※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

漫画/アニメ

劇場版アニメ「傷物語」冷血篇まで観た感想(ネタバレなし)

29760112_0

昨年から上映している三部作「鉄血篇」「熱血篇」に続く三作目「冷血篇」を劇場で観た直後の感想です。
 
まあ、とにかく映像が凝ってて見応えありました。今のご時世、劇場アニメは映像が美麗で当たり前、ってところはありますけど、その中でもCGを駆使した最新鋭のアニメーション技術は素直に凄いと思いました。

「物語シリーズ」のテレビ版は全て見ているのですが、さすがにクオリティは段違い。これだけの作り込みで「物語シリーズ」を見れたのはファンとしてはなかなか感動的でした。

ジャパニメーション万歳!
 
 
ただまあ「これ?わざわざ3部作に分ける必要があったのか?」ってところは議論の余地があるところです。
 
全体的にセリフが多く、どれだけ映像で盛り上げてもどうしても冗長な感じは拭い去れないところ。まあ、そもそも原作がそういう作品なので、忠実に再現しようとするならば、こうなるのは 仕方ないっちゃぁないのですが。
 
なので、制作側の選択肢としては、
 
・3部作にして原作を忠実に再現する。
・色々端折って足早にして1作で終わらせる。
 
っていう2つがあったと思うのですが、どちらにしても不満は出たでしょう。端折ったら端折ったで「このシーンを端折るなんて!」って憤るのがファン心理ですので(笑)
 
で、あれば、3部作にすれば収益も上がるし(どうせファンは全部見るし、円盤も買う人は全部買うし)、っていう大人の事情で前者を選んだのは納得するところではあります。
 
 
まあでも、このクオリティでちゃんとしっかり「傷物語」を描いてくれたってのは、ファン的には嬉しいところ。
 
 
あと、特筆すべきところは「思春期的なお色気シーン」。
 
そう、思春期的なんです。あの、十代の頃に感じられていた、あのムズムズするような甘酸っぱいエロティシズム。
 
この「ムズムズ感」の感じさせ方が秀逸でした。
 
昨年大ヒットした「君の名は。」が、思春期の頃の”ピュアな感覚”を想起させるのに対して、こちらは”エロな感覚”です(笑)
 

まああと、描写的に首がぽんぽん飛んで、血飛沫どぶしゅーで、残酷っぽいシーンもあり、家族やカップルで見たら色々と凍りつくような代物ですので、ぜひ一人でこっそり悶々を見てくださいませ^^
 
(シリーズ物の物語の時間軸の中で一番最初の話になりますので、「物語シリーズ」を初めて観る人にもオススメです。これを見てから第一作目の「化物語」を観ると、色々感慨深いかも?!)


ドラゴンボールZの劇場版が150%「鳥山明」で「ドラゴンボール」で「Z」だった!

dragonballz-f

いや、本気で驚いたよ!


…え〜、ごほん。遅ればせながら、ドラゴンボールZの劇場版「神と神」「復活のF」を続けて観ました。

ドラゴンボールと言えば、現在最新作の「ドラゴンボール超」が現在テレビで放送されていますが、この二作品は現在のテレビ版の元になったものです。


僕、ドラゴンボールの劇場版にはあまり良いイメージなかったんですよ。話が薄っぺらい感じがして。そもそもアニメ版自体嫌いでした。

原作連載当時にリアルタイムで読んでた口なんですけど、アニメのオリジナルエピソードになんか違和感があったんですよね。見てて気恥ずかしいっていうか。なのでフリーザ編の途中で見るのを止めてたんですけど…、

近年になって制作された「神と神」と「復活のF」の二作品、
めちゃめちゃ面白いです。


それもそのはず、二作品とも原作者の鳥山明が脚本に関わっています(「神と神」は監修、「復活のF」は100%鳥山明脚本です)。

そんなこともあって、アニメの「Z」よりも原作と同じ感覚で楽しめたわけです。
つまり、「Z」よりも「ドラゴンボール」であると言えます。


更に。
「ドラゴンボール」であると同時に、それ以外の「鳥山明」らしさも感じられました。

数年前にジャンプで短期連載されてた「銀河パトロール ジャコ」のキャラクターが登場するのですが、そのあたりは完全にドラゴンボールを離れた「鳥山明」のテイストです。

もちろん、アニメならではのド派手な演出は「Z」ならでは。
つまり、この二作品はとことん「鳥山明」で「ドラゴンボール」で「Z」なのです。


そして更に。
原作を遥かに超えちゃってます。

ラディッツ編以前はもはや別の漫画なので比較できませんが、以降のエピソードであれば、僕はこれらの劇場版の方が好きですね。

より洗練された、より濃密なドラゴンボールであると言えるでしょう。


ちなみに、現在放送されているドラゴンボール超の方は…、ノーコメントということで(笑)


