※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

センベロ

四文屋を1,500円で楽しむ方法

さて、今回の「金額縛り飲みチャレンジ」の戦場は再び四文屋!(店舗は阿佐ヶ谷店)

今回は金額を少し引き上げ、1,500円とします。

やっぱさー、せっかくお安いお店だし、もうちょい余裕を持って楽しみたいじゃない?

ってことで、最初の一杯は乾杯がてらビールの小瓶(350円)でキックオフ!

image

(すみません。写真撮り忘れて飲み終える直前の絵になりました^^;)

合わせるアテは、

image

安定の大根酢醤油(100円)


image

敢えて「モツ煮込み」ではなく「煮込み豆腐(350円)」をチョイス。

…微妙に失敗したのが、大根酢醤油も煮込み豆腐も味が淡白なもんで、いまいち決め手に欠ける感じになってしまったところ。

ここは普通にモツ煮込みが正解でした^^;


image

気をとり直して金宮梅割り(350円)からの…、


image

鶏つくね!
トロ!
豚おっぱい!

を全部タレで(各100円)。

これでちょうどお会計は1,500円。さあ、駒は出揃った!


ここで特筆すべきなのは、阿佐ヶ谷店の希少部位「豚おっぱい」。

四文屋は店舗ごとに異なる希少部位を取り扱っており、それを楽しむのも「四文屋巡り」の醍醐味だったりします^^


そして、この豚おっぱいの柔らかいこと!さすがおっぱい!(若干書いてて恥ずかしいですが^^;)


で、そこから飲む金宮がうめぇ〜こと!

ビールからの金宮は酔いがよく回るようで、気がつけば…、

「すみません!カシラとハラミ、タレでイチイチで!」

image

あ、追加注文しちゃった…Σ( ̄ロ ̄;)

しかも、阿佐ヶ谷店は席料100円かかるから、いずれにしても最初から金額超過だよバカヤロー!

…ってことで、今回もまた、金額超過の反則負けでございます^^;


全ては金宮が悪い!
(おいしゅうございました)


東中野「浦野屋 やきとん てるてる」を1,000円で楽しむ方法

さて、今回の「金額縛り飲みシリーズ」の戦場は東中野銀座通り商店街にある焼きとん屋の名店「てるてる」です。
 
このお店の嬉しいところは、四文屋のような「金宮梅割り」が置いてあるところ。しかもお値段300円!

image

ちなみに、梅シロップは自分で好きな量を入れるシステムです。
 
 
さて、これがあるなら激安飲みも可能ですので、今回の金額設定も「1,000円縛り」とします。
 
 
では、「金宮梅割り」を中心に、どのように陣立てをするか。今宵のチョイスは…、

image

まずはファストメニューとして、
煮込み豆腐(200円)と
ナンコツオニオン(200円)!
 
モツ煮込みではなく煮込み豆腐を選択するのは金額面だけではなく、金宮梅割りの甘味に合わせるのであれば、モツ煮込みでは濃い味同士で喧嘩してしまうため、あえて淡白な豆腐をチョイスしたわけです。
 
で、これが大正解!
 
梅割りで甘くなった口内を、煮込み豆腐の風味を”伴った淡白さ”が優しく包み込んでくれます。
 
 
そして、そこからのナンコツオニオン。
こちらはさっぱりしつつもマヨネーズ系のやや濃いめの味。
 
豆腐でニュートラルになった口内を、今度は爽やかで風味豊かな塩味が刺激してくれます。そしてそこから飲む金宮梅割りが塩味を甘味でコーティングし、再び煮込み豆腐に向かう準備が整う…。

いい!
 
この時点で、金宮梅割り→煮込み豆腐→ナンコツオニオンのゴールデントライアングルが形成されています。
 
 
そして、そのゴールデントライアングルを探検している間に串ものが到着。

image

カシラアブラ(100円)と
ハラミ(100円)。
 
それぞれ味噌ダレで注文しました。
 
やっぱりここのお店のお肉は美味しい!
カシラアブラの脂のリッチ感。ハラミの柔らかボリューミー。
 
極上です。

ゴールデントライアングルが、
ゴールデンカルテットに進化しました。
 

そして、ここまででオーダー金額は合計900円。
席料の100円を加えてちょうど1,000円。

今宵こそ、ついに勝利を得られる…!


