※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

◯◯◯円以内でどこまで楽しめるかシリーズ

四文屋を1,500円で楽しむ方法

さて、今回の「金額縛り飲みチャレンジ」の戦場は再び四文屋!(店舗は阿佐ヶ谷店)

今回は金額を少し引き上げ、1,500円とします。

やっぱさー、せっかくお安いお店だし、もうちょい余裕を持って楽しみたいじゃない?

ってことで、最初の一杯は乾杯がてらビールの小瓶(350円)でキックオフ!

image

(すみません。写真撮り忘れて飲み終える直前の絵になりました^^;)

合わせるアテは、

image

安定の大根酢醤油(100円)


image

敢えて「モツ煮込み」ではなく「煮込み豆腐(350円)」をチョイス。

…微妙に失敗したのが、大根酢醤油も煮込み豆腐も味が淡白なもんで、いまいち決め手に欠ける感じになってしまったところ。

ここは普通にモツ煮込みが正解でした^^;


image

気をとり直して金宮梅割り(350円)からの…、


image

鶏つくね!
トロ!
豚おっぱい!

を全部タレで(各100円)。

これでちょうどお会計は1,500円。さあ、駒は出揃った!


ここで特筆すべきなのは、阿佐ヶ谷店の希少部位「豚おっぱい」。

四文屋は店舗ごとに異なる希少部位を取り扱っており、それを楽しむのも「四文屋巡り」の醍醐味だったりします^^


そして、この豚おっぱいの柔らかいこと!さすがおっぱい!(若干書いてて恥ずかしいですが^^;)


で、そこから飲む金宮がうめぇ〜こと!

ビールからの金宮は酔いがよく回るようで、気がつけば…、

「すみません!カシラとハラミ、タレでイチイチで!」

image

あ、追加注文しちゃった…Σ( ̄ロ ̄;)

しかも、阿佐ヶ谷店は席料100円かかるから、いずれにしても最初から金額超過だよバカヤロー!

…ってことで、今回もまた、金額超過の反則負けでございます^^;


全ては金宮が悪い!
(おいしゅうございました)


東中野「浦野屋 やきとん てるてる」を1,000円で楽しむ方法

さて、今回の「金額縛り飲みシリーズ」の戦場は東中野銀座通り商店街にある焼きとん屋の名店「てるてる」です。
 
このお店の嬉しいところは、四文屋のような「金宮梅割り」が置いてあるところ。しかもお値段300円!

image

ちなみに、梅シロップは自分で好きな量を入れるシステムです。
 
 
さて、これがあるなら激安飲みも可能ですので、今回の金額設定も「1,000円縛り」とします。
 
 
では、「金宮梅割り」を中心に、どのように陣立てをするか。今宵のチョイスは…、

image

まずはファストメニューとして、
煮込み豆腐(200円)と
ナンコツオニオン(200円)!
 
モツ煮込みではなく煮込み豆腐を選択するのは金額面だけではなく、金宮梅割りの甘味に合わせるのであれば、モツ煮込みでは濃い味同士で喧嘩してしまうため、あえて淡白な豆腐をチョイスしたわけです。
 
で、これが大正解!
 
梅割りで甘くなった口内を、煮込み豆腐の風味を”伴った淡白さ”が優しく包み込んでくれます。
 
 
そして、そこからのナンコツオニオン。
こちらはさっぱりしつつもマヨネーズ系のやや濃いめの味。
 
豆腐でニュートラルになった口内を、今度は爽やかで風味豊かな塩味が刺激してくれます。そしてそこから飲む金宮梅割りが塩味を甘味でコーティングし、再び煮込み豆腐に向かう準備が整う…。

いい!
 
この時点で、金宮梅割り→煮込み豆腐→ナンコツオニオンのゴールデントライアングルが形成されています。
 
 
そして、そのゴールデントライアングルを探検している間に串ものが到着。

image

カシラアブラ(100円)と
ハラミ(100円)。
 
それぞれ味噌ダレで注文しました。
 
やっぱりここのお店のお肉は美味しい!
カシラアブラの脂のリッチ感。ハラミの柔らかボリューミー。
 
極上です。

ゴールデントライアングルが、
ゴールデンカルテットに進化しました。
 

そして、ここまででオーダー金額は合計900円。
席料の100円を加えてちょうど1,000円。

今宵こそ、ついに勝利を得られる…!


