※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

チェーン店

実はうまい⁈「天下一品」のあっさりラーメン

天下一品といえば、こってり中華そばで有名なお店で、お店としても「こってりが売り」とはっきりと表記してたりします。

しかーし!意外と「あっさり」も侮れなかったりするのです^^

image

オーソドックスな醤油ラーメンでありながら、そのクオリティは絶品。

シンプルな鶏ガラスープなのですが、その奥には「こってり」に共通する「天一味」を感じます。

それが普通〜!の醤油ラーメンに極上の奥深さを加えているわけです。

この系統のラーメンとしては最高峰と言えるのではないでしょうか?

意外とね、天一のあっさり中華そばを超える醤油ラーメンってなかったりしますよ。


「天下一品といえば"こってり"」
ということに異論はありませんが、個人的には時々無性に"あっさり"が食べたくなったりします。

もちろん、"こってり"をラーメンライスでいただくのも大好きで、つまりは"こってり"も"あっさり"もどっちも大好きなのです^^


もしあなたがオーソドックスな醤油ラーメンがお好きであれば、天下一品のあっさり中華そば、オススメです♪( ´ ▽ ` )ノ

意外とレアな普通さ?「富士そば」の昔ながらのラーメン東京醤油

image

僕ねえ、意外と富士そばのラーメンって好きなんですよ。この普通っぷりが。

意外とね、「THE 普通」な醤油ラーメンで出す店少ないんですよ。普通の”町の中華屋さん”にしても、それぞれなんとなくそのお店の特色みたいなものが出るし。

そこへいくとこの富士そばのラーメン、全く特徴がありません(笑)
 
普通の、あくまでも普通の醤油ラーメンです。むしろ、その特徴のなさ、普通さが特色と言えるぐらいの普通さです。

具材は薄っぺらいチャーシューに刻みネギ、ナルト、メンマ、そして安っぽさを演出するワカメ(笑)

これぐらいが普通にちょうど良い。
そしてそれで420円というコストパフォーマンスの良さ。このお得感に限っては「普通」を超えていると言えます。


そして、お味の方は「普通に美味しい」。

そう、「普通以上に」とか「普通以下」とか、そういうんじゃなくてジャスト「普通」なのです(笑)
そしてその普通っぷりが素晴らしい。


意外と、ありそうでない「普通のラーメン」のど真ん中を行く、この富士そばのラーメンがたまに恋しくなるわけです^^

新宿西口「広州市場」ニラダレ黒醤油わんたんめん



800円也。
久しぶりの広州市場。大体のメニューは制覇したので、今回は期間限定メニューをチョイス。

適度に苦味がある黒醤油風味にニラの香りをプラス。適度に唐辛子が効いてるピリ辛スープを麺は中太ちぢれ麺。基本あっさり風味で半熟玉子とワンタンでコッテリ感をプラス。

まあまあ美味い。身体に良さげな味。けど、並んだ末に食べるとちょっとガッカリ。

なんだろね、並ぶ程にコッテリした身体に悪そうな物を期待してしまうこの気持ち。

新宿 「ラーメン康竜」 旨辛!ラー油そば



今日は夕方から飲み会である。
新宿に買い物に出て、小腹が空いた午後2時。何か食べたいような気もするけど、飲みに向けて腹を空かせておくのが賢い判断であろう。

しかし、アルタ裏の康竜の前を通ったところ、
「期間限定 旨辛!ラー油そば」のポップが目に入ってしまった。

油そば、最近食べてないなぁ。たまに食べたくなるんだよなぁ。

僕の中の悪魔が天使をノックアウトまでに一秒とかからなかった。気がつけば食券を買って店に入っていた。

700円也。
味の方は見たまんま。食べるラー油がガッツリかかってる。激辛ではないけど、ちょいとピリ辛。辛さよりも唐辛子の香りでむせそうになる。

これだけだとかなりクドいので酢は必須。100円増しで生玉子を追加できたんだけど、ケチッてしまった。失敗。絶対玉子が入った方が味に奥行きが出たよなぁ。

そうそう何度も食べたくなるような味じゃないけど、結構美味かった。正しく期間限定メニュー!