と、思いきや、ここで問題が。

ここまでは
金宮梅割り→煮込み豆腐→ナンコツオニオンのローテーションができていたけれど、

串ものが入ることで、
金宮梅割り→煮込み豆腐→(串もの→金宮)→ナンコツオニオン→(金宮→串もの)

という新たな流れが出来てしまい、それは良いんだけど酒の消費スピードが早まることで、


酒を先に飲みきってしまった…( ゚д゚)

 
どうする?
酒なしで残りを全部食べる?

いや、でも勿体ないよな。これだけ美味しいのをお酒無して食べちゃうのとか。
金宮梅割りを軸とした組み立てだし…。


………。

「すみません。金宮梅割りお代わり!あとアブラを味噌で一本ください。」

image


やってしまった…( ゚д゚)


美味しい!美味しいよ金宮!
美味しい!美味しいよアブラ!

あーちくしょーもう堪能しちまったよ!
お会計は金額オーバーの1,400円だよ!


今宵のチャレンジも金額超過の反則負け!(悔いはない)

高円寺「四文屋ホルモン」を1,000円(税抜き)で楽しむ方法

「金額縛り飲みシリーズ」再開第2回目の戦場は「四文屋ホルモン(四文屋 高円寺ガード下店)」。
 
あ、ちなみに今回から1,000円の縛りは税込ではなく表示価格で、ということにしました。消費税の計算面倒くさいし(ガバガバで申し訳ない^^;)
 
 
ってことで、いざ出陣!
 
さて、今宵の陣形(ファーストオーダー)は…、
 
 
image

梅割り焼酎!(200円)
 
他の四文屋が金宮焼酎なのに対し、ここのは金額を抑えるためなのか宝焼酎です。若干刺激感がある味が、これはこれでまた美味し!(ほとんど焼酎ストレートなので危険な飲み物であることは変わらず。ペース管理のためにお水も一緒に頼んでます)
 
 
image

箸休めの浅漬け!(200円)
シャッキシャキです。


image

そして、看板メニューのホルモン!(200円)

全てのメニューが200円or 400円の明朗会計のこのお店。なんとも会計がわかりやすい。計600円(税抜き)也。


さあ、出揃いました。

梅割り焼酎をちびりちびりやりながら、ホルモンを頬張ります。

う〜ん。脂肪のリッチな脂感のあとに、ホルモン特有の弾力あるお肉感。咀嚼するのに時間はかかるけど、その咀嚼している時間が幸せです。噛みしめるほどに滲み出るホルモンの風味。これはお肉のガムだ。


浅漬けで適度に口の中をリセットしつつ、ホルモンを平らげたあとは、アブラ(200円)を追加注文。

image

「アブラ」といいつつ、そんなに脂身感はなく、脂のジューシーさはありつつもトンテキのような歯応えが心地よい。
 
そして、梅割り焼酎を追加注文。
「ちょっとお酒が余り気味かな?」と思いきや、スルスルと飲めてしまう梅割り焼酎の魔力。甘味で隠れるのに加え、酔うほどにアルコール感に対して鈍くなるので、ついついジュース感覚で飲めてしまうわけです。

それでもアルコール度数は25度(梅シロップの糖分で更に酔いが回りやすくなっている)。やはり危険な飲み物だ…。


しかし、この時点でちょうどお会計は1,000円(税抜き)。
この辺で引き上げることにする。

うまい具合に酒と食べ物を当時に食べ終えたところでお会計。

梅割り焼酎2杯で酔分(すいぶん)補給も十分。
浅漬けを挟むことでメリハリをつけて食べた鉄板焼き2皿で満足感100%。それで金額は狙い通りの税込1,080円。

今宵は完勝だぜ!と思いきや…

「お会計1,188円になります」

?!Σ( ̄ロ ̄;)


あ、席料で100円かかるの忘れてた…orz


ってことで、今回も金額超過の「反則負け」というオチでございました(笑)
現在2連敗中^^;



