※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

てるてる

東中野「浦野屋 やきとん てるてる」を1,000円で楽しむ方法

さて、今回の「金額縛り飲みシリーズ」の戦場は東中野銀座通り商店街にある焼きとん屋の名店「てるてる」です。
 
このお店の嬉しいところは、四文屋のような「金宮梅割り」が置いてあるところ。しかもお値段300円!

image

ちなみに、梅シロップは自分で好きな量を入れるシステムです。
 
 
さて、これがあるなら激安飲みも可能ですので、今回の金額設定も「1,000円縛り」とします。
 
 
では、「金宮梅割り」を中心に、どのように陣立てをするか。今宵のチョイスは…、

image

まずはファストメニューとして、
煮込み豆腐(200円)と
ナンコツオニオン(200円)!
 
モツ煮込みではなく煮込み豆腐を選択するのは金額面だけではなく、金宮梅割りの甘味に合わせるのであれば、モツ煮込みでは濃い味同士で喧嘩してしまうため、あえて淡白な豆腐をチョイスしたわけです。
 
で、これが大正解!
 
梅割りで甘くなった口内を、煮込み豆腐の風味を”伴った淡白さ”が優しく包み込んでくれます。
 
 
そして、そこからのナンコツオニオン。
こちらはさっぱりしつつもマヨネーズ系のやや濃いめの味。
 
豆腐でニュートラルになった口内を、今度は爽やかで風味豊かな塩味が刺激してくれます。そしてそこから飲む金宮梅割りが塩味を甘味でコーティングし、再び煮込み豆腐に向かう準備が整う…。

いい!
 
この時点で、金宮梅割り→煮込み豆腐→ナンコツオニオンのゴールデントライアングルが形成されています。
 
 
そして、そのゴールデントライアングルを探検している間に串ものが到着。

image

カシラアブラ(100円)と
ハラミ(100円)。
 
それぞれ味噌ダレで注文しました。
 
やっぱりここのお店のお肉は美味しい!
カシラアブラの脂のリッチ感。ハラミの柔らかボリューミー。
 
極上です。

ゴールデントライアングルが、
ゴールデンカルテットに進化しました。
 

そして、ここまででオーダー金額は合計900円。
席料の100円を加えてちょうど1,000円。

今宵こそ、ついに勝利を得られる…!


と、思いきや、ここで問題が。

ここまでは
金宮梅割り→煮込み豆腐→ナンコツオニオンのローテーションができていたけれど、

串ものが入ることで、
金宮梅割り→煮込み豆腐→(串もの→金宮)→ナンコツオニオン→(金宮→串もの)

という新たな流れが出来てしまい、それは良いんだけど酒の消費スピードが早まることで、


酒を先に飲みきってしまった…( ゚д゚)

 
どうする?
酒なしで残りを全部食べる?

いや、でも勿体ないよな。これだけ美味しいのをお酒無して食べちゃうのとか。
金宮梅割りを軸とした組み立てだし…。


………。

「すみません。金宮梅割りお代わり!あとアブラを味噌で一本ください。」

image


やってしまった…( ゚д゚)


美味しい!美味しいよ金宮!
美味しい!美味しいよアブラ!

あーちくしょーもう堪能しちまったよ!
お会計は金額オーバーの1,400円だよ!


今宵のチャレンジも金額超過の反則負け!(悔いはない)

浦野屋 やきとん てるてる 東中野店5

昨年、東中野銀座商店街にオープンしてから常に賑わい続けているやきとん屋さん。


image

とにかくオススメしたいのが、味噌ダレで食べるカシラアブラ。

プルプルした脂感を甘い味噌ダレの風味が包み込んで、一本100円とは思えないようなリッチ感があります。

※串は塩、タレ、味噌ダレの3種類から選べますが、断然味噌ダレがオススメ。特に指定しなければ"お任せ"になるので注意。


image

素材の味がしっかりしている豚トロ、豚バラあたりは塩で食べるのがお気に入り(こちらは一本120円)。


image

何より嬉しいのがホッピーがあるところ。お陰で気軽に何度でもリピートできます。

煮込みも濃厚な旨味で、ホッピーとの抜群の相性で楽しませてくれます。


image

image

このお店の良いところは、単に安く飲めるだけでなく、お酒も食べ物も種類が豊富で様々な楽しみ方ができるところ。

日本酒、焼酎、ワイン、それぞれ良い銘柄を揃えており、それぞれに合うような食べ物が取り揃えられています。


単に「品目をいっぱい取り揃えました」ではなくて、
それぞれの酒に合った食べ物(食べ物に組み合わせたい酒)があるので、その時々で様々な組み立て方ができる楽しさがあるわけです。


焼酎、サワー系ならコッテリした串もの系や煮込みを合わせ、
日本酒ならば串を塩で、みたいな感じ。

あと、意外とワインに合うような食べ物(アヒージョとか)が充実しているのも面白いところ(それぞれ美味い)。

ワインも一杯380円のグラスワインから一本数千円のボトルワイン(銘柄多数)まで、お財布事情に合わせたチョイスが可能です。


image

日替わりメニューも豊富で、季節ごとの特色もあり、何度行っても飽きることがありません。

このブログでは四文屋の記事が未だにアクセスが多いのですが、個人的にはそれよりもこちらのお店の方がファンになっちゃいました^^;


東中野近隣にお住まいの方には是非オススメしたい良店です♪( ´ ▽ ` )ノ

(平日でも結構混雑するので、大人数で行かれる時はご注意ください)
Profile
  • ライブドアブログ