※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

2009年06月

【マイケル】インド版スリラー【追悼】



やべぇ強烈すぎるwww

麺屋ZERO1 中野南口店 特製ガッツリつけ麺2

前回食べたガッツリ汁なし麺はちょっと残念な内容だったけど、他のブログを見てたら、ここはつけ麺は旨いという事なので、試してみた。普通のガッツリつけ麺が750円で特製トッピング(半熟玉子+肉増量)で200円プラスの950円。

スープは豚骨醤油系のコッテリ系。だけどちょっと薄いかなー。卓上に置いてあったタレを投入して味を調整。うーん、塩気は増したけど、だし感とか脂感は足りず。
味はまあまあ悪くはない。けど、やっぱり普通なんだよなぁ。特製にしても対して肉入ってないし、いまいち値段に見合ってないと思う。
うん。今回も星2つ。あと100円安くてトントンくらいだね。

CA3B0057

新宿 らーめん小江戸 特製辛つけめん4

090624_1200~01新宿西口つけめん巡り。
今回はらーめん小江戸に行ってみた。

一日30食限定の辛つけめん(800円)にチャーシュー2倍・半熟玉子付きの特製トッピング(200円)。通常は200gのところを中盛り(300g)にしてプラス50円。締めて1050円。つけ麺としてはやや高い金額になった。
やはりつけ麺は茹でるのに時間がかかるようで、注文後10分弱で出てきた。辛つけめんというだけあってスープは真っ赤。麺はつけめんのものとしてはやや細めの多加水麺。

CA3B0055

早速麺を浸して食べてみる。…ふむ。思ったほど辛くない。辛みそを入れているようで、ピリ辛+仄かに甘味。結構好きな味。ベースは豚骨かな?店としては豚骨+魚介のWスープの店みたいなので、これにも魚介だしが入ってるのかもしれないけど、味は前に出て来ない。隠し味程度かな。

で、通常の倍入っているというチャーシューが実にジューシー。細切れなので、よく麺に絡む。旨い旨い。で、このチャーシューの脂の風味が更にスープのコッテリ感をプラス。

総評としては大満足の味。
まあ、つけ麺らしいつけ麺っていうよりかはラーメンっぽいつけ麺なので、普通のつけ麺が好きな人としては「ちょっと違う」って思うかも。
この系統の味は他ではあまり見かけないので、多少高くついてもまた来たいと思った。他のメニューも気になるところ。
でも、つけめんだったらやっぱ麺の量は300gがデフォにして欲しいというところで満点には届かず星4つ。

アクセス
住所  :東京都新宿区西新宿7-9-15 ダイカンプラザ清田ビル 1F
電話番号:03-3360-8070
営業時間:11:30〜17:00 18:00〜22:00(売切れ次第閉店)
定休日 :日曜日

とんこつらーめん博多風竜 大久保店

ブログネタ
博多ラーメン、長浜ラーメン に参加中!
090623_1722~01もし、一度でも博多天神でラーメンを食べた事がある人が、この店の前を通ったらこう思うだろう。

「あ、博多天神のパクリだね」
黄色い看板で、豚骨ラーメン一杯500円。トッピングはほとんどが+100円(チャーシューのみ250円)。替え玉は2玉無料。博多天神は店頭に替え玉無料券を置いていて実質一玉無料である事に対抗しての事だろう。

最初は「ふん。このパクリめが!」と鼻で笑ってた僕だが、なんとなく仕事帰りに立ち寄ってみた。店先ではトッピング無料券を配ってた。う〜ん。攻めるなぁ。

今回はオーソドックスに半熟玉子ラーメンを注文。
注文して、さて出て来るまで携帯ゲームでもやってようかと携帯を開いた時には出来上がってた。博多天神に負けず劣らずのスピード。

CA3B0054

仕上がりを見てみると、なんとなく、博多天神よりも上品なオーラが。まずはスープを一口。博多天神の味に近いが、もっときめ細かく、そしてクリーミーで濃厚。え、ちょっとこれ

博多天神よりも旨くね?


