※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

2006年03月

中野「立ち飲み処 宝島」[焼き鳥/焼きとん]3

宝島提灯宝島焼き鳥

中野駅より中野通りを南下したところにある五叉路の立ち飲み屋。
中野センターという昭和の香り漂う建物の中にあり、なかなかアンダーグラウンドなロケーションである。

0時には閉まってしまうのでなかなか行く機会がなかったけど、先日、知り合いのライブに行った際に何杯か飲んでエンジンがかかってしまい、帰りに店の前を通ったので入ってみた。

全体的に値段は安め(こちらのBlogに相場が書いてあるので参照ください)。川中屋と比べても、メニューによって多少違ったりするけど大体同じくらい。良い感じの立ち飲み屋。

ビールとホッピーを飲みつつ焼きとんを3本程度、それにキャベツなど小品を2〜3品。まあまあいける。店員の雰囲気もなかなかよろしい。ただ、酒の種類が少ないのが難点。おいらは川中屋が好きです。星3つ!

【立ち飲み処 宝島 データ】
住所 東京都中野区中央4-61-1
電話 03-3381-9333
営業時間 多分17〜24時
アクセス JR中野駅より中野通りを南下。歩いて5分くらい。

関連エントリー
東高円寺「川中屋」[焼き鳥屋]
東高円寺「川中屋」[焼き鳥屋]その2

新中野「プロイタイハウス」[タイ料理屋]4

f0cf9204.jpg行きつけのタイ料理屋。
タイ人のおばちゃん姉妹とその旦那さんらしき人が経営している。場所は鍋横の通りから少し横道に入ったところ。
ハンサム食堂のようなジャンク感はなく(それはそれで好きなんだけど)、普通に美味しいタイ料理が安価で食べられる。

散々飲んだ日の翌日、寝起きで食欲がない時にはここのタイ風ラーメンのお世話になっている。あっさりした鶏ガラスープにクィッティオという米で出来た麺が入っており、胃の調子が悪い時でもスルスルっといただけてしまう。料理と一緒にナンプラー、辛子の入った酢、激辛の香辛料、砂糖の4つが入った調味料セットが出されるので、その時の気分に合わせて好きなように味付けが出来る。
ついつい調味料を入れ過ぎて訳の判らない味になってしまう事もままあるが、良い感じに味付けできた時はちょっと感動する。ちなみに僕のお気に入りの配合はナンプラー4さじ、酢1さじ、激辛香辛料少々(ちょっと入れ過ぎただけで凄まじく辛くなる)、砂糖半さじ。元々の鶏ガラスープの風味を殺さないようにするのがコツ。

他のご飯物のメニューも旨いものばかり。料理の辛さを調節できるので、辛いのが苦手な人も安心。ちなみに、以前「本場のタイのと同じくらいの辛さにしてください」と注文したら物凄い激辛なのが出てきた。それが本場タイクオリティでつか。でも、普通激辛の料理って辛いだけで味が訳判らなくなりがちだけど、タイ料理の場合は辛さと同時に風味も生きてる。さすがに元々辛い料理として作られてるだけの事はあるわ。
タイ風ラーメンタイ風ドライカレー

【プロイタイハウス データ】
住所 〒164-0012 東京都中野区本町4-28-7
電話 03-5328-1345
休み 月曜日

機動戦士ZガンダムIII 星の鼓動は愛5

918c1fad.jpg劇場版Zガンダム完結編。
正直、前二作がイマイチだったのであまり期待はしていなかったんだけど、新しいラストとやらが気になったので公開早々に見に行った。
封切りの翌週に行ったんだけど、その時点で席はガラガラだった。う〜ん、まあまあ平日の昼間だったし、雨降ってたしねぇ。

感想は…まあ、批判する奴は確実にいるだろうが、俺は楽しめた。
内容が濃くって、テーマ的な部分は一度観ただけでは理解しきれないところがあったけど、今の富野節をじっくり堪能させてもらった感じ。
一番印象的だったのがハマーン。声優の榊原良子さんが自分なりの解釈で演じたという事で、TV版のイメージからガラっと変わってた。凄みがあると同時に妙に艶っぽい。ところどころでゾクっとさせられた。TV版の小娘ハマーンとはえらい違い。
モビルスーツの戦闘シーンも盛り沢山でメカ好きとしては嬉しい限りだった。富野監督は「戦闘シーン長過ぎた」と凹んでいるそうだけど…w

