※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

新宿

新宿ゴールデン街「すごい!煮干ラーメン 凪」本当に凄い禁断の煮干しラーメン

image

このお店。めちゃめちゃ好きなんですよ。
以前は大久保に店舗があって、ハマってる時は週2〜3回とか通ってました。

キャッチコピーは
「煮干が嫌いな方はご遠慮ください。スタッフ一同」
 
かなり過激なキャッチコピーだけど、僕の印象としてはここは「煮干しを超えた煮干し」であり、むしろ煮干しが苦手な人の煮干し嫌いを改善してしまうんではないかと思っています。

少なくとも、僕は元々特別煮干しが好きだったわけではないですけど、ここのラーメンを食べて煮干しに目覚めました。

「ノンケの坊やを煮干しマニアに変貌させるお店」

それがこの「凪」というお店です。


このお店の特徴のひとつは、「お好み」の指定の幅が広いこと。

image

麺の硬さ、味の濃さ、油の量はもとより、
醤油味、塩味、合わせ味の味の種類指定、
辛銀ダレ(煮干し入りの辛味調味料)の量、ラー油の有無…、

その無数の組み合わせの中で「自分の好みの究極の一杯」を追求していく楽しさがそこにあるわけです。


image

以前通っていた大久保店は残念ながら閉店してしまい、最近久しぶりに食べたくなったので、今回は新宿ゴールデン街にある本店に伺いました。

image

ドアを開けると、まずは急な階段があって面食らいます(笑)

ゴールデン街、こういう作りのお店が多いんですよね。昔の「赤線・青線」時代の建物をそのまま使っているそうです(屋根裏には当時、手入れが入った時に客を逃がすための抜け道が残ってたりするそうです ※ゴールデン街でバイトをしていた知人談)

そんな建物のいかがわしい過去(笑)とは関係なく、店内はこぢんまりとしながらも店員さんの活気溢れる爽やかなお店ですのでご安心を。


さて、久しぶりの「凪」です。
大久保時代には自分なりの「究極の一杯」を見つけたはずなのですが、もう何年も前なので記憶が…^^;

確か、塩味だったような…、ってことで今回のオーダー。

image

塩味。”いったん麺”増し。
“いったん麺”とは「凪」特有の平べったく面積が広い、きしめんの巨大版みたいな麺です(“ゲゲゲの鬼太郎”の一反もめんを想像するとよろしいかと)。

その他の指定は勘を取り戻すためにノーマルにしました。


スープを一口すすれば、
「きたきたきた!」

濃厚なる煮干しの風味の海が押し寄せます。

確か記憶によれば醤油味の方が不思議と雑味が目立つのに対して、塩味だと”まろやか感”が前面に出るわけです。

クリーミーと表現しても良いぐらいのまろやかさ。
しかしそのクリームは煮干しで出来ている。しかもきめ細やかに。

なんというか、
「煮干しの味!バーンっっ!!!」ってんじゃなくて、

超きめ細やかな”味の蜂の巣構造”の穴の一個一個に、濃密なる煮干しの味がそれぞれ詰め込まれていて、しかもぎゅうぎゅう詰めで息苦しい感じではなくって、その中で煮干しが舞い踊っているようなイメージなのです。

そんな”クリーミー塩味”の濃厚スープを太麺がしっきと持ち上げる。

「たまらん!」

なわけです^^


image

ある程度食べたところで、お酢を投入するのもまた美味し。
ちなみに、ここはお酢にも煮干しが入っています。

「これ、ラーメンにたらふく煮干し入っているのに、お酢に入れる意味あんのか?Σ( ̄ロ ̄;)」

とツッコミを入れたくなりますが、面白いのでOK(笑)
こんなところまでも徹底しているわけですね。


そんな「激烈!煮干し祭り」を行くたびに楽しめるこのお店、ぜひぜひ一度はお試しくださいませ(煮干しアレルギーとかでなければ)

すごい!煮干ラーメン 凪
http://www.n-nagi.com/


あ、思い出した。
当時の「究極の一杯」は「塩味、(辛銀ダレ)2辛、いったん麺増し、大盛り」だった。

こちらもよろしければお試しあれ♪( ´ ▽ ` )ノ


新宿「麺屋 海神」あら炊き辛塩らぁめん

画像1


へしこ焼きおにぎりセット1000円也。

塩ラーメンの究極だと言える。
魚介の「あら」を炊き出した、超きめ細かい味わいのスープが特徴。その時々の旬の魚介を使っているので、時期によって異なる味を楽しめる。

ここのラーメンは、繊細な舌を持ってる人には是非食べてみてもらいたい。繊細で味を細かく感じられる人ほど、一口スープを啜った時の風味の奥行きを堪能できるはず。

ラーメン単品で850円。あっさり系のラーメンとしては高い部類に入るけど、それだけの価値は充分あると思う。これは単純に空腹を満たすための食べ物というよりは、その深い味世界を楽しむ芸術品の類いだと感じる。

