並盛り390円也。
最近もっともお気に入りのうどん屋さんである。

紹介してくれたうどん通の友達曰く「東京一美味い」との事。それで、初めて食べる時は物凄く期待していたのだが…
「…普通じゃね?」
普通のうどんである。関西系の透明なだしつゆである事以外、取り立てて特別だとは思わなかった。

しかし。
しばらく経った頃、急にあの味が気になって来た。もう一回くらい食べてみても良いかな…。

ちょうど、五反田に不定期に通う用事ができたので、用事の帰りに寄ってみた。

その時の感想。「なにこれ!めちゃめちゃ美味いじゃん!」
特別な物を求めていたのがいけなかった模様。オーソドックスな香川のうどんである。そして、オーソドックスにして極上なのである。

透明なだしつゆは何処までも風味きめ細かく、麺は太さも柔らかさも適度で食べやすい。
そして、鶏天。お肉はもっちり柔らかくジューシー。そこはかとなくレモン風の爽やかな酸味が香る。それで、決してだしつゆの味を壊す事なく、むしろ適度に流れ出す脂分がコクを与えている。

一見派手さはなくとも、病みつきになる味。以来、週に一度は食べないと落ち着かなくなってしまった。すっかりトリコである。

ちなみに、月替りのメニューがあり、こちらは実にバラエティに飛んでいる。
今までに食べたのは、しっぽくうどん、担々うどん、肉じゃがうどん等。レギュラーメニューにして欲しいような大当たりな物もあり、首を傾げるような物もあり(笑)
それはそれ、興味深い味ではある。

そんな、僕を魅了してやまないこのお店。当然星5つです。一食の価値あり!