※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

ラーメン

ちい散歩にも登場した京成稲毛「日韓家ごはん 新 (【旧店名:のりまき天国 チングヨ】)」のランチ「スン豆腐ラーメン」は一粒で二度美味しい炭水化物ホイホイ

京成稲毛駅前、稲毛浅間神社から程近いところにある韓国料理(?)屋さん。

image

(?)がつくのは、スパゲッティやカレー、オムライスなどの洋食などの韓国風アレンジメニューが置いてあり、何屋なんだか判別できないから(笑)

(そして店名も分かりづらい^^;)

image

店内に入ると、ちい散歩の地井武男のサインが。他にも有名人のサインらしきものがいくつか。

ローカルな場所にありつつも名店の予感がします^^


image

注文したのは「スン豆腐ラーメン」(700円)。
意外とありそうでなかった、韓国料理のスン豆腐(ドゥブ)チゲのラーメン版です。

具材は豆腐とアサリのみのシンプルな構成。
スン豆腐チゲを想像してると具材的にはちょっと寂しいかな?と思いつつも、貝の旨味成分が滲み出るスープは絶品。

ありそうでなかった美味しさです^^


そして、ひとしきり食べ終わったところで魔の衝動が。

「このスープでおじやにしたら美味いんじゃね?」


image


やってしまった。

美味し!美味し!美味し!

スープが程よく冷めてて食べやすく、スルスルとお米をかっ込んでしまいます。

ご飯の甘みで貝の旨味がまた引き立つこと!

魔性の旨味です。


炭水化物ホイホイに見事にハマり、大満足(と少しの後悔)で完食。


ごちそうさまでした^^


「竹屋中野店」ほっこりたっぷり♪醤油らあめん

一度行って以来、その稀有なほどの"ほっこり感"に魅了された中野南口の竹屋。

今回は気になっていた「らあめん(醤油)」をいただきました^^

image

この竹屋、大盛りの量が本気で大盛りなのが特色のひとつです。

「らあめん」の大盛りで380g!
普通のお店のつけ麺の大盛りに相当する量です(ちなみにこのお店のつけ麺の大盛りは475g!さらに特盛、特大盛りまであります)

ってことで、今回はギリギリ食べきれる量の大盛り380gを注文しました。

このたっぷり感が嬉しいところ^^


お味の方は、基本的にはオーソドックスな魚介系醤油です。鰹や鯖の風味が香り、それにほんのり甘みが漂い、ほっこり感を醸し出しています。

美味しい♪( ´ ▽ ` )ノ

まずは卓上調味料を加えないそのままのお味で十分旨しです^^


で、半分くらい食べたところで、さすがに量が量なので飽きてきたので、ここで卓上調味料の出番です。

image

まずは胡椒、一味を少量ずつ。全体に混ぜずに一部だけにパラリとかけて、その違いを楽しみます。

おろしニンニクを入れるとコクがプラスされ、ほっこり感がさらなる次元へと飛躍します。


残り少なくなったところでトドメにラー油!
ごま油の風味と唐辛子の辛味がパンチを生み出し、全然違うラーメンへと変貌しました。
(一度入れたら後戻りは出来ないので、最初から入れるのはオススメしません)


image

ということで、最後の一口まで美味しくいただきました。

ごちそうさま♪( ´ ▽ ` )ノ


まだまだ気になるこのお店、次回は油そばか、味噌らあめんに辛味を加えるか。楽しみです^^

実はうまい⁈「天下一品」のあっさりラーメン

天下一品といえば、こってり中華そばで有名なお店で、お店としても「こってりが売り」とはっきりと表記してたりします。

しかーし!意外と「あっさり」も侮れなかったりするのです^^

image

オーソドックスな醤油ラーメンでありながら、そのクオリティは絶品。

シンプルな鶏ガラスープなのですが、その奥には「こってり」に共通する「天一味」を感じます。

それが普通〜!の醤油ラーメンに極上の奥深さを加えているわけです。

この系統のラーメンとしては最高峰と言えるのではないでしょうか?

