※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

2010年12月

富士そば ねぎ玉コロッケそば

75a13680.jpg

本日で仕事納めである。
こんな日くらいは普通の蕎麦屋で真っ当な鴨せいろでも啜ろうかと思いもしたが、結局足が向くのはいつもの富士そばなのであった。

しかし、コロッケそばって凄いよな。だってコロッケと蕎麦だぜ?和洋折衷。普通に考えたら有り得ない組み合わせじゃね?なのに何故にこんなにマッチするのだろう。
蕎麦の風味をコロッケのジャガイモの自然な甘味が包み込んで奥深い味になってるの。これ最初考えた人天才だよなぁ。

そんな訳で、多分これが今年最後の富士そばです。
富士そばさん、いつも安くて美味しい蕎麦をありがとう。
来年もよろしくです。

西新宿「タイ国屋台食堂 ソイナナ」グリーンカレー

c037cd07.jpg

今日はタイカレー気分。以前から気になってた西新宿のソイナナへ。

この店はランチセット680円均一、ディナーメニューも680円均一。生ビールは400円から。かなり安い部類に入るんじゃないだろうか。

カオマンガイに惹かれつつも、カレー気分なので当初の目的通りグリーンカレーを注文。
カレーとライス(餅米)にサラダとミニオムレツが付いて680円。うん安い安い。
辛さは控え目で軽くピリッとする程度。日本人向けに食べやすく調味されている模様。美味しい。誰でも安定して楽しめるんじゃないかな。とはいえ、食べてたらそれなりに汗をかいた。それなりには辛いです。なお、辛さは調整が効くようなので、注文すれば本場仕様にする事も可能っぽい。

ちなみに店内の張り紙「17:00〜タイ料理中級者以上向け イサーン料理(裏メニュー有ります)だいたい作ります。リクエストしてください。¥680- コックより」

…すっげー気になる!是非今度タイ料理通の友達を連れて来て裏メニューを堪能してみたい。

タイ料理初心者にもマニアにも対応できる懐の深いお店のようです。



HOT PEPPER グルメ
http://www.hotpepper.jp/strJ000957566/

【2000円以内でどこまで楽しめるか】天下寿司で酒を飲むの巻

CA3B0497

「デュラララ!!」観てたら無性に酒飲みながら寿司が喰いたくて大久保の天下寿司へ。

普通の寿司屋で酒飲みながら寿司喰おうものならお会計がエラい事になりそうだが、廻転寿司の天下一品ならお財布も安心♪日本酒一本380円に握り一皿120円。それに同価格帯の回転寿司の中では(少なくとも大久保店は)ネタ、握りの技、接客ともにトップレベルだと思うんだ。ああ、もちろん高望みはしちゃあいけない。刺し盛り(360円)のイカはわりと残念な味だ。

酒の肴として楽しむコツは、握りよりも細巻き系を攻める事。ちょいちょい摘みつつ酒をチビチビ飲む。と、長く楽しめる。ちなみに酒は松竹梅。日本酒にこだわりがない飲食店が出す銘柄としてはお馴染み。良くもないけど悪くもない。ちょいと甘みが鼻につくかな。ツマミの寿司にはワサビをちょい多めにするとバランスが取れると思う。

日本酒2杯、刺し盛り1皿、握りと巻物を計7皿でお会計1960円也。

泥酔度:★★
満腹度:★★★★★
満足度:★★★

まあ、こんなもんだよね。決して悪くはなかとです。

デュラララ!!

デュラララ!! 1 【通常版】 [DVD]
デュラララ!! 1 【通常版】 [DVD]
クチコミを見る

知り合いがTwitterで大絶賛してたので、以前から気になってた。

いや〜ガチで面白かったわ!とにかく見せ方。と話の展開の仕方。とキャラクターの魅力ね。ストーリーを説明したいところだが、観るならまっさらの状態で観て欲しくて一切ネタバレしたくないんだけど、それを避けるとこの作品の良さが全然伝わらんと思うのよね。

地方都市から上京して池袋の高校に入学した竜ヶ峰 帝人(りゅうがみね みかど)は幼馴染みで親友である紀田 正臣(きだ まさおみ)の先導で池袋界隈で生活する「個性豊か」で「刺激的」な面々と知り合う。シニカルな情報屋・折原 臨也(おりはら いざや)、臨也と犬猿の仲の喧嘩最強の取り立て屋・平和島 静雄(へいわじま しずお)、記憶のない少女と逃避行を続ける、帝人のクラスメートの矢霧 誠二(やぎり せいじ)。誠二の姉できな臭い製薬会社の重役である矢霧 波江(やぎり なみえ)。
そして、街で都市伝説になっている正体不明、無色透明のカラーギャング「ダラーズ」と、黒いバイクに乗った「首なしライダー」。彼らを軸に、物語は急展開を見せる…。

