※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

エスニック

「一体ここは何屋だ?!」ネパール人が経営する東中野のカレー屋「タラキッチン」のカオスな居酒屋メニュー

東中野銀座通り商店街にある、ネパール人が経営するインドカレー屋「タラキッチン」。何を食べても美味しいこのお店、何度もお世話になっているのですが、
 
果たして一概に「インドカレー屋」と言って良いのかどうか悩ましいのが、

image

「たぬき豆腐」を置いてるところ。

え?ここカレー屋じゃなかったっけ?Σ( ̄ロ ̄;)

image

しかも、中の豆腐は揚げ出し豆腐になっているキメ細やかさ。
そして普通に美味い!

店員さんがネパール人なもので、そのギャップにびっくりするところですが、そういえば昔、ネパールを旅した時のカトマンズの日本料理屋のクオリティが高くてびっくりした覚えがあります。

きっと、ネパール人はよその国の料理を再現するのが得意なのでしょう。
(ちなみにお隣のインドで出される日本料理は…見事な”ばったもん”でした笑)


ってことで、なんともネパール人の懐の深さが垣間見えるメニューであると言えます。


image

「鳥の軟骨揚げ」も見事に日本の居酒屋メニューが再現されています。


image

一杯299円のビールが進んじゃいます^^


image

そして、前から気になっていた「タンドールフィッシュ」。
見た目は普通に焼き魚ですが、食べてみると発酵食品っぽい不思議なお味。おそらくタンドリーチキンと同様にヨーグルトで漬け込んであるのでしょう。
 
もうちょいカレー風味が強いのかと思いきや、魚の風味と相待って、独特の美味しさを作り出しています。これは焼酎のロックに合わせたいところ。


image

そして、この店で絶対に外してはいけないのが「モモ」。

「モモ」とはチベットの蒸し餃子です。
「ネパール人」が経営する「インド料理屋」で「日本の居酒屋メニュー」と一緒に置いてある「チベット料理」とかって、どんだけカオスなんだよ?!Σ( ̄ロ ̄;)

とツッコミを入れたいところですが、
モモはネパールでも盛んに食べられており、元々ネパール人にとっても馴染みの深い料理のようです(カトマンズで食べたモモは美味しかった^^)。


トマトチリソースで食べるこちらのモモは、皮が肉厚でモチモチしていて、やっぱりお酒のお供に最適なのです♪( ´ ▽ ` )ノ

image

この肉厚感。
肉汁がジューシーで、この写真を撮るために半分だけ噛みちぎろうとしたら肉汁が「じゅぱっ!」と飛び出て鼻の中に入りました(笑)


さて、そんな感じで
「ネパール」「インド」「チベット」「日本」
という四カ国に跨(またがる)る多国籍感、しかも「ただそれっぽいものを作りました」というような中途半端なものではなく、それぞれがちゃんと美味しく仕上がっており、「カオスにとっ散らかっている」というよりは「幅広く懐深い」と表現するのが正しいのがこのお店です^^
 

複数名で行けば驚くほど安く上がったりしますが、一人でいくとついつい色々頼んじゃうもので、お会計が結構な額になっちゃったりするのは注意が必要なところです(笑)

東中野の不思議なカレー居酒屋「タラキッチン」でピザナンを食べる。

東中野銀座通り商店街にあるカレー屋「タラキッチン」。
しかし、このお店、一口に「カレー屋」と呼んで良いものか、実に悩ましいところだったりします^^;
 
いや、カレー屋としてのクオリティは折り紙つきで、種類が豊富な上に何を食べても美味しいのです。美味しいのですが…、
 
 
メニューがね、こんなんあるの。

image

「豚の角煮」に「たぬき豆腐」。
そう、ここ「タラキッチン」はカレー屋であると同時に、居酒屋メニューも豊富な「カレー(屋兼)居酒屋」だったのです。


image

しかもね、生ビールが安いところが実に嬉しいところ(一杯299円♪)
(ちなみにグラスワインも同じお値段です)

今回ご紹介するお気に入りのメニューは「タラピザナン」(500円)

image

別に鱈(タラ)が入っているわけじゃありません(タラはネパール語で「星」の意味だそうです)。
ピザの生地がナンなので「ピザナン」なのです。

これがねぇ、美味しいわけですよ。
食べてる感覚は普通にピザです。ナン特有の柔らかさと生地の甘みがあり、ビールがついつい進みます。


image

チキンフライもしっとり美味しいです^^

ってことで、カレー以外のものも何を注文しても美味しいこのお店。まだまだ紹介したいメニューがいっぱいありますので、また記事にします♪( ´ ▽ ` )ノ
 
(タグの「タラキッチン」を押していただくと、他の記事もご覧いただけます^^)