例えば、高級な日本酒が単に酔っ払うために飲むものではなく、ちびちびと飲んでペタペタとその味をじっくり堪能するのと同じようなもの。

この店のメニューは
・あら炊き塩らぁめん
・あら炊き辛塩らぁめん
の二つで、今回注文したのは辛塩の方。

風味深いあら炊きの塩スープに唐辛子の辛み成分が加えられている。
「繊細な出汁味が売りで、それを辛くしたのでは台無しなんじゃないか」と思いがちだが、この程よい辛さが出汁の旨味を引き締めている。

なんというか、味が交通整理されてる感じ。

麺はオーソドックスな、コシのある細麺。決して主張し過ぎることなく、極上のスープを持ち上げてくれる。

セットのへしこ焼きおにぎりはそのまま食べるのではなく、麺を食べ終わった後にスープに入れておじやみたいにして食べる。
へしことは、魚の糠漬けのこと。なんか臭そうなイメージなんだけど、決してそんなことはなく、スープとはまた違った魚の旨味があり、スープの味に更にインパクトを与えてくれる。

以前、ガッツリ系のラーメンが好きな友人を連れて行ったときは「なんか物足りない」と言っていた。ナチュラルな味が売りの店なので、舌がジャンクなものに慣れ切っている人は堪能しきれないのかも知れない。

繰り返しになるけど、味覚な繊細な人には激烈お勧めです。
こう書くと「お前よっぽど良い舌持ってんだろうな」って感じに思われそうですけど、食べるほどに「もっと繊細な舌持ってたらなぁ」と思ってしまう味だということです。

新宿歌舞伎町「焼きそば かぶきち」

写真 2014-03-02 17 29 14


先日紹介した馬喰町「あぺたいと」の両面焼きそばなんですけど、これって元々は大分県日田市のB級グルメ、日田焼きそばがルーツなんだそうです。

で、超絶美味かったんですけど、店舗が辺鄙なところにしかなく、一番近いところで馬喰町になってしまうんで、なかなか食べる機会ないよなぁ…と思ってたら、タイムリーなことに新宿歌舞伎町に去年の末に日田焼きそば系のお店がオープンしたことを知りました。

それが今回紹介する「焼きそば かぶきち」です。旧コマ劇の左斜め前あたりにあります。
普通盛りで780円と「あぺたいと」に比べるとちょっと高めの値段設定ですが、立地を考えたら仕方がないと言えるでしょう。

今回は大盛り(980円)+目玉焼き(50円)を注文。計1030円也。

味の方はそんなに「あぺたいと」と大きく変わることはなく。シンプルで素朴な味付けの焼きそばで、ところどころ焼けて硬くなった部分ともやしで小気味良いボキボキ感が楽しめます。

目玉焼きの気味がドロっと麺に絡んで実に美味い。

ちょっと残念に思ったのは、卓上調味料があまり無いところ。
餃子用の醤油、ラー油、酢を除けば、紅ショウガと胡椒のみ。トッピングも玉子のみです。「余計なもんは入れないでそのままの味で食べて欲しい」という店主のこだわりなのかも知れません。

もちろん、このままで充分美味いです。それで、フライドガーリックとか色々置いてあったら行くたびに違った味を楽しめて、飽きずに何度でも行けるのに…、と思いました。

せっかく良い場所に美味しい店が出来たので、上手くリピーターを掴んで末永く営業していただきたいものです。

新宿「かめや」冷やし天玉そば



大盛り480円也。
昨日に引き続きかめや。本日も炎天下だが、今回は5人ほど並んでた。やっぱ人気店なのね。

流石に今日は冷やしにした。
冷たい汁そばの上にいくつかに切り分けられたかき揚げが乗っており、温泉玉子が添えられている。

しかし、こういう立ち食い系の店の冷やしメニューで天ぷらを乗せるのって珍しい。冷たいと天ぷらの味がそのまま出るから、それなりに質に自信がないと出せないと思う。

このかのやはどうか。天ぷらは作り置きで多少は湿気てる感はあるが回転が早いのでしっかりサクサク感は残ってる。冷たいとよりかき揚げの甘みが引き立つ。美味い。ときたまわさびの香りが鼻にツンと抜けてむせそうになる。これもまた立ち食い系の店の醍醐味の一つ。B級グルメの極みだね。

しかし、冷やしメニュー食べててもやっぱり暑いもんは暑い!結局今日も汗だくに。
でも、多分陽気に関わらずまた行くと思う。癖になるお店です。

新宿「かめや」天玉そば



大盛り480円也。

天玉そばが好きである。天玉そばが大好きである。
しかし、好き過ぎて食べ過ぎて食傷気味になって、しばらく食べてない。そんなところで天玉そばが名物の立ち食いそば屋が新宿の思い出横町(通称しょんべん横町)にあるという。ならば行くしかなかろう!

