店先ここもなんとなく「旨そうオーラ」を以前から感じていたお店。場所は青梅街道と山手通りの交差点にある文教堂書店の裏手。
こんな食い道楽やりつつも、一応ダイエッターであるので、揚げ物は控えるようにしているのだが、「たまにはいいよね」と自分を甘やかしてみるテスト。

店内は思っていたよりも狭く、4人がけのテーブル席と4人がけのカウンター席。二階には座敷もあるようだが、おそらく広さは大して変わらないだろう。昼時で会社の昼休みのサラリーマンのおじさん達でほとんど満席だった。

つけもの注文したのはランチの穴子丼(900円)。みそ汁とお新香付き。
流石に混んでるだけあって、出てくるまでに少し時間がかかった。お新香をボリボリ食べながら待つ待つ。先にみそ汁が出て来た。うお、みそ汁からして旨い。


穴子丼そして、ついに念願だった穴子丼。
おおお、穴子でっけー!ボリューム満点の肉厚の穴子の天ぷらがどっしり2つ。脇に茄子の天ぷらがチョコン。さっそく、穴子を口に頬張ってみる。アチチチチ!出来立てなので、舌を火傷しそうになった。とんだマヌケヤロウだ。アツアツ。
今度は少しの量を気をつけながら歯で噛み切る。うおおおおお。脂乗ってるー。弾力すごー。タレ旨ー。危うく日本酒を注文しそうになる。いかんいかん。お仕事ね。お仕事。


おいらには昼飯に900円というのは大した贅沢なのだが、この内容で900円ならば、コストパフォーマンスはかなり高いと言える。満足満足。いずれ、ダイエットに成功したら自分へのご褒美に夜来て日本酒片手に天ぷらをやっつけたいものである。星4つ!


天ふね [ てんぷら ] - Yahoo!グルメ