続いて麺を食べる。これも博多天神のものに近いが、粉っぽさがなく、ややツルっとしてる(スープとの絡みは良い)。チャーシューも天神と同系統だが、こっちの方がややプルプルしてる。なんというか、味もサービスも全部が全部、博多天神よりも一歩先を行ってる。

後出しジャンケンの強みってのはあるけれど、良いものは良い。旨いものは旨い。多分、今後もわざわざ電車に乗ってでも食べに行くと思う。星5つ!

とんこつらーめん博多風竜
http://fu-ryu.net/index.php


そう、ここホームページもあるの。博多天神は未だにないのに(これからも作らなさそう)。

晴れ渡る朝はビールを飲んで

6月末の梅雨の合間の晴れた休日。
前日の晩は友達と飲み明かしたので、ちょっと朝寝坊。初夏の陽気が心地よい。軽く外を散歩してたら、うっすらと汗が浮かんできた。そうなると欲しくなるのは冷えたビール。

最近はすっかりハイボール党の僕だが、今日は間違いなくビール日和だ。
コンビニに寄ってビールと豆腐を購入。ビールはサッポロ黒ラベル。いつもは処分が楽な缶を買うのだが、なんとなく贅沢をしたい気分だったので大瓶を買った。

家に帰ったらカーテンと窓を全て開け放った。6月の生温い風が部屋に流れ込んでくる。
冷蔵庫に入ってたキムチを小皿に取り分け、買って来た豆腐を冷や奴にする。しまった。ネギが切れてた。買いに行くのも面倒なので生姜に鰹節、ついでにとろろ昆布を載せて濃縮の麺つゆをかけた。

冷凍庫から凍らせておいた小さなグラスを出す。タンプラーや大きなグラスもあるが、最近は小さなグラスで一息に飲んではまた注いで、というスタイルがお気に入り。おっさんの飲み方だね。
DSCF0281

テーブルの上に全てをセッティングしたら、早速グラスにビールを注ぐ。最初は少し高めのところから次いで泡を沢山つくる。グラスが泡で溢れそうになったところで一旦ストップ。泡が半分くらいに収まるまでしばし待つ。早く飲みたい気持ちをグッと抑えて待つ。今日は時間を贅沢に使うのだ。

泡が半分まで収まったところで再びビールを注ぐ。今度は泡立たないように、そっとだ。グラス一杯まで注いだところできめ細かい、濃厚な泡が出来上がる。まるでちょっと良い店で飲む生ビールのような泡だ。それをグイっと一気に飲み干す。プハー。旨い!

豆腐をちょいちょいと摘んで、またビールを注ぐ。同じようじ、時間をかけて、良い泡を作る。まどろっこしくもあるが、まあ急ぐ事もない。

6月の青空に乾杯。

新宿「つけそば黒門」黒門つけそば 黒味4

先週行ったばかりだけど、どうにもあの極太金剛麺の味が恋しくなり、再訪。

今回は普通のつけそばより20円高い、黒味を注文した。トッピングは蒸し鳥増量(100円)。普通のつけそばのショッパ酸っぱい味に何かを焦がしたような香ばしい苦みが加わってる。

うん。こっちのが旨い気がする。ちなみに、今回は350gの並盛りにした。やっぱこれくらいでちょうど良いね。

麺は相変わらず旨かったです。

CA3B0052

高円寺村 大字居酒屋 唐変木5

090620_1906~01なんとなく家に帰りたくない夜。
なんとはなしに中野〜高円寺界隈をふらふらと歩いてる時に見つけたお店。

高円寺の北口。東に伸びる飲屋街の奥の方にひっそりとその店はあった。

DSCF0273DSCF0277

店の外観を一言でいい表すとしたら、「魔窟」。
通りには「高円寺村 大字居酒屋 唐変木」という、至って普通の置き看板が置かれているが、建物は古びれており、店は建物の階段の横の細い通路の先の階段を降りた先。通路の雰囲気がどう見てもクーロン城。
あの先にはどんな異世界が?!わくわくしながら階段を降りていった。扉を開けた先には…、