と、まあこんな感じなんだけど、やっぱ伝わりきらんよなぁ。とにかく、点と点が線で繋がり、それらが絡まって面となる感じとか、物語の構成の綿密さ、立体感が半端ない。

これから観る人は一切の予備知識なしで観て欲しい。観る前にWikipedia読むとか最低の楽しみ方です。

なんかもう、原作の小説が気になって仕方がない。とうとう俺もラノベデビューか…。

TVアニメーション「デュラララ!!」
http://www.durarara.com/

新宿「シディーク」とり皮カレー

f3e713b5.jpg

前回のダルカレーと同様に500円の激安カレー。前回貰ったサービス券使って200円のチャイが無料。どんだけ安いんだ。

ダルカレーは具が豆だけだったけど、今回のとり皮カレーは鶏皮以外にも数種類の野菜が入っており、更にお得感有り。しかし肉が鶏皮だけだと逆にチープ感も増したりして。鶏皮の脂による旨味と軽いギットリ感。ダルカレーのヘルシーさとは真逆で軽くB級グルメのテイストもありつつ、やっぱコストパフォーマンスすげぇ。

丸亀製麺 天ぷら釜揚げうどん

CA3B0495

釜揚げうどん大盛り+天ぷら3種で710円也。
釜揚げうどんと天ぷらの組み合わせって、うどんと天ぷらの正しい食べ方だと思うんだ。モチモチしたうどんのシンプルな味と、サクサクした天ぷらのコッテリとした複雑な旨味を交互に味わうってのは、白飯とおかずの関係に似ている。全く以て王道じゃないか。
これ食べてると、うどんとか蕎麦の上に天ぷら乗っけて麺つゆかけて食べるなんてのは邪道としか思えない。いや、そっちはそっちで好きなんだけどさ(富士そばLove!)。

それにしてもこの店、生姜とかネギとか天かすとか盛り放題なのが嬉しい。
富士そばなんか、ネギ増量しただけで+60円ですよ。ここはうどんの楽園だね。

中野「田舎そば・うどん かさい」ちくわ天うどん

b34966d1.jpg

390円也。
ちくわって貧乏臭いイメージがあるんだが、天ぷらにするだけでなんでこんなに有り難みが増すのだろう。もちもちして、旨味が凝縮されて、立ち食い系の店では結構花形だと思うんだ。

ちなみにこの店、おろし生姜を置いてくれてるのがありがたい。七味も良いけど、うどん+生姜の組み合わせはかなりloveだわ。

富士そば 肉富士レンコン天そば

1102b6f2.jpg

480円也。
予想通り、抜群の相性であった。
生姜の効いた豚肉、半熟玉子+蕎麦の組み合わせで味が濃厚になるんだけど、さっぱりした味のレンコン天が良い箸休めになる。ステーキに添えられた人参とかポテトみたいな案配。この丼一杯の中に主食、主菜、副菜が揃っている訳です。

肉富士食べる時はレンコン天、是非とも添えていただきたい。

新宿「シディーク」 ダルカレー

b0bffff9.jpg

以前インドを旅していた時、ダールという豆のスープをよく飲んだ。ターリー(定食)を注文すると、ほぼ確実に付いてくる。日本で言えば味噌汁的なポジションである。
基本的に日本人が好む味ではないのだが、長く滞在するにつれ味にも慣れてむしろ好んで食べるようになった。味的にも食材的にも身体に優しい感じで、体調が悪く食欲がない時などよくお世話になった。

日本に帰って来て、時々無性に食べたくなったりするのだが、日本人好みの味ではないせいか、インド料理屋のメニューで見かける事はなかった。

で、今回行ったシディークである。
ダルカレー500円(ナンなら600円)。ダルカレー…多分、向こうで食べたダールとは違う物なんだろうが、豆のカレーという事で近い味をしているかも知れない。

という事で安さに惹かれもしつつ食べてみた。
まず、見た目からして違う。向こうのダールはもっと黄色っぽかったはず。で、固形の豆が入ってるけど、ダールは擦り潰されててスープに混ざってた。…というあたりやっぱり向こうのダールとは別物だった訳だが、それでも入ってる豆は向こうのダールと同じもので、同じ味だった。少しだけ懐かしい気持ちになれた。

それはそれとして、コストパフォーマンスは激烈に良いと思う。インドカレーで500円ってのはなかなか無いと思うんだ。しかもサラダ付。ヘルシーメニューなのも嬉しいところ。素朴な味だけど、ちゃんと美味しいです。


ああ、インド行きたいなぁ…。

新宿 中華ハウスどんぶり屋 中華丼

2f79dba5.jpg

西口界隈に最近できたカウンターオンリーの中華屋さん。店名の通り、丼物がメイン。
店構えは新しいけど、中に入ればおじさん二人がやってる町の中華屋さんって感じ。いいねいいね好感持てるね。

今回は中華丼を注文。550円也。
ワンタンスープと小鉢二品(冷や奴ともやし)がついて550円。コストパフォーマンス良すぎ。味の方も申し分なし。値段以上には楽しめる。
ただ、中華丼でうずらの玉子が入っていないのはちと寂しい。あと50円出すから入れておくれ!

全体的に値段は安めで酒もツマミ的なメニューもそこそこある。軽く一杯ひっかけるにも良さげなお店です。


Profile
  • ライブドアブログ