※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

韓国料理

ちい散歩にも登場した京成稲毛「日韓家ごはん 新 (【旧店名:のりまき天国 チングヨ】)」のランチ「スン豆腐ラーメン」は一粒で二度美味しい炭水化物ホイホイ

京成稲毛駅前、稲毛浅間神社から程近いところにある韓国料理(?)屋さん。

image

(?)がつくのは、スパゲッティやカレー、オムライスなどの洋食などの韓国風アレンジメニューが置いてあり、何屋なんだか判別できないから(笑)

(そして店名も分かりづらい^^;)

image

店内に入ると、ちい散歩の地井武男のサインが。他にも有名人のサインらしきものがいくつか。

ローカルな場所にありつつも名店の予感がします^^


image

注文したのは「スン豆腐ラーメン」(700円)。
意外とありそうでなかった、韓国料理のスン豆腐(ドゥブ)チゲのラーメン版です。

具材は豆腐とアサリのみのシンプルな構成。
スン豆腐チゲを想像してると具材的にはちょっと寂しいかな?と思いつつも、貝の旨味成分が滲み出るスープは絶品。

ありそうでなかった美味しさです^^


そして、ひとしきり食べ終わったところで魔の衝動が。

「このスープでおじやにしたら美味いんじゃね?」


image


やってしまった。

美味し!美味し!美味し!

スープが程よく冷めてて食べやすく、スルスルとお米をかっ込んでしまいます。

ご飯の甘みで貝の旨味がまた引き立つこと!

魔性の旨味です。


炭水化物ホイホイに見事にハマり、大満足(と少しの後悔)で完食。


ごちそうさまでした^^


韓国料理 ポッサムを食べる / ゾンドンボッサム豚足 本店

一週間ほど前に書いた韓国の茹で豚とキムチの料理、名前がわかった。ポッサムというそうだ。ポッサムは韓国語で「包む」の意。茹でた豚肉をキムチをメインにヤンニョム(薬念)、生野菜などを巻いて食べる料理、との事だ。詳しくはこのページ参照。

日本ではそんなにメジャーではないものの、出す店はあるとの事。しかもご近所の新大久保に!そんな訳でさっそく友達を誘って行ってみた。それが今回のゾンドンボッサム豚足である。
ここの看板料理は件のポッサムと韓国の豚足チョッパル。それぞれ2〜3人前の中皿2500円(大皿3500円)。一人で行くのは少し厳しい。複数名で行きたいところ(ランチではポッサム付きの定食を出している模様)。

さて、我が愛しのポッサム。約一年振りの再会である。
コンロの上に乗せた鉄板に盛られて豚肉が出てくる。茹でた豚が冷めずに熱々の状態で食べられるようにという趣向だろう。
キムチは日本で出回っているのとはちょっと味が異なる、おそらく本場系のキムチ。一緒に行った友人達は「辛い!辛いよこれ!」と呻いておった。少し日本人の好みから外れるがこれはこれで…といった感じ。

付け合わせのレタスを程よいサイズに千切り、肉とスライスしたニンニクを乗せ、付け合わせの辛みそをつけ、貪り喰らう!光州で食べたあの味が今ここに!

IMG_0355IMG_0356

…あ、なんか違う。
うーん。茹で豚自体の味はそんな違いはないんだろう。多分キムチだよなぁ。この料理って元々はキムチを漬けたてのキムチを美味しく食べる為の物(って韓国人の友達が言ってた)なので、要は主役はキムチなのだ。
光州で食べたキムチはもっと海産物の旨味成分がたっぷり効いてて、それが茹で豚と好相性だったんだよな。

407752_222319563_198largeそれに、現地で食べたヤツはキムチも何種類かあって、その他漬け物類が数店にカニかまのマヨ和えみたいなのがついてて具材がバラエティに富んでたんだけど(右画像参照)、ここのはレタス、キムチ1種、ニンニク・青唐辛子のスライスのみ。ちょっと彩りに欠ける。

まあ、このキムチはこのキムチで本場の作りなんだろうし、これはこれで美味しかった。ちなみに、写真撮り忘れたけど、一緒にチョッパル(豚足)も頼んだ。4名で行ったんだけど、中皿が想像以上に量が多く、それを二皿も頼めば4人で食べるにはそれは結構な量で、一緒に行った友人らから「おめぇこれ多過ぎじゃね?」という責めるよな視線が…。ごめんなさい。

