※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

カレー

高円寺「トリップ (SPICY SOUP CURRY BAR TRIP)」チキンスープカリー

高円寺のパル商店街から一本横道に入った先にあるスープカレー"バー"。

image

そう。バー(Bar)なんです。
店内は薄暗く、内装も作りもバーのそれです。

image

漫画やサブカル系の本が詰まった本棚があるあたりは「さすが高円寺」といったところでしょうか。


しかし、ここは知る人ぞ知るスープカリーの名店なのです^^
(ちなみに、チャージはなく、食事のみのオーダーも可能なので、普通に飯屋として利用可能です)


今回はチキンスープカリーを注文。

image

※パクチーをトッピングしてます。


image


ライスはサフランライスです^^
(100円増しの大盛りにしました)


さて、お味の方ですが、さすがスープカリー。
「身体に優しい刺激感」といったところでしょうか。

辛さは2倍(お店の人曰く"中辛"に相当)で注文したのですが、小気味良いピリピリ感を楽しめます。

で、その辛味がスパイスの複合によって香ばしさを伴っているわけです。薬膳チックというか…。


で、そのピリ辛スープにゴロッとしたお野菜。

じゃがいも、ナス、かぼちゃ、ニンジン、大根…。

なんとも健康的な優しい素材の風味をピリ辛感が引き立てます。


そして、やわらかぁ〜な骨つきチキン!

image

基本的に骨つき肉って食べにくくてあまり好きじゃないんですけど、ここのはじっくり柔らかくなるまで煮込まれているため、骨がいとも簡単に取り外せるのです。

そして、そこまで煮込まれているからこそ、スープがよく絡みます。それにパクチーの香りがプラス。

至福です♪( ´ ▽ ` )ノ


ってことで、店の雰囲気は高円寺らしいディープさを感じさせますが、スープカリーのお店として極上ですので、カレーマニアの人には是非オススメしたいところ^^


※注 オーダーしてから出来上がりまでにかなり時間がかかるので、お急ぎの場合は注意が必要です。

お酒を一杯注文して、本棚の本を読みながらのんびり待つぐらいのユルい感覚がちょうど良いんじゃないかと。

東中野「タラキッチン」ランチタイム

東中野銀座通り商店街にある、ネパール人がやっている安くて美味しいカレー屋さんです^^


image

今日は日替わりカレーセットの「葱と大根のカレー」を食べました。

「インドカレーで葱と大根Σ( ̄ロ ̄;)」って感じですけど、これがちゃんとマッチしてるわけです。

カレーって凄い♪


…てな感じで、基本的に何を食べても美味しいです^^

しかも、全体的にお財布に優しい値段設定。

image


カレー一種セット(今回の日替わり含む)でカレーとナンorライス、サラダがついて590円。


なので、すっかり定番のお店になってます。


ちなみに、ここは居酒屋として使うにも良い店とかになのですが…、それはまたの機会にご紹介します♪( ´ ▽ ` )ノ


東中野「レガーレ」夏野菜カレー

写真 2014-09-07 12 28 21

大盛り980円也。
以前も記事にした淡路島カレーのお店です。

最近、野菜をあんま食べてないことに気がつき、ここは夏野菜をガッツリ食べておくかということで食べてきました(暦の上じゃもう秋なんですけどね)。

見ての通り、淡路島カレーの上に夏野菜がゴッテリ盛られております。

カレーを口に含みつつ、まずはカボチャをいただく。うわぁ、甘いなぁ〜。野菜特有の自然な甘み。身体が喜ぶ甘みです。
オクラ。嫌味のない自然な味に適度な歯応えとプチプチ感。
そして、極めつけはナス。口の中でとろけます。なんかね、クリーミーなんですよ。このナス。

そしてそれらが上質なカレーと絡み合い、お互いの旨味を高め合う相互作用。ぶっちゃけ、レギュラーメニューのポークカレーより断然美味い。

感動だっ!

