僕は登山が趣味なのですが、山で食べるご飯には格別の美味さがあります。
 
image

長時間の山登りで身体が疲れていること。空気が美味しいこと。大自然というシチュエーション。それだけで単なるカップ麺がものすごいご馳走になったりします。
 
しかし、そういう「山登り補正」無しにしても抜群に美味しいのが、奥高尾(高尾山の頂上の更に奥に連なる山々)にある「城山」の山頂の売店で売っている「なめこ汁」です。


高尾山〜陣馬山の間のそれぞれの山頂で「なめこ汁」はいただけますが、それぞれが異なる物になっています。

例えば高尾山の「なめこ汁」は普通のオーソドックスなものなんですけど、この城山の「なめこ汁」はキノコからして違います。
 
image

ご覧の通り、キノコのカサが開いているの。
で、これが独特の食感があって激烈美味しいわけです。

ちなみに普通の「なめこ汁」は味噌汁がベースになっていますが、ここのは醤油がベースになっているそうです。なんでも長時間煮込んでも味が崩れないためなんだとか。

で、普通に美味しいのに加えて「山登り補正」もありますので、これがたまらないご馳走になるわけです。


本当にね、これだけ食べに来ても良いレベル(笑)
 
 
城山は、高尾山の山頂から大体70分ぐらい歩いたところ。
歩くペースにもよりますが、高尾山の麓からであれば 2〜3時間ぐらいといったところです。

image

自然を満喫しながらの運動がてら「山奥のグルメ」楽しんでみてはいかがでしょうか?^^