高田馬場「パクチーバル8889」でフクロウと戯れる

高田馬場にあるフクロウカフェです^^

image

19時からの夜営業はパクチーバル、
13〜17時のカフェタイムはフクロウと戯れながらお茶ができるフクロウカフェ、という二部構成のお店。


image

お相手をしてくれたビリー君はなかなかのヤンチャもの。
なかなか落ち着かず、ちょいちょい羽根をバタつかせて何処かへ飛んで行こうとします(笑)


image

珍しいアルビノのフクロウ君。
身体が強くないそうで、他のフクロウとは一緒に出せないそうです。

大切にされてますね^^


image

大型のフクロウは迫力あるけど、載せてる腕が疲れるので、ゆっくりと愛でるのであれば小型種がオススメです。

(あと、大型だと"爆弾"が投下された時の被害が甚大だったりします^^;)
(被弾は自己責任です^^;)


image

夜営業のパクチー料理も絶品でした。


image

フクロウが見つめる中で飲むお酒はなかなか乙なもんです^^

東中野「猿工房」タイ風海鮮焼きそば

写真 2016-10-09 21 13 07


680円也。
 
要はタイ料理の「パッタイ」です。
 
他所で軽く飲み食いして、〆的なものが食べたくて何気に入って注文したんだけど(居酒屋だけどお通しがなく、食事だけでも気軽に楽しめます)、予想外に良かったのが、
 
パクチーの質が良いってこと。
 
 
僕はパクチスト(パクチー好き)なんだけど、パクチーならなんでも良いわけではなくて、わりとお店によって良し悪しがあります。
 
例えば、安価に大量に食べられることがウリの店なんかは、確かに嬉しいしそれなりに美味しいんだけど香りが弱かったり、茎が太くて食べててアゴが疲れたり、ということで一長一短だったりするわけです。
 
 
そこが、このお店のパクチーは…100点満点でした。

パッタイ単体の味で言えば、もっと美味しい店はいくらでもあるんでしょうが、そんなことは問題じゃありません。
 
パクチーの質が良いこと。そして気軽にパクチーを大盛りにしてくれること。
パクチストとしてはそれだけで大満足です。
 
 
(ちなみに、このお店は料理全般のクオリティが高く、小綺麗でデートにも使える感じで色々オススメです^^)

神田「東京カオマンガイ」カオマンガイ(パクチー入り)

image


大盛り890円也。

米を炊きこんでいる鶏出汁の香りがどこまでも香ばしく、口内から鼻を抜けて脳内に広がり、そして宇宙へと広がっていく。

「香りは宇宙である」

ということを実感する。


鶏肉はしっとり柔らかく、お米と一緒に噛むと溶けるように消えていく。

なんという極上のカオマンガイ!


タレは、赤ダレ、黒ダレ、レモンダレの3種類から選べるところを、今回は黒ダレをチョイス。

黒砂糖の甘みに微かに唐辛子が香る。

もうちょい辛くても良さげなので、いずれ赤ダレでも試して見たいところ。


なお、柔らかく食べやすいパクチーがここのカオマンガイに絶妙にマッチしており、パクチスト(パクチー好き)としても大満足の逸品でした。

東中野「キャラバンサライ包(パオ)」ラムのからし炒め

写真 2014-08-22 19 47 05

1050円也。

もうすっかり虜になってしまったパオ。
今回は夜営業の時間に伺った。


ずっと気になっていた「ラムのからし炒め」を食べるのが目的だ。

TVドラマ「孤独のグルメ」の中の「ふらっとQUSUMI」のコーナーで原作者の久住昌之さんが食べてるのを見てから、ずっと気になっていたのだ。

その名の通り、ラム肉を芥子で炒めたもの。ほんのりクミンが香り、タマネギのスライスとたっぷりのパクチーが盛ってある。

まさしく予想通り、期待通りの味付けだったのだが、予想を期待を上回る美味さだった。

まず、ラム肉のねっとり感。油と脂、そして芥子の質感。そしてクミンのスパイス感。これだけだとちょっとコッテリな感じになる。
そこにタマネギのスライス。清涼感がプラスされる。極めつけの新鮮な山盛りパクチー。


このパクチーの香りこそがこの料理の肝なんじゃないだろうか。
むしろ、肉こそがパクチーの引き立て役なんじゃないかと思うくらい。

以前、経堂のパクチーハウスに行ったことがある。
パクチー料理がこれでもかという勢いで出されるのだが、なんだか物足りなかった。パクチーは決して主役ではない。スパイシーな肉料理の引き立て役だからこそ光る存在なんじゃないかと。

