※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

中華料理

東中野「餃子や獅丸」チーズ餃子やら獅丸餃子やら5

安くて美味しく餃子でお酒が飲める店「餃子や獅丸」。

今回は友達を連れて再訪しました^^


image

存外に美味しかったのが蒸し鶏(400円)。

鶏肉がしっとり柔らかいだけでなく、上にかかっている微塵切りの玉ねぎと生姜が抜群に美味い。

味付けはゴマ油と塩かな?
ちなみに玉ねぎは漬け込んであるようで、特有の辛さはありません^^


image

トマトスライスにも2種類のネギと調味料で丁寧に味が仕上げられています。

完全に酒飲み仕様ですね(笑)


image

看板メニューの獅丸餃子。

この店の焼き餃子の「玉ねぎの優しい甘み」に加えて、お肉のジューシー感やらニンニク、ニラの香りが強く出ています。

一口一口、大満足のお味♪( ´ ▽ ` )ノ


image

焼きチーズ餃子。

これはこの店の焼き餃子の「玉ねぎの優しい甘み」に加えて、そのまま香ばしいチーズがプラスされた感じ。

このチーズがね、香り高いんですよ。
さかも後味が引くもので、延々とお口の中でパラダイスが続くわけです。

幸せだね♪( ´ ▽ ` )ノ


お安いお店で、基本的に1人でも楽しめるけど、何人かで行くといろんなメニューを試せて、よりリーズナブルな金額で深く楽しめますね。

お一人でも、複数人でも、
「餃子や獅丸」お試しあれ♪( ´ ▽ ` )ノ


東中野「まるしん」の極上生ビール

「まるしん」といえば長崎ちゃんぽんと皿うどんが看板メニューのお店ですが、

実はここで出してくれるビールが絶品なのです^^


image

銘柄はエビス。一杯500円也。

僕が最も好きな銘柄、というだけではなく、注ぎ方がちゃんとしていて、泡がきめ細かいの。

多分、店のおやっさん、ちゃんとどっかで講習を受けて来たんじゃないかな?

自分で缶からグラスに注いだのにはないような、神がかった旨さがあります。


image

そして、ビールのアテに極上の相性を誇るのがピータン(480円)。

ここは、ピータンも神がかってます。

ピータンはお店によっては味付けが雑だったり、ピータンの質そのものが悪くて変な味がしたりするんだけど、

「まるしん」のピータンは質、味付け、ともにGood!なのです。

身がしっかりしていて、タレは醤油とラー油、砂糖、あと何か入ってるのかな?上にかかっているおろし生姜と併せてピータンの旨味を最大限に引き出しています。


お店が遅い時間までやっているので、夜中に軽く一杯やりたくなった時、重宝してます^^


image

そして、ちゃんぽん(780円)もやっぱり神がかっていて(笑)

豚骨鶏ガラベースのスープに具材の旨味成分が流れ出し、何とも奥深く滋味深い味わいになっています。

具材の魚介のもっちり感と野菜の軽いシャキシャキ感、それをちゃんぽん麺のボリュームが上手くまとめています。


東中野の隠れた名店、それが「まるしん」です♪( ´ ▽ ` )ノ


東中野「餃子や獅丸」焼き餃子

東中野の山手通り沿いに今年出来たお店。

餃子をメインに酒肴や坦々麺などを出す中華居酒屋ってとこでしょうか。

image

焼き餃子は、不思議な甘みがあります。玉ねぎの甘みかな?

さすが売りにしているだけあって、餃子目的に食べに来たくなる味です。

image

平日19:30まで限定の晩酌セットがなかなかのお得感です。

ドリンク1杯+焼き餃子or水餃子+500円までの一品料理を一皿

で、980円。

ドリンクもそんなに高くはなく、ホッピーも置いてあるため、気軽に飲みに来れるお店なんじゃないでしょうか。

image

個人的にはピータンの味付けがしっかりしててお気に入りです^^
(ビールのお供にたまらんです♪)