チョッパルは普通の豚足っぽくなくスライスされてて食べ易く美味しかったです。豚足苦手な人にもお勧め。翌日コラーゲンでお肌がプルンプルンになります。女子様にお勧め。

ゾンドンボッサム豚足 本店 [食べログ]
http://r.tabelog.com/tokyo/A1304/A130404/13112126/

【2000円以内でどこまで楽しめるか】七輪焼肉 安安

IMG_0352

「2000円でどこまで楽しめるかシリーズ」
以前カテゴリを立ち上げたものの、結局一度しか記事を書かず放置していたけど、ちょいと復活させてみる試み。

さて、今回の戦場は安価が売りの焼肉屋、七輪焼肉 安安である。
料金に縛りを設定するこの企画、重要となるのは戦略だ。何を注文するか、酒と肴をそれぞれどの程度のペース配分で平らげるか。最終局面で酒と肴、いずれか片方が大量に残ってしまうという自体はその時点で敗北確定である。そのファーストオーダー、それはまさに陣を敷くが如く!

【生ビール】【カルビ】【豚トロ】【キムチ】各290円!
やはり料金に制限をかけているので、低価格帯を狙うのはセオリーであろう。注文して程なくして肉も酒も出てきた。ってか、金曜日の夜なのにエラい空いてるな。大丈夫かこの店?

さて、まずはカルビから。ビールはチビりチビりと飲む。いつものようにガブ飲みする訳にはいかない。肉との兼ね合いでペース配分が命綱である。
さすがカルビ。対して時間がかからず早々に焼き上がる。食す!…ああ、先月食べた松剛のカルビと比べる気なんかハナから無いですよ。お値段1/5。別の食べ物として認識しておりますから。

と、割り切って食べれば、うん。美味しい。脂はそんなに乗っておらず、当然舌で噛み切れるような柔らかさではなく、そこそこ歯応えあり。肉そのものの旨味で勝負する訳ではなく、備え付けの焼き肉のタレとの合わせ技で勝負。うんうん。酒の肴にはむしろこの程度で良いのよ。そんなに高級じゃなくてもそれなりに幸せになれるのよ。

箸休めのキムチ。若干甘みが気になるけど、しっかり味がついており歯応えもシャキシャキしてる。値段を鑑みてギリギリ及第点。肉と一緒に食べる事で旨味をプラスしてくれる。

カルビ一皿を食べ終わる頃にビールジョッキも空いた。一皿一杯。うむ。良いペースだ。続けてウーロンハイを注文。
豚トロ。脂たっぷり。一枚一枚にボリュームあり。これこそキムチが好相性。キムチが脂っぽさを中和してくれる。

一人焼き肉の醍醐味。それは肉の焼き加減にとことん集中できる事。会話に夢中になってうっかり食べ時を逃したり焦がしたりする事なく、ただただお肉と対話する。豚トロの脂が網からポタポタと落ちて炭にかかり、一瞬だけ炭に染みができた後にすぐ蒸発する様をじっと眺める。ある種の静謐な時間。

さて、そんな一人焼き肉タイムもぼちぼちクライマックスである。今回のペース配分は完璧。酒、肉、キムチ、それら全てを同時に食べ切った。その爽快感。詰め将棋のような快感。食べ切った瞬間、きっとドヤ顔をしていたに違いない。どや!

IMG_0353そして〆にキムチ冷麺190円を注文。190円。なんでこんなに安いんだ、と思ったら量が少なかった。でも、〆にちょっと食べる分にはこれくらいが丁度良い。他の焼肉屋も冷麺のミニサイズを置けば良いのに。

味の方は冷麺としては珍しい出汁系のスープ。辛さ甘さ酸っぱさでパンチを効かせるのとは正反対のアプローチ。安っぽいっちゃぁ安っぽいけど、嫌いではない優しい味。麺そのものは…ちょっと間違ってる感じだけど安いし少量だし、まあ許そう。酢を一緒に出してくれたけど、かけたら出汁感が薄れただけだったので、あんまかける意味なかったかな。

