※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

映画

劇場版アニメ「傷物語」冷血篇まで観た感想(ネタバレなし)

29760112_0

昨年から上映している三部作「鉄血篇」「熱血篇」に続く三作目「冷血篇」を劇場で観た直後の感想です。
 
まあ、とにかく映像が凝ってて見応えありました。今のご時世、劇場アニメは映像が美麗で当たり前、ってところはありますけど、その中でもCGを駆使した最新鋭のアニメーション技術は素直に凄いと思いました。

「物語シリーズ」のテレビ版は全て見ているのですが、さすがにクオリティは段違い。これだけの作り込みで「物語シリーズ」を見れたのはファンとしてはなかなか感動的でした。

ジャパニメーション万歳!
 
 
ただまあ「これ?わざわざ3部作に分ける必要があったのか?」ってところは議論の余地があるところです。
 
全体的にセリフが多く、どれだけ映像で盛り上げてもどうしても冗長な感じは拭い去れないところ。まあ、そもそも原作がそういう作品なので、忠実に再現しようとするならば、こうなるのは 仕方ないっちゃぁないのですが。
 
なので、制作側の選択肢としては、
 
・3部作にして原作を忠実に再現する。
・色々端折って足早にして1作で終わらせる。
 
っていう2つがあったと思うのですが、どちらにしても不満は出たでしょう。端折ったら端折ったで「このシーンを端折るなんて!」って憤るのがファン心理ですので(笑)
 
で、あれば、3部作にすれば収益も上がるし(どうせファンは全部見るし、円盤も買う人は全部買うし)、っていう大人の事情で前者を選んだのは納得するところではあります。
 
 
まあでも、このクオリティでちゃんとしっかり「傷物語」を描いてくれたってのは、ファン的には嬉しいところ。
 
 
あと、特筆すべきところは「思春期的なお色気シーン」。
 
そう、思春期的なんです。あの、十代の頃に感じられていた、あのムズムズするような甘酸っぱいエロティシズム。
 
この「ムズムズ感」の感じさせ方が秀逸でした。
 
昨年大ヒットした「君の名は。」が、思春期の頃の”ピュアな感覚”を想起させるのに対して、こちらは”エロな感覚”です(笑)
 

まああと、描写的に首がぽんぽん飛んで、血飛沫どぶしゅーで、残酷っぽいシーンもあり、家族やカップルで見たら色々と凍りつくような代物ですので、ぜひ一人でこっそり悶々を見てくださいませ^^
 
(シリーズ物の物語の時間軸の中で一番最初の話になりますので、「物語シリーズ」を初めて観る人にもオススメです。これを見てから第一作目の「化物語」を観ると、色々感慨深いかも?!)


映画「ハンニバル」を観た

ハンニバル


久しぶりに、観た映画について語ってみたいと思います。

リドリー・スコット監督の「ハンニバル」を観ました。
「羊たちの沈黙」の続編です。

劇場公開当時のレビューでは、
「前作の『羊たちの沈黙』は良く出来たサイコサスペンスだったのに、今作の『ハンニバル』はただ悪趣味なだけのグロ映画になってしまった」と語られていました。

観てみた感想としては…うん。確かに悪趣味なグロ映画でした(笑)
前作みたいに謎に迫っていく感じではなく、ひたすら人食いレクター博士が大活躍!

敵役(?)である大富豪メイスンも素晴らしい変態っぷりを見せてくれました♪


僕は、この映画はラブストーリーだと思います。

一つは、レクター博士のかつての被害者である大富豪メイスンによる、レクター博士への愛憎入り交じる変態的な殺意。これは歪んだ形の恋なんじゃないかと。こんな片思い嫌すぎるけど(笑)

もう一つは、FBI捜査官クラリスと逃亡犯レクター博士の間の不思議な信頼関係。
クラリスはレクター博士を追う立場だけど尊敬もしているし、レクター博士はそんなクラリスに対して敬意と愛情を持っています。

それは娘を思うような愛情でもあり、一人の女性に対する愛情でもあり、もしかしたら歪んだ欲望も含まれているのかもしれない。

いずれにしろ人食いレクター博士はクラリスに対しては終止紳士的な態度を崩さず、最後の極限の状態まで彼女を傷つけることはなかった。

レクター博士は生粋の猟奇殺人鬼でカニバリストだけれども、異常性欲殺人者とは違うんでしょうね。人を食べるけど、それは性欲から来るのではない。劇中に「侮蔑の意味で食べている」というセリフがありましたが、だからクラリスへの透明な愛情を保っているということなのでしょう。