意外とね、天一のあっさり中華そばを超える醤油ラーメンってなかったりしますよ。


「天下一品といえば"こってり"」
ということに異論はありませんが、個人的には時々無性に"あっさり"が食べたくなったりします。

もちろん、"こってり"をラーメンライスでいただくのも大好きで、つまりは"こってり"も"あっさり"もどっちも大好きなのです^^


もしあなたがオーソドックスな醤油ラーメンがお好きであれば、天下一品のあっさり中華そば、オススメです♪( ´ ▽ ` )ノ

意外とレアな普通さ?「富士そば」の昔ながらのラーメン東京醤油

image

僕ねえ、意外と富士そばのラーメンって好きなんですよ。この普通っぷりが。

意外とね、「THE 普通」な醤油ラーメンで出す店少ないんですよ。普通の”町の中華屋さん”にしても、それぞれなんとなくそのお店の特色みたいなものが出るし。

そこへいくとこの富士そばのラーメン、全く特徴がありません(笑)
 
普通の、あくまでも普通の醤油ラーメンです。むしろ、その特徴のなさ、普通さが特色と言えるぐらいの普通さです。

具材は薄っぺらいチャーシューに刻みネギ、ナルト、メンマ、そして安っぽさを演出するワカメ(笑)

これぐらいが普通にちょうど良い。
そしてそれで420円というコストパフォーマンスの良さ。このお得感に限っては「普通」を超えていると言えます。


そして、お味の方は「普通に美味しい」。

そう、「普通以上に」とか「普通以下」とか、そういうんじゃなくてジャスト「普通」なのです(笑)
そしてその普通っぷりが素晴らしい。


意外と、ありそうでない「普通のラーメン」のど真ん中を行く、この富士そばのラーメンがたまに恋しくなるわけです^^

革新的ほっこり感^^ 「竹屋中野店」ごまみそ濃厚つけ麺

image

中野駅の南口方面にいつの間にか出来てたラーメン屋さん。
東久留米に本店があるそうで、そこからあちこちに支店を展開しているようです。

image

メニューは醤油、味噌、ごまみその三種類で、それぞれラーメンとつけ麺がある、一見して何処にでもありそうな無難なお店に見えます。

しかし、最初に驚いたのは麺の量。
並盛りで380gあります(普通のお店の大盛り相当)。無料で出来る大盛りで470g。特大盛りだと700g近い量になります。

逆に小盛り(ー50円)、特小盛り、というように少なくも出来るので、
「お好みの量をどうぞ♪^^」

というスタンスなのでしょう。
ちなみに、味の濃さや麺の硬さの指を出来る上に、卓上調味料で割りスープと「濃くするタレ(かえし)」)が置いてあり、注文後も自分好みの濃さに調整することができます。
 
image

その他の調味料は一味、ラー油、胡椒、酢、おろしニンニクと、まさに一通り揃っています。
 
こんなところにも
「お好みでどうぞ♪^^」を感じます。

さて、今回は「ごまみそ濃厚つけめん(780円)」を並盛りでいただきました。

image

なんとなく質感的に、よくある「魚介系濃厚つけめん」を想像してたのですが、良い意味で裏切られました。

正しく「ごまみそ」で「濃厚」だったのです。
それも、”みそ”よりも”ごま”が前面に出ており、「ふわっ♪」と優しさに包まれるような穏やかな味です(スープの上にかかっている黒い粉は黒ごまです)。

なんというか、安心できる味。


そして、麺がまた地味に特徴があって、なんというか「うどん」とか「沖縄そば」に近いような独特の味わいがあります。

ありそうなのに、実はラーメンとしてはあまりない、不思議な素朴さを感じます。


少し食べてみてパンチが欲しかったので軽く一味を入れましたが、それで十分でした。

途中からパンチよりも、この「優しさに包まれていたい♪」と思い、特に調味料を追加することなく380gを完食したわけです。

なんでしょうねぇ、このほっこり感。

で、多分調味料を加えてもそれはそれで美味しんだろうな、って思います(スープ割りと一緒にラー油を入れたら、また新しい香ばしさが生まれました)。


ここはねぇ、とにかく安心できるお店です。
だけど、何気によそにはあんまりない感じで、そういう意味で「革新的ほっこり感」があると言えます。

多分、何度行っても飽きない系。次回は醤油らあめんをいただきたいところ。

またレポします♪( ´ ▽ ` )ノ

新宿ゴールデン街「すごい!煮干ラーメン 凪」本当に凄い禁断の煮干しラーメン

image

このお店。めちゃめちゃ好きなんですよ。
以前は大久保に店舗があって、ハマってる時は週2〜3回とか通ってました。

キャッチコピーは
「煮干が嫌いな方はご遠慮ください。スタッフ一同」
 
かなり過激なキャッチコピーだけど、僕の印象としてはここは「煮干しを超えた煮干し」であり、むしろ煮干しが苦手な人の煮干し嫌いを改善してしまうんではないかと思っています。

