※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

カレー

高円寺「トリップ (SPICY SOUP CURRY BAR TRIP)」チキンスープカリー

高円寺のパル商店街から一本横道に入った先にあるスープカレー"バー"。

image

そう。バー(Bar)なんです。
店内は薄暗く、内装も作りもバーのそれです。

image

漫画やサブカル系の本が詰まった本棚があるあたりは「さすが高円寺」といったところでしょうか。


しかし、ここは知る人ぞ知るスープカリーの名店なのです^^
(ちなみに、チャージはなく、食事のみのオーダーも可能なので、普通に飯屋として利用可能です)


今回はチキンスープカリーを注文。

image

※パクチーをトッピングしてます。


image


ライスはサフランライスです^^
(100円増しの大盛りにしました)


さて、お味の方ですが、さすがスープカリー。
「身体に優しい刺激感」といったところでしょうか。

辛さは2倍(お店の人曰く"中辛"に相当)で注文したのですが、小気味良いピリピリ感を楽しめます。

で、その辛味がスパイスの複合によって香ばしさを伴っているわけです。薬膳チックというか…。


で、そのピリ辛スープにゴロッとしたお野菜。

じゃがいも、ナス、かぼちゃ、ニンジン、大根…。

なんとも健康的な優しい素材の風味をピリ辛感が引き立てます。


そして、やわらかぁ〜な骨つきチキン!

image

基本的に骨つき肉って食べにくくてあまり好きじゃないんですけど、ここのはじっくり柔らかくなるまで煮込まれているため、骨がいとも簡単に取り外せるのです。

そして、そこまで煮込まれているからこそ、スープがよく絡みます。それにパクチーの香りがプラス。

至福です♪( ´ ▽ ` )ノ


ってことで、店の雰囲気は高円寺らしいディープさを感じさせますが、スープカリーのお店として極上ですので、カレーマニアの人には是非オススメしたいところ^^


※注 オーダーしてから出来上がりまでにかなり時間がかかるので、お急ぎの場合は注意が必要です。

お酒を一杯注文して、本棚の本を読みながらのんびり待つぐらいのユルい感覚がちょうど良いんじゃないかと。

東中野「タラキッチン」ランチタイム

東中野銀座通り商店街にある、ネパール人がやっている安くて美味しいカレー屋さんです^^


image

今日は日替わりカレーセットの「葱と大根のカレー」を食べました。

「インドカレーで葱と大根Σ( ̄ロ ̄;)」って感じですけど、これがちゃんとマッチしてるわけです。

カレーって凄い♪


…てな感じで、基本的に何を食べても美味しいです^^

しかも、全体的にお財布に優しい値段設定。

image


カレー一種セット(今回の日替わり含む)でカレーとナンorライス、サラダがついて590円。


なので、すっかり定番のお店になってます。


ちなみに、ここは居酒屋として使うにも良い店とかになのですが…、それはまたの機会にご紹介します♪( ´ ▽ ` )ノ


吉祥寺「カレーは飲み物。」赤い鶏カレー

image

ライス中盛り790円也。
ちなみに山盛り500gまで同一料金。

店名のインパクトで以前から気になってたこのお店、一見パンチで攻める身体に悪そうなイメージがあったけど、今回食べた赤い鶏カレーはトマトの酸味が香るヘルシーっぽいカレーだった。

無料で選べる10種類のトッピングの中にパクチーがあるのも嬉しいところ。

んで、確かにカレーはサラサラしてたけど、飲み物と言えるほどのものでなかった。


んじゃ、何故か「カレーは飲み物。」なのか?

そんなに腹が減ってない状態で中盛り300gは多いかな、と思ったけれど、あっさりした食べ口とスパイシーな美味しさであっと言う間に食べ終わってしまった。

多分、山盛り500gでもなんなく完食出来たと思う。


つまり、飲み物ぐらいの勢いで食べられてしまうあたりがこの店の名前の由縁なのだろう。

もう一つのメニューの「黒い肉カレー」も是非試してみたいところ。

東中野「レガーレ」夏野菜カレー

写真 2014-09-07 12 28 21

大盛り980円也。
以前も記事にした淡路島カレーのお店です。

最近、野菜をあんま食べてないことに気がつき、ここは夏野菜をガッツリ食べておくかということで食べてきました(暦の上じゃもう秋なんですけどね)。

見ての通り、淡路島カレーの上に夏野菜がゴッテリ盛られております。

カレーを口に含みつつ、まずはカボチャをいただく。うわぁ、甘いなぁ〜。野菜特有の自然な甘み。身体が喜ぶ甘みです。
オクラ。嫌味のない自然な味に適度な歯応えとプチプチ感。
そして、極めつけはナス。口の中でとろけます。なんかね、クリーミーなんですよ。このナス。

そしてそれらが上質なカレーと絡み合い、お互いの旨味を高め合う相互作用。ぶっちゃけ、レギュラーメニューのポークカレーより断然美味い。

感動だっ!