DSCF02791シックなバーだった。
わりと年のいったママさんがカウンターに一人。

まあまあ、普通のちょっとお洒落なお店じゃないですか。とりあえずはビールを注文した。

「店の外観凄いですね。クーロン城とかの魔窟みたいだ。」
「残念だけど、うちにはハシシは置いてないよ。」

このママさんが気さくで話し易い人で、気がつけば話の流れから身の上話まで話が及んでた。商売っ気のなさがなんとも居心地の良いお店。

この店はもう35年もやってるそうで、常連のお客も沢山いるらしい。やはり外見的に入り辛いという人は多いようだ。いやー、でもこの外観はそのままであって欲しいなぁ。

ちなみに値段設定は、チャージは500円と少し高めの値段設定だが、ビール大瓶1本500円、ウィスキーは一杯350円から。まあまあ安い方ではないか。

一応、居酒屋という事で料理のメニューも沢山あるが、味はあまり期待しない方が良いかもしれない(不味くはないが、「これ旨い!」というようなものはないと思う)。また、ママさん一人でやってる店なので、注文が重なると出てくるまでにかなり時間がかかる。
ガツガツ飲んで食ってというよりは、ママさんや他のお客との会話を楽しみつつ酒を飲むというバー的な楽しみ方をするのが良いだろう。

見た目ほど入り辛い店ではなく、女性一人でも気軽に入れると思う。
高円寺によく行く人は是非一度入ってみて欲しい。ママさんと話ながら飲む酒はきっと旨いはず。

アクセス
住所:杉並区高円寺北3-4-11
電話番号:03-3330-5385
営業時間:18:00〜26:00
定休日 :日曜、年末年始
高円寺北口より徒歩3分。
続きを読む

大久保「はやし家」つけめん3

ブログネタ
美味しいつけ麺 に参加中!
090620_1148~01らーめん大の近くにあるラーメン屋さん。
以前、平日の昼間にらーめん大に行く時に店の前を通りかかったら、かなりの行列が出来ていたので、気になっていた。

開店に合わせて行けば待つ事はないだろうと土曜日の11時半に行ったら、11時開店だったようで、すでに客が結構入っていた。なんとか席は4つ程空いていたので、待つ事はなかったが、注文して出来上がりを待っている間に次々と客が入って来て、まもなく満員。僕の席の後ろで待つお客数名。やはり結構な人気店のようだ。


メニューはラーメンと味噌ラーメン、つけめんと味噌つけめんの4種類(だったはず)。
つけめんの麺の量は、普通盛りで400g、少なめで300g、中盛り600g、そして+250円の大盛りは900g!(気狂い沙汰だね)。中盛りまでは値段は変わらず、少なめの場合は味玉かメンマのどちらかがサービスされる。

CA3B0049

今回はつけめん(750円)普通盛りで、トッピングに味玉(50円)とチャーシュー(250円)を注文した。
麺はツルツルシコシコ系の多加水麺。スープは魚介ベースのピリ辛醤油。つけめんとしてはオーソドックスな内容。
特筆するところはスープの魚介のだし味の強さかな。これが結構パンチが効いてる。ピリ辛加減もなかなか良い。

トッピングのチャーシューは東中野の十番のタンメンと同じような、柔らかで弾力ある、でも普通なもの。+250円とちょっと高めだけど、そこそこ量は入るので、つけめんを濃厚に楽しみたい人にはお勧め。

大勝軒などのオーソドックスな魚介系つけめんが好きな人にはお勧めのお店。
ただ、がっつりこってりしたラーメンが好きな僕としては、うん、まあ普通かな…。星3つにしとくけど、好きな人は絶対好きだと思う。