恐ろしい猟奇殺人者ではあるけれど、彼独自の理念があり美学があり、愛する者と憎む者・侮蔑するものを明確に分けている、というあたりが、グロテスクでありつつも魅力的なキャラクターである要因なんじゃないかと思います。

ちなみに物議を醸した最後のグロシーン。僕は大爆笑しながら観てました。
「レクター博士…センス良過ぎだぜ!(笑)」

シュールでアバンギャルドで変態的な悪趣味映画。
結構楽しめました♪


映画[TED]を観てきた(主に吹替版の感想)。

画像1字幕版と日本語吹替版両方。
エゲツない程の下ネタを売りとしたこの映画。何気に感動させるところはしっかり感動させる、しっかりとしたハリウッドエンターテイメントでした。

最初に字幕版で観て、その後にどうしても有吉の吹替版が気になって結局二回観た訳ですが、しっくり来るのは字幕版でした。

元のテッドの声は割とおっさんなイメージなんだけど、有吉の吹き替えだと若いクソガキって感じ。まあどっちにしてもロクでもない訳だが…。

どちらも「最低だ!(笑)」的に楽しめる。有吉の吹き替えはよりクソ野郎な感じで場面によってはパンチが出てて良い塩梅なんだけど、良い場面になるとなんか違和感を感じるんよね。まあ、声優としての技量を求める方が無理な注文な訳だが。

良い場面で良い事言ってるんだけど、有吉がしゃべってるから、なんか上っ面っぽいっつーか胡散臭く聞こえるの。

まー、テッドは「悪い友達」ってポジションだから、それはそれで合ってるといえば合ってるのだが。

日本語訳はほとんど同じなんだけど、印象が全然違くて、こちらはこちらで楽しめました。

「アウトレイジ ビヨンド」を観てきた(※ネタバレなし)



劇場にまで出向いて映画を観たのは数年振りのこと。
出不精の僕がわざわざ公開早々に観に行ったという事は、それだけ前作の「アウトレイジ」が激烈面白かったという事。

これから観る人の為に極力ネタバレはしないつもりだけど、それでもまっさらな状態で観たい人は、見終わるまでこの先は読まない方が良いかも知れない。ただ、それでも一つだけアドバイスするならば、前作とは別の映画を観るつもりで、同じモノを期待しないで本当にまっさらな気持ちで観るべきだと思う。

監督の北野武も別の映画として撮った、と言っていた。だから、続編というよりは、北野武の新作映画として観るのが一番楽しめるスタンスかもしれない。

どういう事かざっくり言ってしまうと、前作よりは観てて頭を使うよ、という事。
前作も陰謀と裏切りの連続だった訳だけど、今作は更に各勢力、各人の思惑が入り乱れてて、発火するまでの時間が少し焦れったく感じる人もいるかも知れない。実際的な暴力シーンも目白押しだが、欲望渦巻く政治劇の側面が大きいのが今作の特徴だと思う。

そして、前作は何度も気軽に見返せるのに比べて、今作は一度観れば充分かな、と感じる。それは、決して面白くないから、という訳ではなくて、やっぱり作品としての質感が違うという事だ。一度観て、何かが心にじんわりと残る。そんな作品。

さりとて、この作品は紛う事無き暴力映画である。「バイオレンス・エンターテイメント」なんて耳障りの良い表現にするべきではなく、まさしく「暴力」そして「悪人達」を描いた作品だ。これを観たからといって今後の人生に活きる事は何もなく、有益なメッセージは何も得られない(※むしろ、青少年諸君に於かれましてはこの作品がフィクションであり、真似するものではないという事を重々ご理解いただきたい)。

それでも何か一つを挙げるのであれば「悪人の末路なんざこんなもんだ」という事だが、それはテーマでもメッセージでもなく、当たり前の大原則として、むしろそこから全てが始まっている。何かを伝えようとかそんなんは一切考えず、徹底的に娯楽に徹しているのがこの映画の面白さの所以と言えるだろう。

花火にメッセージはない。ただ、夜空にほんの一瞬、綺麗な花を咲かせて跡形もなく消えるだけだ。観る側もそれ以上のものは求めない。ただただ、瞬間にのみ存在する美しさを愛でるだけである。
この映画の悪人達はそれぞれに信念を持ち、火薬が爆発するように生き、そして華々しく死んでいく。観る側は深い事を考えず、その様を観て思い思いに楽しめば良いのだ。

いずれにせよ、事の顛末はきっちりと描かれているので、前作を観た人には絶対に観ていただきたい。

僕にはこの結末が、とても美しいものに思えたのです。

映画『アウトレイジ ビヨンド』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/outrage2/

いけちゃんとぼく 実写映画化

ブログネタ
邦画 に参加中!