東中野「大盛軒」鉄板麺

写真 2014-09-02 17 07 43

880円也。

東中野の食を語る上で欠かせない店の一つ。かなり昔からある店らしく、昼時は常連客で賑わってます。

この店の看板メニューは今回紹介する「鉄板麺」。
内容は…見ての通り。鉄板焼きとラーメンの定食です。ちなみに完全なる余談なのですが、僕が初めてこの店に入ったきっかけは店の前に書かれた「鉄板麺」を鉄板焼きの麺だと勘違いしたことでした。紛らわしいっちゃあ紛らわしい(笑)

それでも何度となく通ってしまうのは、飽きのこない王道的な美味しさだからと言えるでしょう。毎回、鉄板に盛られてジュージュー言ってる千切りキャベツと肉の山は壮観です。

で、このキャベツと肉の山の中央に窪みを作って生卵を割り入れ、卓上のタバスコと添付のガーリックチップをかけて食べるのが正しい食べ方。

ちゃんとマニュアルがあります(笑)
写真 2014-09-02 17 04 49


キャベツの歯応えが脂のコッテリ感を中和し、程よい塩加減と酸味でご飯が進みます。ラーメンは喜多方系を思わせる中太の縮れ麺によるオーソドックスな醤油ラーメン。これも普通だからこそ飽きの来ない、王道的な味と言えるでしょう。


がっつりご飯を食べたい時に嬉しいお店です^^

坦々麺紀行 中野「坦々麺 ほうずき」

画像1

大盛り900円也。

あまり声高に言ったことはないが、僕は坦々麺が好きだ。しかし、本物の坦々麺を食べさせてくれる店は多くない。

四川系ではない、普通の町の中華屋とかだと大体まがい物が出てくる。挽肉入れて汁を赤くして唐辛子で辛くしただけの、ただのピリ辛ラーメンが。

おいおい、そうじゃないだろと。
別に四川省行って本場の坦々麺を食べたわけではないけど、四川料理といえば辛さに加えて「痺れ」が必須だろと。

痺れ…つまり、四川省の山椒「花椒」の存在である。

これがない坦々麺は基本まがい物だと思っている。その中にも美味しいのはあるが、美味しくてもまがい物である。


さて、今回は中野にある「坦々麺 ほうずき」に行ってみた。
坦々麺を看板に掲げているということは、坦々麺に自信があるということ。ならば、坦々麺好きとしては食べるしかない。

この店、辛さが普通、中辛、大辛、特辛、激辛の5段階があり、今回は大辛を注文した。店側のコメントとしては「辛いものが好きなら大丈夫」とのこと。


まず、一口スープを飲むと、炒りゴマの香ばしい風味を感じる。そして、ちょうど良い辛み。ここまでは良い塩梅だ。

しかし…痺れがない!山椒なしかよ!

と思ったところで、近くにいた客が店員に
「すみません。山椒ください」と。

どうやら卓上調味料として山椒を置いていた模様。スパイスミルに入った山椒様が鎮座ましておいでだった。

つまり…客の好みで好きなだけ痺れ放題ということか!

っていうことで、当然がっつり入れた。
ううううん!美味いじゃないか!

麺はちょっと硬めの茹で上げ。もう少し柔らかくても良い気がするが、これはこれで食感にパンチがあって美味い。それに辛さと痺れのゴマスープが良く絡む!

なんというか、素朴で野趣溢れる味だと思った。けっしてきめ細かくはなく、ワイルドでガッツリ。それが良い。

辛さは大辛でちょうど良かった。決して辛すぎず、程よい程度の刺激。多分、ガチの辛い物ジャンキーの人は物足りないと思うので、特辛以上をお勧めします。

食べ終わる頃にはすっかり汗だく。そして脳みその芯が痺れるような多幸感。山椒など、香辛料がしっかり入った料理を食べたあと特有のスパイス・ハイだ。

他にも汁なし坦々麺や、坦々麺つけ麺、黒担々麺など バリエーションがあるようなので、中野に来た際は寄るようにしたい。

吉祥寺「一圓 本店」焼き餃子(ジャンボ餃子)



小用あって吉祥寺に来た時の事。用事が済んだところで帰る前に軽く一杯ひっかけていく事にした。
何を肴にしようか。なんとなく餃子が食べたいな。よし!ビール×餃子で決まり!

