10年前に書いた「大市民の白菜鍋」の記事が、未だにアクセスを集めているため、10年前の拙(つたな)い文章が恥ずかしくなり、改めて記事を書き起こそうという次第でございます^^;

これねー、美味しいんですよ。
簡単に作れるし、安上がりだし。


ってことで、まずは作り方を解説。

image

1.まずは白材をざく切りにし、白い部分を土鍋に敷き詰めます。


image

2.大きめに切った豚ばら肉のスライスを乗せ、その上にまた白菜…という形で交互にミルフィーユ状に肉と白菜を乗せていきます(葉っぱの青い部分は火が通りやすいため、上の方に乗せるのが良いと思います)。


image

3.水をコップの半分ほど入れます(白菜から水が出るので少量で大丈夫です)。


image

4.土鍋を火にかけます。最初は焦げ付きやすいので極力弱火で!
 特に最初の10分くらいはちょくちょく様子を見て、焦げ付かないようにたまに菜箸で底の方を"こそぐように"突くのが良いと思います。

白菜から水が出てグツグツ言いだしたら少しだけ火を強めます。

image

15分ぐらい煮た状態がこれ。お肉が蒸気で蒸されて、うっすらと艶を放っております^^


image

5.20〜30分ほど煮たら、塩と料理酒を加えてかき混ぜ、全体が汁に浸かるようにします。
(煮る時間は「大市民」の作中でも20分と書かれている場合と30分で書かれている場合がありますが、お好みで良いと思います。)


image

6.そこから再び20〜30分ほど煮たら完成です。
画像では柚子の皮を刻んだものを仕上げに投入してますが、なくてもOKです。


image

7.お皿に取り分け、大根おろし、小ねぎ、ポン酢をたっぷりかけていただきます^^


これだけで超絶贅沢な味わいになります。
白菜がね、長時間煮ることで”柔らか〜く♪”なり、特有の甘みが出て、そこに豚ばらの旨み成分が染み込むわけです。

なので、お肉は絶対に豚ばら推奨!この脂がね、シンプルな材料にリッチ感を加えてくれるわけですよ。


白菜はたっぷりあった方が良いです。
今回は1/4を二人で食べたんだけど、あっと言うまになくなりました^^;
最初は鍋いっぱいになるんですけど、水分が出てかさが減りますので、実はそんなにボリューム感がないんですよね。

なので、大きめの土鍋を用意するか、もしくはかさが減ったところで白菜を追加する感じでも良いのかな、と思います。



さて、この「大市民の白菜鍋」。
お酒は何を合わせるか、という話なのですが…、

原作の漫画に則るならばビール一択となります。

しかし、個人的にはビールだと味が強くてぶつかっちゃう感じがしますので、焼酎のお湯割りをお勧めしたいところ。

image

ってことで、ビールは食前の乾杯程度に少量にとどめ、メインは金宮焼酎のお湯割りに大葉と唐辛子を入れた「金魚」といたしました^^

やっぱりね、これぐらい優しい味がこの白菜鍋にはマッチするんじゃないかと。お湯割りの温もりが身体に染み入ります♪( ´ ▽ ` )ノ

さて、具材を食べ終わったところで、本来は最後の工程が残っております。

image

8.余った汁に、うどんでも、インスタントラーメンでも、生の中華麺でも、ご飯でもいれて〆を作る。
 
多分、何を選んでも美味しいと思います。


ですが…、基本的に酒を飲んだ時は炭水化物は摂らないようにしている関係で、今回は〆はなし^^;

image

余った汁は、お椀に残ったポン酢醤油混じりの汁と合わせてスープとしていただきました(つけめんの割りスープみたいなもんですね)。


ごちそうさま!


ちなみに、知らない人のために説明すると「大市民」とは柳沢きみお氏による、酒と料理のうんちくと世間への小言が詰まりまくった漫画です。

これね、読んでると酒が飲みたくなっちゃうの(笑)


んで、特に危険なのが10年前の記事でも紹介したこちらの書籍。



作中でも選りすぐりのグルメネタを集めた一冊です。
何が良いかって「親父の小言」を読まなくて良いところ(笑)エピソード単位ではなく、グルメに関するページだけが集められていて無駄がありません。

これこそ、読むだけで酒が欲しくなって危険なので、僕は手放しました^^;



あ、全然話が変わるんですけど、白菜鍋と言えば、少し前に紹介したピェンローもお勧めです。

image

『dancyu』読者支持率No1に輝いた人気絶大の白菜鍋「ピェンロー(扁炉)」を作ってみた。
http://esa.blog.jp/archives/51988201.html


今回の「白菜鍋」より手間も材料費もかかりますが…、その分ゴージャスなお味でございます^^