さて、ここまで飲んで喰ってお会計1698円也。
安い!302円も余らせてしまった。肉類はもうちょい高いのを頼むか酒をもう一杯飲む余地はあった訳か。

泥酔度:★★★
満腹度:★★★★★
満足度:★★★★

うん。満足。充分満足。
お肉と炭水化物を程よく食べてホロ酔い加減。

…ってか、この店チャージかからないのね。会計大した金額じゃないのに炭を使わせてしまってちょっと罪悪感。

おうちで冷麺 / 北緯40度盛岡冷麺

さて、一昨日の日高屋、昨日のマルキ市場で二日連続で冷麺食べて悉くガッカリした僕である。いい加減、美味しい冷麺が食べたい!ってー事で家で作る事にした。

前にも言ったが、僕は冷麺が大好きである。なので、夏場は結構常食しており、自分なりの作り方も確率している。

IMG_0339麺は麺匠 戸田久の北緯40度盛岡冷麺415円。近所のスーパーにはこれしか売ってないのだが、これがなかなか美味い。
IMG_0336
冷麺の重要なアクセントとなるキムチはマルエツの「キムチの本場で作った韓国キムチ」298円。キムチはこれが一番コストパフォーマンスが高いと思う。辛味と酸味と甘みと旨味のバランスが抜群。マルエツ系列のスーパーでしか買えないのだが、近所のマルエツは冷麺を置いていない。なもんで好みの冷麺を作るにはスーパーを2軒ハシゴしなきゃいけなかったりするw
ちなみに、これ以外では牛角キムチが美味いのだがこれより100円高い。マルエツ万歳。

具材はキムチ、きゅうり、ゆで卵のみ。店で頼むと細切りのハムとかチャーシューが乗ってたりするけど、蛇足だと思う。きゅうりは多めに切っておく。ゆで卵は黄身が少しドロっとしてるくらいで仕上げるのがベスト。
麺の茹で時間は固め1分、柔らかめ2〜3分とあるが、ここは柔らかめの3分で。ラーメン類は固めがデフォの僕だが、冷麺に限っては柔らかめ推奨である。
冷麺は元々が固いゴムのような感じなので、それの固めといったら食べてて結構顎が疲れるレベルになる。3分じっくり茹でても普通の麺類に比べれば充分歯応えあり。それくらいで丁度良いと思う。スープは袋の説明的には水150〜180ccで薄める事になっている。ここは濃いめの150ccで。

具材は一度に沢山入れ過ぎないで、食べながらちょっとずつ足していくのがベスト。キムチを一度に入れ過ぎると味が崩れる。…けど久しぶりに作ったもんだからうっかり入れ過ぎてしまった(汗)

IMG_0340

出来上がり。
具材は混ぜずにまずは麺をすする。スープは濃いめに溶いてあるから食べ口は濃厚。それだけではクドいから麺を口に含みつつきゅうりを適量頬張る。口内の塩分を中和しつつシャキシャキ感が加わる。更にキムチを食べる。辛味と海産物の旨味成分が追加。最後にゆで卵を軽く齧る。卵の柔らかい風味が全体を包み込む。そしてそんだけ色んな具材と一緒に咀嚼しても一切埋もれぬ冷麺のコシの強さッッ!

これぞ僕の夏の風物詩。
その辺の店で食べるのよりも断然美味いです。キムチの入れ過ぎて変に辛味が強くなり過ぎたのが残念だったけど、まあまあ満足。

焼肉屋マルキ市場

IMG_0337

良質のお肉を手頃な値段で食べられる焼き肉屋さん。
料金システムが特殊で、入場料として1人税込み840円をとる代わりに料理の値段が低く設定されている。その辺の説明はこちらを参照。ちなみに小学生以下は入場料はかからない。

で、昨日数年ぶりに行ったんだけど、やっぱりお肉は美味かった!写真は散々食べ散らかした後に撮ったもんであんまり肉肉しい感じのは撮れなかったけど、カルビもハラミもなかなか上質だった。大体どれも一人前400円以下、ビールは中ジョッキ一杯290円(しかもさっぽろ黒ラベル!)。ガンガン飲んでガンガン喰って会計一人3500円。大満足。

ただ、キムチは赤点だった。国産の嘘っぽい駄目なキムチ。オイキムチ(キュウリのキムチ)に至っては全然漬かってないの。190円っていう低価格設定だけど、もうちょい値段上げても良いから上質なのを出して欲しい。

IMG_0338〆に食べた辛口ビビン冷麺も麺が冷麺っぽくなく、違う食べ物みたいだった。340円。ううん。冷麺を期待しなければこれはこれで…、って感じかな。という事で、肉は良いけどサイドメニューは当たり外れがある模様。

まあ、それを差し引いても良い店だと思う。大人数で行ってガッツリ飲み喰いするにはお勧の店です。

焼肉屋マルキ市場
http://www.ya-ki-ni-ku.com/

韓国料理 煮豚とキムチ

キムチは韓国産に限る。
国産のキムチが不味いとは言わないが、どうも食べてて嘘っぽく感じるのだ。あ、でも牛角のキムチは美味しいよな…って思ったら牛角のキムチも韓国産だった。