となれば美食の街 吉祥寺。餃子に関しても名店と呼ばれる店があるはず。その場でWeb検索して見つけたのがこの一圓という店である。なんでもジャンボ餃子が名物らしい。

行列が出来る店とのレビューがあったが、ちょうど行った時はそこそこ空席があった。心の中でガッツポーズを取りつついそいそと入店、席に座る。
さて、とりあえずビールを…あれ?メニューにビールが見当たらないぞ?それどころかドリンクメニュー一切なし。あ、そうか。ドリンクメニューは壁に貼ってあるのかな?…無い。

これはもしや、

ビールを置いていないという事かあああああ〜!orz

参った。すっかりプランが狂ってしまった。しかし、水も出されちゃったし、今から店を出るのは抵抗がある。なにより、折角ここまで来たのだからその名物のジャンボ餃子を食べてみたい。

仕方なく単品で餃子を頼む事に。餃子は何種類か置いてるが、その中の焼き餃子がジャンボ餃子になってるそうなので、それを注文。スープ付450円也。

注文から出来上がりまでそんなに待たされる事なく出て来た。サイズは普通の餃子の3〜4倍程度。それが5つ。サイドメニューとするには結構なボリュームだ。

齧りつくと、肉汁がピュピュっと飛んだ。素晴らしくジューシー。皮は焼き目はパリパリ、他の部分は柔らか。食感のコントラストが良い。肉の旨味を中心としたよくまとまった味。焼き加減が絶妙なんだろうな。まろやかで肉の旨味成分たっぷり。たまに仄かにニラが香る。そして全体をうっすら覆うオイリー感。ラードかな?これが全体にまろやかさを更に加えてる模様。評判通りの上質な餃子。

美味しい。実に美味しい。だからこそ…

なんでビールを置かないですかー!

殺生だー!殺生だよー!
これでビールがあったら最高なのに!本当に最高なのに!紹興酒も良い!冬場に紹興酒を澗にしてこの餃子に合わせたら至福に違いない!ちょっと高めの値段設定で良いからさー。生一杯550円でビール餃子セット1000円とかで良いからさー。後生だよー。ビール置いてくれよー。

と、ちょっと切ない気持ちになった。

しかし、この味でこのボリュームで450円はコストパフォーマンスは極上と言える。餃子単品だけでお腹一杯。ライスとのセットの餃子ライスが600円であるが、とてもライスまで食べ切る自信はない。

なお、この店は餃子とラーメンの二本柱でやっているようで、ラーメンのメニューも数種類あった。これだけ餃子が美味しいのだから、ラーメンもしっかりしたものが出てきそう。いずれ食べてみたいものだね。



[食べログ] 一圓 本店
http://r.tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13005812/

東中野「十番」ビールと餃子で一杯やるの巻



ビール450円+餃子370円でしめて820円也。
ビールと何か気の利いた肴で一杯酌りたいな、と思った夜。行きつけの焼き鳥屋は満員で入れず。仕方なしに街を徘徊したところ、十番がまだ開いてた。そういえば、ここの餃子美味いって評判だけど食べた事なかったなぁ、って事で入店。

ビールと餃子。実に王道の組み合わせ。そして町の中華料理店でそれをやる。実におっさん的。そして、おっさん飲みにこそ酒飲みの真髄有り!今宵の酒は正に王道中の王道ッッ!

席に座って早々に「ビールと餃子ください!」心は既に親父の極み!
間もなく出てきたキリンラガーをチビチビ酌りつつ餃子を待つ。町の中華屋さんなのでお通しの類いは無し。ビールの炭酸により刺激された胃は必然的に空腹を主張する。そして散々焦らされた頃に出てくる餃子!

