※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

山手線

巣鴨三浦屋で初めてのすっぽん体験

先日、相方の誕生日祝いで、生まれて初めてすっぽんを食べにいきました。巣鴨にある「巣鴨三浦屋」というお店です。

image

結構な有名店で、店内には芸能人や漫画家のサインが並び(すっぽんの甲羅に描かれてます笑)、テレビでも何度も取り上げられている老舗の有名店のようです。

今回はお祝いということで、奮発して「すっぽんフルコース(一人前9,184円)」を注文しました。


image

最初に出てきたのは「スーパーハイスープ」。
緑色の不思議な液体で、お味の方はというと「形容しがたい美味しさ」です。

形容しがたい、というのは今までに味わったことがなく表現ができないという意味で、なんというか身体が元気になる、身体に良さそうな美味しさってことです。っていうか美味しいです。

このスープ一杯で単品で1,000円ほどするのですが、これだけでも相当の滋養があるようです。

お店の女将さんがちょうどここ数日、体調が優れずご飯が食べれていないそうなのですが、このスープを数杯飲むだけで混雑するお店の切り盛りが出来ているとのこと。

すっぽんおそるべし!です^^;


ちなみに、このハイスープ、飲むだけで目の疲労が取れるそうで、確かに飲んでしばらくしたら視界がはっきりしてきました。

これ単品で店先で立ち飲みができるそうで、これだけを目当てに来るお客さんも少なくないようです。

すっぽんおそるべし!です^^;


image

続いて出来てきたのは「スペシャルワイン」
すっぽんの生き血とワインを混ぜたものなのかな?生臭さはなくすっきり飲めました^^


image

そして、いよいよ主役の「すっぽん鍋」の登場です。

通常、すっぽんは泥臭く、他の店ではニンニクや生姜などで臭みを消すような味付けをするものなんだそうですが、このお店は大将が発見した独自の手法で臭みをとっているため、シンプルな味つけで「すっぽん本来の味」を楽しめるようにしているとのこと。

出汁もとっておらず、すっぽんから出る出汁のみなのだそうですが、これがシンプルで美味しい!

なんというか、魚のアラのような風味です。それでいて身の方は鶏肉のような味わい。でも、食べた端(はし)からなんか身体に力が漲(みなぎ)るような不思議な感覚があります。

すっぽんおそるべし!です^^;


image

続いて出てきたのが「すっぽんの内臓(心臓、脾臓、肝臓、胆のう、卵)」。

これは鍋でさっと火を通していただきます。

image

肝臓は牛や豚のレバーとそんなに違いはない感じです(美味い!)

緑色した胆のう(画像右下)は「苦いですよ」という女将さんの言葉の通り、とにかく苦かったです^^;

食べてる時の感想としては、
ひと噛みしたところで「うん。苦い。」
何回か咀嚼したところで「うううん。苦い!」
さらに咀嚼したたら「おおう!苦い!!!」

苦味が薄まるどころかどんどん苦くなっていくという(笑)
なんというか、面白い味でした。

ちなみに、わりと女性はこの苦さが好みだという人も少なくないそうです(確かに癖になりそうな感じはあり)。


image

このあたりでお酒をひれ酒に切り替えます。
ヒレの出汁の味わい深さが加わった熱燗が、すっぽんの味わいによく合います^^
(結局3杯お代わりしちゃいました笑)


image

すっぽんの唐揚げ。
やっぱり鶏肉っぽい感じ。すっぽんだと言われなければ「変わった味の鶏肉だなぁ…」とか思っちゃいそう。


image

すっぽんの網焼き。
焼き鳥チックです(しかしやはり漲るお味!)。


image

締めの雑炊。
すっぽんエキスがたっぷりと詰まった贅沢な雑炊です。


image

デザートの抹茶アイスで終了。



いやーもう、元気になりました♪( ´ ▽ ` )ノ


ちなみに、すっぽんと言えば男性の機能が「ビンビン」の「ギンギン」になる、という都市伝説を聞いたことがありますが、そこは特に変化はなく(笑)身体全体がとにかく元気になる感じです。

