※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

阿佐ヶ谷/荻窪/西荻窪

四文屋を1,500円で楽しむ方法

さて、今回の「金額縛り飲みチャレンジ」の戦場は再び四文屋!(店舗は阿佐ヶ谷店)

今回は金額を少し引き上げ、1,500円とします。

やっぱさー、せっかくお安いお店だし、もうちょい余裕を持って楽しみたいじゃない?

ってことで、最初の一杯は乾杯がてらビールの小瓶(350円)でキックオフ!

image

(すみません。写真撮り忘れて飲み終える直前の絵になりました^^;)

合わせるアテは、

image

安定の大根酢醤油(100円)


image

敢えて「モツ煮込み」ではなく「煮込み豆腐(350円)」をチョイス。

…微妙に失敗したのが、大根酢醤油も煮込み豆腐も味が淡白なもんで、いまいち決め手に欠ける感じになってしまったところ。

ここは普通にモツ煮込みが正解でした^^;


image

気をとり直して金宮梅割り(350円)からの…、


image

鶏つくね!
トロ!
豚おっぱい!

を全部タレで(各100円)。

これでちょうどお会計は1,500円。さあ、駒は出揃った!


ここで特筆すべきなのは、阿佐ヶ谷店の希少部位「豚おっぱい」。

四文屋は店舗ごとに異なる希少部位を取り扱っており、それを楽しむのも「四文屋巡り」の醍醐味だったりします^^


そして、この豚おっぱいの柔らかいこと!さすがおっぱい!(若干書いてて恥ずかしいですが^^;)


で、そこから飲む金宮がうめぇ〜こと!

ビールからの金宮は酔いがよく回るようで、気がつけば…、

「すみません!カシラとハラミ、タレでイチイチで!」

image

あ、追加注文しちゃった…Σ( ̄ロ ̄;)

しかも、阿佐ヶ谷店は席料100円かかるから、いずれにしても最初から金額超過だよバカヤロー!

…ってことで、今回もまた、金額超過の反則負けでございます^^;


全ては金宮が悪い!
(おいしゅうございました)


西荻窪「戎(えびす)」で焼きとんで昼飲み

西荻窪で昼飲みが出来る店といえば焼きとん屋の戎(えびす)です^^

image

通りの両脇を複数の店舗が占め、一人飲みとグループ客で案内される店舗が異なります。


image

焼きとんは一本95円から。塩・タレが選べます。

安い串焼き屋はタレで食べるのが安全パイだったりしますが、ここの塩は塩胡椒による味付けで、これはこれで美味しくいただけます^^


image

一本160円のハラミネギマ串も肉厚で美味♪


image

こちらは煮込み大根。
普通、煮込みといえば七味で食べるもんだと思ってましたが、戎では辛子が添えられています。

これがジャストマッチ!
煮込みの風味が引き立ちます。



繁盛している中で八面六臂で活躍している店員さん達ですので、接客はお世辞にも丁寧とは言えませんが、そこを含めて風情のあるお店です^^

中央線で昼間から飲む酒は格別なんだぜ♪( ´ ▽ ` )ノ





「四文屋 西荻窪店」で煮込みをアテにホッピーを飲む

もう10年以上前から何度もお世話になってる焼きとん屋さん。

焼きとん屋を始めとして牛串、串揚げ、魚介、ホルモンなど多角的な店舗展開をしている四文屋さんですが、

今回は無印(焼きとん)の四文屋の西荻窪店にお邪魔しました^^

image

店舗としては広くはなく、カウンターを中心とした細長い造りで、店内はわりと静かな感じでした。

例えば普段行く中野店なんかはいつも賑わっている分、周囲がうるさく、連れと行くといちいち大声で喋らなければならなくなるので、個人的にはこれぐらい静かな方が嬉しかったりします^^;

そして、この西荻窪店の最大の特徴は…、

image


ホッピーが置いてあること!


長年、四文屋のファンは続けてきましたが、四文屋が好きだからこそ唯一不満だったのがホッピーが置いてないことでした。

四文屋の串やモツ煮込みには、絶対にホッピーがマッチするのに…!

そう思い始めて何年たったことか…。

image

やっと会えたね♪(*´∀`*)

思った通り、相性は最高!
これもう、マリアージュ(結婚)です笑

四文屋のこの、脂とコラーゲンでドロドロっとした濃厚なモツ煮込みとホッピーの組み合わせ。

まさに最強のカップリングです^^

image
箸休めに頼んだきゅうりの浅漬けも良い味でした。

image

串はカシラ、ハラミ、鶏モモをチョイス。
串ものが加わることにより、煮込み、焼きとん串、浅漬けの三角食べが成立。

これは一人飲みにはかなり良い組み合わせてます。
煮込みと串を行き来して味の濃淡を楽しみ、適度に浅漬けで口の中をさっぱりさせる。

そこで合間に飲むホッピーがいちいち美味い!

image

煮込み玉子も幸せでした^^

ホッピー好きには西荻窪の四文屋、激烈オススメです♪( ´ ▽ ` )ノ

荻窪「丸福」ワンタン麺

image

大盛り950円也。

荻窪にある老舗のラーメン屋さん。
「ラーメン」って言うより「中華そば」と表現した方がしっくり来るこのお店、実は子供の頃から何度も来ている。

昔は特に好きな味でもなかった。普通の中華そばだし。ぶっちゃけ、小学校低学年のお子様としてはインスタントの「うまかっちゃん」の方がLOVEだった(笑)

しかし、年を経るごとにこういうオーソドックスな味の「中華そば」が恋しくなる。

ツルツルとしたちぢれ麺に鶏ガラの旨味が凝縮された醤油スープ。淡白なチャーシュー。これこれ、これが良いんだよ。

なんてーかね、その辺の新興店にはない深みがあるんだよね。年季を感じさせる味というか。

ちなみに、ワンタンは102歳のおじいちゃんが作ってるとのこと(ちょうど食べてる時に様子を見に来店されてた)。

パンチの効いた濃厚つけめん!なんてのも好きだけど、こういう店こそこの先もずっと変わらず残っていって欲しいもの。

西荻窪 田毎

CA3B0408

数年振りに来訪。
関東風の、しっかりしっかり味がしみ込んだおでん。
そらぁ日本酒が進みますがな♪
二軒目だったけど、がっつり飲んでがっつり喰ったった。
つくねLove!