アクセス
住所:〒169-0073 東京都新宿区百人町1-21-4
電話番号:03-3366-1616
営業時間;平日11:00〜20:00/祭日・土曜日11:00〜15:30(いずれもスープなくなり次第終了)
定休日 :日曜日
JR中央線「大久保」駅徒歩3分

新宿 つけそば黒門4

ブログネタ
美味しいつけ麺 に参加中!
090618_1203~01ここも佇まいが気になっていたお店。特製の極太金剛麺が売りのつけめん屋さん。

普通のラーメン屋はスープが命で、スープを如何に旨く味わせるかというところで麺をセレクト(もしくは自作)するものだが、ここは逆で、麺が命、麺を旨く食べさせるようにスープが作られているという、通常とは全く逆の設計思想なのが面白い。

今回は黒門つけめん大盛り(780円で450g)に味玉と地鶏の塩焼きをトッピング。
確かに麺が旨い。ごん太で歯応えがあって、小麦の風味が香る。スープは醤油ベースでかなり濃厚、そして酸っぱい。これが麺の旨味をよく引き出している。麺でここまで感動した店は初めてかもしれない。

CA3B0045

CA3B0046食べ始めてしばらく経ってから地鶏の塩焼き(300円)が出てきた。

この地鶏も店の看板メニューの一つのようで、表面はパリパリ、中はジューシーで実に旨い。
う〜ん。ビールが欲しくなるなぁ。これで300円は安いと思う。
もし近場の立ち飲み屋のメニューにこれがあったらちょくちょく一杯やりに行くと思う。

ただ、味が強いので、つけめんと一緒に食べるのはどうかとも思った。

大盛りはちょっと僕には量が多かったみたいで、最後の方、段々ブルーになっていったので、食後の印象はあんまりよくなかったけど、一日経ったらあの麺の小麦感が恋いしくなってきた。まあ、次回は大人しく並盛りにしよう。うん。


ちなみに、ここのサイトで味玉無料のクーポン券が印刷できます(ぐるなびとかにはクーポンなし)。

ラーメン道 西新宿 つけそば 黒門 新宿区タウン
http://www.shinjukuku-town.com/do/001/010/

ちゃんぷる亭 新宿西口店の沖縄そば4

ブログネタ
☆食べ歩いたお店紹介☆ に参加中!
店先うっかり深酒してしまった晩の翌日。

午前中、二日酔いと胃の不快感に悩まされつつ仕事をこなした後の昼休み。当初の予定では気になっていたつけめん屋に行く予定だったが、店の前まで行ったところで胃腸の悲鳴を聴き断念。何か身体に優しげなものをと考えたところで思い浮かんだのが沖縄そば。

店の佇まいがなんとも僕好みで、こちらも前から気になっていたお店、ちゃんぷる亭。7〜8席のカウンターのみの小さな店だ。
メニューはチャンプルなどの定食やラフテーやソーキが沢山はいったソバなど色々あったが、今の気分ではとても食指は動かず、オーソドックスな沖縄そば(650円)を注文。そんなに待たずに出てきた。

沖縄そば

少し身体が脱水気味だったので、まずはスープをいただく。ああ、優しい…。つーか、旨いよこれ。沖縄そばといえば新宿のやんばるのが好きだったんだけど、ここの汁はそれよりも味がきめ細かい。麺はもっちりしつつも少し柔らかめ。これも二日酔いの状態にはありがたい。特筆すべきは少量のみ入ってたソーキ。ソーキというのは骨付き肉なんだけど、充分に加圧されているのか、肉はぷるぷるトロける感じで、骨まで食べられる。今まで食べたソーキの中で一番旨い。ガチで。

シンプルなメニューなだけに、この店のポテンシャルが感じられた。他の料理も旨いに違いない。とりあえず、今回は体調的に身体が求めてた味ってのもあるので、その辺を加味して星は4つにしとくけど、値段もやんばるに比べて全般的に安めだし、絶対また行く!
Profile
  • ライブドアブログ