※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

ジャージャー麺

おうちでジャージャー麺 / 日清の具入りでおいしい 冷たいジャージャー麺

最近、ジャージャー麺がLoveな僕である。
先日スーパーを徘徊していたら、ジャージャー麺のパックを見つけた。これ。パッケージ的に僕がイメージするジャージャー麺そのもの。お、いいねいいね。最近ちょくちょくジャージャー麺食べててそれぞれ美味しかったけど、イメージしてたのとは違ってたんだよね。て事で迷わず購入。

そして作った。

IMG_0354


具材はキュウリと白髪ネギのみ。準備が楽ちん。
麺はやや細めのツルツル麺。流水で締めてあるのでコシがあって程よい歯応え。炸醤も甜麺醤の甘みと肉の風味で良い味出してる。キュウリと白髪ネギをたっぷり入れてよくかき混ぜて食す。麺のシコシコした歯応えと甜麺の甘みにキュウリの歯応えとネギの辛味と香りが良いアクセントを加えている。美味い!これぞ僕的にオーソドックスなジャージャー麺である。原価250円弱。スーパーの生麺パック、侮れない。

ジャージャー麺、今度甜麺から自作してみようかな。
作り方はこんな感じらしい。一人分だけ作るの面倒くさそうだなぁ…。

東中野「十番」ジャージャー麺

ジャージャー麺といえば、肉味噌のかかった汁なし麺、というイメージなのだが、元々は炸醤(ざーじゃん。肉味噌の事)が乗ってる麺という意味なので、かなり広義の料理を指す事になる。

さて、今日の昼食は東中野の名店として名高い中華料理屋 十番のジャージャー麺である。ここのタンメンは以前紹介したが、これ目当てで休日の昼間には行列ができる程の逸品だ。

さて、それではジャージャー麺はどうかというと…、



大盛り730円也。
うーん。確かに肉味噌がかかってるからジャージャー麺で間違いない。けど、この香り立つ日本味噌。炸醤っていう感じってーか日本の日常食の普通の味噌汁を彷彿する。

いわゆる、普通の「味噌ラーメン」でも日本味噌を使いながらも鶏ガラだしとかがガンガンに効いてたりしてここまで味噌そのものの風味を感じる事はなかったりするので、そういう意味でこれは神経が真・味噌ラーメンといった按配である。
って事で、これは結構この店独自のワンアンドオンリーな料理と言えるかも知れない。

で、美味いか不味いかでいえば、当然美味い。ニラが良いアクセントになっている。

安心の十番クオリティ!

西新宿一丁目「山田屋」ジャージャー麺



大盛り830円也。
ジャージャー麺っていったら汁なしの麺の上に肉味噌のタレとキュウリの千切りが乗ってる物を想像していたのだが、ここでは普通に汁そばで出てきた。

麺はコシのあるツルツル系で結構好み。スープもしっかりしてる。際立ったところはなく、普通に美味しい町の中華屋さんのラーメンって感じ。値段的にそんなにお得感もなし。普通。

客層的には年配の複数名で来てるサラリーマンが多い。この周辺の店にしてはそんなに混雑せずにゆっくりできるし使い勝手が良いのだろう。普通に安定して美味いので飽きが来ない感じだし、この周辺で長いこと働いてると、最終的にこういった店に落ち着くんだろうな。
Profile
  • ライブドアブログ