と、思いきや、ここで問題が。

ここまでは
金宮梅割り→煮込み豆腐→ナンコツオニオンのローテーションができていたけれど、

串ものが入ることで、
金宮梅割り→煮込み豆腐→(串もの→金宮)→ナンコツオニオン→(金宮→串もの)

という新たな流れが出来てしまい、それは良いんだけど酒の消費スピードが早まることで、


酒を先に飲みきってしまった…( ゚д゚)

 
どうする?
酒なしで残りを全部食べる?

いや、でも勿体ないよな。これだけ美味しいのをお酒無して食べちゃうのとか。
金宮梅割りを軸とした組み立てだし…。


………。

「すみません。金宮梅割りお代わり!あとアブラを味噌で一本ください。」

image


やってしまった…( ゚д゚)


美味しい!美味しいよ金宮!
美味しい!美味しいよアブラ!

あーちくしょーもう堪能しちまったよ!
お会計は金額オーバーの1,400円だよ!


今宵のチャレンジも金額超過の反則負け!(悔いはない)

高円寺「四文屋ホルモン」を1,000円(税抜き)で楽しむ方法

「金額縛り飲みシリーズ」再開第2回目の戦場は「四文屋ホルモン(四文屋 高円寺ガード下店)」。
 
あ、ちなみに今回から1,000円の縛りは税込ではなく表示価格で、ということにしました。消費税の計算面倒くさいし(ガバガバで申し訳ない^^;)
 
 
ってことで、いざ出陣!
 
さて、今宵の陣形(ファーストオーダー)は…、
 
 
image

梅割り焼酎!(200円)
 
他の四文屋が金宮焼酎なのに対し、ここのは金額を抑えるためなのか宝焼酎です。若干刺激感がある味が、これはこれでまた美味し!(ほとんど焼酎ストレートなので危険な飲み物であることは変わらず。ペース管理のためにお水も一緒に頼んでます)
 
 
image

箸休めの浅漬け!(200円)
シャッキシャキです。


image

そして、看板メニューのホルモン!(200円)

全てのメニューが200円or 400円の明朗会計のこのお店。なんとも会計がわかりやすい。計600円(税抜き)也。


さあ、出揃いました。

梅割り焼酎をちびりちびりやりながら、ホルモンを頬張ります。

う〜ん。脂肪のリッチな脂感のあとに、ホルモン特有の弾力あるお肉感。咀嚼するのに時間はかかるけど、その咀嚼している時間が幸せです。噛みしめるほどに滲み出るホルモンの風味。これはお肉のガムだ。


浅漬けで適度に口の中をリセットしつつ、ホルモンを平らげたあとは、アブラ(200円)を追加注文。

image

「アブラ」といいつつ、そんなに脂身感はなく、脂のジューシーさはありつつもトンテキのような歯応えが心地よい。
 
そして、梅割り焼酎を追加注文。
「ちょっとお酒が余り気味かな?」と思いきや、スルスルと飲めてしまう梅割り焼酎の魔力。甘味で隠れるのに加え、酔うほどにアルコール感に対して鈍くなるので、ついついジュース感覚で飲めてしまうわけです。

それでもアルコール度数は25度(梅シロップの糖分で更に酔いが回りやすくなっている)。やはり危険な飲み物だ…。


しかし、この時点でちょうどお会計は1,000円(税抜き)。
この辺で引き上げることにする。

うまい具合に酒と食べ物を当時に食べ終えたところでお会計。

梅割り焼酎2杯で酔分(すいぶん)補給も十分。
浅漬けを挟むことでメリハリをつけて食べた鉄板焼き2皿で満足感100%。それで金額は狙い通りの税込1,080円。

今宵は完勝だぜ!と思いきや…

「お会計1,188円になります」

?!Σ( ̄ロ ̄;)


あ、席料で100円かかるの忘れてた…orz


ってことで、今回も金額超過の「反則負け」というオチでございました(笑)
現在2連敗中^^;



四文屋を1,000円で楽しむ方法

数年前、このブログでは「2000円でどこまで楽しめるかシリーズ」というコンセプトで記事を書いていました。

…って言っても、2記事だけ書いて終了したわけですが。


ただ、この「金額を決めて、いかにその範囲内で楽しむか」っていうのはなかなか面白いものです。

「何を注文するか?」
「何をどのようにどれくらいのペースで飲み喰いするか」 

というあたりでゲーム感覚の戦略性が生まれ、しかも丁寧に味わうようになります(お酒の量も抑えられます)。


っていうことで、
「金額を気にせず飲み食いするぐらいの金はあるぜ!」
 
っていう場合でも、
「○○○円以内でどれだけ楽しめるか?」

っていうコンセプトで飲み食いするのは、ひとつの楽しみ方と言えるでしょう。



ってことで、約5年ぶりのシリーズ再開。
「○○○円以内でどこまで楽しめるか?」

その第一回目である今回は、中央線沿線の飲兵衛(のんべえ)の聖地「四文屋(無印)」を戦場とします。

そう。戦場です。
これは限られた金額の中でどこまで楽しめるか、という「戦略」が試される「戦場」なのです(5年前の記事もそうだけど、漫画「食の軍師」に影響されてますw)