そんなわけで、昔ドラゴンボールが好きだったのであれば、劇場版二作品、ぜひ観てください。

僕らが好きだった「あのドラゴンボール」の150%が見れます。

極黒のブリュンヒルデ


最近、いろんな人が面白いと言っている「極黒のブリュンヒルデ」を読みました。

ジャンルで言うと”超能力バトルもの”

物語の軸になるのは”機関”によって人工的に作られた”魔女”です。
彼女らは一人一人異なる能力(対象を破壊するものだったり、未来予知をしたり)を使える代わりに、定期的に”鎮死剤”を飲まないと身体がドロドロに溶けて死んでしまうという設定です。

その機関を脱走した魔女たちが、追っ手の魔女と闘いながらどうにかこうにか生きていく、というお話。


うーん。これだけ見るとすんごい中二病っぽい設定(笑)

けど、物語としては結構重めです。
わりとメインキャラもサクっと死んじゃったりするし。話の筋としても、絶望から逃れるために絶望へと走るような感じです。それでも読んでみるとわりと軽く読めてしまうのが不思議なところですが。軽いタッチの絵柄と、キャラクター同士の軽快なトークによるものでしょう。

主人公が超記憶症候群(一度見たものは映像として完全に記憶されて忘れることができない)の高校生で、彼が脱走した魔女たちのリーダー兼参謀的な役割をするのですが、その彼の策略っぷりが読んでて一番面白いですね。

好きなんですよ。こういう策士キャラ。

これまでも毎週、これの漫画が連載されているヤングジャンプには目を通してたんですけど、チラ見程度では全然面白さがわからんかったんですけど、通して読むとかなりしっかりした内容であることがわかります。

話が進むごとにどんどん謎の核心に近づいていく感じで、読み始めると止まらんですね。面白いんで是非読んでみてください^^

20世紀少年のラーメンを「神座」で再現してみた。

最近、浦沢直樹の「20世紀少年」読んだんですよ。
以前、途中まで読んでそのままだったのを、改めて1巻から一気に読んだんですけど、これがめっちゃ面白い!

んで、この漫画の中で、ラーメン屋が出てくるんですけど、これが超絶美味そうなんです。
主人公のオーダーはいつも決まっていて、

「にんにくラーメン」を
「麺かため。メンマ少なめ。ネギ大盛り。チャーシューおまけして。」

で、これを超美味そうに食べるわけです。
こんな感じで↓
20世紀ラーメン

なんか、こういうの自分も食べたくなるじゃないですか?
それでなんとか再現できないものかと考えてみました。

「にんにくラーメン」という表記ですが、これでは何ベースのラーメンなのかわかりません。醤油なのか味噌なのか豚骨系なのか。

大体、にんにくを入れるラーメンといえば博多系の豚骨ラーメンですが、店の外観的に普通の街にあるような中華そば系の感じです。

なので、ここはオーソドックスな醤油ベースなのではないかと想像します。それにニンニクが入っており、トッピングとしてチャーシューと大盛りのネギが入っている。

つまり、ネギチャーシューメンにおろしニンニクを入れれば、同じ感じになるのでは?!と思いました。しかし、普通の醤油ラーメンを出す店で卓上調味料としてニンニクを置いてる店は多くありません。

そこで、新宿の「神座」に行きました。ここならニンニクがあります。
オーダーは「ねぎラーメン」に「半チャーシュー」トッピング。ついでに大盛りにしました。

これです。↓
写真 2014-02-10 14 22 19


これに卓上のおろしニンニクをたっぷり入れます。結果…、

こりゃ美味い!


醤油ラーメンにニンニク入れるって、あまりイメージ湧かなかったんですけど、めちゃめちゃマッチします。スープにコクが出るし、チャーシューの脂っぽさにニンニクの風味が加わって深みが出ます。それにネギのシャキシャキ感とフレッシュな辛みが加わる…。

こいつは黄金の組み合わせです!