子どもの頃、野菜が嫌いだったんですよ。
決して美味しいものではなく、健康のために仕方がなく食べる。決して率先して食べたいものではなく、僕にとっての野菜は「一応、そんなにストレスなく食べられる」か「不味くて食べるのが苦痛」のどちらかでした。

でも、実は野菜って御馳走になり得るんだ、ということを再確認できたカレーでした^^

東中野「 キャラバンサライ包」カレー麺

jpg_medium

大盛り900円也。
ランチ時に行きました。しょっちゅう行ってるもんで店員さんにもすっかり顔を憶えられちゃいました(苦笑)

さて、今回食べたのはカレー麺です。
この前食べたラクサもカレー麺でしたが、大きな違いはスープがカレーなのではなく、具がカレーであるということです。

スープそのものは鶏ガラで、麺の上に羊挽肉のキーマカレーが乗り、当然その上にはパクチーが盛ってあります。ラクサよりも更にアジア料理特有の癖(羊肉とスパイスによる)があり、つまりは僕の好みだということです^^

それが鶏ガラスープと麺と絡まり、パクチーが香る。鶏ガラと羊肉カレー、一見ミスマッチのようにも思えますが、鶏ガラの柔らかさと羊肉カレーの刺激感のコントラスト、更にそれが絡まり混ざり合っていく過程、意外と合ってます。

さて、最後はライスを入れておじやにしよう…と思ったら今日はライス切れとのこと。残念…(´;ω;`)

東中野「レガーレ」淡路島スタウトポークカレー

写真 2014-08-29 11 46 05

大盛り980円也。


あなたは、カレーに1000円以上払えますか?
もしくは、カレーに1000円以上払ったあと後悔しない人ですか?


僕の場合「ものによる」というのが答えです(当たり前っちゃあ当たり前ですが)。

例えば、松○のカレーで1000円以上取られたら噴飯ものですよね?

そこまで安っちくなくても、C○C○壱で色々トッピングしたりするとすぐに1000円を超えますが、大体食べたあとに後悔します。いや、トッピングしたのは自分の判断なんですけど。元のカレーが普通であれば、そこにどれだけトッピングを加えたところで感動は生まれないわけです。

結局、カレーに1000円以上払えるかどうか、というのはそこに感動があるかどうか、ってところによると思うんですよ。「普通に美味しいカレー」では、1000円の壁は越えられません。


ってことで、今回紹介する「1000円超えオッケー」なカレー、それが東中野のカジュアルイタリアン「レガーレ」のランチで提供している「淡路島カレー」です。

イタリア料理の店で「淡路島」って言われてもなんかミスマッチな感じがしますが、「イタリアン」のイメージに見合った洗練されたカレーであると言えます。

特徴は、口の中で三段階で変わるカレーの風味です。
最初に「甘さ」がきて、次に「コク」に変わり、最後は「辛味」で終わる。最初の一口食べた瞬間「おおっ!」って思いました。

なんで「淡路島」なのかって言うと、淡路島産の一個100円するタマネギが大量に入っている(一杯あたり一個)からなんだそうです。このタマネギ、糖度が「最も甘い梨」と同じで、それを長時間かけて飴色になるまで炒めたものがルーの中に溶け込んでいるわけです。

それに加えて数種類のフルーツ、椎茸と鶏ガラのスープ、そして十数種類のスパイスを丁寧に合わせてあるとのこと。多分、全ての行程が綿密な計算の上で丁寧におこなわれているのでしょう。

それで、このめっちゃ深い味が出来上がっているわけです。


ちなみに、具材のスタウトポークの「スタウト」は「スタウトビール」の「スタウト」。つまり黒ビールで肉を煮込んであるそうです。確かに、仄かにスタウトビールのコクを感じます。トロットロだけど脂が適度に抜けてて、カレーの味を殺さず上手い感じに調和してます。これは欠かせないですね。


まあ、とにかく全体的に高級感があり、洗練された味わいなのが印象的です。うん。これだったら1000円以上出しても全然惜しくないですね。


会計980円でしたけど。

中野坂上[「cafe OJAS」カレーバイキング4

看板カレーチキン

ハーモニースクウェアビルの地下一階。

普段はcafeだが、平日の昼間はカレーバイキングをやっている。お値段980円。カレーはキーマ、チキン、ベジタブルの三種類があり、サフランライス、ナン、タンドリーチキン、サラダが食べ放題。オレンジジュースやラッシーも付いてくる。