阿佐ヶ谷「善知鳥(うとう)」[居酒屋]5

善知鳥店先日本酒の店。

ただただ日本酒を美味しく飲ませる事を追求した、そんな印象の店である。

食べ物のメニューは食事的な物はなく、あくまでも日本酒に合う肴。日本酒を美味しく飲む為の肴のみ。
置いてある日本酒も、誰もが知ってるような有名な銘柄ではなく、店主が選りすぐった本当の逸品のみ。

しかも、店の雰囲気的には敷居の高い感じはなく、僕みたいな小僧ッ子でも気兼ねなく飲める。店主は気さくで、嫌味のない程度に日本酒の蘊蓄を語ってくれる。本当にこの人は日本酒が好きなんだな、と思う。そういう意味でも、純粋に気持ちよく日本酒を楽しめるお店。

店内値段は決して安くはないが、日本酒を本当に味わう舌を持っているのなら、値段以上の満足感を得られる筈。
日本酒好きは、是非一度行ってみていただきたい。ちなみに週末は割と繁盛しているそうなので、事前に予約して行く事をオススメします。





お通し



アクセス:阿佐ヶ谷駅から徒歩5分
住所:杉並区阿佐谷北2-4-7 
TEL:03-3337-8734
定休日:日曜

参考リンク
All About
http://allabout.co.jp/gourmet/sake/closeup/CU20020622/
居酒屋礼賛(お店への詳しい行き方が記載されてます)
http://hamada.air-nifty.com/raisan/2007/05/post_48d6.html

荻窪「播州」[居酒屋]3

播州1播州2

青梅街道から荻窪駅に至る道に入ってすぐのところにある、なんとも古めかしくアングラな雰囲気の店。エアコンはなく、暑い日はうちわを出してくれる。店内はカウンター8席のみ。

酒はビールと日本酒のみ。
メニューはなく、店主が次々と作る突き出しを順に食べていく形式。
全般的に日本酒に合う味。なかなか美味。

40年も続いてる老舗で、二台目の若店主と奥さんの二人で切り盛りしている模様。店主は気さくに話しかけてくるけれど礼儀正しくにこやかで、話していて嫌味を感じない。一人でフラっと行って軽く一杯やるにも良い店かも。ただ、値段的にはやや割高かも。適当に飲んで食って4000円〜5000円くらい。ガキには厳しい…。

■播州
住所 〒167-0051 東京都杉並区荻窪4-31-12
TEL 03-3393-0856

参考リンク
http://koalaya.blog5.fc2.com/blog-entry-440.html

阿佐ヶ谷「うねり亭」[沖縄料理]4

うねり1うねり2

中央線のガード沿いにある沖縄料理屋。
値段はそこそこ安めでなかなか旨し。飲みの二次会で頻繁に使う。実はタイ料理のメニューもあるけど、まだ食べた事はない。そのうちチャレンジする予定。これといった特徴はないけど、お気に入りの店。

ぱいかじ食堂 うねり亭
http://uneritei.com/

うねり3うねり4うねり5

西荻窪「ハンサム食堂」[タイ料理屋]5

ハンサム食堂3号店西荻窪の南口に、昭和の時代の下町の面影を残す通りがある。
その通りの中でも特に異彩を放っているのがこのハンサム食堂だ。本場タイにありそうなエキゾチックな外観。店内にはタイの屋台がそのまま持ち込まれており、その中がキッチンとなっている。テーブルはやはり昭和の時代を思わせる縁がステレンス製の古いもの(タイでは今でもこれが使われているのだろう)。
そして妖しく光る「ハンサム食堂」という看板。これぞ中央線。アンダーグラウンドこの上なし。
続きを読む

阿佐ヶ谷「THE RIVER」[Dining&Bar]3

74ea6b2b.jpgこの前の日曜日、オノッチとBarでPRIDE観戦しようという事で行った店。
普段から店内に2台あるモニターでスポーツの中継やMTVを流している模様。店内は木材っぽい内装でなかなか俺好み。渋めです。なかなかのお気に入り空間だけど、値段はBarなので全般的に割高。貧乏人が来るところじゃねぇな(汗)

今回はPRIDEを流すという事で開店から続々と格闘技ファンの客が押し寄せ、あっという間に満杯に。で、試合で面白い展開になるとあちらこちらから歓声や拍手が巻き起こる。これはなかなか熱い。部屋で一人で観るのとはエライ違いだ。今度スカパー入って友達集めて宅飲みでPRIDE観戦パーティーやろうかな。

ちなみに初めて「フィッシュ&チップス」とやらを食べたんだけど、うめぇコレ。今度もっと安い店で食べてみようw

the riverthe river2


THE RIVER
http://www.geocities.jp/the_river02/


Profile
  • ライブドアブログ