※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

2008年05月

暴君育成計画<崩壊の序曲>

12

仕事から帰ってきたら、第一暴君の葉っぱが一枚落ちてた。
他の2本もなんとなく葉っぱが黄色い。

これはもう、ダメかもわからんね。

暴君育成計画<第一のorz>

在りし日の第二暴君

成長が止まったと思ってドギマギしていたが、よくよくみれば、どの暴君も五本目の牙を伸ばしていた。うん。順調順調。
とりあえず、油虫対策に、ネット検索で調べた手製の除虫液を霧吹きでかけてみた。中身は水50に対してサラダ油1、それに台所用洗剤0.5を混ぜたもの。いろんな人が試して効果をあげているそうな。そんな訳で、朝4匹の暴君達に噴射。死ね油虫。死ね。

帰って来て、様子を見てみたら… 第二暴君大往生

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!

第二暴君が萎れてる!

そういえば、噴出した時に結構泡がブシュってかかっていたような。あの泡は台所用洗剤の固まりだったのか…?

とりあえず、慌てて霧吹きで真水を噴射、洗浄を試みる…が、もう手遅れだよね。

合掌。

敗因は、洗剤の量が多かったせいだろう。ちゃんと計って入れるべきだった…orz

つーか、残りの3本は大丈夫だろうか…。
今のところは元気そうだが…。

錦糸町「THAILAND」タイ料理

店先友人のタイ飯マニア一押しの店。
タイ料理の調味料を輸入・販売している会社が経営している店で、質の高いタイ料理が食べられる。基本的には日本人向けにアレンジされたマイルドな食べ易い味だけど、辛さは調整できるし、本場のと同じような味付けにも出来るものと思われる。
今回はパッタイとミックス野菜炒め、ソムタムタイを注文。



パッタイパッタイは他の店に比べて味付けがあっさりしている。その分、調味料4点セット(ナンプラー、唐辛子パウダー、酢、砂糖)での味のアレンジがしやすくなっている。ある意味玄人向け。タイスキソースでガッツリ味付けされているのも好きだけど。


ミックス野菜炒めミックス野菜炒め。魚介類とその出汁が香る。上品できめ細かい味。食べた中で一番この店の味の良さを実感した。

ソムタムタイソムタムタイ。辛旨。ビールが恋しくなる。


純粋な料理のクオリティのみで言えば、今まで行ったタイ料理屋の中では群を抜いていると思う。ただし、独断と偏見によるトータルの評価は星3つ。
何故か。値段が高い!料理一品1100円前後なのはまだ良いとして、酒が高い。生ビール一杯650円。料理が旨いからビールが欲しくなる。しかし欲求に任せてガンガン飲んでると会計がとんでもない事に。

旨い食い物は相応に値が張る。当たり前と言えば当たり前だが、それはそこそこ金を持ってる奴の理屈。貧乏フリーターとして望むものは費用対効果、コストパフォーマンスだ。そんなおいらにゃハンサム食堂やバーン・イサーンがちょうど良い。

とりあえず、あまり酒を飲まない人で純粋に旨いタイ料理を味わいたい人と、小金持ってるなタイ料理マニアにはお勧めです。


調味料セット


レストランの紹介: タイ国料理レストラン
http://www.thai-square.com/restaurant/shoukai/shokai_049.htm

ニラ玉

ニラ玉

ニラが余っていたので、卵とじにしてみた。
先にザク切りにしたニラを炒めて塩胡椒で味付け。一旦フライパン返しなどでニラを掬い上げて、溶き卵をフライパンにポチャン。上にニラを乗っける。卵が固まってきたら皿に盛る。

恐ろしく手軽で、ビールの肴に大変よろしい。ツナ缶とか入れても旨そう。

暴君育成計画<油虫キタコレの巻>

葉っぱの裏

数日前から、葉に茶色い斑点が現れた。
もしかしてこれは枯れ始めているのでは?!と心配していたのだが、今日葉っぱを触ってみたら、斑点が取れた。なんだゴミか…と思ったところでハッとした。

これ、微妙に足みたいなのが付いてないか?

拡大図。
油虫


…あれっすか?噂に聞く油虫というやつですか?
よくよく見れば、近くの鉢にもわらわら蠢いている茶色い何かが。

確定。
第二暴君は既に葉っぱの一部が枯れたような色になってる。やられた!
水をかければ表面のは大体洗い流せるけど、裏側はいちいち手で取ってあげる必要がある。葉を千切らないよう、そうっと葉の裏側をなぞってみると…手応えたっぷり。これが毎日の日課になるのか…。

汚され第二暴君

中野B級酒場 ちりとり鍋 あとホッピーについて熱く語ってみる。

今回はmixiのコミュニティ「中央線アンダーグラウンド」のオフ会で、総勢14人の大人数で行った。
大人数だといろんなものが注文できるので、食的にとても嬉しい。ソースで真っ黒な焼きそばとか、餃子鍋とかパンにユッケみたいなのを乗っけて食べるやつとか、前回食べられなかったものをつまみ食いできて良かった。ちなみに、ホッピーで泥酔してたので、写真はほとんど撮ってないです。

ちりとり鍋唯一写真を撮ったのが、以前より気になっていた「ちりとり鍋」。
ちりとりのような鍋にホルモンとたっぷりの野菜が入った味噌鍋だ。味噌はやや甘め。それがプルプルのホルモンとか、しんなりしたキャベツと絡まる事で実にB級的な旨さになる。もちろん、ホッピーと凶悪なまでに合う。