さて、絶対飲み会までに腹減らないぞこりゃ。

楽我釜製麺所 鶏だし仕立ての柚子塩つけうどん



期間限定メニュー。大盛480円也。
割いた鶏肉と刻んだ柚子、そして鶏の出汁と塩味が効いたつけ汁。鶏の風味が香ばしいけど、香ばし過ぎて臭みに感じる瞬間があったりする。別皿で刻みネギを持っておいて一緒に口に入れると中和されて良い塩梅に。

鶏と柚子の組み合わせは結構好きだけど、多分数回食べたら飽きるな…。だから期間限定メニューなんだろうけど。

あと、楽釜のうどんは冷やで食べた方が麺そのものの味は美味しいね。暖かいと歯応えが損なわれちゃうの。

天下一品 禁断のラーメンライスの巻

僕のTwitterアカウントをフォローしてくれてる人はご存知だと思うが、最近天一にハマりまくっている。かなりの頻度で食べている。週に2〜3回は食べている。

そんな僕だが、なんとなく自分の中で禁を作っていた。それは…




ラーメンライス!
炭水化物をオカズに炭水化物を食べる。栄養士の人が見たら卒倒するような組み合わせである。

しかし、気になっていた。前から気になっていた。
天一のこってりラーメン、ご飯と一緒に喰ったらさぞ美味かろうと。

そして、気になったら我慢できないのが性分の僕である。



結局禁を破ってしまった。意思弱っ!!
ラーメン並+ライス並で870円也。

高円寺店特有のどろっどろスープを麺にしっかり絡めて口に入れ、すぐさま白飯をかっ込む。

うめぇ!

やっぱさ、天一のこってりラーメンって主食っつーかオカズだと思うんだよ。特大盛りとか食べてるとしつこくて後半つらくなってきたりするし。

んで、白飯と一緒に食べる事で、ちょうどウイスキーに適度に加水する事で香りが広がるように、こってりスープの凝縮された旨味が口一杯に広がるのだ。

ご飯美味いよご飯。

オカズの旨味を引き出して広げるのがご飯の魅力。焼肉だってそれだけで食べるよりご飯に乗っけて食べた方が美味いし。

ご飯は偉大!


…この組み合わせ、絶対太るよなぁ(ーー;)



富士そば とり天そば



370円也。
富士そばの期間限定メニューである。通常、とり天といえばモモ肉を想定するところだが、富士そばのとり天はささみ肉。衣も薄くヘルシー仕様である。
丸亀製麺や楽釜製麺所のとり天は同じ値段でモモ肉で衣がガッツリついててボリュームがあるので、比べるとちょっと割高に思えなくもないが、富士そばの関東風のつゆにはこれくらいの方が味がケンカしなくて良いのかも知れん。
軽食としてはちょうど良いボリューム感だね。美味かったとです。

天下一品 高円寺店のこってりラーメン 細麺編

昨日、特大盛りを食して「もうあと一年は天一食べないで良いような気がする」と思った。
天下一品通の友人がTwitterで気になるツイートをしたのを見かけた。


「高円寺店は都内で唯一、細麺を出している店。そして細麺をすすった時のスープの持ち上げっぷりは、麺を食い終わったらスープが「ほとんど無くなる」じゃなくて『マジで無くなる』」

何それ。超気になるんだけど。
悪くした事に、昨日特大盛り喰って帰って、気になってたアメトークの「天下一品芸人」の回を見ちゃったもんで、更に天一熱が上がってしまった。

これは、検証する他ありますまい。

って事で今朝、開店と同時に行ってしまった。昨日の晩から二食続けて天一。私の血はこってりスープで出来ているのよ。

昨日もらった並盛り一杯無料券を使い、今回はキムチとメンマをトッピング。もちろん細麺にて注文。IMG_0644

とりあえず箸は立ててみた。

アメトークで芸人の誰からがお勧めの食べ方として挙げていたように、ラーメンタレを二回し、ラー油を一回しして食べる。
美味い!ラー油が加わって香り高くなった。

しかし…、

あれ?これ、昨日のほどドロドロしてなくね?