四文屋を1,000円で楽しむ方法

数年前、このブログでは「2000円でどこまで楽しめるかシリーズ」というコンセプトで記事を書いていました。

…って言っても、2記事だけ書いて終了したわけですが。


ただ、この「金額を決めて、いかにその範囲内で楽しむか」っていうのはなかなか面白いものです。

「何を注文するか?」
「何をどのようにどれくらいのペースで飲み喰いするか」 

というあたりでゲーム感覚の戦略性が生まれ、しかも丁寧に味わうようになります(お酒の量も抑えられます)。


っていうことで、
「金額を気にせず飲み食いするぐらいの金はあるぜ!」
 
っていう場合でも、
「○○○円以内でどれだけ楽しめるか?」

っていうコンセプトで飲み食いするのは、ひとつの楽しみ方と言えるでしょう。



ってことで、約5年ぶりのシリーズ再開。
「○○○円以内でどこまで楽しめるか?」

その第一回目である今回は、中央線沿線の飲兵衛(のんべえ)の聖地「四文屋(無印)」を戦場とします。

そう。戦場です。
これは限られた金額の中でどこまで楽しめるか、という「戦略」が試される「戦場」なのです(5年前の記事もそうだけど、漫画「食の軍師」に影響されてますw)


さて、四文屋は基本的に安いお店ですので、普通に飲み食いしても2,000円以内で収まってしまったりします。

なので、より戦略性を持たせるために、今回は縛りを1,000円で設定します。


チャレンジ
「1,000円で四文屋でどこまで楽しめるか?」


まずは、酒のチョイスから。
なにせ上限が1,000円ですから、数百円の違いが全体の満足度に大きく影響します。

ってことで、ここは350円の「金宮(梅割り)」をチョイス。

image

25度の焼酎ストレートがなみなみと注がれたグラスに梅シロップを垂らした飲兵衛用のドリンクです。
飲みやすくスイスイと飲んでしまうけど、シロップの糖分で酔いの回りが早く、とても危険な飲み物であると言えます(なので、一人3杯までという制限があります)。

安い金額で十分な酔分(すいぶん)を補給するにはうってつけのメニューであると言えるでしょう。
(ちなみに、酒の質は良いので、飲みすぎなければ悪酔いはしません)


そして、残る650円をどのように割り振るか。
その陣立てこそが今宵の戦果を左右します。


今宵の陣立ては…、

image

モツ煮込み!(350円)


image

大根醤油漬け!(100円)


image

ハラミ串とトロ串!(各100円)


以上で1,000円也!


さあ、出揃いました。
まずは金宮(梅割り)を一口。

ほんのり甘い。そして美味い。

甘味でアルコール感が隠され、まるで水のように飲めてしまう。やはり危険な飲み物です^^;


モツ煮のドロドロ感は四文屋特有のもの。
これは金宮も良いけれど、本来はホッピーを合わせたいところ。

そして、箸休めの大根醤油漬け。
シンプルな味でシャキシャキ美味い。まさに箸休め。


そして、ここで一計を案じた。

大根醤油漬けに乗ってる紅生姜をモツ煮込みに乗せたら美味しいんじゃね?

で、試してみました。

image

うん!ベストマッチ!
ってか、確か煮込みライスには紅生姜が乗ってたし、合わないわけがないって話なんだけど。


そして、2本の串物。
ハラミにトロ。特に脂がジューシーで、少ない量で満足できるグッドチョイスであると言えるでしょう(自画自賛)。


そして、金宮を間に挟んだモツ煮、漬物、串物の「黄金の三角食べ」。

いちいち美味い。
これこそが鉄板の組み合わせと言える。


途中、金宮を早々と飲みきりそうになり、慌ててチェイサーでペースを取る。

そう。
「金額縛り飲み」の場合、食べるペース、飲むペースが重要になってくるのです。

酒を先に飲みきってしまえば、アルコールなしで残りの料理を食べることになります。それはなんとも味気ない。

ペースを保ち、バランス良く。
それが「金額縛り飲み」の鉄則です。


で、最後もつ煮込みだけが余り気味になったところを、上手く調節し、見事酒と料理を同時に平らげることに成功。

腹の具合もちょうど良く、
酔分補給も程良い感じで。

今宵の戦は大勝利!


