ニンニク、アブラ増し。並盛り920円也。

あの、ジャンクガレッジって、看板ほどジャンクではないと思うんですよ。
要は二郎インスパイア系なんだけど、その中では超優等生。

これ系では、普段はらーめん大をよく食べるんだけど、パンチ・ジャンク感では遠く及ばない。

それじゃ、ジャンクガレッジがイマイチかといえば、そんな事はない。
普通に高品質である。つまり、同系統であろうとも、ベクトルが全然違う。

なんというか、二郎を食べ易く、敷居を低くした感じなのだ。そして、それはそれで大層美味い。スープは若干マイルド気味で調味料による旨味充分。麺の固さも程良い。

誰でも気軽に食べられるポップな二郎といったところ。ガチの二郎系は食べるのに覚悟が要るが、ここのは気軽に安心して食べられる感じ。

「ラーメン二郎ってどんなのか気になるけど、行くのちょっと怖い」みたいな人にうってつけだと思う。

東京駅にお立ち寄りの際は寄ってみる事をお勧めする。