そして、その肉料理が上質なほど、パクチーの存在感は光り輝く。むしろ、主役を喰ってしまうほどに。

そういう意味で、この「ラムのからし炒め」は今まで食べたパクチー料理の中で至高の存在だと感じた。

一口一口にパクチーが至福。これ、パクチー好きには是非食べてもらいたい。

写真 2014-08-22 19 51 46

あと、一緒に頼んだパニールとパンのサラダも美味かった。
パニールとはチーズのこと。このチーズは自家製なのだそうだが、明らかに店では売ってないような味だ。んで、普通に売ってるチーズとは全然違う感じ。

インドで食べたパラックパニール(ほうれんそうとチーズのカレー)と同種のものだと思う。普通のチーズにくらべてあっさりしつつ、どこか独特の風味を感じる。


まだまだ気になるメニューが沢山あるので、当分通い続けることになりそうです^^

西新宿「タイ国屋台食堂 ソイナナ」グリーンカレー

c037cd07.jpg

今日はタイカレー気分。以前から気になってた西新宿のソイナナへ。

この店はランチセット680円均一、ディナーメニューも680円均一。生ビールは400円から。かなり安い部類に入るんじゃないだろうか。

カオマンガイに惹かれつつも、カレー気分なので当初の目的通りグリーンカレーを注文。
カレーとライス(餅米)にサラダとミニオムレツが付いて680円。うん安い安い。
辛さは控え目で軽くピリッとする程度。日本人向けに食べやすく調味されている模様。美味しい。誰でも安定して楽しめるんじゃないかな。とはいえ、食べてたらそれなりに汗をかいた。それなりには辛いです。なお、辛さは調整が効くようなので、注文すれば本場仕様にする事も可能っぽい。

ちなみに店内の張り紙「17:00〜タイ料理中級者以上向け イサーン料理(裏メニュー有ります)だいたい作ります。リクエストしてください。¥680- コックより」

…すっげー気になる!是非今度タイ料理通の友達を連れて来て裏メニューを堪能してみたい。

タイ料理初心者にもマニアにも対応できる懐の深いお店のようです。



HOT PEPPER グルメ
http://www.hotpepper.jp/strJ000957566/

東中野「ロム アロイ」タイ料理4

おいしい風この店の前を通る度に気になっていた。

「おいしい風 ロム アロイ」

おいしい風。
おいしい風。
おいしいふう?

いや、まさか。
多分、
おいしいかぜ
だよね?
多分、
ロム アロイってのが、タイ語で
「美味しい 風」
とか、そういう意味とかだよね。

でも、もし、もしだよ?
和風、洋風、中華風、おいしい風とかだったら…
続きを読む

新中野「ポイランプールウス」その2

前回の記事に付けてもらったコメントによると、村上さんというのは接客をしている日本人の兄ちゃんではなく、この店のオーナーの日本人の70歳のおじいちゃんの名前だそうな。
そう、プロイタイハウスの頃からこの店のオーナーは日本人だったのだ。てっきりあのタイ人のおばちゃん姉妹が経営しているのかと思ってたよ。
で、オーナーは同じだけど、料理する人が変わったので、心機一転、店の名前も変えたと。ももさん、情報提供ありがとうございました。

さて、二回目のポイランプールウスである。
前回書いた通り、タイ風ラーメンを食べた(メニュー名は「タイ風」が消えてただの「ラーメン」になってた)。

タイらーめん基本はプロイタイハウスの頃と同じく透明な鶏がらスープに米の麺クィッティオ。ただ、こちらは胡椒の味が強く、しっかりした味付けになっている。
何も調味せずに食べるなら、こっちの方が旨い。ただ、最初の時点で完成されている分、自分で調味料で味を調整する余地はあまりない。
以前の、あっさり味のスープをその時の気分に合わせて少しずつ味を調味しながら食べるスタイルが気に入ってたので、そこはちょっと残念。

うんまあ、違う店になっちゃった事を素直に受け入れるべきだよね。ちゃんと美味しいので、他のメニューも食べてみたいです。

ちなみに、以前は謎のトップページのみがあったお店のホームページ。
改めて覗いたらオープンしてた。

www.ploylampoon.com
http://www.ploylampoon.com/

えーと、まあ、日本語がなんかおかしかったりとか、
「PM5:00〜20:00 生ビール 200円only」で言わんとする事は
まあ理解できるけど、やっぱりなんか表記が微妙だったりとか、
つーか時間の表記、PM5:00〜PM8:00か17:00〜20:00のどっちかにしようよとか、
で、この前、夜に行ったら開店が18時でいきなりホームページに
書いてある事と違うじゃんとこか、
料理の写真乗っけるのは良いけど、メニューの値段が書いてないとあんま意味ないよねとか、
ツッコミどころが一杯ありすぎて、もう大好きw