前作までと同様、大切なシーンが大幅にカットされてるのと、新しいカットと古いカットがゴチャ混ぜになっているのとで、一つの独立した作品としてみれば不完全なものである事は否めないが、あくまでもTV版の続編、「もうひとつのZガンダム」としてみれば、なかなか良い作品だと思う。

ちなみに富野監督は今回の作品で「ガンダム」でやりたい事は全てやり尽くしたと言っている。「∀ガンダム」を見た時は、確かに名作だけど決して数字をとれるような作品ではなかったし、放映当時で考えても時代遅れの感があった(テーマ的な部分は別として)。でも今回の劇場版Zガンダムは作品としてチクハグだったとしても、充分今の時代に通用するくらいのコマーシャル性があったと思う。
なので、監督にはもう一度、TVシリーズで新しいガンダムを作って欲しい。それも作品の奥深さを追求するだけでなく、幅広い層に指示されるようなエンターテイメント性、コマーシャル性を意識したもの。絶対面白いと思うんだよなぁ。

高円寺「古本酒場コクテイル」[DiningBar]5

コクテイル店先コクテイル店内

ここもお気に入りの店の一つ。
高円寺のあずま通りにある、店内に古本を読みながら酒を楽しめる店。
mixiのコミュニティ「中央線アンダーグラウンド」のオフの時に連れていってもらって以来、虜になりました。

店内の雰囲気は、まるで「治安維持法施行下の帝都・東京の酒場」といった感じ。あの辺の時代の雰囲気が好きな人には是非お勧めしたい。
酒は250円のトリスから、肴は300円からと、貧乏人には嬉しい価格設定。まさに貧乏文士のための店といったところか。ちなみに、僕はこの店で初めて鯨の肉を食べたのだが(メニューに鯨の唐揚げがある)、実に美味だった。
余談ではあるが、ここで働いている女給さん(この店の場合、「女給さん」という表現が適格であろう。決して「メイドさん」ではない)もなかなかの器量良しで、毎度目の保養をさせてくれる(笑)

いつも友達と行ってるのだが、是非今度一人で行って古本と酒を楽しみつつ、昭和の香りに浸ってみたいと思う。近所にあったら毎日でも行きたい名店。

【古本酒場コクテイル データ】
住所 杉並区高円寺北2-24-13あづま通り
電話 03-3310-8130
営業時間 
休み 
アクセス JR高円寺駅北口を出て線路沿いに東へ。日本レンタカーの角を左に曲がって直進。通りの左側(北口より徒歩7分)。

古本酒場コクテイル
http://koenji-cocktail.com/

御天[ラーメン屋/BAR]千駄ヶ谷店4

御天店先御天酒類御天ラーメン

超特濃の豚骨ラーメンを出す店。
前評判から凄かった。店の前を通っただけで豚の匂いが漂ってくるとか、スープを全部飲んだら腹を壊すとか…w
そこまでいうなら豚骨ラーメン好き(加えて臭いもの好き)としては行くしかないでしょう!

そんな訳で先日、家から一番行き易いところにある千駄ヶ谷店に行って来た(新宿からでも全然歩ける距離です)。店の前に着くと早速豚の匂いがプ〜ンっと…。噂は本当でしたw
店の中に入ると一段と匂いが濃厚に。豚骨が嫌いな人はこの時点で吐くでしょうw

この御天という店。ラーメン屋であると同時にダイニングバーでもあり、酒と肴のメニューも豊富にある。本来ならば先に一杯やって、締めにラーメンを食べるというのが正しい楽しみ方なのだろう。だが断る!高いんだもん…(´・ω・`)

そんな訳で、普通にラーメンを注文。…アルコールが欲しくなったのでビールも注文(笑)
ほとんど待たされずにラーメンが出てきた。なんかスープがとろとろしてて、いかにも濃厚そう(トロみはコラーゲンだそうな)。麺は九州の豚骨ラーメンの定番、極細麺(バリカタで注文)。
恐る恐る食べてみると…、うおぅ!濃い!塩っ辛いとか脂っこいとかってんじゃなくて、豚成分みたいなのが濃縮されてる感じ。逆に塩気や脂は適度な感じ。これは他所ではそうそう食べられないでしょう。しっかり替え玉まで頼みました。ちなみに麺はバリカタで注文してもそこまで硬くなかったので、硬い麺が好きな人はその上のハリガネか、一番硬いやつ(名前忘れた)を注文する事をお勧めする。