の、はずが…、



「お会計、1,080円になります」
 

あ、消費税8%を忘れてた!Σ( ̄ロ ̄;)


っていうことで、
「反則負け」というオチでした^^;



「金額縛り飲み」
一人のみが好きな人にはオススメの遊びです♪( ´ ▽ ` )ノ


高円寺「四文屋 高円寺ガード下店(四文屋ホルモン)」で鉄板焼きを食べる

久々に四文屋ホルモンに行きました^^
(店名が「四文屋 高円寺ガード下店」に変わってましたが、中身は以前のままです)


image

この店の良さは何と言ってもコストパフォーマンスの良さ。


鉄板焼きは一皿200円。


ドリンクは「中(酒)」と「外(割り物)」が別々に注文出来るようになってる。

image

例えばハイボールが飲みたければウィスキーと炭酸をそれぞれ注文する感じ。

ウィスキーも焼酎も「外」の割り物も大体は200円。

なので、1セットで400円となる。

基本的にジョッキのサイズ的に「外」と「中」1セットで一杯(「外」が若干余ったのを継ぎ足す感じ」になるわけだけど、

「外」を少なく濃いめに作ることで、「外1中2(1本の「外」で「中」を2杯飲む)」みたいな飲み方が出来る。

なので、いわゆる「センベロ(千円でベロベロになるまで酔っ払う)」的な飲み方も可能だったりする。

やらないけどね^^;


image

今回は連れと行ったけど、一人でふらっと行ってちょいちょい飲み食いするにも良いお店です。

鉄板焼きと浅漬けをローテーションさせつつ、のんびり飲む感じで。


image

レバテキは絶妙なレア感がたまらない。今はもう食べられなくなったレバ刺しを彷彿します。


imageimage
imageimage

その他諸々、お肉三昧でした^^
(これ、全部一皿200円です)


やっぱり大好き!四文屋ホルモン♪( ´ ▽ ` )ノ

西荻窪「戎(えびす)」で焼きとんで昼飲み

西荻窪で昼飲みが出来る店といえば焼きとん屋の戎(えびす)です^^

image

通りの両脇を複数の店舗が占め、一人飲みとグループ客で案内される店舗が異なります。


image

焼きとんは一本95円から。塩・タレが選べます。

安い串焼き屋はタレで食べるのが安全パイだったりしますが、ここの塩は塩胡椒による味付けで、これはこれで美味しくいただけます^^


image

一本160円のハラミネギマ串も肉厚で美味♪


image

こちらは煮込み大根。
普通、煮込みといえば七味で食べるもんだと思ってましたが、戎では辛子が添えられています。

これがジャストマッチ!
煮込みの風味が引き立ちます。



繁盛している中で八面六臂で活躍している店員さん達ですので、接客はお世辞にも丁寧とは言えませんが、そこを含めて風情のあるお店です^^

中央線で昼間から飲む酒は格別なんだぜ♪( ´ ▽ ` )ノ





高円寺 四文屋ホルモン その2

この6日間の間に3回も行ってしまった。二日に一回のペース。ええもう、がちハマりですよ(友達には病気と言われました★)。まーとにかく安い。安いです。全力で飲み喰いしても3000円いった事ないです。で、それだけ安くあげられる理由は食べ物メニューが安いだけではないです。

ホッピー。外200円に中200円。外は安いが、中はまあまあ普通の値段設定…と思いきや、

CA3B0533
中焼酎、コップになみなみと注いでくれます。これ一杯で普通の店の中焼酎2杯分くらいの量があります。つまり一杯100円!ちなみに焼酎は宝焼酎。決して品質は悪くないです。で、これを好きな量だけグラスに入れてホッピーを注ぐというスタイル。
ちなみに、他のドリンクメニューも大体がそういうシステム。焼酎+サワーとか、ウィスキー+ソーダとか。アルコールも割りものも全て200円という安さと判り易さ。そんな値段設定なのでダラダラ飲み続けても会計がそこまで跳ね上がる事がない訳です。

