久しぶりに東京駅の地下のラーメンストリートに行ったら、ジャンクガレッジがなくなって、代わりにタンメンの店が出来てたんですよ。

タンメンの専門店って珍しくないですか?なんか、大体タンメンって言ったら、町の中華屋とか、もしくはラーメン屋でも醤油とか味噌とか複数種類のメニューがある店に置いてあるイメージじゃないですか。

なもんで、試しに喰ってみました。

写真 2013-10-20 15 51 36


特製タンメン。980円也。

ラーメン二郎を彷彿するような、野菜の大盛りに味玉、そして上には厚切りのベーコンが一枚。タンメンにベーコンってのも初めてですね。いろんな意味でチャレンジしているお店です。

味の方なんですけど、具に海鮮類が入ってて、そこからのエキスが染み出してて、スープが大変滋味深いです。なんか、タンメンっていうよりは博多チャンポンに近いイメージです。

麺はスープをしっかり持ち上げる、ややゴワゴワとした質感の太麺。これもうっすら二郎を感じさせてくれます。で、タンメンにベーコンって不思議な取り合わせなんですけど、確かに合うんですよね。このスープに。この感じならチャーシューよりもベーコンだよな、と妙に納得しました。

ちなみに、ここのタンメンは小皿でラー油豆板醤と刻み生姜が付きます。
それぞれ違う方向に風味が増すので、途中で入れて適宜味替えをしてくと、最後までいろんな味が楽しめます。


全般的にみて、チャレンジ精神溢れるお店です。
イメージ的には「身体に悪くないラーメン二郎」。

もともと、料理として決して派手さがないタンメンで、よくここまで工夫したものだ、と思います。激戦区のラーメンストリートで何処まで戦えるのかは判りませんが、僕はこの店にタンメンの新時代を感じました。