さて、四文屋は基本的に安いお店ですので、普通に飲み食いしても2,000円以内で収まってしまったりします。

なので、より戦略性を持たせるために、今回は縛りを1,000円で設定します。


チャレンジ
「1,000円で四文屋でどこまで楽しめるか?」


まずは、酒のチョイスから。
なにせ上限が1,000円ですから、数百円の違いが全体の満足度に大きく影響します。

ってことで、ここは350円の「金宮(梅割り)」をチョイス。

image

25度の焼酎ストレートがなみなみと注がれたグラスに梅シロップを垂らした飲兵衛用のドリンクです。
飲みやすくスイスイと飲んでしまうけど、シロップの糖分で酔いの回りが早く、とても危険な飲み物であると言えます(なので、一人3杯までという制限があります)。

安い金額で十分な酔分(すいぶん)を補給するにはうってつけのメニューであると言えるでしょう。
(ちなみに、酒の質は良いので、飲みすぎなければ悪酔いはしません)


そして、残る650円をどのように割り振るか。
その陣立てこそが今宵の戦果を左右します。


今宵の陣立ては…、

image

モツ煮込み!(350円)


image

大根醤油漬け!(100円)


image

ハラミ串とトロ串!(各100円)


以上で1,000円也!


さあ、出揃いました。
まずは金宮(梅割り)を一口。

ほんのり甘い。そして美味い。

甘味でアルコール感が隠され、まるで水のように飲めてしまう。やはり危険な飲み物です^^;


モツ煮のドロドロ感は四文屋特有のもの。
これは金宮も良いけれど、本来はホッピーを合わせたいところ。

そして、箸休めの大根醤油漬け。
シンプルな味でシャキシャキ美味い。まさに箸休め。


そして、ここで一計を案じた。

大根醤油漬けに乗ってる紅生姜をモツ煮込みに乗せたら美味しいんじゃね?

で、試してみました。

image

うん!ベストマッチ!
ってか、確か煮込みライスには紅生姜が乗ってたし、合わないわけがないって話なんだけど。


そして、2本の串物。
ハラミにトロ。特に脂がジューシーで、少ない量で満足できるグッドチョイスであると言えるでしょう(自画自賛)。


そして、金宮を間に挟んだモツ煮、漬物、串物の「黄金の三角食べ」。

いちいち美味い。
これこそが鉄板の組み合わせと言える。


途中、金宮を早々と飲みきりそうになり、慌ててチェイサーでペースを取る。

そう。
「金額縛り飲み」の場合、食べるペース、飲むペースが重要になってくるのです。

酒を先に飲みきってしまえば、アルコールなしで残りの料理を食べることになります。それはなんとも味気ない。

ペースを保ち、バランス良く。
それが「金額縛り飲み」の鉄則です。


で、最後もつ煮込みだけが余り気味になったところを、上手く調節し、見事酒と料理を同時に平らげることに成功。

腹の具合もちょうど良く、
酔分補給も程良い感じで。

今宵の戦は大勝利!


の、はずが…、



「お会計、1,080円になります」
 

あ、消費税8%を忘れてた!Σ( ̄ロ ̄;)


っていうことで、
「反則負け」というオチでした^^;



「金額縛り飲み」
一人のみが好きな人にはオススメの遊びです♪( ´ ▽ ` )ノ


【2000円以内でどこまで楽しめるか】七輪焼肉 安安

IMG_0352

「2000円でどこまで楽しめるかシリーズ」
以前カテゴリを立ち上げたものの、結局一度しか記事を書かず放置していたけど、ちょいと復活させてみる試み。

さて、今回の戦場は安価が売りの焼肉屋、七輪焼肉 安安である。
料金に縛りを設定するこの企画、重要となるのは戦略だ。何を注文するか、酒と肴をそれぞれどの程度のペース配分で平らげるか。最終局面で酒と肴、いずれか片方が大量に残ってしまうという自体はその時点で敗北確定である。そのファーストオーダー、それはまさに陣を敷くが如く!

【生ビール】【カルビ】【豚トロ】【キムチ】各290円!
やはり料金に制限をかけているので、低価格帯を狙うのはセオリーであろう。注文して程なくして肉も酒も出てきた。ってか、金曜日の夜なのにエラい空いてるな。大丈夫かこの店?