そんな訳で20世紀少年風の「ネギチャーシューメン ニンニク入り」
最近の超お気に入りになりました^^

ちなみに、20世紀少年の単行本、メガヒットして在庫が溢れているせいか、中古本が恐ろしく値崩れしてます。特にAmazonのだと全巻セットで送料込みでも1400円程度で揃えられます。満喫で読むよりも安く上がってしまうという…

↓まだ読んでない人は激烈面白いので是非読んでみてください^^


※「中古品の出品」をクリックしてください。

攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain を観てきた(ネタバレなし)



※今回の記事は好き好きファンの独り言です。説明なしで、端的に感想だけ書きますので、
気になる人は下のリンクから公式サイトを見てください。ってか、ぜひ見てください。


どうなのかな、なんて思いながら観に行ったんだけど、存外に面白かった!
一作目とかイノセンス、SAC(STAND ALONE COMPLEX)など他の作品と比べたがる人は酷評するかも知れんけど、比べるだけ野暮でしょこれは。全くの別物だけど、ちゃんと攻殻機動隊だったと感じた。

一作目なんかは登場人物全員が疲れちゃってる感じだったし、イノセンスは喪失感のイメージなんだけど、今回のARISEはハードな描写も有りつつ、そういう陰鬱さよりも、「これから始まる」っていうフレッシュなワクワク感前に出てたと思う。
少佐(今作では三佐だけど)のキャラクターデザインがエラい地味になったけど、前日譚って考えればこれで良いんじゃないかと。このARISEで何作か出るみたいなんで、段々オリジナルの少佐に近づいていくのかなーなんて思うと胸熱だね。

今回はサウンドトラック作ってるのが菅野ようこさんじゃなくてコーネリアスなんだけど、これはこれでカッコ良かった。エンディングテーマも凄い良かった(iTunes Storeで見かけたら多分買う)。

これから観に行く人は、ぜひ少佐のメスゴリラっぷりを楽しみにしててください(今回は本当に「メスゴリラ」です。もう狙ってるとしか思えません)。それ以外でも、今までの作品の特定のシーンを彷彿させて、観る側の記憶を発火させるような手法がちょくちょく見えたりして、ファンとしては色々たまらん仕掛けが満載です。

いやほんと、50分でよくここまで詰め込み、まとめたなと。すんごい濃密だった。
やっぱね、ジャパニメーションは素晴らしいっすよ。ええ。

攻殻機動隊ARISE -GHOST IN THE SHELL-
http://kokaku-a.com/

いくさの子~織田三郎信長伝 漫画/原 哲夫 原作/北原 星望

いくさの子~織田三郎信長伝 1 (ゼノンコミックス)
いくさの子~織田三郎信長伝 1 (ゼノンコミックス)
クチコミを見る


北斗の拳で有名な漫画家、原哲夫さん。
「花の慶次」「影武者徳川家康」「SAKON(左近) -戦国風雲録-」などなど、戦国物を書くイメージはあったんだけど、前田慶次に島左近に家康の影武者など、わりとマイナーなところを描いてきた感じである(前田慶次はむしろこの人の漫画でメジャーになったけど)。

惜しまれつつも休刊となったコミックバンチの後継誌の一つである月刊コミックゼノンで、その原哲夫による織田信長の漫画が連載されている、という事を穝所に知った時は「コミックバンチの失敗(休刊)を受けて、本当にエゲつなく数字を取りに来たな」という印象だった。そんなの読みたいに決まってるじゃん!

そんな大御所引っ張り出して、素材は超メジャーな戦国大名 織田信長!これが面白くない訳がない。って事で、本屋で単行本を見かけたもので買ってみた。

「いくさの子 織田三郎信長伝」
現時点で刊行している一巻は信長の少年時代を描いている。吉法師(信長の幼名)12歳の頃、祭り見物に向かうべく船に乗っていたところを海賊に拉致される。おっかない海賊の首領を前にしても一行に怯まず、同じく海賊の囚われていた南蛮人のフランシスコ(おそらくザビエル)に興味津々。
自分の身代金を自分で吊り上げて、父である信秀がそれを支払い救出された後は悪ガキ仲間で組織した兵隊を引き連れて海賊船を襲撃。父が支払った身代金を奪い自分の軍資金にしようと目論む…という話。

と、まあ、忠実な史実物ではなく、多分に創作を交えた冒険活劇に仕上がっている。吉法師は普通に刀振り回してガンガン首を切り飛ばしていくし、平手政秀のじいやが筋骨隆々で吉法師の師匠的なポジションで北斗の拳のリュウケンみたいだし。

いやもう、本当に面白い!読んでてワクワクする。これは男の子が大好きな類いの漫画だね。吉法師のカリスマ性とか強さへの探究心とか、皆の想い描く織田信長を上手くデフォルメした上に絶妙に味付けされているの。今後続々と登場するであろう史実上の武将達がどういった描かれ方をするのか、実に楽しみである。

大御所漫画家と出版社が手を組んでガチで数字を取りにいったらどういうものが出来るか、という事をまざまざと見せつけられました。

鬼灯の冷徹 江口夏美

鬼灯の冷徹(1) (モーニングKC)
鬼灯の冷徹(1) (モーニングKC)
クチコミを見る


最近お気に入りの漫画。モーニングで連載している。

「あの世には天国と地獄がある。
地獄には八代地獄と八寒地獄の二つに分かれ、
さらに二百七十二の細かい部署に分かれている。
そんな広大な地獄で、膨大な仕事にサラリとこなす鬼神。
それが閻魔大王第一補佐官・鬼灯(ほおずき)である!

