※餌を与えないでください。

あなたの食欲を刺激する!体重増加必至の悪魔のメタボリック養成ギブス♪( ´ ▽ ` )ノ 中野、東中野を中心とした中央線沿線の居酒屋、ラーメン屋などのグルメ情報。自宅での自炊やお手軽な一人酒の楽しみ方、レシピなども紹介しております^^

2006年02月

「魚真」[居酒屋]チェーン店(吉祥寺/下北沢/渋谷)5

8f3b7cd6.jpg魚屋さんが経営しているという居酒屋という事で、上質な魚料理が格安で食べられる店。

今回は吉祥寺店にてコースを食した。
オードブルの毛蟹から始まり、刺身盛り合わせ、鯛の塩焼き、河豚の揚げ物と普段はなかなか食べられないようなゴージャスなメニューが続き、締めに穴子寿司。凄まじく旨い。もちろん蟹も鯛も河豚も旨かったけど、最後に出た穴子寿司が特に素晴らしかった。もう蟹とかいいから延々こればっか食べ続けたいかも。
酒のメニューも豊富な上に、2時間1500円で飲み放題。トータル5400円のお会計。金額的にはちょっと高めだけど、内容から考えれば全然格安だと思う。蟹も鯛も食べたの何年ぶりだろう…。河豚なんて初めて食べたよ。至福の時間でした。

ちなみにかなりの人気店で週末はかなり混雑する模様。予約は必須であろう。今回も前日くらいに友達が予約したんだけど、予約がほとんど埋まっており、17時半からの枠しか空いてなかったそうな(当初は19時からの予定だった)。

ここもまた行きたいなぁ…。





魚真蟹
<蟹>
魚真刺身
<刺身>
魚真鯛の塩焼き
<鯛の塩焼き>
魚真河豚の揚げ物
<河豚の揚げ物>
魚真穴子寿司
<穴子寿司>
魚真酒
<地酒も豊富>

続きを読む

「四文屋」[焼き鳥/焼とん]チェーン店(中野/高円寺/阿佐ヶ谷/新井薬師/沼袋/江古田etc...)5

9a716109.jpg焼き鳥屋の中で一番好きな店。そして「飲み屋」という大きな括りでいっても1.2を争う優良店。

焼き鳥/焼とんは平均100円。どれも旨い。ビールは334mlで350円、銘柄はエビス。エビスでこの値段なら安い方だろう。しかも黒ビールもあり。エビス好きとしてはたまらない。
地酒は置いていないけど、焼酎は一部でブランド化しているというキンミヤ。個人的に梅割り焼酎がお気に入り。マッコリも美味。

そして、極め付けはレバ刺し串。一本100円なんだけど素晴らしく旨い。いい肉使ってるし味付けも○。臭みは皆無。いつも店に入ったら最初のドリンクオーダーと一緒に人数×2の本数を注文する。で、食べた人はみんな旨いと言う。

煮込みも350円で素晴らしい味。四文屋に行ったらレバ刺しと煮込みは必ず注文するべき。
酒も食べ物も安くて旨い上に種類も豊富。素晴らしい店だ。




四文屋店先四文屋大根酢醤油四文屋地鶏の叩き
四文屋モツ煮四文屋レバ刺し
続きを読む

中野「台湾美食」[台湾屋台料理屋]3

871ce2e3.jpg中野の南口方面の五叉路にある、台湾の屋台料理を出してくれる店。
基本的にテイクアウトがメインの店で、今まで何回か150円の「焼き肉まん」を買って歩きながら食べた事はあるのだが、今回始めて店内に入って食事をしてみた。

店内はカウンターに5席のみの小規模な店で、台湾人の夫婦が経営してる模様。
今回は豚肉をタレと漢方薬で煮た物をご飯にかけた魯肉飯(ルーロー飯)、それに味付玉子とビールを注文。
特別とびきり旨いという事はないが、魯肉飯は今までにあまり食べた事のない味でなかなか美味。味付玉子もビールのつまみに良い感じ。全般的に値段も安いし(つまみ/点心は100〜350円、食事系は500円)、軽く一杯ひっかけるには良い店かも。