少なくとも、僕は元々特別煮干しが好きだったわけではないですけど、ここのラーメンを食べて煮干しに目覚めました。

「ノンケの坊やを煮干しマニアに変貌させるお店」

それがこの「凪」というお店です。


このお店の特徴のひとつは、「お好み」の指定の幅が広いこと。

image

麺の硬さ、味の濃さ、油の量はもとより、
醤油味、塩味、合わせ味の味の種類指定、
辛銀ダレ(煮干し入りの辛味調味料)の量、ラー油の有無…、

その無数の組み合わせの中で「自分の好みの究極の一杯」を追求していく楽しさがそこにあるわけです。


image

以前通っていた大久保店は残念ながら閉店してしまい、最近久しぶりに食べたくなったので、今回は新宿ゴールデン街にある本店に伺いました。

image

ドアを開けると、まずは急な階段があって面食らいます(笑)

ゴールデン街、こういう作りのお店が多いんですよね。昔の「赤線・青線」時代の建物をそのまま使っているそうです(屋根裏には当時、手入れが入った時に客を逃がすための抜け道が残ってたりするそうです ※ゴールデン街でバイトをしていた知人談)

そんな建物のいかがわしい過去(笑)とは関係なく、店内はこぢんまりとしながらも店員さんの活気溢れる爽やかなお店ですのでご安心を。


さて、久しぶりの「凪」です。
大久保時代には自分なりの「究極の一杯」を見つけたはずなのですが、もう何年も前なので記憶が…^^;

確か、塩味だったような…、ってことで今回のオーダー。

image

塩味。”いったん麺”増し。
“いったん麺”とは「凪」特有の平べったく面積が広い、きしめんの巨大版みたいな麺です(“ゲゲゲの鬼太郎”の一反もめんを想像するとよろしいかと)。

その他の指定は勘を取り戻すためにノーマルにしました。


スープを一口すすれば、
「きたきたきた!」

濃厚なる煮干しの風味の海が押し寄せます。

確か記憶によれば醤油味の方が不思議と雑味が目立つのに対して、塩味だと”まろやか感”が前面に出るわけです。

クリーミーと表現しても良いぐらいのまろやかさ。
しかしそのクリームは煮干しで出来ている。しかもきめ細やかに。

なんというか、
「煮干しの味!バーンっっ!!!」ってんじゃなくて、

超きめ細やかな”味の蜂の巣構造”の穴の一個一個に、濃密なる煮干しの味がそれぞれ詰め込まれていて、しかもぎゅうぎゅう詰めで息苦しい感じではなくって、その中で煮干しが舞い踊っているようなイメージなのです。

そんな”クリーミー塩味”の濃厚スープを太麺がしっきと持ち上げる。

「たまらん!」

なわけです^^


image

ある程度食べたところで、お酢を投入するのもまた美味し。
ちなみに、ここはお酢にも煮干しが入っています。

「これ、ラーメンにたらふく煮干し入っているのに、お酢に入れる意味あんのか?Σ( ̄ロ ̄;)」

とツッコミを入れたくなりますが、面白いのでOK(笑)
こんなところまでも徹底しているわけですね。


そんな「激烈!煮干し祭り」を行くたびに楽しめるこのお店、ぜひぜひ一度はお試しくださいませ(煮干しアレルギーとかでなければ)

すごい!煮干ラーメン 凪
http://www.n-nagi.com/


あ、思い出した。
当時の「究極の一杯」は「塩味、(辛銀ダレ)2辛、いったん麺増し、大盛り」だった。

こちらもよろしければお試しあれ♪( ´ ▽ ` )ノ


東中野「名越」まろやか甘い塩ラーメン

「何を食べても安定して普通以上に美味しいお店」である名越。
今回は「中華蕎麦 しお(特大820円)」をいただきました^^

image

いつも、ラーメンを食べる時は最初に一口スープをすすり、出汁と味付けの妙を楽しむのが習慣なのですが、ここの塩ラーメン、美味しいには違いないんだけど、なんの出汁なのか判別がつきません。

ええ。美味しいんですよ。複雑で、奥深くて、でもまとまっていて。
 
「これって一体なんの出汁だ?」

と首を傾げていたら、店員のおばちゃんが着ていたTシャツにその答えが書いてありました。

「豚骨、鶏ガラ、鰯、鯵、鯖etc…」

つまり混合出汁であるということ。なるほどの奥行きです。


スープの全体の印象は”まろやかさ”と”甘み”が漂う感じです。その奥に凝縮された旨味成分の塊(かたまり)。
そして、その乳化したスープを細麺がよく持ち上げます。


途中から、店内の張り紙の勧めに従い、お酢を投入。すると途端に味に立体感が加わりました。 

凝縮され過ぎててぞの全貌が把握できなかった風味の塊にお酢の酸味が差し込まれ、それがガイドとなって全体を際立たせるような感じ。

なるほどの美味さです^^
(卓上調味料の一味もパラリと少量かけると、別の方向で旨味が際立ちます)

