※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

日常/その他

劇場版アニメ「傷物語」冷血篇まで観た感想(ネタバレなし)

29760112_0

昨年から上映している三部作「鉄血篇」「熱血篇」に続く三作目「冷血篇」を劇場で観た直後の感想です。
 
まあ、とにかく映像が凝ってて見応えありました。今のご時世、劇場アニメは映像が美麗で当たり前、ってところはありますけど、その中でもCGを駆使した最新鋭のアニメーション技術は素直に凄いと思いました。

「物語シリーズ」のテレビ版は全て見ているのですが、さすがにクオリティは段違い。これだけの作り込みで「物語シリーズ」を見れたのはファンとしてはなかなか感動的でした。

ジャパニメーション万歳!
 
 
ただまあ「これ?わざわざ3部作に分ける必要があったのか?」ってところは議論の余地があるところです。
 
全体的にセリフが多く、どれだけ映像で盛り上げてもどうしても冗長な感じは拭い去れないところ。まあ、そもそも原作がそういう作品なので、忠実に再現しようとするならば、こうなるのは 仕方ないっちゃぁないのですが。
 
なので、制作側の選択肢としては、
 
・3部作にして原作を忠実に再現する。
・色々端折って足早にして1作で終わらせる。
 
っていう2つがあったと思うのですが、どちらにしても不満は出たでしょう。端折ったら端折ったで「このシーンを端折るなんて!」って憤るのがファン心理ですので(笑)
 
で、あれば、3部作にすれば収益も上がるし(どうせファンは全部見るし、円盤も買う人は全部買うし)、っていう大人の事情で前者を選んだのは納得するところではあります。
 
 
まあでも、このクオリティでちゃんとしっかり「傷物語」を描いてくれたってのは、ファン的には嬉しいところ。
 
 
あと、特筆すべきところは「思春期的なお色気シーン」。
 
そう、思春期的なんです。あの、十代の頃に感じられていた、あのムズムズするような甘酸っぱいエロティシズム。
 
この「ムズムズ感」の感じさせ方が秀逸でした。
 
昨年大ヒットした「君の名は。」が、思春期の頃の”ピュアな感覚”を想起させるのに対して、こちらは”エロな感覚”です(笑)
 

まああと、描写的に首がぽんぽん飛んで、血飛沫どぶしゅーで、残酷っぽいシーンもあり、家族やカップルで見たら色々と凍りつくような代物ですので、ぜひ一人でこっそり悶々を見てくださいませ^^
 
(シリーズ物の物語の時間軸の中で一番最初の話になりますので、「物語シリーズ」を初めて観る人にもオススメです。これを見てから第一作目の「化物語」を観ると、色々感慨深いかも?!)


ドラゴンボールZの劇場版が150%「鳥山明」で「ドラゴンボール」で「Z」だった!

dragonballz-f

いや、本気で驚いたよ!


…え〜、ごほん。遅ればせながら、ドラゴンボールZの劇場版「神と神」「復活のF」を続けて観ました。

ドラゴンボールと言えば、現在最新作の「ドラゴンボール超」が現在テレビで放送されていますが、この二作品は現在のテレビ版の元になったものです。


僕、ドラゴンボールの劇場版にはあまり良いイメージなかったんですよ。話が薄っぺらい感じがして。そもそもアニメ版自体嫌いでした。

原作連載当時にリアルタイムで読んでた口なんですけど、アニメのオリジナルエピソードになんか違和感があったんですよね。見てて気恥ずかしいっていうか。なのでフリーザ編の途中で見るのを止めてたんですけど…、

近年になって制作された「神と神」と「復活のF」の二作品、
めちゃめちゃ面白いです。


それもそのはず、二作品とも原作者の鳥山明が脚本に関わっています(「神と神」は監修、「復活のF」は100%鳥山明脚本です)。

そんなこともあって、アニメの「Z」よりも原作と同じ感覚で楽しめたわけです。
つまり、「Z」よりも「ドラゴンボール」であると言えます。


更に。
「ドラゴンボール」であると同時に、それ以外の「鳥山明」らしさも感じられました。

数年前にジャンプで短期連載されてた「銀河パトロール ジャコ」のキャラクターが登場するのですが、そのあたりは完全にドラゴンボールを離れた「鳥山明」のテイストです。

もちろん、アニメならではのド派手な演出は「Z」ならでは。
つまり、この二作品はとことん「鳥山明」で「ドラゴンボール」で「Z」なのです。


そして更に。
原作を遥かに超えちゃってます。

ラディッツ編以前はもはや別の漫画なので比較できませんが、以降のエピソードであれば、僕はこれらの劇場版の方が好きですね。

より洗練された、より濃密なドラゴンボールであると言えるでしょう。


ちなみに、現在放送されているドラゴンボール超の方は…、ノーコメントということで(笑)