IMG_0645


噂の細麺を持ち上げてみても、そこまでスープが絡んでいないような。
なんつーか、その辺にある普通の天下一品で出てくる程度の粘度だぞ。

食べ終わっても普通にスープ残っとるし。

IMG_0646


もしかして、
開店したばっかでスープが煮詰まってない、という事ですか?
むしろ、あの粘度は朝一で仕込んだスープを営業時間中火にかけ続けて段々と煮詰まって煮詰まって煮詰まった結果として出るもの、という事ですか?

これ、期待してたのと違う!これじゃ検証にならんじゃんか!
いや、これはこれで美味しかったんだけれども。

って事で、また近日中の夜の時間帯にでも来て検証する所存。


ええもう、すっかり天一ジャンキーですよ。

天下一品 高円寺店のこってりラーメン

IMG_0641


都内でも多数の店舗を展開する天下一品。
こってりラーメン好きの僕も何度も食べている。しかし、本場・京都の味をを知る人に言わせると、都内の天下一品は物足りないとの事だ。なんでも、本場の天一のこってりラーメンはもっとスープがドロドロしているそうで、その粘度により麺にがっちょり絡み、麺と一緒に口に入るもんだから食べ終わる頃にはスープもなくなっているらしい。どれだけドロドロかというと、箸が麺に立つらしい。

なるほど、今まで食べた天一のラーメンは確かにこってりはしているものの、食べ終わってスープがなくなっている事はなかった。

噂では都内でも数店舗だけ、本場さながらの超ドロドロこってりラーメンを出す店舗があるとの事。そしてその中の一店舗、本場の味を知る天一通も認めるこってりラーメンを出すのが高円寺店だそうな。

今日は10月1日のテンイチの日。前から気になってた高円寺店に行ってみた。なんかテンイチの日という事で、食事をしたらラーメン並盛り一杯無料券プレゼント、というのをやってて結構混んでた。

こってりチャーシューメン特大盛りを注文。1150円也。

待つ事数分。出て来たラーメンに対して、あの噂の真偽を確かめてみる。

IMG_0642


本当に箸が立った。

凄い粘度である。この絡みよう。

IMG_0643


なんつーか、もうラーメンじゃなくて違う食べ物みたいである。
レンゲでスープを一掬いして口に運べば、超こってりドロドロスープ。若干粉っぽいとも言えるかもしれん。そして麺の一口一口が濃厚な事。いつもの天一がノーマルなら、これは超天一といったところである。口の中に物凄く天一が入ってきます。

正直、特大頼んでちょっと後悔。いつも天一で大盛り頼んでも、どうも分量的に物足りなかったりしたので今回は特大にしてみたのだが、量の問題じゃなくて塩分の問題で途中で辛くなってきた。ジャンクフードも良いところであろう。
しかし、このジャンクな旨味。堪能させていただいた。もうあと一年は天一食べないで良いような気がするが、無料券もらっちゃったので近日中にまた行かなきゃだなぁ。

ちなみに、食べ終わったあと、本当にスープがほとんど残っていなかった事を付け加えておく(写真摂り忘れた)。

三田製麺所 つけめん 三田盛り



中盛り700円+三田盛り300円で計1000円也。
並盛り•中盛り•大盛りは全て700円均一、特盛(500g)で800円という値段設定。つけめんとしてはまずますの値段設定。

三田盛りは味玉、メンマ、チャーシュー、海苔という内容で別皿に盛られて出てくる。この店はアルコールのメニューもおつまみメニューそこそこ種類があり、ラーメン居酒屋といった按配で、この三田盛りもトッピングとおつまみ兼用といった事なのだろう。味玉はしっかり味がしみており、メンマは大きめで歯ごたえが小気味好い。チャーシューはオーソドックスなやや固めのものでハムを彷彿するような旨味あり。実際、ビールのあてに良さげな味だった。

さて、メインであるつけめんの方だが、スープは魚介ベースの濃厚ドロドロ系。麺はモチモチとした太麺。質感はツルツルしているがスープがドロドロしてるので絡みは抜群に良い。麺の小麦の風味+魚介出汁と魚粉の旨味成分、そして甘み。

なんか、印象としてはかなりシンプルにまとまっている感じ。まあ普通に美味いけど、でも普通だよね。ううむ。トータル1000円。内容を考えれば決して高くはないんだけど、この金でもっと美味しいもの食べられたよね、という釈然としない気持ち。

うーん。どこまでもチェーン店。
Profile
  • ライブドアブログ