店をやってる台湾人の夫婦もなかなか良い味をだしている。僕が飯を食べてる横でおばちゃんは常連と思われるおっちゃんに台湾語をレクチャーしており、旦那さんは僕の横の席で食事をとっていらした。なかなかアンダーグラウンドな趣きのある店だ。また行ってみようと思う。

台湾美食魯肉飯台湾美食味付玉子

【台湾美食データ】
住所 中野区中野3-33-20
電話 03-5342-3575
営業時間 AM11:30〜PM10:00
休み 無休
アクセス JR中野駅より徒歩8分(南口より中野通り沿いに南下、中野五叉路)

新中野「球磨」[長崎ちゃんぽん/皿うどん]4

f644cc9c.jpg皿うどんが旨いと評判の店。
以前、新中野に住んでいた事がある知り合いに勧められた。mixiの新中野コミュの話題にもなっていた。新中野に住んで10年。ここの店の前も毎日のように通っているのだが、未だに入った事がない。いや、外から見た感じ、特に名店といったオーラはなく、普通に町の食堂といった感じだったんで。「四国屋」と同じパターン…(^ ^;

しかし、隠れた名店とはそういうもの。試しに食べてみたら実に美味でした。
いやまあ、実は中学校の給食以来、皿うどんという物を食べた事がないので、他の店と比べてどうかは分からないけど、食い物として普通に旨い。ってか、癖になるかも。野菜も一杯でヘルシーな感じ。長崎ちゃんぽんも結構いける。

看板メニューの他にもラーメンや炒飯など結構種類はあるけれど、大体のお客は長崎ちゃんぽんか皿うどんを頼んでる模様。ちなみにどちらも680円。
それぞれ1600円で「特別皿うどん」と「特別長崎ちゃんぽん」というメニューがあるのだが、どんなんなのか気になる…。そのうち、リッチな時にでも試してみようかな。

新中野、まだまだ名店が潜んでそうな予感。

球磨皿うどん球磨ちゃんぽん


【球磨(くま)データ】
住所 中野区本町4-36-6
電話 03-3384-3663
営業時間 11:00〜22:00
休み 火曜日
アクセス 営団地下鉄新中野駅徒歩8分
     鍋屋横町 中野通り側入口すぐ

∀ガンダム5

571b256f.jpg物語の舞台は遥か未来の地球。人類は数多くの戦争の末、徹底的に破壊されてしまい文明を保つ事ができなくなり、19世紀末程度の技術力しか持っていない(ちょうど宮崎駿の「紅の豚」の時代を想像すると良いと思う。)。そんな中、数千年前に地球を追われ、月に移り住み、分明を保ち続けてきた民族「ムーンレイス」が軍事兵器モビルスーツを携え、地球での定住を求めて降下してきた。
最初、月側は平和的な話し合いにより地球上の人の住んでいない地域をムーンレイスに明け渡すよう要求していたが、自分達と違う種族であるムーンレイスに恐怖を憶え、拒絶する地球人とムーンレイスの軍部の強行派により事態は徐々に戦争状態へと以降していく。
降下作戦に2年先立って調査のため地球に降り、任期が終わって地球に帰化していた少年ロラン(主人公)は地球側が一方的に蹂躙される事を防ぐため、そして和平のためにガンダムに乗って闘うという話。

ちなみに、終盤で明らかになるんだけど、この物語は全てのガンダムシリーズ(1st〜Vガンダムの宇宙世紀モノだけではなく、ガンダムWやガンダムX、Gガンダム、そして種ガンを含む∀以降のガンダム)を一つの世界に繋げるもので、それらの時間軸の一番最後に来る「ガンダムの完結編」という位置付けになっている。

周りでの評価は賛否両論だったけど、ストーリー的には今まで観たガンダムシリーズの中で一番好き(ってか、種ガンって1stの他に明らかに∀の要素もパクってるよね?いいけど)。

富野監督が今までのガンダムシリーズで、言葉を交わさなくてもお互いを理解し合える新人類「ニュータイプ」の存在を通して伝え続けてきたテーマ「人種や思想の違う人間と理解しあう事」というのが(僕はそう解釈してるんだけど)、最後まで一貫して前に出てたし、富野監督が一番やりたかったガンダムなんじゃないだろうか?