余談だが、中焼酎(ウィスキーもだけど)、コップ一杯全部をジョッキに入れると七分目くらいまで埋まる。それにホッピーを注げば中7:外3という危険な調合になる。アルコール度数17.5度。日本酒よりも高い。一緒に行った友人はその割合のを普通のペースでガンガン飲んでたらあっさり撃沈しておった。お酒はほどほどに★

CA3B0534CA3B0531


昨日も幸せでした。

高円寺 四文屋ホルモン5

焼きとん屋から始まり、魚介を扱う「魚の四文屋」、牛串・牛鍋の店の「牛の四文屋」と多角的に支店を増やす四文屋だが、元は焼きとんの四文屋だった高円寺ガード下の店舗がいつの間にか新装開店して新たな種類の四文屋ができた。

その素敵すぎる新しい四文屋の新店舗。それは…

233070457


四文屋ホルモン!


串焼きではなく鉄板焼きで色んなお肉を食べさせてくれるお店である。日曜日、午後3時半頃に行ったのだが、ほとんど満席状態。店員さんが一人だけで慌ただしそうだった。
食べ物メニューは全て200円。飲み物メニューは200円と400円のどちらかという判り易さ。驚いた事に、四文屋には珍しくこの店にはホッピーが置いてある。更に目を引くメニューが。

ハイボール外200円 中200円。

ホッピーみたいに中(ウィスキー)+外(炭酸の瓶)に分かれているという事なのだろうか。珍妙な。
とりあえず、前日散々飲み散らかしてちょいと身体が弱り気味だったので、大人しく瓶ビール(400円)にしておいた。食い物は浅漬けとレバ刺し、それに鉄板焼きのホルモン。

233077427程なくして浅漬けとレバ刺しが出てきた。

まず浅漬け。量が半端無い。普通の四文屋の浅漬けの3倍くらいの量がある。キュウリと大根。肉が中心の店なのでこれは嬉しい。

そしてレバ刺し。200円で四切れ。普通の四文屋のレバ刺し串に比べたら量的なコストパフォーマンスはどうかと思ったが…、美味い。なんかすんごいトロける。肉の質感と味付けが凄い良い。ゴマ油と醤油と塩と…なんだろう?生姜とニンニクがしっかり付いてるのが嬉しい。安いよ!これで200円は絶対安いよ!これ目的で喰いに来ても良いくらい。

で、レバ刺しで幸せになってからしばらく経ったところで、ついに看板メニューのホルモン焼きが登場。

233082040

ここの鉄板焼きは全てキャベツが付く模様。これも一皿200円。いやもう、ほんとありえん。で、ホルモンってーと、弾力があって、柔らかいけどなかなか噛み切れないってイメージがあったんだけど、これはすぐ噛み切れる。本当に柔らかい。レバ刺しに続き、これも口の中でトロける感じ。んで、タレの味がすんごい良いの。美味い。キャベツと一緒に口に入れるとキャベツのシャキシャキ感とホルモンのプルプルが合わさって更に美味い。そして合間に飲むビールが一際美味い。

次に注文したのがタン刺し。これはあっさり目の味付け。箸休めに良さげ。鉄板焼きのアカミ。赤身っつったら脂肪分が少ないようなイメージだけど充分こってり。これもホルモンに負けず美味い。鉄板焼きの鶏ロース。ロースって事であんまりオイリーな感じではないが、香ばしくて適度にジューシー。

で、これだけ喰って瓶ビール2本飲んで席料込みでお会計2100円。安い。安過ぎる。そして美味過ぎる。この記事の中だけで「安い」と「美味い」をどれだけ連呼した事だろう。ええ、それだけ衝撃的だったという事です。

ここ最近、お店の★評価はあんましないようにしてたんだけど、この店だけは別格。★5つ!★7つでもいいや!こんな狭い店じゃなくて、もっと大きな店舗を開いて欲しいものです。

233088465233093379233102212

233102212simon-menu2


アクセス
住所  :東京都杉並区高円寺南3-69
電話番号:03-3330-7273
営業時間:15:00〜24:00(LO23:30)
※平日は17時開店かも判らん。日曜日は15時からやってました。
Profile
  • ライブドアブログ