CA3B0471

昔ながらの、塩だけで漬けた梅干しを買ってみた。
なんつーか、凄いプリミティブな味っつーか。普通のスーパーに売ってる調味料が色々加えられてる梅干しが温室育ちであるならば、これは荒ぶる野性。まず塩気が半端ない。種までしっかり塩が染み込んでて、種をチューチューするだけでしばらくツマミになる。そして、梅本来のシンプルな旨味。

多分、普通の若い人にこの昔ながらのヤツとスーパーで売ってるヤツを食べ比べされたら、10人中9人はスーパーで売ってる方を選ぶと思う。間違いなくスーパーのの方が食べ易い。

…が、このシンプルな濃密さ。良いトコの純米大吟醸の日本酒というのは味が繊細で合わせる肴が限られてくるものだが、これはその良い日本酒にうってつけだと思う。焼酎も良い。甲類をロックで酌りつつチマチマツマむのも良いし、香りの強い芋焼酎に合わせるのも良さげ。

梅干しは日本人の心なり!

ちなみに、このお店で買いました。
佐原 大川みどり漬 大川本店
http://natural.web.infoseek.co.jp/ookawa.html

千葉の田舎の漬け物屋さん。
こういう所にでも行かないと、なかなかこういう昔ながらの梅干しって売っておらんよね。
ちなみに、画像の手前右側に映っているのは一緒に買った「薬膳 にんにくキムチ きゅうり入り」。きゅうり入りっつーか、ほとんどきゅうりばっかじゃん!みたいな。でも、ニンニクもガッツリガッツリ。ううん。ニンニク美味いニンニク好きニンニクLoveニンニクは正義!

こういう漬け物屋さん、近所に欲しいわぁ。
逆に東京の方がこういう昔ながらの漬け物屋さんって見かけないよね…。