で、メカの話。
新規で登場したモビルスーツのデザインは確かに周りの評判通りイマイチであったけど(「スタートレック」の人が手掛けたらしい)、最初ガンダムがほとんど活躍せず、「紅の豚」的な時代背景の中で、徐々に地球側の技術力が上がっていき、最初は武器も持たず素手での格闘戦をやってたガンダムがビームサーベルを持ち、ビームライフルを打ち、戦艦がメガ粒子砲を打つようになってく様はなかなかワクワクさせられた。
味方の部隊も最初は「紅の豚」みたいな飛行機でモビルスーツ相手に機銃掃射してたのが、終盤にはザクに乗って宇宙空間での戦闘をしてたし。
ってか、ザクが終盤まで活躍してるのは1stガンダムファンとしては心踊るところではないだろうか。しかも種ガンに出てくるザクみたいに変に高性能になっておらず、1stの頃の弱っちいザクなんだけど、それがエッチラオッチラ頑張って闘ってる姿はザクファンとしてはたまらない筈だ!(なんだそれ)

多分、従来のガンダムファンが望んでいた…というか想定していたガンダムとはかなりズレがあるため、賛否両論分かれたのだろうが、一個の作品としてみれば最高傑作ではなかろうか。
しかし、オープニングテーマのイナタさはどうにかして欲しいところであるが。

「中華そば青葉」[ラーメン屋]チェーン店(中野/新中野etc...)5

4d19b7a4.jpg僕が一番好きなラーメン屋。
この店はラーメンマニアの間でもなかなかポイントの高い店で、中野駅北口にある本店なんかはいつも長蛇の列が出来ている。以前、友達と昼時に行った時は3時間くらい並んだ。
スープは豚骨ベースの魚介系。行列ができるだけあり、かなり美味。


しかし、いくら美味しいといっても、ラーメン食べる為にそうそう3時間列ぶ根性はない訳で、自然、足は遠のいていったのだが…、なんと近所に支店があったのだ。しかも場所的にやや辺鄙なところにあるので、昼時を外して行けばほとんど待たずに食べられる。なので、この支店を発見して以来、たまにフラっと食べに行くのだ。

メニューは中華そば、特製中華そば、つけめん、特製つけめんの四種類。特製は何が違うかというと、半熟煮玉子やチャーシューなどの具が加わる。この半熟煮玉子が絶品なので、初めて行く人は特製の方を頼むのが良いだろう。

ちなみに、中華そば派とつけめん派に好みが分かれるところだが、僕はつけめん派。つけめんの方が50円高いので以前は「どーせ味は一緒だし安い方にしよう」という事でいつもは特製中華そばを食べていたのだが、気紛れで一度つけめんを食べてみたところ、すっかり病みつきになった。

味は一緒だけど、つけめんなのでスープが濃厚になってるので、食べ口はコッテリな感じ。元々とんこつ系などのコッテリ系のラーメンが好きなので、こっちの方が好みにジャストフィットだった訳だ。実はこのつけめんを食べる迄は僕のラーメンランキングの一位は神座だったんだけど、食べた瞬間から青葉になった。実に旨い。

しかしこのつけめん、今の季節だとちょっと難点がある。僕の行き着けの鍋横店だけかもしれないが、気温が低い為、麺がすぐに冷えてしまう。そして冷えた麺を浸けてるスープもどんどん冷えてしまい、大盛りを食べてると終盤にはスープがすっかり冷たくなってしまうのだ。こうなるとあまり美味しくない。なので、冬場は中華そばを注文するのが良いと思う。