プロモーションとして仕方がない事なんだろうけど、サイトとか予告編見るとオチがまるわかりってのは如何なものかと思う。でも、オチ知ってても、多分見たら泣くような気がする。だって、予告編だけで、もう既に泣きそうだもの。

6月20日から角川シネマ新宿ほか全国ロードショーだそうでーす。

映画「いけちゃんとぼく」公式サイト
http://www.ikeboku.jp/

江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間5

ブログネタ
SF・特撮・ファンタジー・ホラー全般 に参加中!
HORRORS OF MALFORMED MEN : 江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間 [DVD]HORRORS OF MALFORMED MEN : 江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間 [DVD]
出演:吉田輝雄
販売元:Synapse
発売日:2007-08-28
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

石井輝男監督作品。
B級でツッコミどころ満載だが、土方巽による暗黒舞踏の映像作品でもある。
孤島に籠り、攫って来た人達を次々と奇形人間に改造する狂人・菰田丈五郎を演じる土方巽の動きが物凄く奇妙なんだけど、そこに作為性は全く感じられず、むしろあるがままの自然なものに見えた。主人公の一団が奇形人間に満ちた島の中を案内されるシーンは必見。

一部ではカルトな人気を誇るこの映画だが、諸事情により日本国内ではレンタルはおろか発売すらされていないものの(内容的にTVで放送とか絶対無理)、海外でも大層な人気のようで、全米でHorrors of Malformed MenというタイトルでDVDが売られている(amazon.co.jpで購入可能だがリージョンコードが異なり、普通のDVDプレイヤーでは再生できないので注意が必要である)。
ちょっと見るのが一苦労な映画だが、アンダーグラウンドでダークな映像世界が好きな人は是非観るべき。

◆詳しい解説サイトなど
Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E6%88%B8%E5%B7%9D%E4%B9%B1%E6%AD%A9%E5%85%A8%E9%9B%86_%E6%81%90%E6%80%96%E5%A5%87%E5%BD%A2%E4%BA%BA%E9%96%93

CLUB BUILD-GAMO クズビデオ49日
http://www.vega.or.jp/~bazil/junkvideo/kikei.htm

映画瓦版
http://www.eiga-kawaraban.com/95/95050708.html

悪夢探偵4

塚本晋也監督作品。
この人の映画大好きなんだよね。「鉄男」で打ちのめされた口なのだ。
わりかし前衛的な作品が多いんだけど、今回の悪夢探偵はかなりエンターテイメントしてた。ダークだけどヒーローもの。でもエッジの効いたスタイリッシュな映像は健在。夜中に見てたらおどろおどろしくて少し怖かくなった。松田龍平演じる鬱っぽくてキモい感じの主人公も良い味出してる。

ストーリー的には一回観れば充分だけど、映像だけ適当に流してぼんやり観る感じでなら何度でも観れそう。
シリーズ2作目の製作も開始してるという事なので、今度は劇場で観たいものだ。

公式サイト
http://www.akumu-tantei.com/

UDON3



観てたらうどんが食べたくなりました。
なのでうどんを茹でて、かま玉にして食べました。

おいしかったです。

公式サイト
http://www.udon.vc/movie/

DEATH NOTE the Last name4

前編よりは全然面白かった。
ラストが秀逸なのだが、友人のWeb日記によると、このラストは元々原作で考えられていたものらしい。本来はL編で終了する予定だったのが、人気があった為ズルズルと連載を延ばしてたらしい。なんともジャンプらしい話だ。原作もこれで終わっておけば良かったのに。ぶっちゃけニアとかメロとかいらん。

途中までは(前編も含めて)原作を読んだ人はあまり観る意味はないと思うけど、このラストの為だけに観る価値はあると思う。

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ3

f301d8a2.jpg木更津キャッツアイ完結編。
TV版は大好きだった。前作「日本シリーズ」の時点でやり尽くした感があったので、大して期待しないで見たんだけど、所々にテンポ良くちりばめられてる小ネタはなかなか面白く、最後まで飽きずに見れた。流石クドカン。やっぱ見せ方うまいね。
前作ではとことん馬鹿騒ぎした感じだったのに対して、今回はほんのり泣かせる感じ。ただ、どうにもTV版の最終回に比べると見劣りしてしまう事は否めない。いや、これはこれでいいんだけれど。ぶっちゃけTV版で完結してても良かったんじゃないかと思う。

とかなんとか言いつつも、期待してないにも関わらず劇場公開早々に見に行ってるあたり、僕は木更津キャッツアイが好きなのだ。あの5人にまた会えて良かった。ぶっさんバイバイ!
Profile
  • ライブドアブログ