子どもの頃、野菜が嫌いだったんですよ。
決して美味しいものではなく、健康のために仕方がなく食べる。決して率先して食べたいものではなく、僕にとっての野菜は「一応、そんなにストレスなく食べられる」か「不味くて食べるのが苦痛」のどちらかでした。

でも、実は野菜って御馳走になり得るんだ、ということを再確認できたカレーでした^^

東中野「レガーレ」淡路島スタウトポークカレー

写真 2014-08-29 11 46 05

大盛り980円也。


あなたは、カレーに1000円以上払えますか?
もしくは、カレーに1000円以上払ったあと後悔しない人ですか?


僕の場合「ものによる」というのが答えです(当たり前っちゃあ当たり前ですが)。

例えば、松○のカレーで1000円以上取られたら噴飯ものですよね?

そこまで安っちくなくても、C○C○壱で色々トッピングしたりするとすぐに1000円を超えますが、大体食べたあとに後悔します。いや、トッピングしたのは自分の判断なんですけど。元のカレーが普通であれば、そこにどれだけトッピングを加えたところで感動は生まれないわけです。

結局、カレーに1000円以上払えるかどうか、というのはそこに感動があるかどうか、ってところによると思うんですよ。「普通に美味しいカレー」では、1000円の壁は越えられません。


ってことで、今回紹介する「1000円超えオッケー」なカレー、それが東中野のカジュアルイタリアン「レガーレ」のランチで提供している「淡路島カレー」です。

イタリア料理の店で「淡路島」って言われてもなんかミスマッチな感じがしますが、「イタリアン」のイメージに見合った洗練されたカレーであると言えます。

特徴は、口の中で三段階で変わるカレーの風味です。
最初に「甘さ」がきて、次に「コク」に変わり、最後は「辛味」で終わる。最初の一口食べた瞬間「おおっ!」って思いました。

なんで「淡路島」なのかって言うと、淡路島産の一個100円するタマネギが大量に入っている(一杯あたり一個)からなんだそうです。このタマネギ、糖度が「最も甘い梨」と同じで、それを長時間かけて飴色になるまで炒めたものがルーの中に溶け込んでいるわけです。

それに加えて数種類のフルーツ、椎茸と鶏ガラのスープ、そして十数種類のスパイスを丁寧に合わせてあるとのこと。多分、全ての行程が綿密な計算の上で丁寧におこなわれているのでしょう。

それで、このめっちゃ深い味が出来上がっているわけです。


ちなみに、具材のスタウトポークの「スタウト」は「スタウトビール」の「スタウト」。つまり黒ビールで肉を煮込んであるそうです。確かに、仄かにスタウトビールのコクを感じます。トロットロだけど脂が適度に抜けてて、カレーの味を殺さず上手い感じに調和してます。これは欠かせないですね。


まあ、とにかく全体的に高級感があり、洗練された味わいなのが印象的です。うん。これだったら1000円以上出しても全然惜しくないですね。


会計980円でしたけど。

新宿「カラチ」インド&パキスタン料理 ワンプレート盛り放題ランチ

80b4acd5.jpg

500円也。
一皿に盛り放題でお代わり不可というワンコインランチ。ちなみに通常のバイキングは1000円。メニューは基本的に一緒たが、ワンコインの方は平皿一枚のみなので実質的にスープ系は全部不可。
更に言えばワンコインにはお絞りもつかない。なんて酷い扱いだ(笑)

だが、それでもこの金額設定は魅力だ。
一時過ぎに行ったら料理はやや冷め気味だったけど、それでも充分美味い。マトンカレーの肉が柔らかくて美味かった。

大体の価格帯のランチって麺とかご飯とか炭水化物中心のメニューになるけどここなら炭水化物、タンパク質、野菜の割合を自分で調整できる。ヘルシー思考な人にもお勧めである。