ラーメンのスープは極力残す主義なのですが、美味しくてちょいちょい飲んでたら食べ終わるころにはほとんど残っていなかったという(笑)


本日もごちそうさまでした♪( ´ ▽ ` )ノ

 

東中野「好日」の正々堂々美味しい”らあめん”

東中野の「好日」は「究極の無化調つけめん」を出すお店として有名ですが、もちろんそんな名店ですので普通の「らあめん」も極上です。
 
image

澄んだ香り高いシンプルな醤油ラーメン。
当然これも無化調です。その味はどこまでもクリア。

いつも醤油ラーメンの類を食べる時は必ず胡椒を振りかけてしまう僕ですが、今回初めて何も加えずにそのままいただきました。
 
これが大正解!
 
味がとにかく繊細なので、ちょっと調味料を加えただけでも風味が大きく失われてしまいます。卓上調味料は一揃えありますが、ここの「らあめん」は何も加えずそのままいただきたいところ。
 
 
チャーシューもシンプルでオーソドックスなものですが、これくらいあっさりしていると、この適度な脂感のチャーシューが実に味わい深く感じます。
 
次回は「大盛りチャーシューらあめん」でいただきたいところ。
 
 
ごちそうさまでした!^^

東中野「麺処 名越」香味ラー油が香るピリ辛濃厚つけ麺

東中野銀座通り商店街の早稲田通り側の出口を出て通りを渡ったところにある、渡辺謙似の男前の店主が切り盛りするラーメン屋さん。

image

醤油ラーメン、塩ラーメン、魚介豚骨ラーメン、濃厚(魚介豚骨)つけ麺と、
オーソドックスな王道メニューを取り揃えたお店です。

で、お味の方も王道で、特別変わったところもなく、普通といえば普通なのですが、何を食べても普通以上に美味しく、まさに「王道を往くラーメン屋」であると言えます。


今まで何度も行ってますけど、手堅く美味しいこのお店。
今回、ブログ記事にするべく久しぶりに行きましたが、
「普通以上に美味しい普通のつけ麺」
みたいな切り口で書く予定だったのが、ちょっと(良い意味で)予想を裏切られる展開に。

冬季限定で+50円で「辛味(香味ラー油)」を追加出来るとのことで、濃厚つけ麺に追加してみたのですが、

image

「普通以上に美味しい普通のつけ麺」が
「普通ではないエッジの立った美味しいつけ麺」になりました。

なんかね、濃厚ながらもマイルドな魚介豚骨スープに辛味が加わることで、コントラストができるというか、味が締まるというか。

単に辛くしただけではなく、香味ラー油の香りや風味が追加されることで味がさらに深くなっているわけです。

「辛味」と言っても決して激辛ではなく、あくまでも味を際立たせる程度のピリ辛であるのもGood!(辛いのは好きなんですけど、あとでお腹が痛くなっちゃうんで^^;)


ちなみに、麺の太さは以前から細麺と太麺が選べたのですが、太麺が以前よりも太くなっているように感じます(茹で時間も13分かかります)。より歯応えを楽しめるようになり、こっちもGood!です^^
(まあ、スープの絡みを重視して細麺にするのも捨て難いのですが)


王道的でありながら、常に研鑽を忘れないことのお店、今後も楽しみです♪( ´ ▽ ` )ノ




町の中華屋さんのつけ麺は専門店にはないお味-東中野「茉莉-JASMINE-」つけ麺

ラーメンとかつけ麺って、なんとなく専門店の方が美味しい印象があったりします。

看板に「○○ラーメン」と、その店の売りが書かれているようなやつ。


で、確かにそういうお店のラーメンは
「一品入魂」
「看板メニューに全てを賭ける!」
ぐらいの気迫で、エッジが立ってたり工夫が凝らされていたり、そこにしかない美味しさかわあったりします。


それじゃ、普通の町の中華屋さんで出てくるようなラーメンは専門店のそれに劣っているのか?

と言えば、決してそんなことはなく、中華屋さん特有の良さがあったりします。


それを感じさせてくれるのが東中野の茉莉(ジャスミン)のつけ麺。

image

決して派手さはないけれど、中華料理屋特有の"中華っぽい風味づけ"がされてて、ここにしかない美味しさがあります。

食べ飽きない、安心できるバランスの良い一品。

いろんなメニューがある中の一品だからこそ、商売として成立するつけ麺。
専門店では出せない良さがそこにはあります。

「おりゃぁぁぁ!うちの店の自慢の一品はうめえだろぉぉぉ!」的な暑苦しさのない、優しいお味。

町の中華屋さんも侮れないのです^^
Profile
  • ライブドアブログ