そういえば、ホッピーはかなり好き嫌いに分かれるようである。特に、女性は苦手な人が多いようだ。そもそもは昭和の時代、ビールが高値でなかなか手が出なかった頃に、ビールの代用品として飲まれていたそうだが、確かにビールとはかなり味が違う。別の飲み物として飲まないと、初めて飲む人はガックリくるだろう。

ただ、これはこれとしてビールとは違う旨さがある。まあ単体で飲むとしたら僕もホッピーよりはビールの方がありがたいところだが、こういった雑味溢れるコッテリB級グルメにはホッピーの方が味わいがあっさりしている分、相性が良いと思うのだ。

そして、もう一つ特筆すると、ビールに比べて重量感のある酔い方をする事。アルコール度数が同じくらいでも、ベースになっているのは焼酎、蒸留酒である。もちろんウィスキーほど強烈に来る訳ではないが、もっと度数の高い日本酒なんかよりも腰の据わった酔いができる。
ただ、焼酎は焼酎でも安い甲類焼酎がベースなので、飲みすぎると翌日なかなか抜けてくれないのが悩みどころ。

昭和初期の居酒屋をイメージしたB級な店で、B級グルメを楽しみつつB級なトークをするならば、B級な酒を飲んでB級のどんよりした酔いを楽しむのが正しいと思うのだが。


ええ、酔っぱらいの戯言です。

▼関連記事
中野B級酒場[居酒屋]
http://blog.livedoor.jp/trash_move/archives/51080878.html


暴君育成計画<Dead or Alive?>

第一\第四
第二第三


植え替えをしてから十余日。
涼しい日が続いたせいか、成長が遅い気がする。気がついたら第一暴君と第四暴君から5枚目の葉っぱが出ていたので、この2本は生きているのだろうが、末っ子に追い抜かされた第二・第三暴君は死んでるのではないだろうか?

晴れた暑い日が続いて欲しいんだけど、週末は雨だってねぇ…。

純米大吟醸 電気菩薩

電気菩薩友達がお土産に電気菩薩という日本酒をくれた。
180mlの小瓶に日本酒らしからぬファンキーなラベル。蔵元の喜久盛酒造のサイトもなんともハードコア(トップページの絵、マムコが書いてあるよ!)。日本酒界のニューウェーブといった趣きである。

味の方はというと、純米大吟醸らしいフルーティな味。甘めで日本酒が苦手な人にも勧められる感じ。肴を合わせるのが難しそうだけど、むしろ肴は食わず、酒だけをちびちび呑むのが正しい楽しみ方であろう。
少々値が張るので、普段飲みには厳しいが…

料理日記 シャンパンに合いそうなもの 

シャンパンひょんな事からシャンパンが手に入ったので、柄にもなくシャンパン飲みをやってみた。
肴その2とその3はおつまみ横丁のレシピを参考にしております。


生ハムメロン肴その1 生ハムメロン
シャンパンの肴の定番。実は生まれて初めて食べてみた。大好物な人とダメな人に分かれるらしいが…、よく判らん味。いや、不味くはない。ただ、今イチメロンの果肉とハムが混ざり合う感じがない。まあ、見た目からして、何やら色々間違っているのだが。小僧っ子には10年早かった模様…


ホタテサラダ肴その2 ホタテと切り干し大根のサラダ
水で戻した切り干し大根、ザク切りにした貝割れと裂いたホタテの缶詰を合えて、マヨネーズ、オリーブオイル、レモン汁、塩胡椒を混ぜたソースで味付けしたサラダ。
塩と胡椒を強めにすると旨い。お手軽なワインのつまみ。



タコのガーリックソテー肴その3 たこのガーリックソテー
ぶつ切りにしたタコを多めのオリーブオイルで炒める。ニンニクのすりおろしとパン粉、粉末パセリ、塩胡椒を混ぜてフライパンに投入、一緒に炒め合わせる。レモン汁をかけて食べる。
レシピではパン粉は大さじ4になってたけど、大さじ一杯で良いと思う。多すぎた…。
つーか、最初に塩胡椒とニンニクでタコを炒めて、最後にパン粉とパセリを投入した方がタコにしっかり味がつくと思うんだ。いずれ再チャレンジする予定。


おつまみ横丁―すぐにおいしい酒の肴185

大市民の田舎風ソーメン

ソーメンが旨い季節になってきた。
前の晩の酒が過ぎてしまい、食欲がなかったので、久しぶりに柳沢きみおの大市民という漫画に出てくる田舎風ソーメンを作ってみた。

田舎風ソーメン

1.めんつゆで薄切りの豚肉とスライスした生姜を煮る。
 ※オリジナルのレシピでは醤油と砂糖で煮る事になっているが、普通のめんつゆで良いと思う。砂糖を入れてちょっと甘めにするのが良いと思う。今回は八方だしを4倍に薄めて砂糖を入れみた。
 ※豚肉はバラを使用しているけどなんでも良いと思う。適当に安売りしてるのを買えばいい。生姜も肉も結構沢山入れても大丈夫。

2.そうめんを普通に茹でて、1のめんつゆ(暖かいままでOK)に付けて食べる。

一見コッテリしてるようだが、肉の旨味と生姜の香りで食欲がない時でもズルズル食べれてしまう。ちなみに、ビールがめちゃめちゃ合う。結局迎え酒しちまったい(笑)

▼関連記事
大市民の白菜鍋
http://blog.livedoor.jp/trash_move/archives/50753915.html


大市民グルメ「美味し!!」―お金をかけなくても美味しい簡単料理
Profile
  • ライブドアブログ