もっと美味しい店はいくらでもあるんでしょうが、そんなことは問題じゃありません。
 
パクチーの質が良いこと。そして気軽にパクチーを大盛りにしてくれること。
パクチストとしてはそれだけで大満足です。
 
 
(ちなみに、このお店は料理全般のクオリティが高く、小綺麗でデートにも使える感じで色々オススメです^^)

神田「東京カオマンガイ」カオマンガイ(パクチー入り)

image


大盛り890円也。

米を炊きこんでいる鶏出汁の香りがどこまでも香ばしく、口内から鼻を抜けて脳内に広がり、そして宇宙へと広がっていく。

「香りは宇宙である」

ということを実感する。


鶏肉はしっとり柔らかく、お米と一緒に噛むと溶けるように消えていく。

なんという極上のカオマンガイ!


タレは、赤ダレ、黒ダレ、レモンダレの3種類から選べるところを、今回は黒ダレをチョイス。

黒砂糖の甘みに微かに唐辛子が香る。

もうちょい辛くても良さげなので、いずれ赤ダレでも試して見たいところ。


なお、柔らかく食べやすいパクチーがここのカオマンガイに絶妙にマッチしており、パクチスト(パクチー好き)としても大満足の逸品でした。

西新宿「タイ国屋台食堂 ソイナナ」グリーンカレー

c037cd07.jpg

今日はタイカレー気分。以前から気になってた西新宿のソイナナへ。

この店はランチセット680円均一、ディナーメニューも680円均一。生ビールは400円から。かなり安い部類に入るんじゃないだろうか。

カオマンガイに惹かれつつも、カレー気分なので当初の目的通りグリーンカレーを注文。
カレーとライス(餅米)にサラダとミニオムレツが付いて680円。うん安い安い。
辛さは控え目で軽くピリッとする程度。日本人向けに食べやすく調味されている模様。美味しい。誰でも安定して楽しめるんじゃないかな。とはいえ、食べてたらそれなりに汗をかいた。それなりには辛いです。なお、辛さは調整が効くようなので、注文すれば本場仕様にする事も可能っぽい。

ちなみに店内の張り紙「17:00〜タイ料理中級者以上向け イサーン料理(裏メニュー有ります)だいたい作ります。リクエストしてください。¥680- コックより」

…すっげー気になる!是非今度タイ料理通の友達を連れて来て裏メニューを堪能してみたい。

タイ料理初心者にもマニアにも対応できる懐の深いお店のようです。



HOT PEPPER グルメ
http://www.hotpepper.jp/strJ000957566/

新中野「ポイランプールウス」タイ料理屋

店先以前ちょくちょく通ってたプロイタイハウス。久しぶりに行ってみたら店の外見が変わっており、店名も「ポイランプールウス」になってた。

メニューおや、潰れて別の店になったのかと思いつつも入ってみたところ、ランチメニューはプロイタイハウスのまま。
店の名前を変えてリニューアル・オープンしたのかと思ったが、働いてるのは日本語がカタコトなタイ人の兄ちゃん一人。どゆこと?前にいたおばちゃん姉妹は?

とりあえず挽肉とバジルの炒め物とランチビールを注文。先に来てた客の料理を用意するのをぼんやり見ていたのだが、どうにも手際が悪いというかたどたどしいというか。あまり慣れていない様子。
先客に料理を運んだ後もランチビールは来ない。もしかしてオーダー通ってない?つーか日本語(言葉は英語だけど)聞き取れてなかった?

しばらくして、野菜が入ったビニール袋を抱えた日本人の兄ちゃんが現れた。どうやらこの店の従業員の模様。
ランチビールの催促をしたら、伝票を見て「あれ?頼んでました?今お出ししますね」と手際よくビールを注いでくれた。やっぱり聞き取れてなかったのね。

その兄ちゃん(村上さんというらしい。後述するポイントカードに名前のハンコが捺されてた)によると、以前プロイタイハウスをやってたおばちゃんのお姉さんの方が体調を崩してタイに帰ってしまったのだそうな。残念。