▼関連記事
新中野「ポイランプールウス」タイ料理屋
http://blog.livedoor.jp/trash_move/archives/51153377.html

新中野「ポイランプールウス」タイ料理屋

店先以前ちょくちょく通ってたプロイタイハウス。久しぶりに行ってみたら店の外見が変わっており、店名も「ポイランプールウス」になってた。

メニューおや、潰れて別の店になったのかと思いつつも入ってみたところ、ランチメニューはプロイタイハウスのまま。
店の名前を変えてリニューアル・オープンしたのかと思ったが、働いてるのは日本語がカタコトなタイ人の兄ちゃん一人。どゆこと?前にいたおばちゃん姉妹は?

とりあえず挽肉とバジルの炒め物とランチビールを注文。先に来てた客の料理を用意するのをぼんやり見ていたのだが、どうにも手際が悪いというかたどたどしいというか。あまり慣れていない様子。
先客に料理を運んだ後もランチビールは来ない。もしかしてオーダー通ってない?つーか日本語(言葉は英語だけど)聞き取れてなかった?

しばらくして、野菜が入ったビニール袋を抱えた日本人の兄ちゃんが現れた。どうやらこの店の従業員の模様。
ランチビールの催促をしたら、伝票を見て「あれ?頼んでました?今お出ししますね」と手際よくビールを注いでくれた。やっぱり聞き取れてなかったのね。

その兄ちゃん(村上さんというらしい。後述するポイントカードに名前のハンコが捺されてた)によると、以前プロイタイハウスをやってたおばちゃんのお姉さんの方が体調を崩してタイに帰ってしまったのだそうな。残念。

残念ながら、プロイタイハウスがポイランプールウスに変わった経緯までは聞く事ができなかった。
なので、勝手に妄想してみる。
あのタイ人の兄ちゃんはおばちゃん姉妹の子供か親戚筋で、店舗が空くのでおばちゃんの代わりにタイから出張ってきたという事ではないだろうか?
で、村上さんはタイ人の兄ちゃんかおばちゃんと元から知り合いで、日本語が不自由なタイ人の兄ちゃんをサポートする意味で接客係をやっているのではないかと。なんか、親しげにタイ語で話していたし。
で、自分の店にするという意味で、店名も外装も内装も変えたのではないか。で、ランチメニューが変わっていないのはプロイタイハウスを目的に来た客のためという事で。

ええ、とてもテキトーな推理ですw
どなたか経緯をご存知の方がいらしたら教えてくださいm(_ _)m

でも、基本的に村上さんが接客担当というのは当たってると思う。
村上さんが来てからは「お冷ください」と言っても見向きもしなかったし。まあ、無視したという感じじゃなく、「お冷や」って日本語が判らず、そもそも自分を呼んでいるとすら思わなかったのだろう。人は良さそうな兄ちゃんです。

料理料理の方は、メニュー的にはおばちゃんが作ってた物と同じなんだが、味とか盛り付けとかを見るとまだまだ荒い感じがした。いや、普通に美味しかったけど。これからに期待という事で。


帰り際、村上さんがポイントカードをくれた。書いてある説明が、
ポイントカード

「1回 ご利用につき10ポイントで、ランチサービスに、ご利用いただけます。」

うん。言わんとするところは判るけど、日本語がちょっとおかしいよね。
ちなみにポイントカードの表にはURLとQRコードが。おお、ホームページがあるのか。

アクセスしてみると…
サイト

「タイレストラン ニューサイヤム 長岡店」

店の名前違うじゃん。しかも長岡店て。ここは新中野だってば。
しかも、この画面だけで他にページないし。ちなみに携帯でQRコードを読み取ると、
「このページへのアクセスは拒否されました(403)」

うん。つまり、まだホームページできてないけど、とりあえずURLだけ載っけちゃった訳だね。印刷の関係とかで。

そんな訳で、いろんな意味で出来たてホヤホヤ感のあるポイランプールウス。プロイタイハウスの後継店だけに、良い店に育っていって欲しいものである。

次行ったらタイラーメンを食べてみよう。あの味が失われていなければ良いが…

続きを読む
Profile
  • ライブドアブログ