まあ、そこまで飛び抜けて旨いという訳ではなく(普通に美味しいけど)、純粋に旨さだけで評価するなら星3つくらいだけど、インパクトを考慮して星4つ!
豚骨ラーメン好きな人は是非一度行きましょう。嫌いな人は…まず店に近付かない事です(笑)


博多長浜とんこつラーメン・御天
http://www.go-ten.com/

西荻窪「ハンサム食堂」[タイ料理屋]5

ハンサム食堂3号店西荻窪の南口に、昭和の時代の下町の面影を残す通りがある。
その通りの中でも特に異彩を放っているのがこのハンサム食堂だ。本場タイにありそうなエキゾチックな外観。店内にはタイの屋台がそのまま持ち込まれており、その中がキッチンとなっている。テーブルはやはり昭和の時代を思わせる縁がステレンス製の古いもの(タイでは今でもこれが使われているのだろう)。
そして妖しく光る「ハンサム食堂」という看板。これぞ中央線。アンダーグラウンドこの上なし。
続きを読む

東高円寺「豚そば 銀次郎」[ラーメン屋]2

銀次郎看板銀次郎豚そば
青梅街道と環七の交差点にある、本宮ひろ志の「硬派銀次郎」の看板が印象的な店。
先日、高円寺で飲んだ帰りにフラっと寄ってみた。
豚骨スープ(魚介も入ってるらしい)に極細麺という、オーソドックスな九州の豚骨ラーメンなんだけど、豚肉の匂い(臭い?)が加わり、普通の豚骨ラーメンよりもコッテリした味になってる。ちなみに、胡椒類と一緒にカレー粉が備えつけられており、これを入れると全く別の味を楽しめる。

ん〜、まあそこそこ旨いけど、インパクトには欠けるかなぁ。星二つ!

グロービートジャパン 豚そば銀次郎
http://www.ginjiro.kagetsu.co.jp/index.html

中野新橋「ぽっぽっ屋」[ラーメン屋]その3 つけめん4

168a5214.jpgやばい。完璧にハマった。ぽっぽっ屋中毒性高過ぎ。
今日はつけめんを注文。極太面で野菜多め、トッピングに味玉を付けた。スープは相変わらず濃厚なんだけど、食べた感じはらーめんよりもさっぱりしてる。これは普通盛りでは物足りなかったなぁ。味玉はわりと甘い味付けだった。味の指定を濃いめにしてたまねぎ増しにしたら良い感じにマッチしそう。

ぽっぽっ屋通い、まだまだ続きそうです。次回は「海のしおらーめん」に挑戦しようかな。

関連エントリー
中野新橋「ぽっぽっ屋」[ラーメン屋]
中野新橋「ぽっぽっ屋」[ラーメン屋]その2 油そば

中野新橋「ぽっぽっ屋」[ラーメン屋]その2 油そば3

8f87fca2.jpgまた行った。
今回は油そばを注文。注文の際にうっかり麺の太さを極太にしてもらうのを伝え忘れてしまい、普通の太麺になってしまった。それでも歯応えはかなりのもの。

上からごってり脂がかけられており、見るからにコッテリしてそう。
最初に一口食べた感じはかなり濃厚な味だったんだけど、上に乗ってる卵黄をよく混ぜたら結構マイルドな味になった。味の系統は前回食べたらーめんと同じ感じだが、こっちの方がジャンクな感じがする。人によって好みに分かれるだろうけど、俺はらーめんの方が好きだなぁ。



関連エントリー

中野新橋「ぽっぽっ屋」[ラーメン屋]

機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER

f75ae1c5.jpg
http://www.seed-stargazer.net/

10月から始まると言われているガンダムの新作は、結局SEEDの続編だそうな。
SEEDシリーズはこれで3作目。これは富野ガンダム以来の快挙だろう。SEEDシリーズは従来のガンオタから叩かれまくっていて、最初のシリーズは結構楽しめた俺も、続編のDestinyは「こんな同人アニメ放送しちゃいかんだろ」と思ったのだが、それでも数字はとれてたという事か。

タイトルは「機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER」。C.E.(コズミック・イラ)73は前作のDestinyの劇中の時間軸と同じ年でキャッチコピーが「もう一つの歴史がここに。」という事なので、恐らくDestinyと同じ時間軸の別の話という事だろう。

出来はどうなることやら。現時点でまだスタッフなどの詳細な情報はないのだが、とりあえず前作Destinyの監督だけは外して欲しいところである。
Profile
  • ライブドアブログ