お値段張るけど、「滋養強壮&疲労回復」の効果は抜群なので(食べてる端から元気になります)、お疲れの人にはぜひオススメです^^

っていうか、これを日頃から常食できるご身分になりたい!(笑)


高田馬場「パクチーバル8889」でフクロウと戯れる

高田馬場にあるフクロウカフェです^^

image

19時からの夜営業はパクチーバル、
13〜17時のカフェタイムはフクロウと戯れながらお茶ができるフクロウカフェ、という二部構成のお店。


image

お相手をしてくれたビリー君はなかなかのヤンチャもの。
なかなか落ち着かず、ちょいちょい羽根をバタつかせて何処かへ飛んで行こうとします(笑)


image

珍しいアルビノのフクロウ君。
身体が強くないそうで、他のフクロウとは一緒に出せないそうです。

大切にされてますね^^


image

大型のフクロウは迫力あるけど、載せてる腕が疲れるので、ゆっくりと愛でるのであれば小型種がオススメです。

(あと、大型だと"爆弾"が投下された時の被害が甚大だったりします^^;)
(被弾は自己責任です^^;)


image

夜営業のパクチー料理も絶品でした。


image

フクロウが見つめる中で飲むお酒はなかなか乙なもんです^^

五反田「おにやんま」鶏天うどん

2014-04-06-12-53-32

大盛り520円也。

久しぶりに来た。「地味に美味いうどん屋」No1のこのお店。日曜日の昼時ってこともあって結構並んでた。

相変わらず客層がバラエティに富んでて、年配のサラリーマンからゴツいゴールドのネックレスを首から下げたゴツいヒップホッパーまで多種多様。

みんな大好きおにやんま!

名物の鶏天うどんは相変わらず肉がジューシーで歯ごたえがバリッとしてて美味かった!

東京油組総本店 油そば 渋谷組

画像1


W盛り680円+スペシャルトッピングB300円、計980円也。

ちなみに並盛り(150g)大盛り(225g)W盛り(320g)全て均一価格。

このお店、数年前に一度行ったことあるんですよ。酔っ払って(笑)