青葉1青葉2



中華そば青葉
http://aobai.jp/

新中野「武蔵屋」[ラーメン屋]4

6b045c2d.jpg新中野に住んで10年が経つ。
その間、地元の友人が口を揃えて「旨い」と言うラーメン屋が武蔵屋である。ネットで新中野関連の掲示板を見ても、誰もが武蔵屋を褒め称えている。
この武蔵屋はとんこつ醤油、いわゆる「家系ラーメン」というやつだ。

しかし、僕は数年前に何度か食べたものの、そこまで旨いとは思わなかった。なんかよく分からない味という印象。しかし、あまりにも皆が口を揃えて褒めるので、「そこまで言うのなら」と、最近久しぶりに行ってみた。

そして、数年前に何故「なんだかよく分からない味」と感じたのか理解した。濃すぎるのだ。味が。
この店は「麺の硬さ」「味の濃さ」「油の量」をそれぞれ3段階から指定できるのだが、基本的に味の濃い味付けが好きな僕は「味濃いめ」「油多め」にしていた。これが不味かった模様。しょっぱくって味が分からん(ってか、数年前に食べた時に気付けよという話だが)。

なので、翌日再び行って、今度は全て普通にして食べてみた。しかし、それでも濃い!
そこで理解した。この店は無料でライス(と、きゅうりのきゅうちゃん)を付ける事ができるのだが、おそらく、「ラーメンをおかずにご飯を食べる事」というのが前提となっているのではないかと。
そういえば、昔一度だけそういう風にして食べた事があるが、その時は結構美味しく感じていたような気がする。

しかし、そんな炭水化物を炭水化物で食べるなんて関西人のようなマネは、一応ダイエット中の僕にはちょいと抵抗があるし(ならラーメン食べんなよ)、ラーメンそのものの味を楽しみたい。なので更に翌日、今度は「麺硬め」「味薄め」「油少なめ」を注文。今度はちょっと薄過ぎな気がしたけど、胡椒を軽くかけると良い感じに。…これは旨い!確かに皆が褒めるだけの事はあるわ!しかも癖になる味。この店の近所にあるラーメン屋青葉の方が好みではあるのだが、頻繁に通いたいのが武蔵屋。実際、ここ数カ月で通った回数が多いのは武蔵屋である。

ちなみに、この武蔵屋、以前はメニューが「ラーメン」と「チャーシューメン」しかなかったのが、最近はトッピングで色んなモノが入れられるようになった。
僕は「チャーシューメン」に「味付け卵」「ほうれんそう増し」がお気に入り。
ちなみに、以前「全部乗せラーメン」みたいなのを注文したら上に乗ってる具が多過ぎて、麺に辿り付く前に具で腹が膨れてしまったという苦い思い出があるので注意が必要である。

初めて行く人は無難に「ラーメン」か「チャーシューメン」を「普通」で食べるのが良いと思う。ご飯を主食に。

【武蔵屋データ】
住所 東京都中野区中央4-4-1 藤晃ビル1F
電話 03-3381-0141
営業時間 11:00 - 02:00
休み 日曜
アクセス 地下鉄丸の内線 新中野駅徒歩4分

livedoorグルメ「ラーメン武蔵屋」
http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/22312.html

東高円寺「川中屋」[焼き鳥屋]4

ca7104dc.jpg先日、近所を散歩している際にみつけた焼き鳥屋。結構最近出来た店である模様。
店の扉に貼ってあったメニュー表をみたところ、全体的に安めの値段設定だったし、ネットで調べたところ評判も良さげだったので試しに行ってみた。

高田馬場の名店「力」の店長の息子さんがやってる店との事で、店員の年齢層は全体的に若め。
味はなかなか良い。焼き鳥の味は高円寺の「大将」や四文屋とタメ張るくらい。個人的には四文屋の方が焼き鳥以外のサイドメニューのクオリティでは上だけど(四文屋のレバ刺しと煮込みは最強です)、酒の種類で言えば川中屋に軍配。総合力で五分五分か。

相場としては、焼き鳥が平均100円、刺身系が380円、瓶ビール500mlが480円、焼酎が380円、日本酒(地酒)が480円程度。酒は種類も抱負だし全体的に安い。焼酎はロックでもグラスにたんまり注いでくれたし、八海山だったら一番安い銘柄でも一杯480円は店で飲むのであれば破格であろう。

ビール2杯、焼酎2杯、枝豆、レバ刺し、牛筋煮込み、鶏スープごはん、焼き鳥6本で3500円くらい。今回は色んなメニューと試したかったので色々注文したけど、普段なら2000円ちょっとで腹一杯食べれて、酒も充分飲めると思う。

家の近所だし、今後もちょくちょく一人でぶらっと飲みに行こっと!