そんなわけで、昔ドラゴンボールが好きだったのであれば、劇場版二作品、ぜひ観てください。

僕らが好きだった「あのドラゴンボール」の150%が見れます。

今や伝説となったタモリの生姜焼きを作ってみた。

写真 2015-10-07 12 19 39

タモリさんは料理上手であることでも有名で、このレシピも数年前にかなり話題となったそうですが、今頃になってようやく作ってみた次第です。

これが激烈美味い!
生姜がフレッシュに香り、味醂の甘みで照り焼きのテイストもあり。

数年前、某酒飲みオフ会で会った女性がしきりに
「タモリの生姜焼きが美味しいんですよ!本当に!」
と熱烈に愛を語っていて(ちなみに初対面)その勢いにドン引きした思い出があるんだけど、

今ならわかる。
これは愛さずにはいられない(笑)

しかも、身近な材料で短時間で簡単に作れてしまうのも嬉しい。

材料(一人分)
・豚肉(部位はお好みで)…150g
・玉ねぎ…1/4個
・小麦粉…適量

タレの材料(以下の材料をあらかじめ混ぜておく)
・醤油…大さじ1
・酒…大さじ2
・みりん…大さじ1
・おろし生姜…一欠片(お好みで)

1. 豚肉と玉ねぎをスライスする。
2. スライスした豚肉に小麦粉をまぶす。
3. フライパンに油をしかずに小麦粉をまぶした豚肉を投入。炒める。
4. 豚肉の表面が白くなったら玉ねぎを投入。更に炒める。
5. 豚肉に茶色い焼き色がついたら、あらかじめ作っておいたタレを投入。
6. とろみがつくまで炒めて完成。


小麦粉にタレが仕込みむので、あらかじめタレに肉を漬け込んでおかなくてもしっかり味がつくということです。

ご飯のおかずに、酒の肴に、今後大活躍してくれそうです^^

塩麹ステーキを作ってみた。

写真 2014-09-10 18 10 18

ザ・自炊飯。
あんまり美味しそうに見えないのが申し訳ない(´Д`;)

安物のステーキ肉も塩麹で漬けると柔らかくて美味しくなるってんで試してみたわけです。漬け時間は10時間ほど。塩麹は焦げやすいので焼く前にしっかり拭う必要があるんですけど…拭いが甘かったようで焦げ焦げになっちゃいましたorz

お肉はスーパーで買った550円のオージービーフです。ちょうど2日前に同じのを塩麹使わないで食べたので、それと比べての感想なんですけど…

確かに柔らかくはなってますね。
かなり噛み切り易い感じになりました。

んで、ほんのり漂う塩麹の甘い風味が旨味を引き立ててます。

でも、ちょっと火を通し過ぎたかな?
焼き加減とか、もうちょい研究してみようと思います^^

極黒のブリュンヒルデ


最近、いろんな人が面白いと言っている「極黒のブリュンヒルデ」を読みました。

ジャンルで言うと”超能力バトルもの”

物語の軸になるのは”機関”によって人工的に作られた”魔女”です。
彼女らは一人一人異なる能力(対象を破壊するものだったり、未来予知をしたり)を使える代わりに、定期的に”鎮死剤”を飲まないと身体がドロドロに溶けて死んでしまうという設定です。

その機関を脱走した魔女たちが、追っ手の魔女と闘いながらどうにかこうにか生きていく、というお話。


うーん。これだけ見るとすんごい中二病っぽい設定(笑)

けど、物語としては結構重めです。
わりとメインキャラもサクっと死んじゃったりするし。話の筋としても、絶望から逃れるために絶望へと走るような感じです。それでも読んでみるとわりと軽く読めてしまうのが不思議なところですが。軽いタッチの絵柄と、キャラクター同士の軽快なトークによるものでしょう。

主人公が超記憶症候群(一度見たものは映像として完全に記憶されて忘れることができない)の高校生で、彼が脱走した魔女たちのリーダー兼参謀的な役割をするのですが、その彼の策略っぷりが読んでて一番面白いですね。

好きなんですよ。こういう策士キャラ。

これまでも毎週、これの漫画が連載されているヤングジャンプには目を通してたんですけど、チラ見程度では全然面白さがわからんかったんですけど、通して読むとかなりしっかりした内容であることがわかります。

話が進むごとにどんどん謎の核心に近づいていく感じで、読み始めると止まらんですね。面白いんで是非読んでみてください^^

沖縄紀行 石垣島の八重山ソーキそば

2014-04-02-18-13-09

880円也。

石垣島に来ると「沖縄そば」という名称は見かけなくなり、代わりに「八重山そば」がメインになる。

基本は沖縄そばだけど、沖縄そばがやや平たい縮れ麺なのに対して、八重山そばはストレート麺なのが特徴。

スープそのものは大きく変わらない、というよりは、そもそも沖縄そばも八重山そばも店によってベースがカツオ出汁だったり豚や鶏だったりするので、その店の特色が出る。

それと、那覇のソーキそばと比べてソーキの量が多く、より脂が乗ってる印象。なのでカツオ出汁であってもソーキの脂が出てかなりコッテリした味になっている。

大盛りではなく普通サイズで頼むと大体ソーキが余るので、泡盛を一緒に頼んで、残ったソーキを酒の肴にするスタイルがお気に入り。


沖縄旅行も明日で終わりです(´;ω;`)