残念ながら、プロイタイハウスがポイランプールウスに変わった経緯までは聞く事ができなかった。
なので、勝手に妄想してみる。
あのタイ人の兄ちゃんはおばちゃん姉妹の子供か親戚筋で、店舗が空くのでおばちゃんの代わりにタイから出張ってきたという事ではないだろうか?
で、村上さんはタイ人の兄ちゃんかおばちゃんと元から知り合いで、日本語が不自由なタイ人の兄ちゃんをサポートする意味で接客係をやっているのではないかと。なんか、親しげにタイ語で話していたし。
で、自分の店にするという意味で、店名も外装も内装も変えたのではないか。で、ランチメニューが変わっていないのはプロイタイハウスを目的に来た客のためという事で。

ええ、とてもテキトーな推理ですw
どなたか経緯をご存知の方がいらしたら教えてくださいm(_ _)m

でも、基本的に村上さんが接客担当というのは当たってると思う。
村上さんが来てからは「お冷ください」と言っても見向きもしなかったし。まあ、無視したという感じじゃなく、「お冷や」って日本語が判らず、そもそも自分を呼んでいるとすら思わなかったのだろう。人は良さそうな兄ちゃんです。

料理料理の方は、メニュー的にはおばちゃんが作ってた物と同じなんだが、味とか盛り付けとかを見るとまだまだ荒い感じがした。いや、普通に美味しかったけど。これからに期待という事で。


帰り際、村上さんがポイントカードをくれた。書いてある説明が、
ポイントカード

「1回 ご利用につき10ポイントで、ランチサービスに、ご利用いただけます。」

うん。言わんとするところは判るけど、日本語がちょっとおかしいよね。
ちなみにポイントカードの表にはURLとQRコードが。おお、ホームページがあるのか。

アクセスしてみると…
サイト

「タイレストラン ニューサイヤム 長岡店」

店の名前違うじゃん。しかも長岡店て。ここは新中野だってば。
しかも、この画面だけで他にページないし。ちなみに携帯でQRコードを読み取ると、
「このページへのアクセスは拒否されました(403)」

うん。つまり、まだホームページできてないけど、とりあえずURLだけ載っけちゃった訳だね。印刷の関係とかで。

そんな訳で、いろんな意味で出来たてホヤホヤ感のあるポイランプールウス。プロイタイハウスの後継店だけに、良い店に育っていって欲しいものである。

次行ったらタイラーメンを食べてみよう。あの味が失われていなければ良いが…

続きを読む

錦糸町「THAILAND」タイ料理

店先友人のタイ飯マニア一押しの店。
タイ料理の調味料を輸入・販売している会社が経営している店で、質の高いタイ料理が食べられる。基本的には日本人向けにアレンジされたマイルドな食べ易い味だけど、辛さは調整できるし、本場のと同じような味付けにも出来るものと思われる。
今回はパッタイとミックス野菜炒め、ソムタムタイを注文。



パッタイパッタイは他の店に比べて味付けがあっさりしている。その分、調味料4点セット(ナンプラー、唐辛子パウダー、酢、砂糖)での味のアレンジがしやすくなっている。ある意味玄人向け。タイスキソースでガッツリ味付けされているのも好きだけど。


ミックス野菜炒めミックス野菜炒め。魚介類とその出汁が香る。上品できめ細かい味。食べた中で一番この店の味の良さを実感した。

ソムタムタイソムタムタイ。辛旨。ビールが恋しくなる。


純粋な料理のクオリティのみで言えば、今まで行ったタイ料理屋の中では群を抜いていると思う。ただし、独断と偏見によるトータルの評価は星3つ。
何故か。値段が高い!料理一品1100円前後なのはまだ良いとして、酒が高い。生ビール一杯650円。料理が旨いからビールが欲しくなる。しかし欲求に任せてガンガン飲んでると会計がとんでもない事に。

旨い食い物は相応に値が張る。当たり前と言えば当たり前だが、それはそこそこ金を持ってる奴の理屈。貧乏フリーターとして望むものは費用対効果、コストパフォーマンスだ。そんなおいらにゃハンサム食堂やバーン・イサーンがちょうど良い。

とりあえず、あまり酒を飲まない人で純粋に旨いタイ料理を味わいたい人と、小金持ってるなタイ料理マニアにはお勧めです。


調味料セット


レストランの紹介: タイ国料理レストラン
http://www.thai-square.com/restaurant/shoukai/shokai_049.htm
Profile
  • ライブドアブログ