さて、まずはカルビから。ビールはチビりチビりと飲む。いつものようにガブ飲みする訳にはいかない。肉との兼ね合いでペース配分が命綱である。
さすがカルビ。対して時間がかからず早々に焼き上がる。食す!…ああ、先月食べた松剛のカルビと比べる気なんかハナから無いですよ。お値段1/5。別の食べ物として認識しておりますから。

と、割り切って食べれば、うん。美味しい。脂はそんなに乗っておらず、当然舌で噛み切れるような柔らかさではなく、そこそこ歯応えあり。肉そのものの旨味で勝負する訳ではなく、備え付けの焼き肉のタレとの合わせ技で勝負。うんうん。酒の肴にはむしろこの程度で良いのよ。そんなに高級じゃなくてもそれなりに幸せになれるのよ。

箸休めのキムチ。若干甘みが気になるけど、しっかり味がついており歯応えもシャキシャキしてる。値段を鑑みてギリギリ及第点。肉と一緒に食べる事で旨味をプラスしてくれる。

カルビ一皿を食べ終わる頃にビールジョッキも空いた。一皿一杯。うむ。良いペースだ。続けてウーロンハイを注文。
豚トロ。脂たっぷり。一枚一枚にボリュームあり。これこそキムチが好相性。キムチが脂っぽさを中和してくれる。

一人焼き肉の醍醐味。それは肉の焼き加減にとことん集中できる事。会話に夢中になってうっかり食べ時を逃したり焦がしたりする事なく、ただただお肉と対話する。豚トロの脂が網からポタポタと落ちて炭にかかり、一瞬だけ炭に染みができた後にすぐ蒸発する様をじっと眺める。ある種の静謐な時間。

さて、そんな一人焼き肉タイムもぼちぼちクライマックスである。今回のペース配分は完璧。酒、肉、キムチ、それら全てを同時に食べ切った。その爽快感。詰め将棋のような快感。食べ切った瞬間、きっとドヤ顔をしていたに違いない。どや!

IMG_0353そして〆にキムチ冷麺190円を注文。190円。なんでこんなに安いんだ、と思ったら量が少なかった。でも、〆にちょっと食べる分にはこれくらいが丁度良い。他の焼肉屋も冷麺のミニサイズを置けば良いのに。

味の方は冷麺としては珍しい出汁系のスープ。辛さ甘さ酸っぱさでパンチを効かせるのとは正反対のアプローチ。安っぽいっちゃぁ安っぽいけど、嫌いではない優しい味。麺そのものは…ちょっと間違ってる感じだけど安いし少量だし、まあ許そう。酢を一緒に出してくれたけど、かけたら出汁感が薄れただけだったので、あんまかける意味なかったかな。

さて、ここまで飲んで喰ってお会計1698円也。
安い!302円も余らせてしまった。肉類はもうちょい高いのを頼むか酒をもう一杯飲む余地はあった訳か。

泥酔度:★★★
満腹度:★★★★★
満足度:★★★★

うん。満足。充分満足。
お肉と炭水化物を程よく食べてホロ酔い加減。

…ってか、この店チャージかからないのね。会計大した金額じゃないのに炭を使わせてしまってちょっと罪悪感。

【2000円以内でどこまで楽しめるか】天下寿司で酒を飲むの巻

CA3B0497

「デュラララ!!」観てたら無性に酒飲みながら寿司が喰いたくて大久保の天下寿司へ。

普通の寿司屋で酒飲みながら寿司喰おうものならお会計がエラい事になりそうだが、廻転寿司の天下一品ならお財布も安心♪日本酒一本380円に握り一皿120円。それに同価格帯の回転寿司の中では(少なくとも大久保店は)ネタ、握りの技、接客ともにトップレベルだと思うんだ。ああ、もちろん高望みはしちゃあいけない。刺し盛り(360円)のイカはわりと残念な味だ。

酒の肴として楽しむコツは、握りよりも細巻き系を攻める事。ちょいちょい摘みつつ酒をチビチビ飲む。と、長く楽しめる。ちなみに酒は松竹梅。日本酒にこだわりがない飲食店が出す銘柄としてはお馴染み。良くもないけど悪くもない。ちょいと甘みが鼻につくかな。ツマミの寿司にはワサビをちょい多めにするとバランスが取れると思う。

日本酒2杯、刺し盛り1皿、握りと巻物を計7皿でお会計1960円也。

泥酔度:★★
満腹度:★★★★★
満足度:★★★

まあ、こんなもんだよね。決して悪くはなかとです。
Profile
  • ライブドアブログ