四ッ谷で友達と散々飲んで、それである友人が「めちゃめちゃ美味い油そばがあるから食いに行こう!」つってわざわざ地下鉄乗って赤坂見附まで行って食べたわけです。

まー、美味かったですね。目ん玉飛び出るほど美味かった。
それまで「油そば」っていうものを食べ慣れてないってこともあって、めちゃめちゃ美味しく感じたわけです。

それから数年、都内でも随分と油そばが一般的になり、油そば専門のチェーン店があたらこちらに見受けられるようになりました。

で、ちょくちょく食べてるんですけど、どうにもあの赤坂見附の店で食べた一杯を超えるものにはついぞ巡り合うことはありませんでした。

「てもなぁ…、赤坂見附まで行くのは億劫だなぁ…」とか思ってたら、先日、渋谷で支店を見かけたのでありました。

渋谷ならアクセスしやすい!…ということで、特に予定のない本日の日曜、いそいそと渋谷まで出張った次第であります。

さて、店に着いたのは14時前。それで満席で前に3人ほど並んでました。どうやら結構な人気店の模様。

待ち時間は5〜10分程度だったと思います。お店の手際が良いんでしょう。着席と同時に料理が出てきました。

さて、お味のほうですが、普段食べているチェーン店の油そばと何かが激烈に違う!という感じではないのですが、なんか味に奥行きがあるように思えます。

なんかね、まず香りが上質なんだと思いました。ごま油の香りが濃厚で風味が豊かな感じなんですよ。あと、薬味のネギのかおりとか。

麺も、どこがどう、って言い表せないけど、なんか質感が良いんですね。これも激烈な違いがある感じじゃないんですけど、その微妙な差が大きい、みたいな。

で、W盛りで最後まで飽きずに平らげられたわけです。最後の方は溶けた半熟玉子が麺に絡まってカルボナーラ状態になってて、これが激烈に美味い。

本当に、何かが際立って特別なわけじゃなく、オーソドックスな油そばなんだけど、でもその辺のとは一線を画している。多分、ほんの数%の違いなんだと思います。

麺でも、具材でも、味付けも、調味料の質も。それぞれが数%違うだけで、何がとは言えないけど何かが特別な一杯になっている。
こんだけ油そばのチェーンが立ち並ぶ中で客が列をなして並んでいる。

お勧めのお店です。





まー、数年前に食べた時にあそこまで美味く感じたのは酒の〆だったから、というのが大きいのかな、と今になってみれば思う次第でもありますがねー(ノ∀`)

五反田「おにやんま」鶏天うどん5



並盛り390円也。
最近もっともお気に入りのうどん屋さんである。

紹介してくれたうどん通の友達曰く「東京一美味い」との事。それで、初めて食べる時は物凄く期待していたのだが…
「…普通じゃね?」
普通のうどんである。関西系の透明なだしつゆである事以外、取り立てて特別だとは思わなかった。

しかし。
しばらく経った頃、急にあの味が気になって来た。もう一回くらい食べてみても良いかな…。

ちょうど、五反田に不定期に通う用事ができたので、用事の帰りに寄ってみた。

その時の感想。「なにこれ!めちゃめちゃ美味いじゃん!」
特別な物を求めていたのがいけなかった模様。オーソドックスな香川のうどんである。そして、オーソドックスにして極上なのである。

透明なだしつゆは何処までも風味きめ細かく、麺は太さも柔らかさも適度で食べやすい。
そして、鶏天。お肉はもっちり柔らかくジューシー。そこはかとなくレモン風の爽やかな酸味が香る。それで、決してだしつゆの味を壊す事なく、むしろ適度に流れ出す脂分がコクを与えている。

一見派手さはなくとも、病みつきになる味。以来、週に一度は食べないと落ち着かなくなってしまった。すっかりトリコである。

ちなみに、月替りのメニューがあり、こちらは実にバラエティに飛んでいる。
今までに食べたのは、しっぽくうどん、担々うどん、肉じゃがうどん等。レギュラーメニューにして欲しいような大当たりな物もあり、首を傾げるような物もあり(笑)
それはそれ、興味深い味ではある。

そんな、僕を魅了してやまないこのお店。当然星5つです。一食の価値あり!

渋谷「喜楽」[中華料理屋]もやしワンタン麺

喜楽看板喜楽もやしワンタン麺

友人に、ここのもやしラーメンが旨いと言われて行ってみた、渋谷の道玄坂から路地に入ったところにある中華料理屋。そう、ラーメン屋ではなく、炒飯やレバニラなども出す「中華料理屋(定食屋)」なのだ。

通常、ラーメン好きとしては、中華料理屋のように「ラーメンも」置いてあるというような店よりは、店の渾身のラーメン一種類(多くても3種類)くらいしか置いてなく、ご飯ものとか一切置いていないようなラーメン専門店に心惹かれてしまうもの。

僕も、友人に勧められなければあえてこの店に入ろうとは思わなかっただろう。
ワンタンが好きなので、もやしワンタン麺を注文した。味は…、系統的には町の普通の中華料理屋が出すようなオーソドックスな醤油ラーメン。しかし、クオリティが断トツ。塩加減とか出汁加減とか絶妙。麺の食感もよろしい。もやしもシャキシャキして旨し。インパクトはないけれど、飽きの来ない王道的な味。

星4つ!また行きたい!

【喜楽データ】
住所 渋谷区道玄坂2-17-6
電話 03-3461-2032
営業時間 11:30〜20:30
休み 水曜
アクセス 渋谷駅ハチ公口から道玄坂を登り、小道を入って30秒。
Profile
  • ライブドアブログ