醤油、酢、ラー油を程よくブレンドしてつけて食べる!
おおお!皮が肉厚でパリッとしとる。香ばしい。咀嚼する程にパリッパリッという。この歯ごたえはなかなか稀有な代物だと思う。餃子の美味い店はいくつかいったが、こういうのはなかった。
そして香るニンニク臭。素敵だ。最近女性向けにニンニク抜きの餃子を見かけるが言語道断である。ニンニク抜きの餃子など炭酸の抜けたビールに等しい!…ごめんそれは言い過ぎた。まあニンニクが入った餃子のが好きだなー。
ニラの香りも良いアクセント。肉、ニラ、ニンニクのそれぞれの具材のバランスが絶妙。特段変わったところがある訳ではないオーソドックスな餃子だが、普通を極めた上質さ。こういうのは食べ飽きないんだよね。食べ終わってもう一皿食べたくなっちゃったもん(流石に我慢したけど)。

この食べ飽きなさ。普通を突き詰めた上質さ。この辺りが十番が隠れた名店である所以だと思う。

おうちでジャージャー麺 / 日清の具入りでおいしい 冷たいジャージャー麺

最近、ジャージャー麺がLoveな僕である。
先日スーパーを徘徊していたら、ジャージャー麺のパックを見つけた。これ。パッケージ的に僕がイメージするジャージャー麺そのもの。お、いいねいいね。最近ちょくちょくジャージャー麺食べててそれぞれ美味しかったけど、イメージしてたのとは違ってたんだよね。て事で迷わず購入。

そして作った。

IMG_0354


具材はキュウリと白髪ネギのみ。準備が楽ちん。
麺はやや細めのツルツル麺。流水で締めてあるのでコシがあって程よい歯応え。炸醤も甜麺醤の甘みと肉の風味で良い味出してる。キュウリと白髪ネギをたっぷり入れてよくかき混ぜて食す。麺のシコシコした歯応えと甜麺の甘みにキュウリの歯応えとネギの辛味と香りが良いアクセントを加えている。美味い!これぞ僕的にオーソドックスなジャージャー麺である。原価250円弱。スーパーの生麺パック、侮れない。

ジャージャー麺、今度甜麺から自作してみようかな。
作り方はこんな感じらしい。一人分だけ作るの面倒くさそうだなぁ…。

日高屋 カタヤキソバ



560円也。
なんか、久しぶりに五目あんかけ焼きそば的な物が食べたいと思った。
細麺の塩焼きそばに野菜やら海産物のあんかけがのってるようなやつ。
そういえば、日高屋のメニューの片隅でそんなの見かけた気がする。
って事で今日のお昼は日高屋に決定。
行ってメニューを開いてみたら、

カタヤキソバ。

「カタ」ヤキソバ。

「カタ」かぁ…。

カタヤキソバ、そんなに好きじゃないんだよなぁ。たまに美味しいのに出会ったりはするんだけどさ。
でもなぁ、もう店入っちゃったし、水も出されて店員横で注文待ってるし、こっから「やっぱ止めます」って言って出るのも抵抗あるよなぁ。
他のメニューにするにも、すっかり気持ちはあんかけモードだし、今から違うのを食べるのも業腹だなぁ。

結局注文。カタヤキソバ。

…うん。可もなく不可もなし。正しく日高屋メニュー。ちょっと旨味成分が足りないかな?もっとオイスターソースとか味の素とかブチ込めば良いのに。
まあ野菜も海産物もいっぱい入って560円。まあトントンくらいか。しかし、この残念な気持ちはなんだ。

せめて「カタ」じゃなければ…。


本日の昼食は敗北。

陳麻家 清龍麺



880円也。
陳麻家の冷麺。最初はさっぱりしてて後から「龍の如く」辛さが降って来るという謳い文句。

値段の割に量は少ない。スープは鶏ガラ系のあっさり系だけど味はきめ細かい。麺は細麺で歯ごたえはそこそこ。冷麺特有の噛みきれない感じではない。茗荷やら何やら色々薬味がのってるのが良いアクセントになってる。うずらの味付け玉子が異様に美味しく感じられる。

辛さは最後まであまり感じなかった。ちょうど良いピリ辛といったところ。辛いのが苦手な人でもいけるんじゃないかな?

味は良いけどコストパフォーマンスはいまいち。一度食べれば充分かなぁ。
Profile
  • ライブドアブログ