今後ちょくちょく利用しようかと思う所存。

新宿「シディーク」とり皮カレー

f3e713b5.jpg

前回のダルカレーと同様に500円の激安カレー。前回貰ったサービス券使って200円のチャイが無料。どんだけ安いんだ。

ダルカレーは具が豆だけだったけど、今回のとり皮カレーは鶏皮以外にも数種類の野菜が入っており、更にお得感有り。しかし肉が鶏皮だけだと逆にチープ感も増したりして。鶏皮の脂による旨味と軽いギットリ感。ダルカレーのヘルシーさとは真逆で軽くB級グルメのテイストもありつつ、やっぱコストパフォーマンスすげぇ。

新宿「シディーク」 ダルカレー

b0bffff9.jpg

以前インドを旅していた時、ダールという豆のスープをよく飲んだ。ターリー(定食)を注文すると、ほぼ確実に付いてくる。日本で言えば味噌汁的なポジションである。
基本的に日本人が好む味ではないのだが、長く滞在するにつれ味にも慣れてむしろ好んで食べるようになった。味的にも食材的にも身体に優しい感じで、体調が悪く食欲がない時などよくお世話になった。

日本に帰って来て、時々無性に食べたくなったりするのだが、日本人好みの味ではないせいか、インド料理屋のメニューで見かける事はなかった。

で、今回行ったシディークである。
ダルカレー500円(ナンなら600円)。ダルカレー…多分、向こうで食べたダールとは違う物なんだろうが、豆のカレーという事で近い味をしているかも知れない。

という事で安さに惹かれもしつつ食べてみた。
まず、見た目からして違う。向こうのダールはもっと黄色っぽかったはず。で、固形の豆が入ってるけど、ダールは擦り潰されててスープに混ざってた。…というあたりやっぱり向こうのダールとは別物だった訳だが、それでも入ってる豆は向こうのダールと同じもので、同じ味だった。少しだけ懐かしい気持ちになれた。

それはそれとして、コストパフォーマンスは激烈に良いと思う。インドカレーで500円ってのはなかなか無いと思うんだ。しかもサラダ付。ヘルシーメニューなのも嬉しいところ。素朴な味だけど、ちゃんと美味しいです。


ああ、インド行きたいなぁ…。

ゴーゴーカレーのロースカツカレー

0ceab2d4.jpgエコノミー650円。
ソース味が強いカレーと揚げたてサクサクのロースカツ。それをお代わり無料のキャベツ千切りと一緒に頬張る。万人受けする手堅い味だよなぁ。

しかし、店内ではずっと店のPR映像(&音声)が流れてるのだが、なんの洗脳商法だ…。

新宿「ターリー屋」4

店先インドカレーのお店。

ランチでちょくちょくお世話になっている。主に頼むのは690円のインドカレー定食。お代わり無料のナンもしくは大盛り無料のサフランライスにカレーを一品(日替わりの4種類のカレーから選択する)とフルーツヨーグルトのセット。下の画像を見れば判ると思うが、かなり彩りに欠ける。

基本的に2種類もしくは3種類のカレーで合わせて食べる事を想定して作られているようで、カレーの一皿一皿は他の店に比べて小さいのだ。しかも、味わいもかなりシンプル。美味しいけどシンプル。
が、僕としてはこれで充分。ライスを大盛りで頼めば充分腹は膨れるのだ。

ちなみに、カレーをもう一種類食べられる2色カレー定食で790円。それにナンとライス両方と玉子焼きが付いたターリー屋定食が890円。サムラートなんかよりもコストパフォーマンスは断然高いと思う。

最近はパラパラのサフランライスがお気に入りなんだけど、ナンもモチモチしてて旨いです。お代わりを頼んでも4分くらいで早々と出してくれるのが嬉しい。このナンにフルーツヨーグルトを付けて食べるのは結構お勧め。給食とかで食べた事があるような味になります。

カレーの方は上にも書いたけど本当にシンプルな味。普通に旨い、と言う他ない感じ。
店内に何かの雑誌のカレー屋ランキングで一位になった時の記事が貼ってあるんだけど、味については一切触れられてない事に、なんとなく納得してしまう。
でも、何種類も一度の食べる場合はこれくらいシンプルな味の方が良いのかなとも思う。ってか、そもそもインドのターリーというのは大皿という意味で、複数種類のカレーやらヨーグルトやら生野菜やらが一つの皿に盛られている料理だ。って考えたら、これで正解なのかも。複数種類のカレーを混ぜて食べるのも旨味です。

がっつり食べるにも、軽く食べるにも、使い勝手の良いお店です。密かに星4つ!

インド定食の店 ターリー屋
http://www.thali-ya.com/


インドカレー定食
Profile
  • ライブドアブログ