沖縄紀行 那覇「田舎 公設市場南店」ソーキそば

2014-03-31-18-43-29

大盛り650円也。

本日二度目の沖縄そば。明日、那覇を離れるのでどうしても今日中に来たかった。ここが沖縄そばの名店である、という噂を聞いたのだ。

場所は牧志の公設市場の路地裏。ちょっと怪しい雰囲気である。店の外観はこんな感じ。
2014-03-31-18-52-48


さて、店に入って最初に感じるのは強烈な「獣臭さ」である。

この店を知ったきっかけは、同じセミナーの受講者から「美味い店だって聞いて行ってみたんですけど、店も料理も獣臭くて自分はダメでした」とのコメントだった。

基本、僕は癖のある食べ物はわりとイケる口だ。むしろ、「そういう店にこそ東京には絶対にないディープ沖縄があるはず!」そう思い、なんとしてでも今日食べたかった。

さて、名物のソーキそばである。
ちなみに普通サイズだと350円。驚異のコストパフォーマンスと言える。

お味の方は…
確かに獣臭い。かなり癖のある味だ。沖縄そばといえばあっさりした料理である印象があったが、ここのは例外だった。洗練とは真逆の、かなりプリミティブな味。

個人的にはこれはこれで好きだが、決して他人にはお勧めできないと思った。沖縄料理が特別好きというわけでなければ。

が、コーレーグスと唐辛子粉末を入れたら途端に味が引き締まった。臭みが消えて、そのまま味の深みに転化したような。

そうか。そのための辛味調味料なのか。

麺を食べ終わっても飽き足らず、ズルズルとスープまで啜ってしまった。

それでも勧められる相手は限られるけど、次に那覇に来た時は必ずまた来ようと思った。

沖縄紀行 那覇の「沖縄っぽい店」で古酒を飲んだ。

2014-03-30-21-38-53

セミナーで知り合った仲間と、懇親会の、あとに「せっかく沖縄来たんだからクースー(古酒)飲もうぜ」という話になり、ふらりと通りがかりで入った「居酒屋じんじん」というお店。

以下のリンク先(食べログです)で写真が見れるんですけど、なんとも年季の入った沖縄らしいお店です。

http://s.tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47003285/dtlphotolst/?type=3


おじいちゃんとあばあちゃんの老夫婦で営業している。いいねいいね。やっぱ地方に来たらこういう「良い塩梅」のお店来ないとね。

このお店の泡盛は8年物のクースーのみとのこと。コクと香りがあって大層美味い。

この、普通の泡盛にはない香ばしさがクースーの魅力です。


泡盛のツマミとして欠かせないのが「豆腐よう」。
その辺に出回っている普通の物の熟成期間は3ヶ月程度なのに対して、この店のは半年〜一年も熟成しているとのこと。

色も普通のがピンク色なのに対して熟成期間を反映したような茶色。味の方はすんごいまろやかです。

普通の豆腐よう特有の「カド」がなく、丸みのある感じ。初めて豆腐ようを食べた同行者も気に入ってました。

その他、お通しも「沖縄っぽい」味付けで泡盛に良く合います。


散々飲み食いした後に入ったのであまり料理は注文しなかったけど、ぜひ一度時間をかけて楽しんでみたいお店でした。


今晩また行こうかな^^

沖縄紀行 那覇の24時間営業ソーキそば

2014-03-31-06-24-43

450円也。

牛丼、カツカレーと並んで沖縄そばを出す24時間営業の「どん亭」というお店。

いわゆるファストフード的な、すき家とか松屋的なノリ。味のクオリティで言うと、普通の日本そばにおける富士そばあたりの立ち位置。

特別美味いわけではなく、かといって不味いわけではなく、まあ美味い。

こういう手軽な感じで沖縄そばを置いてる辺り、本当に沖縄では身近な食べ物なんだなと感じた。

ちなみになんでわざわざこの店入ったかってーと、酒飲んで寝て、朝6時に目が覚めて腹が減ったからです。さすがに開いてる店は限られてた(笑)

沖縄紀行 那覇のゴーヤチャンプル

2014-03-28-16-28-07

本日2食目。

美栄橋にある我部祖河食堂というお店のゴーヤチャンプルです。お昼に食べたソーキそばと共通して言える事は、やはりこの地元感。プリミティブな味わいというか。

ゴーヤの苦味がバリっと効いています。決して不味いわけではなく、個性が出ていて人によっては好みに分かれるということ。

郷土料理って本来そういうものだよね。で、他の土地に伝える時はエッジを落として食べやすくする。

基本、癖のある料理は好きなので、美味しくいただきました。

沖縄はもうかなり暖かく、Tシャツで過ごしてます。オリオンビールが美味い!^^
Profile
  • ライブドアブログ