またまた行っちゃいました。竹屋 中野店。
 
今回は前から気になっていた油そばを注文しました。
 
image

つけ麺と同様のごんぶと麺に甘みのある醤油ダレ。
そして、紅生姜と辛子マヨネーズ。
 
一見するとオーソドックスな普通の油そばにしか見えません。
 
しかし、
 
この紅生姜と辛子マヨネーズが曲者で。
 
味は普通の油そばのはず…なのですが、紅生姜と辛子マヨネーズって焼きそばの添え物じゃないですか。
なんかね、焼きそばを食べてるような気分になるの(笑)
 
さらにこのごんぶと麺。
なんかね、うどんっぽいテイストもあるもんだから、焼うどん的にも感じられたりして。

で、実態はちゃんと油そばなわけで。


焼きそばを食べてるんだか、
焼うどんを食べてるんだか、
油そばを食べているんだか、

脳が惑うわけです。


お味の方は当然美味しいんだけど、それで頭がグルグルと回って、なんというか異次元的な美味しさなのです(笑)

普通、油そばと言えば卓上調味料を色々入れて自分好みに味を整えるのが醍醐味だったりするわけですが、何も入れなくてもこのままの「惑う感じ」が面白く、
 
半分以上はそのままの状態でいただきました。


ちなみに、事前にネットで調べたところ、辛子マヨネーズは全部混ぜ込むと美味しいんだけど、後から何を入れても味が変わらなくなる、というのがあったので、混ぜ込まずにその都度箸に少量つけて食べる、という形にしました。

マヨネーズあり、なし、それぞれの味を交互に楽しめるので、我ながらナイスアイデアでした。


で、最後の最後にようやく卓上調味料のラー油、お酢、おろしニンニクなどを入れてみたところ、ちゃんと(脳が惑うことなく)普通の油そばの味になりました。もちろん、こちらも大層美味です。


ってことでこちらの油そば。調味料の加減で一杯を様々な形で楽しめる、とてもお得な一品であると言えるでしょう。

個人的には「油そば」という大枠の中でもトップの部類に入るお気に入りの代物です^^