※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

ほうずき

坦々麺紀行 中野「坦々麺ほうずき」黒汁なし坦々麺1

画像1

大盛り1000円也。

中野のほうずき、二度目の来訪。

黒汁なし坦々麺の「黒」は黒ゴマの黒です。その名の通り汁がなく、擦り下ろして煎った黒ゴマがたっぷり入ってます。

一口食べて感じる濃厚過ぎる塩気。唐辛子で辛いんじゃなくて、普通に味が濃すぎる。
そして、硬めに茹で上げられた麺。汁ありの普通の坦々麺の時は程よいパンチになったこの麺も、汁なしになると味のくどさを助長することに。

そして、味にも香りにも全く奥行きがない。

つまり、一言で言えば
まずい。

大盛りで頼んだことを速攻後悔しました。
二口目で既に食べるのが嫌になりました。

えー、ちょっとこれはどうなのー?

普通の担々麺は美味しかったんですけどねぇ…。

坦々麺紀行 中野「坦々麺 ほうずき」

画像1

大盛り900円也。

あまり声高に言ったことはないが、僕は坦々麺が好きだ。しかし、本物の坦々麺を食べさせてくれる店は多くない。

四川系ではない、普通の町の中華屋とかだと大体まがい物が出てくる。挽肉入れて汁を赤くして唐辛子で辛くしただけの、ただのピリ辛ラーメンが。

おいおい、そうじゃないだろと。
別に四川省行って本場の坦々麺を食べたわけではないけど、四川料理といえば辛さに加えて「痺れ」が必須だろと。

痺れ…つまり、四川省の山椒「花椒」の存在である。

これがない坦々麺は基本まがい物だと思っている。その中にも美味しいのはあるが、美味しくてもまがい物である。


さて、今回は中野にある「坦々麺 ほうずき」に行ってみた。
坦々麺を看板に掲げているということは、坦々麺に自信があるということ。ならば、坦々麺好きとしては食べるしかない。

この店、辛さが普通、中辛、大辛、特辛、激辛の5段階があり、今回は大辛を注文した。店側のコメントとしては「辛いものが好きなら大丈夫」とのこと。


まず、一口スープを飲むと、炒りゴマの香ばしい風味を感じる。そして、ちょうど良い辛み。ここまでは良い塩梅だ。

しかし…痺れがない!山椒なしかよ!

と思ったところで、近くにいた客が店員に
「すみません。山椒ください」と。

どうやら卓上調味料として山椒を置いていた模様。スパイスミルに入った山椒様が鎮座ましておいでだった。

つまり…客の好みで好きなだけ痺れ放題ということか!

っていうことで、当然がっつり入れた。
ううううん!美味いじゃないか!

麺はちょっと硬めの茹で上げ。もう少し柔らかくても良い気がするが、これはこれで食感にパンチがあって美味い。それに辛さと痺れのゴマスープが良く絡む!

なんというか、素朴で野趣溢れる味だと思った。けっしてきめ細かくはなく、ワイルドでガッツリ。それが良い。

辛さは大辛でちょうど良かった。決して辛すぎず、程よい程度の刺激。多分、ガチの辛い物ジャンキーの人は物足りないと思うので、特辛以上をお勧めします。

食べ終わる頃にはすっかり汗だく。そして脳みその芯が痺れるような多幸感。山椒など、香辛料がしっかり入った料理を食べたあと特有のスパイス・ハイだ。

他にも汁なし坦々麺や、坦々麺つけ麺、黒担々麺など バリエーションがあるようなので、中野に来た際は寄るようにしたい。
Profile
  • ライブドアブログ