※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

2013年08月

長ネギの和風カルボナーラ【超簡単なカルボナーラのレシピ付き】

塩豚が余っていたので、カルボナーラを作ろうと思ったが、タマネギが切れていた。

なので、代わりに長ネギを使ってみた。となると、味付けも和風にした方が良いのかなと、醤油ベースで仕上げに海苔をかけた。

仕上がりはコレ。

写真 2013-08-17 11 17 35

なんとなく感じていた通り、タマネギと長ネギでは結構な違いだ。
香り的にタマネギよりも主張してくる。あんまり普段カルボナーラ作ったとき、タマネギの存在感というのは感じないのだが、長ネギに変えると「ここにいるぞ!」とアピールしてくる。

そして、海苔。洋風の料理に和風のものを掛け合わせたミスマッチによるものだろうか、これも普通の和食にかけた場合以上の自己主張をしてきた。
まるで、普段から脇役に甘んじて来た奴らが、新天地で大暴れしているかのようだ。で、大暴れで大活躍だった。

つまり美味かった。げふー( ´∀`)=3

それで、「カルボナーラ作った」とか言うと、
「そんな凝ったもの、よく作るね」なんて言われるけど、僕のカルボナーラの作り方は超シンプルだ。

1.パスタを茹でる。
2.フライパンで塩豚(orベーコンorパンチェッタ)とタマネギのスライスを炒める(ここでは調味料は使わない)。
3.フライパンの火を消して、湯切りしたパスタと和える。
4.あらかじめ、ボウルに卵、塩、粉チーズ、胡椒を適量入れて混ぜ合わせておき、3を入れてよく混ぜる。
5.更に盛り、お好みで粉チーズと粗挽き胡椒をかけて完成。

本場イタリアの、生クリームを使わないレシピをベースにして、材料などを簡略化している。
本来、チーズはペコリーノ・ロマーノ(羊乳)やパルミジャーノ・レジャーノなどのちゃんとしたモノを使うべきだが、日常食で適当に食べる分にはその辺で売ってる粉末チーズで充分美味しくいただける。

シンプルな料理でアレンジしやすいので、お勧めのレシピです。

東中野「楓屋」の炙りチャーシュー

東中野駅の東南側出口から伸びる東中野名店街にあるラーメン屋さん。
この店のチャーシューは大層美味い。500円の醤油ラーメンにもそれなりの量が入っているので、かなりコストパフォーマンスは良いと思う。

「これ、ビールの肴にもめちゃめちゃ良いんじゃないか?」と思い、今回はラーメン屋飲みをしてみることにした。

出てきたものがこれ。
炙りチャーシュー300円也。

写真 2013-08-13 22 54 08

肉厚でぷりっぷりの食感が見て判ると思う。
皮の部分のゼラチンっぽいのはコラーゲンだろうか?女子様に美容にも良さげである。
それなりに暖めて出してくれるので、適度な肉の弾力が楽しめる。かかっている醤油ベースの中華ダレが程良くマッチングしているが、インパクトを足すべく、ラー油をかけたら更に味が際立った。

うん。ビールの肴として大正解。二郎系の「豚」みたいに、「肉喰ってる感」を得られるのがこの店のチャーシュー。これで300円はお得だよ。

ついでに、餃子も注文してみた。250円也。

写真 2013-08-13 23 02 42

ぶっちゃけ、値段から考えて大して期待はしてなかった。
普通の「特にこだわりはないけととりあえずメニューとして置いてる系」の何の変哲もないものなんだろうな、とか思ってたのが、

意外や意外。

結構美味いじゃん。パリッパリの皮の中に肉汁がジューシーに詰まってるのが特徴。汁が溢れ出す最初の一口目に至福がある。

この店の店主、凄く接客が丁寧で、人柄が伝わって来るんだけど、料理にもその人柄が現れている。一個一個の仕事が丁寧だ。

派手さはなくても飽きのこない、地に足のついた良い店だね。
Profile
  • ライブドアブログ