ネパール人のシェフが作っているそうで、インドカレーのエグいスパイス感はなく、マイルドで優しい味わい。万人受けする味。これはこれで好き。ちなみに辛味調味料の粉末が置いてあるので、お好みで辛くする事も可能。

店内はお洒落感が溢れており、基本的にインド料理は手掴かみで食べたい僕も、スプーンを使わざるを得ない。普通にインド式に食べると白い目で見られそう。仕方ないか。
なんだかんだで週一くらいのペースで行ってる。星4つ!

ちなみに、夜はお酒も飲めるようだが、フリーターにはちょっと厳しい値段設定。
うーん経済格差。

スパイスガーデン 新宿店 [カレー]チキンカレー5

b3d97898.jpg知り合いイチオシの店。
曰く「ここで食べたら他のカレー屋では食べられなくなる」との事。

食べてみたところ、そこまで飛び抜けて旨いとは思わなかった。まあ、普通に美味しいインドカレー。ただ、インドカレー屋の相場から考えると、ここの値段は破格。サイドメニューも全体的に安価だし、コストパフォーマンスを鑑みて星5つ!

スパイスガーデン ホームページ
http://www.preani.com/spg.htm

中野坂上「バルチックカレー(屋台DELi内)」[カレー]ビーフカレー3

46a73d72.jpg今日は辛口のビーフカレー。中辛ではほとんど辛さは感じなかったけど、こちらは程よい辛さ。辛さの中にほんのり甘味。牛肉は柔らかくてまあまあ美味。

そういえば、激辛スパイスみたいなのがカウンターにあったな。今度激辛にして食べてみようか。


バルチックカレー
http://www.baltic.co.jp/

中野坂上「バルチックカレー(屋台DELi内)」[カレー]シュリンプカレー3

98dbf58e.jpgハーモニースクウェアビルの地下一階にある屋台DELIの中のテイクアウト専用店舗。
甘口の角煮豚骨はなく、中辛の若鶏と辛口の炭火ビーフのみ。それにトッピングが数種類。

今回はシュリンプカレー(700円)を中辛で注文。
…流石に店で食べるよりは数段クオリティは落ちる。店で食べた時はうっすらと黄色い脂が浮いていたのがここのは無し。それでもルーの旨さは健在。しかし、鶏肉の味は至って普通。
ただ、100円増の要因たるシュリンプはなかなか美味。尻尾の方に少しだけ殻が付いており、プリプリ感の中で適度にパリパリ感を楽しめる。

あと50円安ければと思うが、悪くはない。実質は星3.5。ただ、今回は小数点切り捨て星3つ。
カレーが食べたかったら、また利用するでしょう。

バルチックカレー
http://www.baltic.co.jp/

新中野「ヌールマハル」[インド料理/カレー]4

ヌル1ヌル2ヌル4


最近、日々のカレー率が高い僕だが、今日は新中野の駅の近くにあるインド料理屋のランチに行ってきた。

ディナータイムだと1000円からだけど、ランチタイムであれば780円から食べられる。セット内容はカレー、ライスかナン、サラダ、ドリンク(ラッシーやチャイも含む)。基本的にインド料理は日本で食べるとかなり割高なんだけど、ここはまあまあ。相場から言えば安い部類に入るのではないだろうか。

味の方はまあまあ。といっても、インドカレーはそんなに食べなれていない為(※)、他店との比較が難しい。純粋に値段と味との兼ね合いで言えば、星4つ。結構ちょくちょく行ってます。


※実は去年3ヶ月程インドを放浪していて、インドの本場のカレーも散々食べはしたんだけど、基本的に安いところでしか食べなかった為、日本のインド料理屋で出すような立派な物は食べなかったから、あまり舌は肥えていないのであります。

# ヌール マハル (NOOR MAHAL) 
# 中野区本町6−15−10 新中野ビル2F
# 03-3380-8707 
# 年中無休 
# 11:00〜15:00 17:00〜22:30 
Profile
  • ライブドアブログ