冷徹でドSな鬼灯とその他大勢の
わりかし楽しげな地獄DAYS!」

以上、裏表紙の説明より。

亡者にとっては責め苦を受ける辛い地獄、それを管理する鬼達にとってはそれはそれで大変な職場である。閻魔大王はエラい人だけどお人好しでそんなに仕事ができる訳ではなく、人手不足でてんてこ舞い。そんな大王よりもバリバリと仕事をこなすクールなインテリ補佐官・鬼灯が主人公のサラリーマン(?)喜劇。

まあギャグ漫画です。キャラと小粒小粒のネタが売り。あと個人的に絵柄がすっごい好み。
見所はやっぱり鬼灯のドSっぷりだね。切れ長の涼しい外見で冷徹で切れ者で丁寧口調。で、とりあえず容赦はしない。見ていてなかなか爽快である。でも動物好きという意外な一面も。「コアラめっちゃ抱っこしたい」はいはいギャップ萌え。
あと、閻魔大王とか桃太郎とか犬猿雉とか同僚とか細々細々キャラがそれぞれ楽しい。

多分、聖おにいさん好きな人は好みなんじゃないかなー。

講談社「進撃の巨人」諫山創

進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)
進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)
クチコミを見る

「この漫画が凄い」的な雑誌で取り上げられてる結構な話題作なのだそうな。

舞台は遥か未来。
人類のほとんどは突如として現れた巨人達に喰い尽くされて絶えてしまった。僅かに残った人々は巨人が超える事が出来ない巨大な壁を築き、その内側に街を作ってどうにかして生き延びている。壁の高さは50mで巨人の身長は大きくても15m。巨人の出現から100年の間、壁の内側の街は平和だった。

街の形は円状になっており、中心部に向かって壁は三重に作られている。一番外側の壁ウォール・マリア。二番目の壁ウォール・ローゼ。一番内側のウォール・シーナ。それぞれの壁の間に街がある。内側に行く程に安全性が高いため身分の高い人々が住み、ウォール・シーナの内側には王が住んでいる。

そして、巨人の出現から102年後のある日、壁の高さである50mを超える超大型の巨人が現れた。巨人の一蹴りにより壁には多くの穴が空き、そこから多くの巨人達が街へ侵入して次々に人々を食べていった(壁に穴を空けた超大型の巨人は何故かすぐに姿を消した)。
人々は必死に第二の壁ウォール・ローゼの内側へ避難するが、結局間に合わずに多くの死者を出し、結果としてウォール・マリアは陥落。人類は人口の2割を失い領土の1/3を失った。

主人公の少年エレン・イェーガーは巨人が街に侵入した日に母親を目の前で巨人に喰われた事に巨人の存在を強く憎悪、「巨人をこの世から一匹残らず駆逐する」と強く決意する。

ウォール・マリアから5年後、訓練兵団を卒業したエレンは壁外の巨人領域に挑む「調査兵団」に志願する。巨人を駆逐するために。
ちょうどその日、再び超大型の巨人が現れた。再び一蹴りで壁に穴を空ける巨人。兵力が整わない中、訓練兵団を卒業したばかりの少年達だけで巨人達に挑む事になる…、というお話。


見所は、少年漫画にあるまじき絶望感。
もうね、巨人の力が圧倒的なの。仲間はサクサク喰われて死んでいきます。巨人は首を吹っ飛ばされても死ななくてあっさり再生しちゃうんだけど、首の後ろに急所があって、そこの肉を大きく削ぎ取る事によって氏に至らしめる事ができる、…んだけどそうするまでに大体巨人に食べられちゃうのです。しかも、巨人の造形がまあ気持ち悪い。ことごとく中年のおっさんなの。脂ぎってる感じの。
その極限状態で輝く人間模様!対巨人用装備のメカニックもなかなか男心をくすぐってくれます。

先の展開が気になって仕方がない。今時珍しい、キャラ萌えに頼らずに真っ正面から話の面白さで楽しませてくれる良作。老若男女問わず、漫画が好きな人みんなにお勧めしたい!