って事で昼に行ってみた。お店はL時型のカウンター席のみ。屋根と柱だけで道路側に壁はなく、基本的に外気の中で食べる状態。わりと混み合う店という噂だったが、今日はなかなかの炎天下。なので流石にそこそこ空席があった。

そんな中、席に座る。暑い。
ちょうど目の前でそばを茹でてる。暑い。

「すみません。天玉そばください。」
「暖かいので良いですか?」
この季節、冷やしメニューも置いている模様。正直この陽気なら冷やしが食べたいところ。しかし今回は初回。ならば一番スタンダードなメニューを頼むべきだろう。
「はい!」

そして出てきた話題の天玉そば。普通盛りなら380円。富士そばよりも安いんじゃないだろうか?なのにかき揚げは揚げたてでボリュームたっぷり。食べ始めで汁を吸う前はサクサクとした食感が楽しめる。しかも人参などの具がしっかり入っている事を感じる。富士そばのなんかだとあまり具の存在感がなかったりするのだが。これは汁に沈めてドロドロにして食べるなんて邪道はできない。サクサク感をなるべく保ちつつ大切に大切に食べる。

汁は関東風。いや、超関東風とでも言おうか。醤油×かつお節ガッツリ。パンチすら感じる。関西人が嫌いそうな真っ黒おつゆ。いいねいいねこういうの大好き!
麺もしっかりコシがあって及第点。

これは、立ち食いそばとしては極上の部類に入るであろう。この値段でこのクオリティ。僕の立ち食いそばランキングでは間違いなく第一位だ。素晴らしい。わざわざ電車に乗ってでも食べに行きたいレベル。

…この炎天下で食べる熱々の汁そばはなかなか厳しいものがあったがね。全身汗だくになってしまったわい。この季節なら次回は冷やし天玉そばを食べてみたいな。

ちなみにこの店に対して「立ち食いそば屋」という表現を使ったが、このかめや、椅子のある列記とした「座り食いそば屋」である。考えてみれば立ち食いそばの大手の富士そばも今やほとんどの店舗に椅子が設置されている。しかし、皆がこれらの店を「立ち食いそば屋」と表現する。そして実際のところ、普通にただの「そば屋」と表現するには抵抗を感じる。なんだろねこれ?

西新宿 「石臼挽二八打 まるきそば」鴨汁そば2


二枚盛り780円也。
汁は美味い。が「石臼挽二八打」とか標榜してる割に、麺は富士そばのが美味いと思ってしまうのは俺の舌が貧乏だからだろうか?

ちなみにピーク時に来ると蕎麦を茹で置きし過ぎて麺が固くなってしまってるのもいただけない。

星は2つ。富士そばは偉大!

新宿「コリアハウス」韓国料理

IMG_0085IMG_0088

小滝橋通り沿いの韓国料理屋さん。
ランチが500円均一という、韓国料理としては破格の値段設定。全品に前菜としてカクテキの小皿が付き、定食のご飯とスープはお代わり自由。今までにブルゴギ定食とユッケジャンを食べたけど、充分美味い。この値段でこの味ならお得だよね、といった感じ。

しかも、恐ろしい事にアルコールも含むドリンクメニューがオール100円という値段設定。1時間以上居座る場合は200円になるが、それでも安い。ここ友達4人くらいで来たらかなり安く飲めるんじゃないだろうか。良心的なお店。コストパフォーマンス最高!って事で★4つ!

ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/g946000/menu2.html

新宿 東京麺通団「めんたまうどん」4



大盛り490円也。
麺通団好きの友達のイチオシメニュー。

通常の釜玉うどんに明太子とバターが加えたもの。明太子の微かな辛さとバターの風味が加わる事で贅沢な味に仕上がってる。麺通団の卵は黄身が濃く、家で作る釜玉うどんよりも更に濃厚な味わい。これは癖になる味だね。
ネギを多めに入れるとシャキシャキ感が加わって更に美味いかも。

星4つでーす。

新宿「カラチ」インド&パキスタン料理 ワンプレート盛り放題ランチ

80b4acd5.jpg

500円也。
一皿に盛り放題でお代わり不可というワンコインランチ。ちなみに通常のバイキングは1000円。メニューは基本的に一緒たが、ワンコインの方は平皿一枚のみなので実質的にスープ系は全部不可。
更に言えばワンコインにはお絞りもつかない。なんて酷い扱いだ(笑)

だが、それでもこの金額設定は魅力だ。
一時過ぎに行ったら料理はやや冷め気味だったけど、それでも充分美味い。マトンカレーの肉が柔らかくて美味かった。

大体の価格帯のランチって麺とかご飯とか炭水化物中心のメニューになるけどここなら炭水化物、タンパク質、野菜の割合を自分で調整できる。ヘルシー思考な人にもお勧めである。

今後ちょくちょく利用しようかと思う所存。

新宿「かのや」海老天うどん

dd843889.jpg

480円也。
ここ、うどんと蕎麦でつゆを使い分けてるんだよね。うどんだと関西風の白っぽいつゆなの。うどんの麺にはしっかりコシがあるし、富士そばよりもワンランク上のお店です。
海老天がサクサクしてるのも嬉しい。さすが海老天だけで190円とるだけの事はある(かけうどんは290円)。

かのや、チェーン展開してくんないかな。
Profile
  • ライブドアブログ