ジャージャー麺といえば、肉味噌のかかった汁なし麺、というイメージなのだが、元々は炸醤(ざーじゃん。肉味噌の事)が乗ってる麺という意味なので、かなり広義の料理を指す事になる。

さて、今日の昼食は東中野の名店として名高い中華料理屋 十番のジャージャー麺である。ここのタンメンは以前紹介したが、これ目当てで休日の昼間には行列ができる程の逸品だ。

さて、それではジャージャー麺はどうかというと…、



大盛り730円也。
うーん。確かに肉味噌がかかってるからジャージャー麺で間違いない。けど、この香り立つ日本味噌。炸醤っていう感じってーか日本の日常食の普通の味噌汁を彷彿する。

いわゆる、普通の「味噌ラーメン」でも日本味噌を使いながらも鶏ガラだしとかがガンガンに効いてたりしてここまで味噌そのものの風味を感じる事はなかったりするので、そういう意味でこれは神経が真・味噌ラーメンといった按配である。
って事で、これは結構この店独自のワンアンドオンリーな料理と言えるかも知れない。

で、美味いか不味いかでいえば、当然美味い。ニラが良いアクセントになっている。

安心の十番クオリティ!