少年画報社「ナポレオン-獅子の時代-」長谷川哲也

ナポレオン獅子の時代 1 (ヤングキングコミックス)
ナポレオン獅子の時代 1 (ヤングキングコミックス)
クチコミを見る


平野耕太「ドリフターズ」が好き過ぎて、それの最新話を読む為だけの為にヤングキングアワーズを買っている僕だが、毎月読んでいるうちにお気に入りの漫画が一つ増えた。それが今回紹介する「ナポレオン-獅子の時代-」である。

これはいわゆる軍記物の劇画漫画である。特徴としては、女子供に全く媚びていない事。最近の漫画といえば、アニメ化を想定して絵が丸っこかったり、萌え要素とかBL臭を絡めたり、というのが大体の漫画に見受けられる。特にこれを連載しているヤングキングアワーズなんかはそれが顕著だったりするのだが、この漫画のみが異彩を放っている。

とにかく、男臭い。汗臭い。血なまぐさい。男も女もギラギラしてるし、首とかバンバン飛ぶし。一連のナポレオン戦争では約200万人の死者が出たそうな。そんな人がゴロゴロ死んでいく時代。フランス超こえー。そういう時だからこそ強く猛々しい男というのが際立つ訳です。

とにかく、キャラが濃い。そして熱い。主人公のナポレオンを初めとして、フランス革命の立役者ロベスピエール、後の大陸軍の元帥となるマッセナ。ツーロン攻囲戦の将軍デュミゴエ。どれも男臭くてギラついてていちいちカッコいい。

それで、描写もいちいち生々しい。銃火の雨に晒されながら行軍する軍楽隊とか、砲弾で身体の半分が吹っ飛んでる同僚の様を見る兵士とか、血なまぐささが漂ってきそうだ。ルイ16世もマリー・アントワネットもギロチンで首切られて汚い籠に落とされるし。
革命の煽りで罪もない市民が次々と虐殺されたりもする。そんな中でギロチンは人道的な処刑方法という扱いで、それじゃ埒があかないってんでまとめて大砲で吹っ飛ばしたりとか。酷い時代だ。

フランス革命って「ベルサイユの薔薇」の絵柄のイメージが強くって、なんとなく華々しい印象があったんだけど、まあそんな訳ないですわな。徹底的に男性原理で古代中国ばりに苛烈な時代であった事が伺える(ちなみにベルサイユの薔薇も実は読んだ事がない。この漫画でその辺の時代に興味を持ったので、今度読んでみようと思う)。

そんな訳で、お子様とご夫人方の人気は到底得られまい(好きな人は好きだと思うけどね)。池上遼一や倉科遼あたりの成り上がり物が好きな人は読んでて血がたぎってくるんじゃないかな。

単行本は5巻まで買ったけど、早く全巻揃えたいと思っている。漫画喫茶で一気に読むんじゃなくて、コラムの大陸軍戦報を読みながら、じっくり時間をかけて読みたい。万人にはお勧めしないけど、かなり好きな漫画です。

「グランダルメ(大陸軍)は世界最強ォォ〜〜ッ!!」

「食の軍師」 泉昌之

食の軍師 (ニチブンコミックス)
食の軍師 (ニチブンコミックス)
クチコミを見る


食の楽しみは段取りで決まる!
数あるメニューの中から何をチョイスするか?!
どういう順番で食べるか?!
備え付けの調味料を如何に使うか?!
酒は何を合わせるか?!

食は戦なり!さあ陣を敷いてみよ!

そんな、食の段取りに命をかける食の軍師(笑)が主人公のグルメ漫画。

とにかく段取り命なんですよ。主人公。
んで、たまたま居合わせた客を見て「こやつ…デキル!!」とか勝手にライバル視して、勝手に張り合うの。ウザい。
しかも所々で三国志に例えてくるのが実にウザい。

相手が注文した物は頼んじゃいけないみたいなルールを勝手に作って
「そのタネをとられちゃあ こちらは翼をもがれたも同然ではないか!!」とか。
いいじゃん!頼めよ!同じの!美味そうなんだろ?!

で、一人で盛り上がって勝手に敗北感を感じるという。楽しそうだなぁ。


段取り君の滑稽さを楽しむギャグ漫画なのですが、僕が酒を飲む時の肴として食べる物の段取りに結構血眼になる人間なので、決して他人事ではなかったり。同族嫌悪というか、同病相哀れむというか。すみません愛読書です。

ちなみに、もつ焼きの回がお気に入りで、読むとついつい食べたくなってしまい、一時期それで週4くらいのペースで焼きとん喰ってた時期があった。食欲を刺激する、危険な漫画であります(笑)
Profile
  • ライブドアブログ