やっぱり本場はひと味違う。国産のが不自然な甘みがあるのに対して辛味と様々な海産物の旨味成分、それらを渾然一体と包み込むかのような柔らかな甘み。段違いである。

しかし、韓国に行った事がある人ならお分かりだと思うが、本場韓国で実際に食べられているキムチと日本に輸入されているキムチも全然別ものだったりする。
あちらで実際に食べられているのはもっと酸味が強くべちょべちょになっている。これは一体なんなのか。日本人の味覚に合うように特別に作られているのか。

と、いうような疑問を韓国人の友達にぶつけてみたところ、日本に輸入されているのは漬けて間もない、あまり発酵していない状態のものなのだそうな。韓国ではもっとガンガンに発酵させて酸味が出たものが美味しいとされ、また栄養価も高くなるとの事。
つまり、日本に輸入されているのは向こうの人からすると本来のキムチとはちょっと違う、結局日本人の味覚に合わせた邪道な食べ方、といったところなのだろう。

しかし、その漬けたてのキムチにも韓国流の食べ方がある。煮豚と一緒に辛みそなどを漬けてサンチュで巻いて食べるというもの。韓国では各家庭でキムチを漬けるのが当たり前で、漬けたその日にこの食べ方で食べるそうな。曰く「そんなんでもしないと漬けたてのキムチなんて美味しくない」との事。

407752_222319563_198large

去年韓国を旅行した時に、光州に住んでる友人に連れて行ってもらったお店でそれを食べる事ができた。出てきたキムチは我々日本人が好む海産物のグルタミン酸溢れるフレッシュなキムチ。韓国の酸味の効いたべちょべちょキムチも嫌いではないけど、結局ここで食べたキムチが一番美味しかった。チョ ヌン イルボンサラム ニダ(私は日本人です)。

そのキムチをスライスした煮豚や様々な付け合わせと一緒の食べる。これがめちゃめちゃ美味い。今まで食べたキムチ料理の中で一番美味い。韓国で色々食べたけど、結局これが一番美味かった。これは、物凄く日本人好みの味だと思う。
煮豚とキムチがそれぞれの旨味を引き出してるの。相乗効果。で、他の具材を一緒に入れる事でまた新たな味の世界が広がる。

これ、日本でやったら流行るんじゃないかな?絶対みんな好きだと思うよ。大手外食チェーンさん如何でしょう?

なんとなく、思い出したから書いてみました。久しぶりに喰いてぇ。

お肉の桃源郷 / 立川「厳選和牛焼肉 松剛 立川店」焼肉屋

体力的にも精神的にも疲れた、ある日の帰り道。
こんな日は美味い飯と美味い酒で垢落としをするに限る。そんな事を考えていた矢先、友人より飲みの誘いのメールが届いた。

友「何が食べたい?」
俺「肉!」
友「高くて良いなら立川に良い店があるぜ」

この友人もなかなかの食通である。疲れている時に立川まで出向くのは少々骨に思えたが、彼がそう言うのであれば、それ相当の店なのであろう。

50分後、案内された先にあった店は松剛という、外観の時点で洗練された焼肉屋さん。

ぐるなび - 厳選和牛焼肉 松剛 立川店
http://r.gnavi.co.jp/p592600/

メニューのページを見れば判ると思うが、決してお安い店ではない。稀少部位のミスジ2500円!ロース芯2900円。安い店なら一品だけでへべれけになれるお値段である。
しかし、今日はいい。散財してしまおう!という事で稀少部位も構わず注文した。それで出てきたのがこのお肉である。

kisyoukarubi

左がミスジとロース芯。右が上カルビ。この見事なさしの入り様。こんなの実物ので見るのは初めてだ。とりあえず、タンスジから順に焼いていく。

tansuji

上質な肉というのは噛まなくても口の中でトロける、という話を聞いた事があるが、それを初めて体験した。カルビはもちろん、ロースでも見事な脂の乗り様で、口の中に入れた瞬間じゅわぁっと溶けて少し噛むだけで口の中に肉の旨味が広がる。