川中屋0川中屋1

川中屋2



【川中屋データ】
住所 杉並区和田3-60-10
電話 03-3313-6691
営業時間 17:00〜26:00
休み 火曜日?
アクセス 地下鉄丸の内線 東高円寺駅徒歩3分

阿佐ヶ谷「とり成」[焼き鳥屋]5

dfbecd88.jpg知り合いに広告代理店に勤めている人がいる。
その人は「中央線どっと混む」というグルメ小冊子を作っており、その関係で中央線沿線のグルメ事情にはかなり詳しい。中央線グルメ生き字引と呼べる御仁である。
その人が数多くの焼き鳥屋を食べ比べてきて、その中で堂々ランキング1位を獲得したのが、今回紹介する「とり成」だ。

いや、旨いっす。肉やっわらかぁ〜!焼き鳥の値段は平均150円と、普通の焼き鳥屋の1.5倍くらいの値段なんだけど、その分、味も数段上。ってか、これでも仕入れている肉の品質からすれば破格の値段らしいけど。

友達と行った時は、おまかせコース<7本>をそれぞれ、レバ刺しと砂肝の刺し、それで酒を4〜5杯くらい飲んで大体4000円ちょいくらい。で、結構腹一杯だった。結構リーナズブルなのかも。

あ、でも個人的にレバ刺しは四文屋のが好き。

【とり成データ】
住所 〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南3-37-3 ジロドービル1F
電話 03-3398-4987
営業時間 18:00〜24:30(L.O.24:00)
休み 日曜日
アクセス JR阿佐ヶ谷駅南口 徒歩2分

ちなみに、たまに店内でジャズバンドのライブとかやってるらしい。

ぐるなび「とり成」
http://r.gnavi.co.jp/a613800/

新中野「四国屋」[うどん屋]5

52823b6f.jpg
mixiのコミュニティで発見。
掲示板の中で大絶賛されているのを見て場所を調べてみたら、かなり近所。基本的に蕎麦かうどんかで言ったら蕎麦派なんだけれど、そこまで旨いのならと、一度行ったらすっかりハマってしまった。

まず、つゆ。黄金に輝く香り高いつゆは間違いなく本場香川のクオリティであろう(本場で喰った事ないけど)。最初に飲んだ時は、「これ本当にうどんのつゆか?!」と疑うくらい、今まで飲んできたうどんつゆ(その中には当然関西系の薄味のモノも含まれる)とは味が違っていた。そして旨い!
麺。むっちりしてて適度な歯応え。これもそうそう食べれる代物じゃあない。
そして酒。蕎麦屋のように地酒を取り揃えている訳ではないが、ビールはエビス。店主のこだわりが垣間見られる。そして、つまみ系のメニューも多く、どれも旨い。ってか、ビールを注文すると付いてくるお新香だけでも結構いける。

ちなみに、芸能人の常連も多いらしく、忌野清志郎やグレートサスケ、ダウンタウンの松本人志などは目撃されている模様。この味なら納得である。

【四国屋データ】
住所 東京都中野区本町4-36-3
電話 03-3380-4598
営業時間 11:30-15:00 18:00-翌2:00 売り切れ仕舞い有り
休み 日曜祝日
アクセス 営団地下鉄新中野駅徒歩8分中野通り沿い

※日曜日以外でも休みである事があるので、行く時は電話で確認した方が良いかも。

mixi四国屋コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=252497
うどんじゃこてんと酒

Profile
  • ライブドアブログ