東中野銀座通り商店街の早稲田通り側の出口を出て通りを渡ったところにある、渡辺謙似の男前の店主が切り盛りするラーメン屋さん。

image

醤油ラーメン、塩ラーメン、魚介豚骨ラーメン、濃厚(魚介豚骨)つけ麺と、
オーソドックスな王道メニューを取り揃えたお店です。

で、お味の方も王道で、特別変わったところもなく、普通といえば普通なのですが、何を食べても普通以上に美味しく、まさに「王道を往くラーメン屋」であると言えます。


今まで何度も行ってますけど、手堅く美味しいこのお店。
今回、ブログ記事にするべく久しぶりに行きましたが、
「普通以上に美味しい普通のつけ麺」
みたいな切り口で書く予定だったのが、ちょっと(良い意味で)予想を裏切られる展開に。

冬季限定で+50円で「辛味(香味ラー油)」を追加出来るとのことで、濃厚つけ麺に追加してみたのですが、

image

「普通以上に美味しい普通のつけ麺」が
「普通ではないエッジの立った美味しいつけ麺」になりました。

なんかね、濃厚ながらもマイルドな魚介豚骨スープに辛味が加わることで、コントラストができるというか、味が締まるというか。

単に辛くしただけではなく、香味ラー油の香りや風味が追加されることで味がさらに深くなっているわけです。

「辛味」と言っても決して激辛ではなく、あくまでも味を際立たせる程度のピリ辛であるのもGood!(辛いのは好きなんですけど、あとでお腹が痛くなっちゃうんで^^;)


ちなみに、麺の太さは以前から細麺と太麺が選べたのですが、太麺が以前よりも太くなっているように感じます(茹で時間も13分かかります)。より歯応えを楽しめるようになり、こっちもGood!です^^
(まあ、スープの絡みを重視して細麺にするのも捨て難いのですが)


王道的でありながら、常に研鑽を忘れないことのお店、今後も楽しみです♪( ´ ▽ ` )ノ