これは、今までに食べた肉とは全くの別物。今まで食べていた物が肉なら、これは肉どころの騒ぎではないし、これが肉であれば、今まで食べていた物は肉ではない。壁に飾られているフレーズの意味をはっきりと理解した。

doyouknow

「Do you know about "YAKINIKU"?(貴様は焼き肉を知っているのか?)」
すみません。僕は今まで焼き肉を知りませんでしたァー!
もうね、お肉の向こう側の世界を見ましたよ。桃源郷です。咀嚼している間、頭の中がずっとミスター味っ子になってるの。
「うー・まー・いー・ぞぉぉぉぉっつ!!」

それで、そんな極上の店だから、サンチュ(500円)も只ものではなかったりする。

santyu

サンチュの上に乗っている大葉のような物。最初は大葉だと思ったんだけど、食べてみると全然違って、もっと青臭い苦みがあるの。これがポイントで、この苦みが旨味成分のジャングルと化している肉の味を見事に受け止めるのだ。それに添付の味噌を付ける事で旨味のジャングルが更に奥深くなる。

正直、この日失敗したな、と思うのはビールの肴として、割と肉単体で食べてしまった事。肉だけだと脂の多さも手伝って、口が肉の旨味を受け止め切れないのだ。もっとサンチュもキムチもケチらずガンガン頼んで肉と一緒に口に入れた方がもっと楽しめたよなぁ。

むしろ、酒は二の次にして、白飯食べながらおかずに肉を食べ、箸休めにちょいちょいキムチを摘む、というのが一番この肉のポテンシャルを楽しめるような気もする。
それをやるのであれば、ビールは無駄に腹が膨れるからNG。初っぱなはウーロンハイぐらいにして(むしろ水でも良いかもしれない)、途中から梅酒のロックをちびちびやりながら食べるのがベストな気がする。

ちなみに、〆で食べた冷麺は期待外れ。不味い訳じゃないけど、決して値段に見合ったものではなないと感じた。友人が注文した白テールクッパは絶品だった。

会計は一人あたり9500円程。四文屋ホルモンなら3回飲みに行ける値段である。が、値段以上に楽しめた。

この日は、例の事件の煽りでユッケを出していなかったのが残念。友人曰く、絶品なのだそうな。そうそう頻繁に行ける店ではないが、1シーズンに一度くらいは訪れてみたい、そんな至極のお店でした。

やっぱ、疲れてる時は美味いもん喰うに限るね。

新宿「コリアハウス」韓国料理

IMG_0085IMG_0088

小滝橋通り沿いの韓国料理屋さん。
ランチが500円均一という、韓国料理としては破格の値段設定。全品に前菜としてカクテキの小皿が付き、定食のご飯とスープはお代わり自由。今までにブルゴギ定食とユッケジャンを食べたけど、充分美味い。この値段でこの味ならお得だよね、といった感じ。

しかも、恐ろしい事にアルコールも含むドリンクメニューがオール100円という値段設定。1時間以上居座る場合は200円になるが、それでも安い。ここ友達4人くらいで来たらかなり安く飲めるんじゃないだろうか。良心的なお店。コストパフォーマンス最高!って事で★4つ!

ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/g946000/menu2.html

東中野の旨味な韓国料理屋ソナムでカムジャタンを喰らった。

以前からランチ営業にはちょくちょく行ってたこのお店。看板料理がカムジャタンだという事なので、5人くらいで夜営業に行ってみた。
カムジャタンとはカムジャタンはじゃがいもと豚の背骨を煮込んだ鍋料理。背骨にこびりついた肉を食べつつ、味の染み込んだじゃがいもを楽しむという物。

カムジャタン

で、確かに美味しいんだけど、骨の大きさに対して付いてる肉の量が少なく、食べるのに一苦労。なんとなく味に専念できない感じ。うーん、そういえば以前もカムジャタン食べた時に同じように思ったような気がする。
要は、僕がカムジャタンがあまり好きではないという事か?!

〆のおじやもそれなりに美味しかったけど、別にそこまで…といった感じ。見た目は旨そうだけど。




ナムルキムチランチタイムのメニューはどれも激旨で、今回一緒に頼んだキムチもナムルもちゃんとしたものだったので、お店としてのクオリティは高いんだけど、今回は自分の好み的なところで楽しき切れなかった感じ。残念。

中野坂上「味楽亭」ユッケビビンパ

ユッケビビンパ

ランチ。前から気になっていたメニュー。
確かにユッケは乗ってるけど、あまり肉々しい感じはなく、ナムルのゴマ油の風味と合わさって繊細な味に仕上がってる。

つーか、ずっとビビンバと読んでたけど、この店のメニューではビビンパ。検索するとどっちも出てくるんだけど、どっちが正しいの?バ?パ?
Profile
  • ライブドアブログ